リヨン、ブラジル代表MFパケタ獲得でミランとクラブ間合意! 移籍金は約26億円

2020.09.30 01:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンがブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)の獲得に向けてミランと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』が報じている。カカの後継者とも評されるパケタは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入すると、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にすぐにレギュラーの座を掴み、昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。

昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録しているが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏での退団を希望しているとの噂も報じられていた。

『スカイ』が伝えるところによると、ここ数週間でパケタ獲得に向けてミランと交渉していたリヨンは、移籍金2100万ユーロ(約26億3500万円)の金額で合意に至ったと模様。 また、ミランは今回の契約に同選手が将来的に移籍した際、移籍金の数%を受け取れる条項も盛り込んだという。

なお、すでにミラネッロ(ミランのトレーニングセンター)で使用していたロッカーを片付けたパケタは、チームメイトにも別れを告げ、父親と共にフランスへ出発したという。

同紙によれば、パケタは今後数時間のうちにPCR検査を受けた後、メディカルチェックを受診。問題がなければリヨンと正式契約を結ぶとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

デパイ、重傷の戦友ファン・ダイクに「強くあれ」の激励メッセージ

リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが、大ケガを負ったリバプールのDFヴィルヒル・ファン・ダイクにメッセージを送っている。 ファン・ダイクは17日に行われたプレミアリーグ第5節のエバートン戦でヒザを負傷。右ヒザ前十字靭帯の損傷が見つかり、手術を余儀なくされる事態となった。 半年以上の離脱も見込まれている同選手に、デパイから激励のメッセージが送られた。25日に行われたリーグ・アン第8節のモナコ戦。12分に先制点を挙げたデパイはカメラの前でユニフォームをたくし上げた。 そのアンダーウェアには「ヴィルヒルへ、強くあれ、兄弟」とメッセージが。2人はオランダ代表で長らく共闘してきた戦友。試合後にはオランダ『テレフット』の取材で「(彼のケガは)とても悲しいよ。僕らのキャプテンなんだ。特に辛いのは彼自身だろう。でも、戻ってくる時はきっと今より強くなっているはずだ」と激励している。<div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="und" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/Memphis?ref_src=twsrc%5Etfw">@Memphis</a> <a href="https://twitter.com/VirgilvDijk?ref_src=twsrc%5Etfw">@VirgilvDijk</a> <a href="https://t.co/VTjSZpApPE">pic.twitter.com/VTjSZpApPE</a></p>&mdash; 433 (@433) <a href="https://twitter.com/433/status/1320488099881910275?ref_src=twsrc%5Etfw">October 25, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.10.26 14:43 Mon
twitterfacebook
thumb

クーマンが来冬のデパイ獲得再挑戦意向を明らかに 「トライするつもり」

バルセロナのロナルド・クーマン監督がリヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)の獲得に再挑戦の意向を明らかにした。 今季からバルセロナの監督に就任したクーマン監督は今夏にウルグアイ代表FWルイス・スアレスを構想から外して、新たなアタッカーとしてオランダ代表監督時代に指導したデパイの獲得をクラブに要求。移籍市場終盤に個人合意も取り沙汰されたが、最終的に実現しなかった。 しかし、クーマン監督は諦めていないようだ。オランダ『AD』のインタビューで、来年1月のデパイ獲りに再挑戦する可能性を訊かれると、「その可能性は確かにある。デパイをここに連れてきたいから、獲得にトライするつもりだ」と述べ、こう続けた。 「しかし、クラブの財政事情が1月にどうなのかわからない。したがって、クラブ次第だ。私からすれば、待つことが唯一の問題。我々は(今夏に)メンフィスを欲した。彼が素晴らしい選手であり、クオリティがあるからだ」 「それに、私の意見として、彼は今の我々に欠けている素質を持っている。もちろん、私は事前に彼にも自分のアイデアを伝えてもいた。獲得の準備もしてあったが、ラ・リーガのルール的にもまず選手を売らなければならなかったんだ」 「で、最終的に実現しなかった。残念だが、メンフィスもその状況を知っていた」 なお、デパイとリヨンの契約は今季限り。そうした契約状況を受け、来年1月の移籍を視野に入れたコメントも残しているデパイだが、バルセロナのユニフォームに袖を通すことになるのだろうか。 2020.10.19 12:50 Mon
twitterfacebook
thumb

【德佩】このサッカー選手は誰?

サッカー選手の名前を中国語で表記したら…?中国では、基本的に海外の選手名やチーム名を漢字による音訳をして表記していますが、そのまま漢字に置き換えることが難しい場合もあり、愛称が用いられることも多くあります。 この企画では、あるサッカー選手の名前を中国語表記で出題します。それが誰を指すのか、当ててみてください! 問題:「孟菲斯·德佩」 さすがにこれだけでは分からない方も多いと思うので、ここでヒントです! ヒント①: 4歳の時に両親が離婚しており、苗字ではなく名前をユニフォームに入れることを好んでいます。 ヒント②: 中国語では「ニューデリー」を「新德里」と表記します。 ヒント③: サッカー界屈指のオシャレ番長、そして派手好きとして知られています。 ヒントを見て、もう分かった方もいるのではないでしょうか?それでは、正解発表です。 <div id="cws_ad"> <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIyQVNaY2ljYyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 正解はこちら! 「德佩」の読み方は…「デパイ」でした。そう、リヨンに所属するオランダ代表FWのメンフィス・デパイです。 今回はかなり難しかったのではないでしょうか?ヒントにもあるようにデパイのファッションは中々に奇抜なので、プレーだけでなく私服姿も見てみてください。 サッカー選手クイズ、いかがでしたか?気になる方は他の選手の名前もチェックしてみてください! 2020.10.18 06:30 Sun
twitterfacebook
thumb

バルサ行きならずのデパイ、来冬移籍を匂わす 「絶対に出て行くというわけじゃないが…」

今夏のバルセロナ行きが叶わなかったリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)だが、次の移籍市場で新天地に向かう可能性を示唆した。 リヨンとの契約が今季最終年のデパイを巡っては今夏、かつてオランダ代表で師事したロナルド・クーマン監督の意向もあり、バルセロナが獲得に乗り出したが、最終的に実現しなかった。リヨンのスポーツディレクター(SD)を務めるジュニーニョ氏も今夏のデッドラインデイを前に移籍の可能性が高まっている状況を明かしたが、バルセロナがフランス代表FWウスマーヌ・デンベレを放出できず、デパイの取引もとん挫したものとみられる。 こうした背景を受け、リヨンで引き続きプレーすることが決まったデパイだが、シーズン途中の移籍も視野に入れているようだ。オランダ『AD』のインタビューで、リヨンとの契約状況を受け、他クラブとの交渉が解禁となる来年1月の移籍をほのめかした。 「そのうちわかる。もうすぐ1月がやってくる。物事がどうなるのか様子を見守り、待ってみないと。絶対に出て行くというわけじゃないが、すぐに他クラブが獲得に動いてくるだろうね。僕は26歳で、ほぼ自由の身。だから、他クラブが僕に興味を抱くのは期待できる」 今季終了を待たずして新天地を求める可能性をそう口にすると、バルセロナ行きが実現しなかった今夏も回想。「いくつかの規則が最終的な形にする妨げになった」と話している。 2020.10.12 13:40 Mon
twitterfacebook
thumb

「リヨンにいられてハッピー」 アーセナル行きが取り沙汰されたアワール、残留を喜ぶ

今夏の移籍が実現しなかったフランス代表MFフセム・アワール(22)だが、フランス『Telefoot』でリヨン残留という結果に満足感を示した。 公式戦41試合の出場で9得点10アシストを記録した昨季の活躍を受け、今夏にアーセナルを筆頭に複数クラブの関心が取り沙汰されたアワール。なかでも、アーセナル行きの可能性が熱を帯びたが、最終的に実現しなかった。 今後の移籍市場でもアーセナルが引き続き獲得を目指すともいわれるが、アワール本人はリヨン残留に喜びを感じているようだ。今月の代表ウィークでフランス代表の活動に参加するなか、残留という結果に対する心境を語った。 「(リヨンのスポーツディレクター(SD)を務める)ジュニーニョとはかなり話をしたよ。毎日のように信頼を示してくれた。彼との仕事は本当に楽しいんだ。そんな彼ともう1シーズン、もしくはそれ以上、一緒にいれるのは大きな誇りだ」 「リヨンにいられてハッピー。リヨンは僕の街で、僕のクラブだ。リヨンを代表することに大きな誇りを感じている。アーセナルに行くか、何もないかというわけじゃなかった。何かしらの決断が必要だったが、ここに残れて嬉しいよ」 2020.10.12 12:05 Mon
twitterfacebook