ミリンコビッチの2発でハーランド擁するノルウェーを延長戦の末に下したセルビアが決勝進出!《ユーロ2020予選プレーオフ》

2020.10.09 06:30 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ユーロ2020予選プレーオフ準決勝、ノルウェー代表vsセルビア代表が8日に行われ、延長戦の末、1-2でセルビアが勝利した。UEFAネーションズリーグ2018-19・リーグCのグループ3で首位となったノルウェーと、グループ4で首位となったセルビアの決勝進出を懸けた一戦。

ハーランドやウーデゴールが先発したノルウェーと、コラロフやミレンコビッチ、タディッチらが先発となったセルビアの激突。

ラーゲルベック監督率いるノルウェーはフラットな[4-4-2]を採用。2トップにハーランドとセルロートの長身2トップが構え、ウーデゴールは右サイドに入った。

一方のセルビアは[3-4-2-1]を採用。3トップの最前線にミトロビッチ、2シャドーにジュリチッチとタディッチが入り、コラロフは3バックの左に入った。

試合はセルビアが積極的な入りを見せると、ラゾビッチやジュリチッチ、ミトロビッチがシュートを浴びせていく。

しかし32分、ノルウェーが決定機を演出する。右CKからハーランドのヘディングシュートが枠を捉えたが、ゴールライン前のDFにカットされた。

対するセルビアも35分にビッグチャンス。ボックス左に侵入したジュリチッチのラストパスをミトロビッチは押し込むだけだったが、スラインディングシュートは枠を捉えきれず。

すると45分にはノルウェーにチャンス。だが、ハーランドのクロスからセルロートがヘディングで合わせたシュートはGKのセーブに阻まれ、ゴールレスで前半を終えた。

迎えた後半も押し込む入りとしたセルビアは、55分に決定機。右クロスを受けたゴール前のジュリチッチがフリーでシュートを放ったが、GKヤルシュテインのファインセーブに阻まれた。

その後は膠着状態に陥った中、73分にコラロフのミドルシュートでGKヤルシュテインを強襲したセルビアは、82分に均衡を破る。コラロフのFKをミトロビッチが折り返し、最後は直前に投入されていたミリンコビッチ=サビッチが右足で押し込んだ。

それでも88分、ノルウェーが意地を見せる。ボックス手前右からノルマンが右足を振り抜くと、シュートがゴール左に決まった。

ワンチャンスで延長戦に持ち込まれたセルビアが攻勢に出る中、延長前半11分にラゾビッチのシュートが左ポストに直撃すると、1分後に勝ち越す。決めたのはまたしてもミリンコビッチ=サビッチ。

右サイドからボールを繫ぎ、タディッチのラストパスをゴールエリア左のミリンコビッチ=サビッチが意表を突いたチップキックシュートでお洒落にネットを揺らした。

延長後半は追うノルウェーが押し込む展開が続いたものの、セルビアが逃げ切り。激闘を制し、決勝進出を決めている。

リーグC準決勝のもう一試合であるスコットランド代表vsイスラエル代表はゴールレスで迎えたPK戦を5-4で制したスコットランドが決勝に進出し、セルビアと本戦を懸けて戦うことが決まった。

また、リーグDでも準決勝の2試合が行われ、北マケドニア代表vsコソボ代表は2-1で北マケドニアが勝利。そして、ジョージア代表vsベラルーシ代表は1-0でジョージアが勝利し、北マケドニアとジョージアで本戦出場を懸けた決勝が3月に行われることになった。
コメント
関連ニュース
thumb

【ユーロ2020】出場24カ国の最新データをチェック!初出場は2カ国、グループFは死の組に

12日、ユーロ2020の予選プレーオフが行われ、出場24カ国が決定した。 本来であれば今年開催され、すでに大会も終了しているはずのユーロ2020。しかし、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて各国のリーグ戦が中断。その結果、1年延期が決定していた。 <div id="cws_ad">◆ユーロ2016決勝でエデルが見せた母国の初優勝を決める劇的ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI0eWtDcVFjTiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> すでに予選は終了しており、プレーオフを残すのみとなっていたが、12日に4試合が開催。その結果、ハンガリー代表、スロバキア代表、スコットランド代表、北マケドニア代表が出場権を掴んだ。 なお、2019年11月にすでに組み合わせ抽選会も終えており、2大会連続出場となるハンガリーはグループFに入り、前回王者のポルトガル代表、2018年のロシアW杯王者のフランス代表、そしてドイツ代表と同居する死のグループに入った。 また、同じく2大会連続出場のスロバキアは、グループEに入り、スペイン代表、スウェーデン代表、ポーランド代表と同居。セルビア代表とのPOをPK戦の末に勝ち切ったスコットランド代表は、1996年以来7大会ぶり出場。グループDでイングランド代表、クロアチア代表、チェコ代表と同居する。 そして2019年に国名を変更した北マケドニア代表は初のユーロ出場に。グループCに入り、オランダ代表、ウクライナ代表、オーストリア代表と同居することとなった。 ユーロ2020は、2021年6月11日から7月11日までの1カ月にわたり、当初の計画通り12都市での分散開催で予定されている。 ◆ユーロ2020組み合わせ グループA:トルコ、イタリア、ウェールズ、スイス グループB:デンマーク、フィンランド、ベルギー、ロシア グループC:オランダ、ウクライナ、オーストリア、北マケドニア グループD:イングランド、クロアチア、スコットランド、チェコ グループE:スペイン、スウェーデン、ポーランド、スロバキア グループF:ハンガリー、ポルトガル、フランス、ドイツ <span class="paragraph-title">◆グループ別出場国データ</span> 【グループA】 開催地:ローマ(イタリア)、バクー(アゼルバイジャン) トルコ代表/出場回数:2大会連続5回目 予選成績(グループH・2位):7勝2分け1敗 予選得点王:5ゴール/FWジェンク・トスン 最高成績:準優勝(2008) 前回大会:グループステージ敗退 イタリア代表/出場回数:7大会連続9回目 予選成績(グループJ・1位):10勝 予選得点王:5ゴール/FWアンドレア・ベロッティ 最高成績:優勝(1968) 前回大会:ベスト8(ドイツ代表にPK戦6-5で敗戦) ウェールズ代表/出場回数:2大会連続2回目 予選成績(グループE・2位):4勝2分け2敗 予選得点王:2ゴール/FWガレス・ベイル、MFキーファー・ムーア、MFアーロン・ラムジー 最高成績:ベスト4(2016) 前回大会:ベスト4(ポルトガル代表に2-0で敗戦) スイス代表/出場回数:2大会連続5回目 予選成績(グループD・1位):5勝2分け1敗 予選得点王:3ゴール/FWセドリック・イッテン 最高成績:ベスト16(2016) 前回大会:ベスト16(ポーランド代表にPK戦5-4で敗戦) <span class="paragraph-title">【グループB】</span> 開催地:サンクトペテルブルク(ロシア)、コペンハーゲン(デンマーク) デンマーク代表/出場回数:2大会ぶり9回目 予選成績(グループD・2位):4勝4分け 予選得点王:5ゴール/MFクリスティアン・エリクセン 最高成績:優勝(1992) 前回大会:予選敗退 フィンランド代表/出場回数:初出場 予選成績(グループJ・2位):6勝4敗 予選得点王:10ゴール/FWテーム・プッキ 最高成績:出場なし 前回大会:予選敗退 ベルギー代表/出場回数:2大会連続6回目 予選成績(グループI・1位):10勝 予選得点王:7ゴール/FWロメル・ルカク 最高成績:準優勝(1980) 前回大会:ベスト8(ウェールズ代表に3-1で敗戦) ロシア代表/出場回数:3大会連続6回目 予選成績(グループI・2位):8勝2敗 予選得点王:9ゴール/FWアルテム・ジューバ 最高成績:優勝(1960)※ソ連時代/ロシアとしてはベスト4(2008) 前回大会:グループステージ敗退 <span class="paragraph-title">【グループC】</span> 開催地:アムステルダム(オランダ)、ブカレスト(ルーマニア) オランダ代表/出場回数:2大会ぶり10回目 予選成績(グループC・2位):6勝1分け1敗 予選得点王:8ゴール/MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム 最高成績:優勝(1988) 前回大会:予選敗退 ウクライナ代表/出場回数:3大会連続3回目 予選成績(グループB・1位):6勝2分け 予選得点王:4ゴール/FWロマン・ヤレムチュク 最高成績:グループステージ 前回大会:グループステージ敗退 オーストリア代表/出場回数:2大会連続3回目 予選成績(グループG・2位):6勝1分け3敗 予選得点王:6ゴール/FWマルコ・アルナウトビッチ 最高成績:グループステージ 前回大会:グループステージ敗退 北マケドニア代表/出場回数:初出場 予選成績(グループG・3位):4勝2分け4敗 予選得点王:4ゴール/MFエリフ・エルマス プレーオフ:コソボ代表(2-1)、ジョージア代表(1-0) 最高成績:出場なし 前回大会:予選敗退 <span class="paragraph-title">【グループD】</span> 開催地:ロンドン(イングランド)、グラスゴー(スコットランド) イングランド代表/出場回数:3大会連続10回目 予選成績(グループA・1位):7勝1敗 予選得点王:12ゴール/FWハリー・ケイン 最高成績:3位(1968) 前回大会:ベスト16(アイスランド代表に2-1で敗戦) クロアチア代表/出場回数:5大会連続6回目 予選成績(グループE・1位):5勝2分け1敗 予選得点王:4ゴール/FWブルーノ・ペトコビッチ 最高成績:ベスト8(1996、2008) 前回大会:ベスト16(ポルトガル代表に1-0で敗戦) スコットランド代表/出場回数:6大会連続3回目 予選成績(グループI・3位):5勝5敗 予選得点王:7ゴール/FWジョン・マッギン プレーオフ:イスラエル代表(0-0、PK5-3)、セルビア代表(1-1、PK5-4) 最高成績:グループステージ敗退 前回大会:予選敗退 チェコ代表/出場回数:7大会連続10回目 予選成績(グループA・2位):5勝3敗 予選得点王:4ゴール/FWパトリック・シック 最高成績:優勝(1976)※チェコスロバキア時代/チェコとしてはベスト4(2004) 前回大会:グループステージ敗退 <span class="paragraph-title">【グループE】</span> 開催地:ビルバオ(スペイン)、ダブリン(アイルランド) スペイン代表/出場回数:7大会連続11回目 予選成績(グループF・1位):8勝2分け 予選得点王:4ゴール/FWアルバロ・モラタ、DFセルヒオ・ラモス、FWロドリゴ・モレノ 最高成績:優勝(1964、2008、2012) 前回大会:ベスト16(イタリア代表に2-0で敗戦) スウェーデン代表/出場回数:6大会連続7回目 予選成績(グループF・2位):6勝3分け1敗 予選得点王:5ゴール/FWロビン・クアイソン 最高成績:ベスト4(1992) 前回大会:グループステージ敗退 ポーランド代表/出場回数:4大会連続4回目 予選成績(グループG・1位):8勝1分け1敗 予選得点王:6ゴール/FWロベルト・レヴァンドフスキ 最高成績:ベスト8(2016) 前回大会:ベスト8(ポルトガル代表に1-1、PK戦5-3で敗戦) スロバキア代表/出場回数:2大会連続2回目 予選得点王:3ゴール/FWロベルト・ボジェニク、FWマレク・ハムシク、MFユライ・クツカ 予選成績(グループE・3位):4勝1分け3敗 プレーオフ:アイルランド代表(0-0、PK4-2)、北アイルランド代表(延長2-1) 最高成績:ベスト16(2016) 前回大会:ベスト16(ドイツ代表に3-0で敗戦) <span class="paragraph-title">【グループF】</span> 開催地:ミュンヘン(ドイツ)、ブダペスト(ハンガリー) ハンガリー代表/出場回数:2大会連続4回目 予選成績(グループE・4位):4勝4敗 予選得点王:3ゴール/DFヴィリー・オルバン プレーオフ:ブルガリア代表(3-1)、アイスランド代表(2-1) 最高成績:3位(1964) 前回大会:ベスト16(ベルギー代表に4-0で敗戦) ポルトガル代表/出場回数:7大会連続8回目 予選成績(グループB・2位):5勝2分け1敗 予選得点王:11ゴール/FWクリスティアーノ・ロナウド 最高成績:優勝(2016) 前回大会:優勝 フランス代表/出場回数:8大会連続10回目 予選成績(グループH・1位):8勝1分け1敗 予選得点王:6ゴール/FWオリヴィエ・ジルー 最高成績:優勝(1984、2000) 前回大会:準優勝(ポルトガル代表に1-0で敗戦) ドイツ代表/出場回数:13大会連続13回目 予選成績(グループC・1位):7勝1敗 予選得点王:8ゴール/FWセルジュ・ニャブリ 最高成績:優勝(1972、1980、1996) 前回大会:ベスト4(フランス代表に2-0で敗戦) 2020.11.13 11:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アイスランド&ハンガリーがグループAの決勝へ!激闘となったグループBは北アイルランドとスロバキアがPK戦を制し決勝進出!!《ユーロ2020予選プレーオフ》

ユーロ2020予選プレーオフ準決勝が8日に各地で行われた。 グループAのアイスランド代表vsルーマニア代表は2-1でアイスランドが勝利した。試合はアイスランドがファーストシュートで先制する。16分、J・グズムンドソンのパスを受けたボックス中央右で受けたシグルドソンがカットインから左足を振り抜くと、このシュートゴール右隅に突き刺さった。 先制点で勢いづくアイスランドは、27分にもシグルドソンがゴールネットを揺らしたが、VAR検証の結果、オフサイドと判定されゴールは取り消された。それでも35分、フィンボガソンのダイレクトループパスをボックス右で受けたシグルドソンが胸トラップから左足でゴール左隅にシュートを流し込んだ。 その後、PKからルーマニアのマキシムに1点を返されたアイスランドだったが、最後まで1点のリードを守り抜き2-1で勝利した。 また、グループAもう一試合では、アウェイに乗り込んだハンガリー代表がブルガリア代表に3-1で下し、グループAの決勝へ駒を進めた。この結果、グループAの決勝はアイスランドvsハンガリーに決定した。 グループBのボスニア・ヘルツェゴビナ代表vs北アイルランド代表は1-1で120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-3で北アイルランドが勝利した。試合が動いたのは14分、ボックス右深くまで侵入したチペティッチの折り返しを中央のクルニッチが流し込み、ボスニア・ヘルツェゴビナが先制した。 先制を許した北アイルランドは、後半立ち上がりに反撃。53分、自陣からのロングフィードを最前線のマゲニスが頭で繋ぐと、こぼれ球を左サイドからダイアゴナルに駆け上がったマッギンが拾い、そのままゴールネットを揺らした。 結局、試合は1-1のまま90分が終了。その後に行われた延長戦でもスコアは動かず、迎えたPK戦では、5人中4人が成功した北アイルランドに対し、ボスニアヘルツェゴビナは2人目のハイラディノビッチと3人目のヴィスチャが失敗。この結果、4-3で北アイルランドが決勝に駒を進めた。 また、同グループもう一試合のスロバキア代表vsアイルランド代表は、0-0のゴールレスで120分が終了。その後行われたPK戦の結果、4-2で勝利したスロバキアが決勝進出を決めた。 この結果、グループBの決勝戦は北アイルランドvsスロバキアに決定した。 2020.10.09 06:40 Fri
twitterfacebook
thumb

ユーロ予選POを控えるスコットランド代表MFアームストロングが新型コロナ陽性…同部屋のティアニーとクリスティも隔離措置

スコットランドサッカー協会(SFA)は7日、サウサンプトンに所属するMFスチュアート・アームストロングが新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応を示したことを発表した。 SFAによれば、アームストロングは5日にPCR検査を実施した際は陰性だったものの、7日に行われた再検査で陽性反応が確認されたとのことだ。 アームストロングは今後、10日間自主隔離を行うことになり、来年開催のユーロ予選プレーオフのイスラエル代表戦、UEFAネーションズリーグ2020-21の2試合に出場することができなくなった。 なお、他の選手は全員陰性だったものの、ホテルで同部屋だったアーセナルのDFキーラン・ティアニーとセルティックのDFライアン・クリスティ、フィジオセラピスト1名、マッサージ師1名が濃厚接触者に認定されたとのこと。今後、2週間の自主隔離を行うという。 この一大事を受けて、スコットランド代表のスティーブ・クラーク監督がコメント。選手だけでなくチーム、そして周囲への影響を心配した。 「これは残念なニュースだが、一番大事なのは関わった個人と、より大きなグループの健康と安全だ」 「陽性反応が通知されると、すぐにチームのメディカルスタッフがスコットランド政府のアドバイザーに連絡をした。そして、地元の健康保健所に報告した」 「選手とバックルームスタッフを保有するそれぞれのクラブに連絡した。明日の大きな試合に備える必要がある」 2020.10.08 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ユーロ予選プレーオフに臨むスコットランド、ティアニーら主力3選手がコロナ陽性で欠場へ

ユーロ2020予選プレーオフに臨むスコットランド代表で主力3選手が欠場するようだ。イギリス『BBC』が報じている。 いずれの選手も新型コロナウイルスの検査結果で陽性反応を示した。欠場となるのはDFキーラン・ティアニー(アーセナル)、MFスチュアート・アームストロング(サウサンプトン)、MFライアン・クリスティ(セルティック)の3選手。 主力3選手を欠くスコットランドは8日にイスラエル代表とのユーロ2020予選プレーオフ準決勝を、11日にUEFAネーションズリーグ2020-21でスロバキア代表戦を、14日にチェコ代表戦を戦う。 2020.10.08 01:00 Thu
twitterfacebook
thumb

大ケガを乗り越えたキエッリーニが現役続行の意思を示す「ユーロ2020に出場できるよう願っている」

ユベントスに所属するイタリア代表DFジョルジョ・キエッリーニ(35)は、自身のキャリアやプロとしての心構え、そして今後のキャリアについて語っている。 キエッリーニは昨年8月、トレーニング中に右ヒザ前十字じん帯を損傷し約6カ月にわたって離脱。現在は戦列に復帰しているが、キャリア終盤での大ケガということもあり、引退が囁かれることもあった。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiI1dm5PNVh5RCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> しかし、キエッリーニは様々な経験を積んだからこそ、大ケガも乗り越えることができたと、イタリアでテレビの司会者などを務めているマルティナ・コロンバーリ氏とのインスタグラムのライブ配信で語った。 「10年前に起こっていたら、平穏な精神ではいられなかっただろう」 「35歳になった今、全ての経験があるので、これは通過点であることを認識し、復帰するためのエネルギーに変えることができる」 「僕は自身のメンタルを全体的に改善した。若い頃は怒ることでたくさんのエネルギーを消費していた。僕は恵まれた人生を送っている。だから上手くいかない時期には苛立つのではなく、幸せであることを思い出す」 そんなキエッリーニは、経営学の修士号を取得するほどのインテリプレーヤーでもある。その秘訣は時間があったからだとし、地に足をつけてプレーすることが、長くプロ生活を送る秘訣であると明かした。 「19歳の時、セリエBでプレーしていたので勉強することができなかった。自由時間があったとき、なぜプレイステーションをやるのだろうか?と思っていた。計画的に学んだおかげで、僕は別のことをし、なんとか3年の学位を4年で終えることができた」 「17歳でとても強いプレッシャーがかかっている人がいる。彼らのキャリアを台無しにするほど、多くの期待がかかることがある。ユベントス、インテル、ミランでトライアルを行えたことに感謝しているけど、リボルノは僕を残すことを強く要求していた。なぜなら、僕が普通の青年期を迎えることを意味するからだ」 「僕の見解では、プロのサッカー選手になることは2つの本当に難しいことがある。1つは地に足をつけ、もう1つは孤独に耐えることだ。それらの暗い部分が現れるので、内面に精神的な強さが必要だ。ビジネスの観点でより独りよがりになる時、家族も助けてくれる。家に帰って、普通の世界に連れ戻してもらえる」 キャリアの終わりも見え始めたキエッリーニは、ユベントスと契約延長合意に達したという報道も出ている。しかし、現時点で公式発表はまだなく、今シーズンいっぱいでユベントスとの契約が満了を迎える。 キエッリーニ本人は、まだ引退は考えていないと口にしており、来るユーロ2020を見据えて現役を続行する意思があるようだ。 「もう1年プレーして、それから自分の調子や足の状態を見ようと思う。来年の夏に引退するかもしれないし、その後にもう1シーズンプレーするかもしれない」 「僕はフットボール界に居続けたいと思っているよ。恐らくは、フロントよりも監督などを目指すことになるだろう。でも、人生は解らないものだ」 「延期したユーロ2020に出場できるよう願っているし、才能豊かな若い選手たちの面倒を見ることもできるだろう。そうやって循環していくんだ」 2020.06.15 19:30 Mon
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly