“サンテチェンヌ・キラー”イブラヒモビッチのパワーあふれるハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

2020.10.09 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い)サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。

今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたハットトリックだ。

◆イブラヒモビッチのハットトリック!1点目のヘディングシュートは強烈

これまで在籍したどのクラブでもゴールを量産してきたイブラヒモビッチ。キャリア通算で763試合に出場し470ゴールを記録しているが、最もゴールを決めているのがサンテチェンヌ戦だ。

イブラヒモビッチはこれまでサンテチェンヌ戦に14試合出場し17ゴールを記録。大の得意としている。2014年8月31日に行われたリーグ・アン第4節では、ハットトリックも達成している。

PSG1点リードで迎えた41分、左サイドからDFマクスウェルがクロスを上げると、中央のイブラヒモビッチが相手DFをはねのけて強烈なヘディングシュートを叩き込んだ。

さらに62分には、イブラヒモビッチが相手のバックパスをかっさらい、GKもかわして追加点を奪うと、4-0で迎えた72分にはMFマルコ・ヴェッラッティのスルーパスに抜け出したイブラヒモビッチがGKとの1対1を制し、見事ハットトリックを達成した。

イブラヒモビッチは、このシーズンのカップ戦、さらにはマンチェスター・ユナイテッド時代にもサンテチェンヌ相手にハットトリックを達成しており、通算14回の対戦で17ゴールと、サンテチェンヌ・キラーと言っても過言ではない。
コメント
関連ニュース
thumb

生粋のゴールハンター、アンリがバルセロナで見せたワンタッチゴール3つ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆アンリがバルセロナで見せた華麗なハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzUmlVeXAzQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アーセナルでレジェンドとしてのステータスを築いたアンリ氏は、2007年夏にバルセロナに加入。チャンピオンズリーグ(CL)を果たすなど、多くのタイトルを勝ち取った。 ゴール前での冷静かつ正確無比な動きでバルセロナでも活しっかりと活躍したアンリ氏だが、2008年12月6日に行われたラ・リーガ第14節のバレンシア戦では、華麗なハットトリックを決めている。 まずは0-0の19分、MFヤヤ・トゥーレのロングボールに反応し、裏に抜け出したアンリは、飛び出してきたGKの頭上を超えるループシュートを沈め、先制ゴールを挙げる。 続いて27分、MFアレクサンドル・フレブのパスをボックス内で受けると、右足でダイレクトシュート。ゴール右へ正確なシュートを流し込み、前半だけで2ゴールを決めた。 最後は3-0とリードを広げて迎えた80分、ボックス内に侵入し、右サイド深部をえぐったFWボージャン・クルキッチのパスをゴール前で受けると、冷静にシュートをゴール左に決め、ハットトリックを決めてみせた。 全てワンタッチゴールで3点を奪い、ストライカーらしいハットトリックを奪ったアンリ。試合はそのまま4-0でバルセロナが完勝した。 2020.11.25 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

スアレスが10人のビルバオ相手に大暴れのハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆スアレスが10人のビルバオ相手に決めたハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEcWNiN1ZGVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2014年夏にリバプールからバルセロナに加入したスアレスは、貴重な得点源としてゴールを量産。FWリオネル・メッシと共に相手守備陣を翻弄した。 抜群の得点センスと優れたテクニックで華麗なプレーを見せてきたスアレスだが、2016年1月17日に行われたラ・リーガ第20節のアスレティック・ビルバオ戦では、見事なハットトリックを決めている。 開始4分で相手GKが1発レッドカードで退場となったこの試合。10人の相手に対して、バルセロナが一方的に攻め、2-0で迎えた47分、ネイマールの絶妙スルーパスにオフサイドラインぎりぎりで抜け出したスアレスが、GKとの1vs1を冷静に流し込み、3点目を決める。 続いて4-0とリードを広げて迎えた69分、右サイドのMFアルダ・トゥランのふわりとしたクロスをボックス内で受けたスアレスは、走りながらの胸トラップで見事にボールをコントロールし、至近距離からゴールを決める。 最後は82分、メッシの右サイドからのクロスに頭で合わせ、ゴールショーをハットトリックで締めくくった。 試合は、終始攻撃の手を緩めなかったバルセロナがそのまま6-0で勝利している。 2020.11.23 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ブラジルとバルセロナのレジェンドFWリバウドが決めた豪快なハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表FWリバウド氏がバルセロナで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆リバウドの地を這うような強烈なロングシュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQVnBCT2dvdCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> “レフティ・モンスター”の異名を持つリバウド氏は、1997年夏にバルセロナに加入すると、すぐさま大活躍。目覚ましい活躍を見せ、観客を魅了した。 ゲームメーカーでありながら、自らも決定的な仕事をこなせる得点力を備えていたリバウド氏だが、1999年4月4日に行われたラ・リーガ第28節のレアル・オビエド戦では、見事なハットトリックを決めている。 0-0で迎えた23分、FWソニー・アンデルソンの落としを相手陣内中央で受けたリバウドは、迷わずにダイレクトロングシュート。強烈なシュートは、地を這うような低弾道でゴール右下に一直線に飛んでいき、見事な先制ゴールとなった。 その後、オビエドに追いつかれながらも、リバウドが前半と後半にPKを1本ずつ沈め、ハットトリックを達成。リバウドのチーム全ゴールを挙げる活躍で3-1とバルセロナが勝利している。 2020.11.22 22:00 Sun
twitterfacebook
thumb

これぞエース!アグエロが2点ビハインドの後半に決めた逆転ハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆シティのエースアグエロが決めた逆転を呼び込むハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEUGlOb0RpTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンの名門インデペンディエンテでデビューしたアグエロは、若くしてアトレティコ・マドリーに渡ると、ブレイク。2011年夏に、積極補強で急速に力を付けていたマンチェスター・シティに、エースストライカーとして加入した。 チームの貴重な得点源として長年にわたり活躍するアグエロだが、2014年1月25日に行われたFAカップ4回戦のワトフォード戦では、これぞエースという働きを見せ、ハットトリックを決めている。 格下のワトフォード相手ながら前半に2失点を許し、0-2で迎えた59分、ゴール前でクロスに合わせたFWエディン・ジェコのシュートが相手GKにブロックされるも、こぼれ球にアグエロが詰め、反撃の狼煙を上げる1点目を決める。 続く78分、ボックス右角の手前でパスを受けたアグエロは、鋭いターンでカットインすると、左足でミドルシュート。逆足で放ったシュートはゴール左上の完璧なコースに決まり、見事な同点弾となった。 最後は、シティが逆転に成功して迎えた92分、右サイドを崩したMFヘスス・ナバスのクロスにアグエロがファーポストでヘディングを合わせると、至近距離から叩きつけるようなヘディングを決め、見事なハットトリックを決めた。 前半の2点のビハインドをひっくり返す見事な活躍を見せたアグエロ。チームが点を欲しい時に点を決める、まさにエースの活躍であった。 2020.11.20 22:00 Fri
twitterfacebook
thumb

“マエストロ”ジダンが雨のベルナベウで記録した圧巻のハットトリック【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、元フランス代表MFジネディーヌ・ジダン氏がレアル・マドリーで決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆ジダンがマドリーで決めた華麗なハットトリック<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJManpNaFBrVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> フランスでのデビューを経て、ユベントスで世界最高峰の選手としてブレイクを果たしたジダン氏。2001年当時“銀河系軍団”と呼ばれたレアル・マドリーに、チームの顔の1人として入団した。 強靭なボディバランスに加え抜群のテクニックと、高いサッカーIQでピッチを支配し、“マエストロ”の異名を取ったジダン氏だが、2006年1月15日に行われたラ・リーガ第19節のセビージャ戦では、華麗なハットトリックを決めている。 まずは1-1の同点で迎えた58分、FWジュリオ・パチスタが獲得したPKを落ち着いて決め、勝ち越しゴールを記録する。 直後の60分、相手のクリアボールをMFグティがボックスの外で拾うと、観るもの全てを欺く美しいヒールパスをボックス内のジダンに通す。完全にフリーでボールを受けたジダンが強烈なシュートをゴールに突き刺し、2点目を挙げる。 最後は、3-2と1点差に迫られて迎えた93分、カウンターからマドリーがチャンスを作ると再びグティのクロスをジダンがボックス内で収め、左足豪快な3点目をマーク。見事なハットトリックを決めて見せた。 ジダンのハットトリックの活躍で4-2と勝利を収めたマドリー。印象的な活躍を見せたジダンだが、特に2点目のグティのアシストは、マドリディスタの記憶に残るシーンとなっている。 2020.11.18 22:00 Wed
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly