ビラ移籍のGKマルティネス、移籍の経緯、古巣アーセナルへの想い語る

2020.10.08 16:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で、アーセナルからアストン・ビラに移籍したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣への想いをイギリス『インデペンデント』で語った。マルティネスは2009年に母国のCAインデペンディエンテからアーセナルのユースチームに移籍。同クラブでの在籍期間は11年にもなるが、そのほとんどをレンタル先のクラブで過ごした。転機が訪れたのは、昨シーズン終盤。正GKを務めていたドイツ代表GKベルント・レノが負傷によって長期離脱したことで、マルティネスにチャンスが回ってきた。

すると、マルティネスは安定したセービングと精度の高いキックを披露するなど、好パフォーマンスを継続し、FAカップ優勝にも貢献。この活躍により、ファンの心をがっちりとつかんだ。一見すると、突然訪れたチャンスを見事に活かし切ったシンデレラストーリーのようにも感じるが、マルティネスにとっては周到な準備の末に掴んだ必然の出来事だったという。

「やっとNo.1になることができた。だけど、準備はできていたんだ。そこにたどり着くまでに10年かかったけどね。ゴールキーパーとして毎日トレーニングしていても、誰も人生の物語のための準備はできないんだ」

「4カ月間も全くプレーできなければ、このまま続けられるのか、精神的に参ってしまうのか、自問自答することもある。何年もかけてもっとたくさんのことをすることができたと思うけど、ようやく世界が僕を見つけてくれたよ」

また、アストン・ビラからの関心は休暇明けの時点で、すでに理解していたものの、移籍を真剣に検討し始めたのは、スタメン出場で再びタイトルを勝ち取ったコミュニティ・シールドの後だったという。

「あの試合で良いプレーをすれば、No.1になれると思っていたけど、その後もリーグ戦で誰がスタートになるのかはっきりとしていなかった」

「次のフルアム戦(開幕戦)では95%スタメンだと言われていたんだ。だけど、そのときに『なんで100%じゃないんだ』って思ってしまったんだ。そこで違和感を覚えて、皆が僕に残ってほしいと言ってくれたけど移籍を決断したよ」

「そのときは動揺したり感情的になったりもしなかったし、自分がここまでやってきたことを誇りに思っていたんだ。アーセナルにやってきたとき、僕の前には他に9人のキーパーがいたんだ。だから、毎年自分の価値を証明し続ける必要があった。でも最後は、No.1として去ることができた。僕のアーセナルでの物語はそこで終わりを迎えたんだ」

「ミケル(・アルテタ)にはメールで伝えた。感謝と共に、『僕がトロフィーを獲得できたのは、あなたがトレーニングを仕切り、チームを変えてくれたからだ』と言ったよ」

「彼のプロセスをとても信頼しているし、彼の現役時代から普通の人と異なるものを持っていると思っていたんだ。もちろん、リオネル・メッシのように、彼をトッププレーヤーとして見ているわけではないけど、トップコーチとして見ている。彼にはこれから証明しなければならないことがたくさんあるし、彼の成功を祈っているよ。アーセナルのみんなを愛しているし、感謝しているよ」

その後、マルティネスはアストン・ビラへ移籍。イギリス『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億円)となり、アルゼンチン選手史上最も高価なGKになったことを意味する。

移籍後は守護神としてゴールマウスを守り、王者リバプールを7-2で破った直近の試合でも活躍。今回の移籍は早くも大成功の兆しを見せているが、幾つかの選択肢があった中、自身の「直感」に従ってアストン・ビラ行きを選んだという。

「自分のキャリアにおいて初めて直感に従ったんだ。サインをする前に深呼吸をして、『何が起こっても振り返らない』と決めていたんだ。多くのクラブを断って、ここでの最初のゲーム(シェフィールド・ユナイテッド戦)ではPKをセーブしてマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せられた」

「ここが今の自分の居場所なんだ。つい先日妻には話をしたんだけど、僕は今、またサッカーに恋をしているようなんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

エジル、ついに移籍か…アーセナルと早期契約解除で基本合意

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)に移籍の準備が整ったようだ。 今季、ミケル・アルテタ監督の構想から完全に外れ、ピッチから遠ざかる日々が続くエジル。移籍市場がオープンした今冬、アメリカやトルコが新天地候補に挙がり、7年半を過ごすアーセナルからの退団が取り沙汰されている。 そのなかで、早期移籍を望むエジルがアーセナルと2021年6月30日まで残る契約の解除を求めて、交渉を開始したとも報じられ、行く末が注目の的に。イギリス『The Athletic』によれば、その話し合いの決着がついたという。 『The Athletic』のデイビッド・オーンステイン氏によると、エジルとアーセナルは早期の契約解除で基本合意。エジルは現行契約を全うすれば手にできた残り給与700万ポンド(約9億8000万円)を放棄しての移籍になる模様だ。 そして、移籍先に目されるのはこれまでも幾度となく噂に挙がった自身のルーツでもあるトルコの名門フェネルバフチェ。すでに個人合意に達しており、今週末にも移籍を完了すべく、渡航する見込みだという。 エジルは2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わり、絶対的司令塔として公式戦通算254試合44得点77アシストを記録。チームを4度のFAカップ優勝に導いた。 2021.01.16 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

D・ルイス、ドローでの連勝ストップに落胆…「典型的なプレミアリーグの試合」

アーセナルの元ブラジル代表DFダビド・ルイスがプレミアリーグでのドローに落胆している。クラブ公式サイトが伝えた。 D・ルイスは14日に行われたプレミアリーグ第18節のクリスタル・パレス戦に先発。リーグでは第14節エバートン戦以来のスタメンとなり、クリーンシート達成に貢献したが、チームは得点を挙げられず、ゴールレスドローに終わっている。 これにより、アーセナルのリーグ連勝は「3」でストップ。D・ルイスは試合後、DF陣の1人としてクリーンシートに満足感を示しつつ、勝ち点3を得られなかったことを悔やんだ。 「典型的なプレミアリーグの試合だったね。低い位置でブロックを築き、カウンターアタックを仕掛けてくるタフな相手との試合はいつだって難しいものだよ」 「僕たちはいくつかのゴールを決められたはずだ。だから、間違いなくフラストレーションになっている。こうした試合では、1点を奪えれば2点、3点と続けて取れるが、1点目が奪えなければ相手の低いブロックを崩すのは難しい」 「新しい解決策を見つけられるかどうかは、自分たち次第だ。この試合ではそれができたと思うから、とても悔しい。クリーンシートに満足はしているけど、それよりも勝つことを優先したいね」 「もちろん、長いプロセスの中ではクリーンシートを維持し続け、守備面を改善していくのは常に良いことだ。でも、僕は勝利のためなら、常にクリーンシートと交換しても良いと思っているよ」 2021.01.15 11:38 Fri
twitterfacebook
thumb

連勝ストップのアーセナル、アルテタ監督は「新鮮さと閃きの欠如」を悔やむ

アーセナルのミケル・アルテタ監督がプレミアリーグでの連勝ストップを嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは14日に行われたプレミアリーグ第18節で、クリスタル・パレスと対戦。リーグ3連勝中と復調するチームにとって、ホームで連勝を伸ばしたい一戦だったが、この日はクリスタル・パレスの堅守に苦戦して、攻撃面でもアイデアと精度を欠き、0-0のドローとなった。 この結果、連勝が止まり、順位も変わらずの11位。アルテタ監督は試合後、物足りなかった攻撃時の質を悔やんだ。 「(ここ数試合で)素晴らしい結果を出していたし、今日はホームで試合に勝ちたかったが、我々はフレッシュさを欠いていた」 「ファイナルサードで質の高いプレーができず、最終的に勝つことはできなかったね。勝ち点1を掴み、再びクリーンシートできたのも本当にポジティブだ。でも、勝ち点3を取れずに残念だ」 「これまでは試合のなかでプレッシャーをかけられず、困難な場面を迎えてしまったこともあった。そこからの改善によって、チームがしっかりとした姿勢を見せられるようになったのは素晴らしかったと思う。ただ、今日はファイナルサードで新鮮さと閃きが足りなかった」 「過去2試合での行いを見直し、改善していきたい。守備は本当にしっかりしていたし、簡単にチャンスを与えていない。対戦相手に困難を与えていると思う。ファイナルサードでも、我々は多くの進歩を遂げたと思うが、今日はもっと良いプレーが必要だった」 2021.01.15 10:56 Fri
twitterfacebook
thumb

アーセナルが最後までC・パレスの堅守を崩せず…ゴールレスドローで連勝がストップ《プレミアリーグ》

アーセナルは14日、プレミアリーグ第18節でクリスタル・パレスとホームで対戦し0-0の引き分けに終わった。 5日前に行われたFAカップ3回戦のニューカッスル戦を延長戦の末に勝利し、公式戦4連勝を飾ったアーセナルは、その試合から先発メンバーを8人変更。GKレノ、ダビド・ルイス、オーバメヤンが引き続き先発となり、ラカゼットやセバージョスら主力が先発に戻った。 13位クリスタル・パレス(勝ち点22)に対し、立ち上がりから押し込む展開が続いたアーセナルがペースを握るも、アタッキングサードでのアイデアと精度を欠き、なかなか決定機まで持ち込むことができない。 膠着状態が続く中、アーセナル29分にピンチを迎える。ザハのロストボールから左サイド深くまで抜け出したミッチェルの折り返しをボックス中央のベンテケがダイレクトシュートで合わせたが、これは枠の上に外れる。 さらにピンチの続くアーセナルは、39分にエゼの左FKからトムキンスに、42分にはミッチェルの左クロスからベンテケに決定機を許したが、シュートはクロスバーとGKレノの好セーブに救われ、ゴールレスで前半を終えた。 迎えた後半もアーセナルがボールを握る展開となると55分、ジャカのスルーパスをボックス左に抜け出したメイトランド=ナイルズが落とすと、これをオーバメヤンがダイレクトシュート。さらにこのボールをゴール前でカットしたラカゼットに決定機が訪れたが、これはナイルズの場面でオフサイドを取られた。 自陣のコンパクトかつソリッドな守備からロングカウンターを狙うクリスタル・パレスに対し、アーセナルは65分にナイルズを下げてペペ、70分にセバージョスを下げてパルティ、81分にラカゼットを下げてエンケティアを投入。しかし、堅い守りを見せるクリスタル・パレスの守備を前に決定機さえ作り出せない。 その後も攻め続けたアーセナルだったが、最後までクリスタル・パレスの牙城を崩すことはできず、0-0のままタイムアップ。アーセナルが連勝こそストップしたが、公式戦無敗を5試合に伸ばしている。 2021.01.15 07:07 Fri
twitterfacebook
thumb

自身の不調を認めるオーバメヤン「最高のパフォーマンスは発揮できていない」

アーセナルでキャプテンを務めるガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが、自身の不調について語っている。イギリス『イブニング・スタンダード』が伝えた。 オーバメヤンは2018年にアーセナルに加入して以来、チームのエースとして公式戦127試合76ゴールを記録。2018-19シーズンには、リーグ得点王に輝いた。しかし、今季は開幕からコンディションが上がらず、ここまで公式戦18試合で6ゴールにとどまっている。 9日に行われたFAカップ3回戦のニューカッスル戦で、オーバメヤンは2021年初ゴールを決めており、ここからの復調が期待されている。オーバメヤン本人も、イギリス『スカイ・スポーツ』に出演した際、自身が不調であると認めつつ、前向きな心境を語った。 「今シーズンの初めから、僕は多くの面で苦労していた。とはいえ、これもフットボールの一部だ」 「昨シーズン、FAカップ優勝とヨーロッパリーグ出場権獲得に向け、多くのことをしてきたよ。クラブにとってこの2つは、本当に重要なものだったからね」 「時には浮き沈みもあるし、自分でもできるかぎりのマネジメントをしていく必要がある。今はベストを尽くそうとしているけど、自分の中で最高のパフォーマンスは発揮できていないね」 「僕はまだ前向きな気持ちを持っている。この状況を好転させることができるって信じているんだ」 また、オーバメヤンはインタビューのなかで、自身が不調であるにもかかわらず、キャプテンとしてチームを盛り上げていくことの難しさについても明かしている。 「自分とチーム、両方を管理するのは本当に難しい。でも、チームが(キャプテンとしての)僕を必要としている以上、できるだけポジティブでいる必要がある」 「ピッチ上だけでなく、ドレッシングルームでもベストを尽くそうとしているよ。辛い時も、もしかしたら気分が乗らない時もあるかもしれないけど、それを変える方法を見つけるんだ。皆のため、ポジティブな雰囲気を作らないといけない」 2021.01.14 18:02 Thu
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly