松尾佑介が恩返し弾2発! 横浜FCが浦和を下し3試合ぶり白星《J1》

2020.09.26 19:57 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
明治安田生命J1リーグ第19節、浦和レッズvs横浜FCが26日に埼玉スタジアム2002で行われ、0-2で横浜FCが勝利した。8位の浦和(勝ち点30)は、前節は清水エスパルスと対戦。移籍後初ゴールを挙げた山中とエース興梠のゴールで退けたが、後半アディショナルタイムに余計な失点を喫してしまった。前節はスタメンを5人変更したが、今節も5人変更。柏木や関根、杉本が先発に名を連ねた。

対して14位の横浜FC(勝ち点17)は、前節の川崎フロンターレ戦はキング・カズのJ1歳年長出場記録更新が話題に。その他、中村俊輔や松井大輔が先発に顔を揃えるなど往年の名プレイヤーが同じピッチに集結する豪華な一戦となったが、僅かに及ばず3-2で敗れた。今節はスタメンを8人入れ替え、3試合ぶりの勝利を目指す。

まずは3分、浦和は槙野のロングパスから杉本がゴール前へ。巧みに腕を使って守備を牽制しシュートまで持ち込んだが、惜しくも右に外してしまった。

横浜FCも10分に華麗なパスワークからマギーニョがチャンスになりかけたが、山中の好守に阻まれる。それでもその直後にインターセプトから安永が右ポスト直撃の際どいシュートを放つと、16分に先制に成功する。

浦和がGKからビルドアップを試みる中、西川のパスを手塚が奪取。素早く前方の松尾に繋ぐと、松尾はボックス手前左から右足で見事なコントロールショットをゴール右下に流し込んだ。

浦和の下部組織出身の松尾の恩返し弾で先制した横浜FCはさらに、今季リーグ戦では初先発となったレアンドロ・ドミンゲスが魅せる。35分、左サイドからアウトサイドステップを使った巧みなスルーパスを前線に通すと、松尾が最終ラインを抜け出し、ボックス左から追加点。8月の湘南ベルマーレ戦以来の1試合2ゴールとなった。

2点差に広げられてしまった浦和は後半からエヴェルトンと岩波を下げて、汰木と宇賀神を投入してテコ入れを図る。だが、やや勢力を上げたものの大勢を変えられない。55分に山中のクロスを杉本が合わせたが、枠を捉えることができない。

60分に差し掛かる中で、浦和はさらに杉本を下げて興梠をピッチへ。横浜FCも皆川と殊勲のレアンドロ・ドミンゲスに代えて一美と斉藤光毅を投入する。すると一美は早速シュートを放つなど存在感を示す。

70分に浦和はレオナルドがループシュートでゴールに迫るが、惜しくも枠の上へ。直後にはレオナルドのパスに汰木が反応するも、横浜FCはマギーニョの好守備でピンチを未然に防ぐ。その横浜FCもカウンターから一美が決定機を迎えるも生かせず、試合はアウェイチームの2点リードのまま推移していく。

時間の経過につれて浦和が攻勢を強めるものの、最後まで完封され試合終了。アウェイで白星を上げた横浜FCが3試合ぶり勝利を収めた。

浦和レッズ 0-2 横浜FC
【横浜FC】
松尾佑介(前16)
松尾佑介(前35)
コメント
関連ニュース
thumb

菅大輝が新型コロナ感染の札幌、選手・スタッフ50名のPCR検査は全員陰性…濃厚接触者もなし

北海道コンサドーレ札幌は30日、トップチーム選手、スタッフを含む50名を対象としたPCR検査の結果を発表。全員が陰性判定を受けたとのことだ。 札幌は29日、FW菅大輝が新型コロナウイルス(COVID-19)で陽性反応を受けたことを発表。濃厚接触の疑いがあるとクラブが判断した選手・スタッフの3名はともに陰性だったが、保健所より濃厚接触に当たらないとの判断をもらったとのことだ。 札幌は31日(土)に明治安田生命J1リーグ第25節でガンバ大阪とアウェイで対戦。試合も予定通り行われ、チーム活動も進めていくとのことだ。 菅は今シーズンの明治安田J1でここまで24試合に出場。左ウイングバックとして2得点を記録していた。 2020.10.30 17:30 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FCに痛手、MF佐藤謙介がトレーニング中の負傷で全治6週間

横浜FCは30日、MF佐藤謙介の負傷を発表した。 クラブの発表によると、佐藤は21日(水)のトレーニング中に負傷していた。 佐藤は28日に右ヒザ関節 関節鏡視下検査を実施し、右ヒザ関節外側半月板損傷と診断されたとのこと。全治は6週間とのことだ。 横浜FC一筋でプレーしている佐藤は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで18試合に出場し1得点を記録。自身初のJ1の舞台で、チームを支えるプレーを見せていた。 2020.10.30 12:45 Fri
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】横浜FMのDF畠中槙之輔、清水DF立田悠悟が次節出場停止

Jリーグは29日、明治安田生命Jリーグ各カテゴリーの出場停止選手情報を発表した。 26日に発表されていた選手に加え、28日のJ1、J3で新たに2名が出場停止に。J1では横浜F・マリノスのDF畠中槙之輔が累積警告で出場停止となった。 また、J3ではガンバ大阪U-23のDFタビナス・ジェファーソンが出場停止となった。 【明治安田生命J1リーグ】 DF畠中槙之輔(横浜F・マリノス) 第31節vs鹿島アントラーズ(11/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF立田悠悟(清水エスパルス) 第25節vs柏レイソル(10/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J2リーグ】 DF山田拓巳(モンテディオ山形) 第30節vs京都サンガF.C.(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF髙江麗央(FC町田ゼルビア) 第30節vs愛媛FC(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DF飯田貴敬(京都サンガF.C.) 第30節vsモンテディオ山形(11/1) 今回の停止:1試合停止 DFヘニキ(レノファ山口FC) 第30節vs松本山雅FC(11/1) 今回の停止:1試合停止 DFドウグラス・グローリ(アビスパ福岡) 第30節vsジュビロ磐田(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(1/2) 第31節vs水戸ホーリーホック(11/4) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) FWフアンマ・デルガド(アビスパ福岡) 第30節vsジュビロ磐田(11/1) 今回の停止:警告の累積による1試合停止(2/2) 【明治安田生命J3リーグ】 DF西野貴治(カマタマーレ讃岐) 第24節vs藤枝MYFC(10/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 DFタビナス・ジェファーソン(ガンバ大阪U-23) 第25節vsFC今治(11/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.10.29 17:15 Thu
twitterfacebook
thumb

元横浜FMのウーゴ・ヴィエイラ、札幌加入でJリーグ復帰! 背番号は「9」に決定

北海道コンサドーレ札幌は29日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(32)の完全移籍加入を発表した。背番号は「9」に決定している。 ポルトガルやスペイン、フランス、ロシアを渡り歩き、2015年にツルヴェナ・ズヴェズダで年間最優秀選手に輝いたウーゴ・ヴィエイラは2017年から横浜F・マリノスでプレー。在籍2年間でJ1リーグ通算59試合23得点の数字を残したが、2018シーズン終了後に契約満了で退団した。 その後、スィヴァスシュポルを経て、今年1月に古巣のジル・ヴィセンテに復帰。プリメイラ・リーガ11試合の出場で1得点をマークしたが、ルイ・アウメイダ新体制の今季は出番を得られず、今月6日に2021年までの契約を双方合意で解消して、フリーの状況だった。 Jリーグ復帰のウーゴ・ヴィエイラはクラブ公式サイトを通じて次のようにコメント。意気込みを語っている。 「この度北海道コンサドーレ札幌に加入することになったウーゴ ヴィエイラです。世界で最高の国、そして素晴らしいクラブに戻ることになり幸せに思っております! 早く札幌のユニフォームを着て、皆さんの前で活躍出来る事を楽しみにしています! よろしくお願いします」 2020.10.29 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

激しい点の取り合いとなった一戦は、ドウグラスの決勝弾で神戸が5試合ぶりの勝利!敗れた仙台は15試合未勝利に《J1》

明治安田生命J1リーグ第30節、ベガルタ仙台vsヴィッセル神戸が28日にユアテックスタジアム仙台で行われ、アウェイの神戸が3-2で勝利した。 直近の第24節名古屋グランパス戦に0-1で敗れた仙台は、リーグ戦14試合未勝利という危機的状況に陥っている。暫定最下位に沈み、ケガ人続出にも苦しむ中で、名古屋戦からスタメンを5人入れ替え。ゲデスに代わり、山田が長澤と2トップを形成する [4-4-2]のシステムを敷いている。クエンカはホームで初スタメンとなった。 一方、第33節の鹿島アントラーズ戦(ACLの影響で前倒し開催)に1-3で敗れ、こちらも4試合勝利から遠ざかっている神戸。攻撃にも守備にも課題を抱えているチームは、鹿島戦から7人の入れ替えを敢行。システムは [4-3-3]から[4-4-2]に変更され、藤本とドウグラスは初めての同時起用となった。なお、アンドレス・イニエスタはメンバー外となっている。 お互いに浮上のきっかけを掴みたい一戦、最初にチャンスを得たのは神戸だった。仙台のバックパスをカットした藤本からドウグラスにボールが渡り、最後は抜け出した郷家がシュートを放つ。これは仙台の守護神ヤクブ・スウォビィクが防いだが、その後も序盤は神戸が主導権を握り、仙台のギャップを突く展開に。しかし、ラストパスやクロスの精度に欠き、なかなかシュートに持ち込めない時間が続いた。 12分、再び仙台のバックパスを奪ったドウグラスがそのまま自分で持ち運び、シュートを放つ。ここから攻勢に出た神戸は13分にCKからドウグラスがヘディングシュートを、15分に山口のクロスを受けた藤本がボレーシュートを放つなど、立て続けに決定機を迎える。 開始15分までほとんど敵陣でボールを持てなかった仙台だが、ロングボールを駆使しながら少しずつ神戸ゴールに近づいていく。21分にはショートコーナーからパラが際どいシュートを放ち、この試合初シュートを記録。ここから畳みかけたいところだったが、連係が合わないシーンも散見されペースを握れなかった。 その後は再度神戸ペースになり、セカンドボールをことごとく奪われる仙台はカウンターまで繋げられない。34分にはヤクブ・スウォビィクのパスミスをきっかけにドウグラスがシュートを打つも、これは大きく枠外に逸れた。防戦一方となった仙台だったが、40分には長澤へのくさびをきっかけに分厚い攻撃を見せ、ホームの観衆を沸かせている。 膠着した前半と対照的に、後半は開始早々から目まぐるしくスコアが動く展開に。47分、左サイドでボールを持った古橋がクロスのようなシュートを打つと、これがそのままゴール右隅に吸い込まれ、神戸が先制点を記録した。思わぬ得点に勢いづいた神戸はさらに51分、古橋が先制点と同じような位置からクロスを放つと、飛び込んできた郷家が頭で合わせ追加点を挙げる。 瞬く間に2失点を喫した仙台だが、すぐさま反撃を開始。53分に関口がサンペールのクリアボールに詰めると、こぼれ球を長澤が冷静に決め1点を返した。一瞬で1点差となってしまった神戸は55分にドウグラスが決定的なチャンスを迎えるも、ヤクブ・スウォビィクがビッグセーブ。チームを絶体絶命のピンチから救った。 5試合ぶりの得点と守護神のプレーで活力を取り戻した仙台は防戦一方だった前半と打って変わり、ゴールに迫る展開が続いた。やや押され気味となった神戸は66分、藤本と郷家に代えて田中順也と佐々木大樹を投入。すると田中順也は68分にCKからポスト直撃の強烈なシュートを、佐々木大樹は73分に右サイドから仕掛けてシュートを打つなど、交代選手が存在感を発揮。 残り15分を切ったところで、再びスコアが激しく動く。76分、CKのこぼれ球から左サイドに張った佐々木匠がクロスを送ると、元神戸ユースの飯尾がダイビングヘッドを突き刺し同点に。しかし仙台の喜びもつかの間、直後の77分に神戸は右サイドから西がワンタッチクロスを上げるとドウグラスが巧みに頭で合わせ、すぐにリードを勝ち取った。その後は仙台が闘志を見せ攻め込むも、神戸は全員が守備意識を高く保ち対応。92分に古橋が負傷するアクシデントがあったものの、そのまま2-3でタイムアップとなった。 仙台は5試合ぶりの得点こそ決めたものの、守備の甘さが目立ちこれでリーグ戦15試合未勝利となってしまった。一方の神戸は、5試合ぶりの勝利を記録。アンドレス・イニエスタ抜きで3得点を挙げ、チームの自信につながる1勝となっている。 ベガルタ仙台 2-3 ヴィッセル神戸 【仙台】 長沢駿(後8) 飯尾竜太朗(後31) 【神戸】 古橋亨梧(後2) 郷家友太(後6) ドウグラス (後32) 2020.10.28 21:43 Wed
twitterfacebook