オーストラリア代表MFフルスティッチがフランクフルトに完全移籍で加入

2020.09.29 09:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フランクフルトは28日、フローニンヘンのオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの3年間、背番号は「7」に決まった。

フルスティッチは、シャルケやフローニンヘンの下部組織出身で、2017年7月にフローニンヘンでファーストチームに昇格。右サイドを主戦場としている。

フローニンヘンでは公式戦75試合に出場し6ゴール5アシストを記録。2019-20シーズンのエールディビジでは25試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。

また、オーストラリア代表としても3試合に出場。2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選では2試合に出場していた。

スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏は「変化をつけられる中盤の選手のアルディン・フルスティッチを歓迎する。これによりサイドと中央の可能性が広がる。アルディンは、オランダリーグで3年間継続したパフォーマンスを見せ、説得力がある。24歳だから、成長の終わりはまだまだ先だ。国際舞台で戦える才能、柔軟性、テクニックを備えている。アイントラハト・フランクフルトととてもマッチし、次のステップを一緒に踏み出せることを願っている」と期待を寄せている。
コメント
関連ニュース
thumb

鎌田&長谷部先発フランクフルトと大迫途中出場のブレーメンによる日本人対決はドロー決着《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第6節のフランクフルトvsブレーメンが10月31日に行われ、1-1の引き分けに終わった。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地はフル出場、ブレーメンのFW大迫勇也は70分からプレーした。 前節バイエルンに惨敗し今季初黒星を喫したフランクフルトは、その試合から先発を1人変更。トゥタに代えてアブラアムを起用。長谷部は3バックの中央、鎌田はトップ下で6試合連続のスタメンとなった。 一方、2試合連続ドローながら4試合負けのないブレーメンは、前節のホッフェンハイム戦から先発を1人変更。フュルクルクに代えてチョンを起用。前節途中出場し負傷交代した大迫は、2試合連続のベンチスタートとなった。 立ち上がりから一進一退の攻防が続くが、互いに互いにアタッキングサードまでボールを運べるものの、そこからの連携や精度に問題があり、なかなか良い形でフィニッシュまで持ち込めない。 共に決定機らしい決定機を作り出せない状況が続いた中、ホームチームが先にゴールをこじ開ける。34分、ツバーのパスでゴール左手前に抜け出したアンドレ・シウバがシュート。これは相手GKに弾かれたが、こぼれ球を鎌田が流し込んだ。 このゴールでフランクフルトの先制かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、ツバーのパスに反応したアンドレ・シウバのオフサイドを取られ、鎌田のゴールは取り消された。 ゴールレスで迎えた後半、フランクフルトはイルザンカーを下げてコールを投入。すると49分、右サイド深くまで侵入したA・トゥーレのクロスをアンドレ・シウバが頭で合わせたが、これは相手GKの好セーブに阻まれた。 先制のチャンスを逃したフランクフルトは、直後にピンチを迎える。51分、グロスのパスで左サイドを抜け出したサージェントがボックス左まで切り込むとニアサイドにシュートを突き刺し、ブレーメンが先制に成功した。 先制を許したフランクフルトは、60分にA・トゥーレとツバーを下げてバルコクとユネスを投入。すると65分、右サイド高い位置でボールを奪ったバルコクからパスを受けた鎌田がボックス右深くまで侵入し折り返しを供給。これをゴール前のアンドレ・シウバが流し込み、フランクフルトが試合を振り出しに戻した。 追い付かれたブレーメンは、70分にビッテンコートとエンボムを下げて大迫とトプラクを投入。72分には、ゲブレ・セラシェの右クロスをゴール前のサージェントが右足ボレーで合わせたが、これはGKトラップが正面でキャッチ。 膠着状態が続く中、フランクフルトは後半アディショナルタイムに決定機。93分、ユネスの左クロスをゴール前に走り込んだドストがダイビングヘッドで合わせたが、これはGKパブレンカのファインセーブに防がれた。 結局、試合はそのまま1-1で1-1でタイムアップ。日本人対決は勝ち点1を分け合う結果となった。 2020.11.01 01:37 Sun
twitterfacebook
thumb

ブレーメン戦に臨む長谷部誠、来季欧州の舞台に立つためには「改善しなければならない」

フランクフルトのMF長谷部誠が、ブレーメン戦に向けた記者会見に出席した。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンの開幕戦から無敗を続けていたフランクフルトだが、24日に行われた第5節のバイエルン戦では5-0で完敗。シーズン初黒星を喫していた。 長谷部は全5試合に先発出場している中で、このバイエルン戦の5失点についてコメント。「5失点は明らかに多すぎました。ちょっとした打撃でした。すでに試合を分析済みで、ネガティブな面とポジティブな面の両方を特定するとができました。重要なのは土曜日でそれを実行し、より良い結果を出すことです」と語り、すでに分析済みであると語った。 長谷部は開幕から5試合で先発し、今シーズンが現役ラストシーズンの可能性もささやかれている。コンディションも良い状況だが、それは試合数が少なくなったことが影響しているようだ。 「もちろん今シーズンの試合数は過去2年間よりも大幅に少ないです。体への負担も低くなっています。僕の体力だけじゃなく、メンタルにも影響を及ぼしますし、試合の間に回復する時間もあります」 現在は8位に位置しているフランクフルト。まずまずのスタートだが、この先の戦いが来季のヨーロッパの大会への出場権に影響すると考えているようだ。 「5試合で8ポイントを獲得しています。今の状態ではバイエルンに負けてもおかしくはありません。ただ、ビーレフェルトとケルンに対して4ポイントを落としてしまいました。だから、ある程度順調に進んでいると思います」 「ただ、来年ヨーロッパの舞台で戦いたいのであれば、改善しなければなりません。ブレーメンとシュツットガルトに対しては、可能であれば6ポイントを獲得したいです」 そのフランクフルトは、同じ勝ち点で並び日本代表FW大迫勇也が所属するブレーメンと31日に対戦する。フロリアン・コーフェルト監督に率いられるチームは2019-20シーズンはプレーオフも戦ったが、今シーズンは良いスタートを切ったと分析。長谷部は警戒した。 「ブレーメンはとても良いスタートを切ったと思います。彼らも最初の5試合で8ポイントを獲得しました。昨シーズンはブレーメンにとってとても難しい状況でしたが、彼らは今シーズンすでにそのクオリティを証明しています。だから簡単なゲームだとは思っていません」 「若い監督もいます。ほぼ同じ年齢です(コーフェルト監督は38歳、長谷部は36歳)。でも僕もまだ若いですね(笑)。フロリアン・コーフェルトはとても感情的で、ゲーム中はじっと見ているので、この感情が試合に反映されると思います」 ブンデスリーガは11月2日から再び無観客試合になることが決定した。会見時点では発表されていなかったものの、ブレーメン戦はフランクフルトの保健所から無観客開催を求められていた中、再び無観客試合となることについて、長谷部が見解を語った。 「とても残念です。僕たちにとってもちろんすごく悪いことです。サポーターがいない中でプレーすると、感情や情熱など多くの要素を欠くことになります。ただ、今まで10試合以上、無観客試合でプレーしました。サポーターがいなくても、執念を見せ、感情を持ってプレーしなければいけません」 2020.10.30 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

レヴァンドフスキがハットのバイエルンが長谷部&鎌田先発のフランクフルトに5発圧勝!《ブンデスリーガ》

ブンデスリーガ第5節、バイエルンvsフランクフルトが24日に行われ、5-0でバイエルンが完勝した。フランクフルトのDF長谷部誠はフル出場し、MF鎌田大地は前半のみの出場となっている。 バイエルンは前節、ビーレフェルト相手に4発快勝として2連勝。そして3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では4-0と快勝した。そのアトレティコ戦のスタメンから4選手を変更。ドグラス・コスタとバックラインの3枚を入れ替え、負傷明けのサネがベンチに入った。 一方、前節ケルン戦では鎌田のPK奪取があったものの1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。ゴールに絡む働きが続いている鎌田と、長谷部はそれぞれ開幕から5試合連続スタメンとなった。 [3-5-2]を継続したフランクフルトに対し、3トップに右からコマン、レヴァンドフスキ、ドグラス・コスタと並べたバイエルンは開始1分にアクシデント。アルフォンソ・デイビスが右足首を痛めてプレー続行不可能となり、リュカが投入された。 それでも10分、バイエルンが先制する。長谷部がコマンの対応に当たるためにレヴァンドフスキのマークを一瞬離すと、そのコマンのパスをフリーで受けたボックス中央のレヴァンドフスキが左足でゴール右に蹴り込んだ。 攻勢を続けるバイエルンはさらに26分、キミッヒの右CKからレヴァンドフスキのヘディングシュートが決まって追加点。 2点をリードして以降もバイエルンが主導権を握り続け、フランクフルトは前半にチャンスを作ることができなかった。 迎えた後半、鎌田とツーバーに代えてユネスとチャンドラーを投入したフランクフルトに対し、53分にリュカがGK強襲のシュートを浴びせたバイエルンは、60分にレヴァンドフスキがハットトリックを達成する。 ドグラス・コスタのパスを受けたレヴァンドフスキがボックス中央に侵入し、DFに寄せられながらもシュートを決めきった。 余裕のバイエルンは68分、レヴァンドフスキ、ミュラー、ドグラス・コスタをお役御免とし、サネらを投入する。 すると72分、サネがボックス手前右からゴール左に蹴り込むファインゴールを決めて4-0。さらに終盤の90分にはミュージアラにもゴールが生まれ、バイエルンが5発完勝としている。 2020.10.25 00:27 Sun
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】鎌田&長谷部が王者バイエルンに挑戦、レヴィア・ダービー開催

前節はMF堂安がバイエルン相手に嬉しいブンデス初ゴールをマーク。試合は完敗したものの、堂安自身にとっては自信を付ける一戦となった。また、MF鎌田はPK獲得に貢献した中、チームは1-1で引き分けた。迎える第5節、フランクフルトがバイエルンに挑み、ドルトムントvsシャルケのレヴィア・ダービーが開催される。 前節ケルン戦では鎌田とDF長谷部が開幕4試合連続先発となった中、1-1の引き分けに持ち込まれたフランクフルト。勝ちきりたい試合だったが、後半の鎌田の決定機逸も響いた格好だ。堂安に続き、鎌田がバイエルンからゴールを奪えるかに注目だ。また、長谷部としては既に7ゴールを挙げているFWレヴァンドフスキを抑え込む働きが求められるが、難しいタスクを完遂できるか。 一方のバイエルンはビーレフェルト相手にレヴァンドフスキとMFミュラーのドッペルパックで4発快勝とした。2連勝とした中、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアトレティコ・マドリー戦では王者の貫禄を見せつけて4-0で快勝とした。さらに勢いを付けた中、フランクフルトを一蹴となるか。 続いてレヴィア・ダービー。前節ホッフェンハイム戦を途中出場のMFロイスとFWハーランドの活躍で1-0と辛勝したドルトムント。バイエルン同様にリーグ戦2連勝としたが、こちらは火曜に行われたCLラツィオ戦では主力を投入したものの1-3と敗戦し、黒星スタートとなってしまった。CLでの敗戦を引きずらず、前節ウニオン・ベルリン相手に引き分けて開幕からの連敗を3で止めたシャルケ相手にリーグ戦3連勝となるか。 バイエルン相手に一矢報いる形でブンデス初ゴールを挙げたビーレフェルトの堂安。その堂安はヴォルフスブルクとのアウェイ戦に臨む。バイエルン戦ではカットインからのシュートなど、持ち味を見せた堂安。ヴォルフスブルク戦でも積極的な仕掛けからゴールを脅かすことはできるか。 ヘルタ・ベルリン戦でもボランチとして守備の強度を保つ働きを見せたシュツットガルトのMF遠藤航。チームの2連勝に貢献した中、今節は金曜にケルンと対戦する。ケルン戦ではこれまでの試合とは異なり、ボールを持たされる展開も予想されるが、遠藤はカウンターのケアを1試合を通じて継続できるか。 前節シャルケ戦では試合終了間際に登場し2戦連続出場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太。アピールするには出場時間が短すぎたが、今節フライブルクとのホーム戦ではシャルケ戦以上に出場時間が与えられることを期待したい。 代表戦帰りだったブレーメンのFW大迫は前節ベンチ外となってしまったが、ホッフェンハイムとのホーム戦で出場機会を得られるか。 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽10/23(金) 《27:30》 シュツットガルト vs ケルン ▽10/24(土) 《22:30》 ウニオン・ベルリン vs フライブルク バイエルン vs フランクフルト マインツ vs ボルシアMG ライプツィヒ vs ヘルタ・ベルリン 《25:30》 ドルトムント vs シャルケ ▽10/25(日) 《23:30》 ヴォルフスブルク vs ビーレフェルト 《26:00》 ブレーメン vs ホッフェンハイム ▽10/26(月) 《28:30》 レバークーゼン vs アウグスブルク 2020.10.23 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

鎌田PK獲得も決定機逸… フランクフルトはケルンに追いつかれドロー《ブンデスリーガ》

フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第4節でケルンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF鎌田大地とMF長谷部誠はフル出場している。 前節ホッフェンハイム戦で今季初ゴールを決め、チームの2連勝に貢献した鎌田。日本代表ではコートジボワール代表戦で先発し、随所に好プレーを見せた。その鎌田が長谷部と共に開幕4試合連続先発となった。 3連敗スタートのケルンに対し、[3-5-2]を継続したフランクフルトは鎌田がトップ下、長谷部が3バックの中央に入った。 そのフランクフルトが圧力をかける入りとし、6分にはアンドレ・シウバが決定的なシュートを放つ。しかし、徐々に膠着状態に陥ってしまった中、29分にようやくアンドレ・シウバがオンターゲットのミドルシュートを記録。だが、ハーフタイムにかけても動きの少ない展開で推移した。 そんな中44分、ドストのパスに反応した鎌田がボックス左に侵入。ボルナウに倒されると、主審はノーファウルの判定を下したが、VARの末にPK判定に覆った。そしてこのPKをアンドレ・シウバが決めてフランクフルトが先制し前半を終えた。 迎えた後半、開始4分に鎌田に決定機。しかし、右クロスをダイレクトで合わせにかかるも、シュートは空振りに終わってしまった。 すると52分、フランクフルトは同点に追いつかれてしまう。エヒジブエに右サイドを突破されてクロスを送られ、最後はフリーのドゥダにボレーで蹴り込まれた。 続く63分には逆転の大ピンチを迎えるも、ドゥダのヘディングシュートはGKトラップがビッグセーブで凌いだ。 流れの悪いフランクフルトは新戦力のユネスを左サイドに投入。すると70分、カウンターからドストがGK強襲のシュートを浴びせた。さらに鎌田のCKからA・トゥーレが際どいヘディングシュートを放った。 そして78分には決定機。鎌田がボックス右からクロスを折り返し、これを受けたユネスがシュートに持ち込んだが、DFの好ブロックに阻まれた。 終盤にかけてはフランクフルトが攻勢に出たが、1-1で終了。フランクフルトは勝ち点1を積み上げるにとどまった。 2020.10.19 00:25 Mon
twitterfacebook