ビラ移籍のGKマルティネス、移籍の経緯、古巣アーセナルへの想い語る

2020.10.08 16:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏の移籍市場で、アーセナルからアストン・ビラに移籍したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣への想いをイギリス『インデペンデント』で語った。マルティネスは2009年に母国のCAインデペンディエンテからアーセナルのユースチームに移籍。同クラブでの在籍期間は11年にもなるが、そのほとんどをレンタル先のクラブで過ごした。転機が訪れたのは、昨シーズン終盤。正GKを務めていたドイツ代表GKベルント・レノが負傷によって長期離脱したことで、マルティネスにチャンスが回ってきた。

すると、マルティネスは安定したセービングと精度の高いキックを披露するなど、好パフォーマンスを継続し、FAカップ優勝にも貢献。この活躍により、ファンの心をがっちりとつかんだ。一見すると、突然訪れたチャンスを見事に活かし切ったシンデレラストーリーのようにも感じるが、マルティネスにとっては周到な準備の末に掴んだ必然の出来事だったという。

「やっとNo.1になることができた。だけど、準備はできていたんだ。そこにたどり着くまでに10年かかったけどね。ゴールキーパーとして毎日トレーニングしていても、誰も人生の物語のための準備はできないんだ」

「4カ月間も全くプレーできなければ、このまま続けられるのか、精神的に参ってしまうのか、自問自答することもある。何年もかけてもっとたくさんのことをすることができたと思うけど、ようやく世界が僕を見つけてくれたよ」

また、アストン・ビラからの関心は休暇明けの時点で、すでに理解していたものの、移籍を真剣に検討し始めたのは、スタメン出場で再びタイトルを勝ち取ったコミュニティ・シールドの後だったという。

「あの試合で良いプレーをすれば、No.1になれると思っていたけど、その後もリーグ戦で誰がスタートになるのかはっきりとしていなかった」

「次のフルアム戦(開幕戦)では95%スタメンだと言われていたんだ。だけど、そのときに『なんで100%じゃないんだ』って思ってしまったんだ。そこで違和感を覚えて、皆が僕に残ってほしいと言ってくれたけど移籍を決断したよ」

「そのときは動揺したり感情的になったりもしなかったし、自分がここまでやってきたことを誇りに思っていたんだ。アーセナルにやってきたとき、僕の前には他に9人のキーパーがいたんだ。だから、毎年自分の価値を証明し続ける必要があった。でも最後は、No.1として去ることができた。僕のアーセナルでの物語はそこで終わりを迎えたんだ」

「ミケル(・アルテタ)にはメールで伝えた。感謝と共に、『僕がトロフィーを獲得できたのは、あなたがトレーニングを仕切り、チームを変えてくれたからだ』と言ったよ」

「彼のプロセスをとても信頼しているし、彼の現役時代から普通の人と異なるものを持っていると思っていたんだ。もちろん、リオネル・メッシのように、彼をトッププレーヤーとして見ているわけではないけど、トップコーチとして見ている。彼にはこれから証明しなければならないことがたくさんあるし、彼の成功を祈っているよ。アーセナルのみんなを愛しているし、感謝しているよ」

その後、マルティネスはアストン・ビラへ移籍。イギリス『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億円)となり、アルゼンチン選手史上最も高価なGKになったことを意味する。

移籍後は守護神としてゴールマウスを守り、王者リバプールを7-2で破った直近の試合でも活躍。今回の移籍は早くも大成功の兆しを見せているが、幾つかの選択肢があった中、自身の「直感」に従ってアストン・ビラ行きを選んだという。

「自分のキャリアにおいて初めて直感に従ったんだ。サインをする前に深呼吸をして、『何が起こっても振り返らない』と決めていたんだ。多くのクラブを断って、ここでの最初のゲーム(シェフィールド・ユナイテッド戦)ではPKをセーブしてマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せられた」

「ここが今の自分の居場所なんだ。つい先日妻には話をしたんだけど、僕は今、またサッカーに恋をしているようなんだ」
コメント
関連ニュース
thumb

アーセナルFWペペが謝罪 頭突き退場の愚行を「深く反省」

アーセナルのコートジボワール代表FWニコラ・ペペが自らの愚行で迷惑をかけたチーム関係者に謝罪した。 ペペは22日に行われたプレミアリーグ第9節のリーズ・ユナイテッド戦に先発。才能を燻らせる本人にとってもアピールチャンスだったが、51分にプレーと関係のないところでリーズのマケドニア代表MFエズジャン・アリオスキに頭突きを見舞い、ビデオアシスタントレフェリー(VAR)の介入を経て、レッドカードを受けた。 代表ウィーク明けの初戦からチームメイト1人のいらぬ行動で数的不利に陥ったものの、何とかリーズにゴールを許さず、勝ち点1を手にしたアーセナル。ミケル・アルテタ監督から試合後、「明らかに容認できないし、受け入れられない」と苦言が飛ぶなど、元選手からも厳しい声が相次ぐ事態に発展してしまっている。 渦中のペペは試合翌日の23日、自身のインスタグラム(nicolas.pepe19)を通じて、「昨日、僕は肝心なときにチームを失望させてしまった。僕の行動は言い訳のしようがない。深く反省している。ファン、チームメイト、監督、そしてクラブ関係者に謝罪したい」と反省の弁を綴った。 昨夏当時にクラブ史上最高額の推定7200万ポンド(現レートで約100億3000万円)にものぼる移籍金でリールから鳴り物入りでアーセナルに活躍の場を移して注目を浴びたペペ。勝負の2年目と位置付けられる今季はここまで公式戦13試合の出場で3得点を記録している。 2020.11.24 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

頭突きのぺぺと挑発のアリオスキへのSNSでの侮辱行為に両クラブが厳罰を発表

アーセナルとリーズ・ユナイテッドが、SNS上での選手への差別的な投稿に対して声明を発表した。 22日、プレミアリーグ第10節でリーズとアーセナルが対戦。ゴールレスで迎えた52分に、アーセナルのコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがプレーとは関係のないところでリーズのマケドニア代表MFエズジャン・アリオスキに頭突き。そこまで激しい接触には見えなかったものの、アリオスキは顔を覆いながらその場に倒れ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が介入そた結果ペペは一発退場となった。 この行為にはアーセナルのミケル・アルテタ監督も「明らかに容認できないし、受け入れられない」とコメントし、相手の挑発に乗ってしまったぺぺを糾弾していた。 この揉め事はSNS上でも大きな話題となり、頭突きを見舞ったぺぺはもちろんのこと、挑発したアリオスキの行動にも非難が殺到。大きな騒動となっていた。 これを受け、アーセナルとリーズはSNS上での侮辱的な投稿に対して声明を発表した。 アーセナルは、「リーズ・ユナイテッドとの試合後、ソーシャルメディアでニコラ・ぺぺとエズジャン・アリオスキに対して向けられた卑劣な罵声を完全に非難します」とし、「これは完全に容認できないことであり、我々は警察や当局と協力し、犯人を探し、起訴するためにできる限りの事をします」と厳重な対応を取るとした。 一方のリーズも「アーセナルとのプレミアリーグの試合後、SNS上でエズジャン・アリオスキとニコラ・ペペに向けられた卑劣な罵倒は、リーズでは許されない」と声明を発表。「我々は警察や当局と緊密に連携し、責任ある者が特定され、処罰されるようにする」と発表していた。 2020.11.23 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

蛮行のペペを批判するエブラ氏、“被害者”の選手にも「オスカーに値する」とチクリ

かつてマンチェスター・ユナイテッドに所属した元フランス代表DFパトリス・エブラ氏が、頭突きにより退場処分を受けたコートジボワール代表FWニコラ・ペペを批判した。イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。 ペペは22日に行われたプレミアリーグ第9節のリーズ・ユナイテッド戦に、スタメンで出場。11月のインターナショナルマッチウィーク期間中、出場機会の少なさに不満を示すコメントを残していた同選手にとって、ミケル・アルテタ監督にアピールする絶好のチャンスだった。 しかし、ペペは後半の立ち上がり、プレーとは関係のないところでリーズのマケドニア代表MFエズジャン・アリオスキに頭突きを食らわせる。そこまで激しい接触には見えなかったものの、アリオスキは顔を覆いながらその場に倒れ、VARチェックの結果ペペは一発退場となった。 アルテタ監督は期待を裏切ったコートジボワール代表ウィンガーの行いに「容認できない」と激怒しており、クラブでの将来は怪しくなっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』に出演していたエブラ氏も、リーグ・アンのリール時代から注目していたペペのこの行為には、呆れ果てたコメントを残した。 「愚かな行為で、フラストレーションが溜まってしまうね。アーセナルがこの試合で持っていた計画は(退場によって)すべて変更されたと思うし、私はチームメイトに謝罪するべきだと思う」 「ペペがフランスでプレーしている姿を私は見ていた。彼は幸せそうに笑っていたよ。高額な移籍金、ファンの批判があっても私はいつも擁護してきたが、今回は本当に失望している。もう彼を守ることはできない」 一方で、エブラ氏はペペを退場に追い込んだアリオスキに対しても、チクリと皮肉を込めたコメントを口にしている。 「アリオスキはオスカーに値するね。私がリーズの監督なら、アリオスキのプレーに満足しただろう。彼はまるで鼻が折れたというような顔をしていた。でも、ペペは本当に愚かだったよ」 2020.11.23 17:47 Mon
twitterfacebook
thumb

ダビド・ルイスに新たな子宝!「神からの贈り物だ!」

アーセナルのブラジル代表DFダビド・ルイスが新たな子宝に恵まれたようだ。 イギリス『メトロ』によると、第三子となる娘が誕生したのは22日の早朝。3児の父となったダビド・ルイスは自身のインスタグラムを通じて「娘のマリーだ。神様からの最高の贈り物だ。これからずっと手を繋いで歩いていくよ」と報告。同選手の指先と、生まれたばかりの幼い手が結ばれている写真も投稿されていた。 22日にプレミアリーグ第9節のリーズ・ユナイテッド戦が行われたが、ダビド・ルイスはこういう事情で試合を欠場していた。なお、チームはFW二コラ・ペペの退場もあり、0-0で引き分けている。 先日にはチームメイトのMFダニ・セバージョスとの衝突も報じられたブラジル代表DFだが、プライベートでは充実した生活を送っているようだ。 2020.11.23 14:15 Mon
twitterfacebook
thumb

頭突き退場のペペに怒りを隠さないアルテタ「明らかに容認できない」

アーセナルのミケル・アルテタ監督は、不用意な退場によって試合を難しくしたコートジボワール代表FWニコラ・ペペに対する怒りを露わにしている。クラブ公式サイトが伝えた。 アーセナルは22日に行われたプレミアリーグ第9節でリーズ・ユナイテッドと対戦。前節のアストン・ビラ戦で0-3の完敗を喫して、上位追走のためにも勝利が求められる一戦だったが、前半だけでリーズにシュート13本を打たれる苦しい展開となると、52分にペペが相手MFエズジャン・アリオスキへの頭突きで一発退場となる。 コートジボワール代表ウィンガーの愚行により、10人の戦いを強いられたチームは防戦一方となったが、GKベルント・レノの奮闘もあり、何とか0-0のゴールレスドローに持ち込み、勝ち点1をゲットした。 試合後、インタビューに応じたアルテタ監督は、ドローによる勝ち点1という結果に必ずしも満足はしていないものの、10人になってから集中した守りを見せたチームは誇っている。 「状況を考えれば、勝ち点1は取らなければならなかった。ドローという結果には決して満足していないが、後半の45分間を10人で戦うことがいかに困難であったかはわかっている」 「退場者を出した後の我々の対応、回復力、数的不利を克服しようとした全員の努力は驚異的だった。リーズには得点のチャンスが数多くあったし、最後は勝ち点1を取る必要があった」 「我々の守備は本当に機能していると思う。一方で、チャンスを作れていないわけではないが、もっと作る必要があるし、ファイナルサードではもっと一貫性を持って、フィニッシュの量や方法に気を配らないとね。いつかは成し遂げられるだろうけど、現実にはさまざまな理由で多くの選手が継続性を持てていない」 また、アルテタ監督は退場したペペと話し合うことを明かしつつ、退場については「明らかに容認できないし、受け入れられない」と断言。相手の挑発に上手く対処すべきだったと語った。 「(ペペがアリオスキに不満を持っているか)わからないが、相手の激しさや攻撃性、どのようがプレーをしてくるかは把握していたし、それは我々に対して練られた計画の一部だ。それに対処できるようにしなければならない。こうした状況にも適応する必要があるんだ」 2020.11.23 12:52 Mon
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly