PK戦の末にダービー制したトッテナムが準々決勝進出! チェルシーはヴェルナー初弾も及ばず…《EFLカップ》

2020.09.30 06:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
EFLカップ(カラバオカップ)4回戦、トッテナムとチェルシーによる“ロンドン・ダービー”が29日にトッテナムホットスパー・スタジアムで行われ、1-1で90分間の戦いが終了。その後、行われたPK戦を5-4で制したトッテナムが準々決勝進出を決めた。

新型コロナウイルスの陽性反応者を複数出したレイトン・オリエントとの3回戦を不戦勝という形で勝ち上がったトッテナム。2日後にELグループステージ進出を懸けたマッカビ・ハイファとのプレーオフを控える中、1-1で引き分けたリーグ戦のニューカッスル戦からはGKロリス、ダイアーを除く先発9人を入れ替え。デビュー戦となったレギロンに加え、タンガンガ、ジェジソン・フェルナンデスが今季初出場となり、[3-5-2]の2トップにはラメラ、ベルフワインが並んだ。

一方、バーンズリーとの3回戦を6-0の圧勝で突破したチェルシーは、3-3のドローに終わったリーグ戦のWBA戦からマウント、コバチッチ、ヴェルナーを除く8人を変更。GKメンディがデビューを飾ったほか、チルウェル、ジルー、ハドソン=オドイらが起用され、最前線にジルー、2列目にハドソン=オドイ、マウント、ヴェルナーが並ぶ[4-2-3-1]の布陣を採用した。
後方に重心を置くホームのトッテナムに対して、アウェイのチェルシーがボールを握って攻め手を窺う入りとなる。

中央を固める相手に対してなかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めないチェルシーだが、17分にはボックス内で相手のクリアミスに反応したハドソン=オドイが最初の枠内シュートを放つ。

すると、直後の19分には相手ビルドアップ時にレギロンにプレッシャーをかけたハドソン=オドイがボールを奪い、ショートカウンターに転じると、右サイド深くでアスピリクエタがマイナスの折り返しを入れる。これをボックス中央でワントラップしたヴェルナーがゴール右下隅に右足のシュートを突き刺し、待望の移籍後初ゴールを挙げた。

守備的に入りながらも先制を許したトッテナムだが、直後の23分に最初の決定機。浮き球の縦パスに反応したG・フェルナンデスがDFズマとうまく入れ替わってゴール前に抜け出す。ここで飛び出したGKメンディとズマに挟まれ倒されるが、ノーファウルの判定でPKは与えられず。

その後はダービーらしくファウルでプレーが途切れる中盤での潰し合いが目立つ展開となるが、35分にはトッテナムに再び決定機。ボックス右で横パスを受けたラメラが巧みなボディコントロールで前を向き、利き足とは逆の右足のグラウンダーシュート。だが、ここはGKメンディが右足を使った見事なセーブで阻止した。

結局、チェルシーの1点リードで折り返した試合は、後半も両チーム同じメンバーでスタート。70%以上ボールを握られた前半を受けて、前から圧力を強めたトッテナムは立ち上がりから相手ゴールに迫る。

50分、鋭いトランジションから右サイド深くに侵攻したオーリエからグラウンダーの折り返しが入ると、これに反応した左ウイングバックのレギロンがボックス左から左足を強振。だが、枠を捉えたシュートはGKメンディが見事な反応で阻止。さらに、53分にもベルフワインの抜け出しから最後はオーリエが左足のシュートを放つ。

一方、後半に入って防戦一方のチェルシーはビルドアップの停滞、球際での劣勢に加え、前線のターゲットマンであるジルーの存在感が希薄でほとんどフィニッシュまで持ち込むことができない。それでも、時間の経過と共に相手の攻撃に対応し始め、こう着状態に持ち込むことに成功した。

その後、後半半ばを過ぎて両ベンチが動く。ビハインドを追うトッテナムは60分過ぎにG・フェルナンデスに代えてホイビュルク、70分過ぎにタンガンガ、ベルフワインに代えてケイン、ルーカス・モウラを投入。この交代でシステムを[4-2-3-1]に変更した。

対するチェルシーはコンディションを考慮されたチルウェルに代えてエメルソン、コバチッチ、ジルーに代えてカンテ、エイブラハムをピッチに送り出した。

すると、両チームの主力の投入によって試合はここから再び活性化。互いにボックス内でのシュートシーンを増やしていく。とりわけ、ここまで劣勢だったチェルシーは2バックに近い相手の最終ラインに対して、ジョルジーニョのミドルレンジのパスで背後を取れるようになり、ヴェルナーやハドソン=オドイに続けて決定機が訪れた。

しかし、均衡を破ったのはホームのトッテナム。83分、ハーフウェイライン付近でのリスタートからアルデルヴァイレルトが左サイド深くに抜け出したレギロンに対角上のフィードを通す。そして、カットインから右足に持ち替えたスペイン代表DFの浮き球のクロスをファーで収めたラメラが今度は利き足の左足で冷静に流し込んだ。

土壇場で1-1のタイに戻った中、両者は90分間で決着を付けようと、白熱の攻防を最後まで見せたが、このままタイムアップ。準決勝進出はPK戦に委ねられることになった。

そのPK戦では拮抗した試合内容を反映するように両チーム4人目まで全員が成功。しかし、5人目では先攻のトッテナムのケインがきっちり決めたのに対し、後攻のチェルシーはマウントがシュートを枠の右に外してしまい、勝負あり。超過密日程でメンバーを落としながらもしぶとい戦いぶりで勝ち切ったトッテナムが、ベスト8進出を決めた。

関連ニュース
thumb

スパーズも日本代表MF鎌田大地に注目か、CL初得点の相手

日本代表MF鎌田大地(26)にトッテナム興味を持っているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 現在在籍しているフランクフルトで評価を高める鎌田。今季は中断前まで公式戦22試合12ゴール4アシストという成績を収めており、自身初のチャンピオンズリーグでは初ゴールから3試合連続でネットを揺らし、決勝トーナメント進出に大きく貢献した。 日本代表が旋風を巻き起こしたカタール・ワールドカップでは、個人としてはいまひとつの結果となってしまったが、ヨーロッパでの評価はうなぎ上りで、獲得に興味を示すクラブは後を絶たない。 その中で『ビルト』は、トッテナムやドルトムントが強い関心を示していると主張。トッテナムは鎌田がCLで初ゴールを挙げた相手で、プレミアリーグの強豪に印象を深く植え付けたようだ。 鎌田とフランクフルトの契約は今季限りで満了を迎えているが、クラブは延長オファーを出している状況。去就は鎌田次第ということになるが、サムライブルーのゲームメーカーはどのようなキャリアを選ぶのだろうか。 2022.12.08 18:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノがスパーズ時代の教え子ソン・フンミンの劇的アシストに大興奮

元トッテナムの指揮官マウリシオ・ポチェッティーノ氏は、やはり教え子の韓国代表FWソン・フンミンを心から愛しているようだ。 2014年から2019年までトッテナムを率いていたポチェッティーノ氏。一方、ソン・フンミンは2015年にレバークーゼンから加入し、以降両者は師弟関係を築いてトッテナムの躍進に貢献してきた。 現在、イギリス『BBC』でカタール・ワールドカップ(W杯)のコメンテーターを務めるアルゼンチン人指揮官は、サウサンプトン、トッテナムで2度に渡ってソン・フンミンの獲得に動いていたことを明かしていた。さらに、自身が指導してきた中で最も優れた選手かとの問いに対しては、「そうかもしれないね。たぶん、そうだね」と絶賛していた。 そして、ポチェッティーノ氏は2日に行われた韓国代表vsポルトガル代表をアラン・シアラー氏、リオ・ファーディナンド氏と共に『BBC』の番組でスタジアムで観戦した際、教え子への愛情を爆発させた。 逆転でのグループリーグ突破に向けて勝利が必須だった韓国だが、後半アディショナルタイムを迎えるまで1-1のスコアで敗退濃厚だった。 しかし、91分にはロングカウンターからソン・フンミンが見事なドリブルでの運びからのスルーパスでFWファン・ヒチャンの逆転ゴールをお膳立てし、土壇場での劇的勝ち上がりを見せた。 その様子をスタジアム上部のスタジオで観戦していたポチェッティーノ氏は、思わずモニターではなく窓際からソン・フンミンのドリブル突破を見守り、ゴールが決まった瞬間には会心のガッツポーズ。さらに、ファーディナンド氏とシアラー氏から教え子のアシストを称賛されると、まるで自分の息子が褒められているような誇らしいリアクションを示した。 現在もトッテナムと良好な関係を築く同氏には将来的な古巣帰還の噂もあり、愛する息子との再会を期待するスパーズファンも多くいるはずだ。 <span class="paragraph-title">【動画】教え子ソンの活躍にポチェも大興奮</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Studio scenes… South Korea changing the full time analysis! <a href="https://twitter.com/hashtag/FIFAWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FIFAWorldCup</a> <a href="https://t.co/DJ5opex78X">pic.twitter.com/DJ5opex78X</a></p>&mdash; Rio Ferdinand (@rioferdy5) <a href="https://twitter.com/rioferdy5/status/1598761996953870336?ref_src=twsrc%5Etfw">December 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.12.03 22:49 Sat
twitterfacebook
thumb

不協和音のフランス代表… 主将ロリス、直接言及せずも結束呼びかけ「グループ力が試される」

フランス代表キャプテンのGKウーゴ・ロリスが、カタール・ワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦のポーランド代表戦へ向けて意気込みを語った。 大会連覇を目指すフランス代表はグループDを首位通過し、4日に行われる決勝トーナメント1回戦でポーランド代表との対戦に。そんな最中、ディディエ・デシャン監督とDFバンジャマン・パヴァールの間に軋轢が生じていると伝えられ始め、同国ファンを中心に小さくない不安が広がっている。 スペイン『ムンド・デポルティボ』によると、チームを束ねるロリスは前日会見でこの件には触れず。その上で、チームが一丸となって戦わなくてはならないと述べている。 「戦いは新たなステージへと移った。勝てば次があるし、負ければ家に帰ることとなる。ここ(W杯)に残るためには、各々が可能な限りベストを尽くす必要がある。(ポーランド戦は)グループとしての力量が試される」 「繰り返すが、ミスは帰宅に直結する。このようなステージでリラックスできる瞬間はなく、肉体的にも精神的にも最高レベルでなくてはならない。それも90分間ずっとね」 直接の言及こそなかったものの、チームに結束を呼びかけた格好のロリス。自身も出場した2010年の南アフリカW杯ではチーム内の不和が決定的な要因となってグループステージ敗退を経験しているだけに、気が気でない部分があるのだろう。 2022.12.03 21:42 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム、35歳ロリスの後釜を見定め? リーズ正GKメリエを注視か

トッテナムが、主将であり不動の守護神でもあるフランス代表GKウーゴ・ロリス(35)の後釜探しに動いているようだ。 フランス代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)に参戦中のロリス。10年以上にわたって同国の主将を務めるなか、連覇を目指す今大会もここまで2試合でゴールマウスを守り、グループ最終節を待たずして決勝トーナメント進出を決めたチームの最後の砦として君臨している。 所属するトッテナムでも主将を務め、2012年夏の加入以降、通算437試合に出場。プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)といったメジャータイトルの獲得経験こそないものの、代えの利かない存在として活躍してきた。 だが、そんなロリスも来月26日で36歳に。選手寿命が長いGKとはいえ、トッテナムとしてはさすがに後釜を考えざるをえない模様で、イギリス『Football Insider』によると、リーズ・ユナイテッドのU-21フランス代表GKイラン・メリエ(22)を注視しているという。 メリエは2019年夏にロリアンからリーズへ加入し、2020-21シーズンからは正GKの立場を確立。今季も中断期間までにプレミア全14試合でゴールマウスを守っている。 また、ロリスの契約は2024年6月までだが、一部では今季がトッテナムでのラストシーズンになるとの憶測も。いずれにせよ、来夏に後釜を確保するべく、若くしてプレミア経験が豊富なロリスの同胞に狙いを定めたようだ。 2022.11.30 15:07 Wed
twitterfacebook
thumb

「ムラがある」 イングランド代表OB、指揮官の手腕評価もW杯優勝不可と予想

元イングランド代表のクリス・ワドル氏は同代表を率いるガレス・サウスゲイト監督を称えた一方、カタール・ワールドカップ(W杯)優勝の望みは薄いと口にした。 イングランド代表はグループBの2試合を終え、1勝1分の勝ち点4で首位に。29日に行われる最終節のウェールズ代表戦で引き分け以上なら決勝トーナメント進出が決まり、敗戦でも大敗さえしなければ問題なしという極めて有利な立場にいる。 トッテナムのレジェンドとして知られるワドル氏はイギリス『サン』で、イングランドがウェールズ相手に躓くことはないと予想した上で決勝トーナメント以降の戦いを展望。手腕が疑問視されるサウスゲイト監督については取り立てて問題点はないと語った。 「UEFAネーションズリーグ(UNL)の成績が悪かった? なら、ドイツのハンジ・フリック(監督)は今ごろ無職だ。ヨーロッパ予選で勝てず、W杯に出られなかった国を見てみよう。それらの国の監督が全員解任されているのか?悪い試合結果から解任を叫ぶのはもっとも簡単なことだ」 「ガレス・サウスゲイト(監督)は前回のW杯で準決勝まで進み、EUROでは決勝を戦った。素晴らしい仕事をしたと思うね。彼自身が素晴らしかったのだ」 9月にはUNLでリーグBへと降格し、ここ数カ月、何かと批判されがちな指揮官を擁護したワドル氏。一方、チームのパフォーマンスの一貫性のなさを指摘し、56年ぶりとなるW杯優勝は不可能と予想している。 「ムラがあると言わざるをえない。一貫性のなさが優勝できないと思う理由だ。準決勝までは到達できるがね」 「最終ラインが心もとない。今の4バックは続けるべきだろう。相手に合わせて3バックを採用する場合もあるが、基本的に必要ないと思うね。柔軟に対応できると自信を持っているのなら、それは良いことだが…」 2022.11.29 17:57 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly