連勝スタートのアーセナル、アルテタ監督は満足せず「改善すべきことはたくさんある」

2020.09.20 10:53 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのミケル・アルテタ監督が、ウェストハム戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。開幕戦でフルアム相手に快勝したアーセナルは、19日のプレミアリーグ第2節でウェストハムと対戦。立ち上がりから押し込まれる展開となるも、一瞬の隙を突き25分にアレクサンドル・ラカゼットがヘディングで先制すると、1-1で迎えた終盤の86分にはエディ・エンケティアが値千金のゴール。2-1で勝利し、連勝スタートとなった。

苦しむ試合展開となりながら、しっかりと勝利し連勝スタートとなったアーセナル。アルテタ監督は勝利を喜びながらも、まだまだ改善点があると試合を振り返った。

「ある瞬間は少しラッキーだったと思うが、結局それを勝ち取る方法を見つけた。それはチームが望んでいる考え方であり、最後の瞬間までできると信じていた」

「我々が苦しむ難しいゲームがある場合、特定の位置で自分たちでとても難しくしてしまう。ただ、結局のところ3ポイントがあり、それが我々がここにいる理由だ」

「改善すべきことはたくさんあるため、たくさんメモすることがあった」

この試合ではラカゼットが開幕から連続ゴール、途中出場のエンケティアが勝ち越しゴールを記録した。アルテタ監督はゴールを褒めながらも、立ち上がりに難しくした原因があると改めて語った。

「2つのゴールは本当に良かったと思う。試合のいくつかのフェーズで本当に良い動きをいくつか作ったが、一貫性が十分ではなかったので、まだまだ道のりは長いと思う」

「プレッシャーなしで相手に与えたボールの数で、最初の15分から20分で自分たちで難しくしてしまった。明らかにそれは、攻撃を十分に続けるための不確実性を生み出してしまった」

「我々は相手がやりたかったことと同じことをさせて走らせたが、それとは別に、彼らがファイトし、前進し続けた方法、そしてメンタル的にも彼らは疲れ切って試合を終えていた。だから幸せだ」

これで連勝スタート。気が早いが、優勝候補になれるかどうかを問われたアルテタ監督は、まだまだ足りない部分が多いとコメント。しかし、勝ち続ける方法を見つけると意欲を示した。

「いいや。我々は居たい場所からは遠く離れていると思うが、プレミアリーグの監督にチームが進んでいる道に満足しているか尋ねたら、おそらくそうではないと言うだろう」

「プレシーズンはスーパーミニであり、我々はまだいくつかのことをフィットさせているところで、一部の選手も100%フィットしていない。しかし、勝って素晴らしいスタートを切り、6ポイントを獲得した。勝ち続ける方法を見つけたい」
コメント
関連ニュース
thumb

ぜひショボスライと契約を! CLでの活躍にガナーズファンが叫ぶ

チャンピオンズリーグ(CL)での活躍が目覚ましいザルツブルクのハンガリー代表MFドミニク・ショボスライだが、これにアーセナルファンが興奮しているようだ。 ショボスライは母国のブタペストから2017年にザルツブルクに加入したサイドハーフを得意とする選手。20歳ながらすでにハンガリー代表では10試合の出場機会を得ており、2020年のゴールデンボーイ賞最終候補20名にも名を連ねている逸材だ。 昨シーズンのオーストリア・ブンデスリーガで27試合9ゴール14アシストの成績を残し頭角を現したが、今季の活躍も素晴らしく、リーグ戦ではここまで5試合で1ゴール4アシスト、さらにCLでは開幕から2試合連続ゴールを決めており、再び注目を浴びている。 そんなハンガリー代表MFに熱視線を注いているのがアーセナルサポーターたちだ。実はアーセナルは昨夏にもショボスライ獲得が噂されており、ツイッターでは、ぜひ本腰を入れてくれと頼み込むユーザーが相次いでいる模様。 イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えるところでは、「1月にショボスライと契約を!」、「ドミニク・ショボスライ、それが(アーセナルに必要な)名前だ」といった旨のつぶやきがアーセナルの公式アカウント宛てに多く見られているという。 『transfermarkt』によると、現在の市場価値は2500万ユーロ(約30億円)と見積もられており、アーセナルにも手が出せる金額ではあるが、名前が挙がっている競合クラブは多く、とりわけザルツブルクと同じ親会社を持つライプツィヒは手ごわい相手になりそうだ。 果たしてアーセナルファンの叫びは届くのだろうか。 2020.10.28 18:21 Wed
twitterfacebook
thumb

「エメリのようだ」アーセナルのレジェンドがリーグ連敗のアルテタ采配に苦言

アーセナルのレジェンドである元イングランド代表DFマーティン・キーオン氏が、古巣を率いるミケル・アルテタ監督の采配に苦言を呈した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アルテタ監督は2019年12月にアーセナルの指揮官に就任すると、当時崩壊しかけていたチームを立て直し、FAカップを獲得する。今シーズンも開幕から公式戦3連勝を飾るなど好スタートを切ったが、プレミアリーグ第5節マンチェスター・シティ戦、第6節レスター・シティ戦で敗れ、今季初の連敗を喫してしまった。 キーオン氏はマレーシアメディア『Stadium Astro』のインタビューにおいて、アルテタ監督のこれまでの仕事ぶりを評価しつつも、試合によって4バックと3バックを使い分ける采配を批判。「 (アーセナルの前監督であるウナイ・)エメリと同じミスを犯している」とし、かつて無敗優勝を成し遂げるなど黄金時代を過ごした時期のチームと比較している。 「システムを変え続けると、リズムを見つけられなくなる。これは私が非常に成功したチーム(かつてのアーセナル)で理解したことだ。 (当時のアーセナルは)試合の度に使い慣れた古いスリッパを履くようなものだった。すべてがそこにあった。どんな時もパトリック・ヴィエラ、デニス・ベルカンプ、ティエリ・アンリにパスを出せば良かったんだ」 「今の選手たちはボールを受けても少し詰まっているように見える。もう少しシンプルさを維持しながらチームを構築するべきじゃないだろうか。もしも(レスター戦のアーセナルが)彼の望むプレーならば、それを続けて欲しい。その中に選手を入れ、(選手は監督からの)メッセージを正しく受け取れるよう、取り組んでいって欲しいね」 「レスター戦の3トップは、自分たちのポジションからまったく動かずとても静かだった。(試合で)姿を見せることがなかったように思う」 アルテタ監督の采配を批判した一方で、キーオン氏は古巣を向上させる人物として彼が適任だと考えており、「あまり批判はしたくない」と語った。 「彼はこの仕事に100パーセント相応しい人物だと信じている。挫折を経験しても、それに対応してくれるはずだ」 2020.10.27 21:28 Tue
twitterfacebook
thumb

レスターの主砲ヴァーディ、ルーニーに次ぐアーセナルキラー記録! チームも47年ぶりの歴史的1勝

レスター・シティに所属する元イングランドFWジェイミー・ヴァーディが“アーセナルキラー”ぶりを発揮した。 レスターは25日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でアーセナルと対戦して、1-0の白星。ふくらはぎの負傷でここ公式戦2試合を欠場した影響でベンチからスタートしたヴァーディだったが、0-0の60分から投入されると、カウンターを仕掛けた80分にダイビングヘッドでゴールネットを揺らして、決勝ゴールをマークした。 データ集計サイト『Opta(@OptaJoe)』によると、ヴァーディにとって、プレミアリーグを舞台にした対アーセナル戦はこれで通算12試合目。今回の豪快な一撃は11得点目となり、対アーセナル戦で12ゴールを記録する元イングランド代表FWウェイン・ルーニーに次ぐ歴代2位の数字だという。 また、敵地エミレーツ・スタジアムでの5得点は最多。レスターも1973年9月以来、27戦勝利なしだったアーセナルとのアウェイ戦で47年ぶりの白星を掴み取っている。 これまでもアーセナルだけでなく、リバプール、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナムといった他の強敵にも相性の良さをみせ、“ビッグ6キラー”とも評されるヴァーディ。アーセナル戦後、イギリス『スカイ・スポーツ』でチームの歴史的な勝利をこう振り返った。 「僕らは嵐を乗り切り、その後に気合を入れ始め、勝利を掴み取ることができた。僕らからすれば、大きなことだが、次の試合でもっと良い戦いをしようとしているだけだ。何度か悪い結果があって、それを正したいという思いだった。幸いにも、僕が入って、インパクトを与えることができたよ」 2020.10.26 16:15 Mon
twitterfacebook
thumb

「この結果は非常に厳しい」 連敗アーセナルのアルテタ、レスターの術中にはまった後半を嘆く

アーセナルのミケル・アルテタ監督は敗北のレスター・シティ戦を振り返り、低調だった後半の戦い方を嘆いた。クラブ公式サイトが伝えている。 アーセナルは25日にホームで行われたプレミアリーグ第6節でレスターと対戦。シティとの前節を落とした後のゲームだったが、途中出場のイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディにゴールを許し、0-1で敗れた。 今季初連敗で上位の背中が遠のいたアルテタ監督は試合後、試合を支配した前半にゴールを決められず、後半からレスターの術中にはまってしまったことを悔やんだ。 「前半のプレスのかけ方や、プレッシャーを打ち破り、チャンスを創出したチームの攻撃にはとても満足している。我々は非常に効果的にゲームの主導権を握っていたし、スペースをうまく使った攻撃で適切なチャンスも掴めていた。セットプレーでゴールも決めたしね(実際にはオフサイド判定で取り消し)」 「後半のレスターのように、非常に低いブロックを相手が敷いてきたときは、我慢してミスをしないようにしなければならない。彼ら(レスター)はそれを待っているからだ。彼らは我々が圧力をかけられないときにスペースに攻め込む判断をしていたし、(結果として)良いゴールを決めた」 「後半のラスト15分は難しい状況だった。3人のストライカーがピッチにいて、多くのFKを獲得したが、プレーに十分な連続性を持たせることができず、ボックス内にボールを入れられなかった。レスターを評価はしているが、試合で起きたことを考えればこの結果は非常に厳しい」 「(後半の失速の理由について)疲労も影響していると思う。我々はボールを持った際にシャープではなかった。ボールを持ったときに何かを生み出そうという意思が見えなかったね。ダビド(・ルイス)は低いブロックを敷く相手を攻撃する際、何か違うものを与えてくれていた。後半は(D・ルイスの負傷交代もあり)それが少し欠けてしまったね」 この試合では、開始早々にFWアレクサンドル・ラカゼットがセットプレーから得点を決めたかに見えたが、MFグラニト・ジャカの位置がオフサイドだったとして取り消されている。 ゴールの際、ジャカがオフサイドポジションにいたのは確かだったが、ボールへの関与自体はなかったため、アルテタ監督もこの判定について苛立ちがあったと認めた。また、ゴールを取り消された後、低調なパフォーマンスに終始したラカゼットにも触れている。 「(ゴールが決まった際)グラニトは(相手GKカスパー・)シュマイケルの後ろにいて、前にはいなかった。彼はそのボールには何の関与もしていない。でも大丈夫、彼ら(審判団)が決めたことだし、我々にそれを変えることはできない」 「(苛立ちはあったかという質問に対して)あったよ。でも、我々にも意見があるにせよ、そうした判断を下すために審判がいて、彼らがノーゴールという判断を下したんだ。明らかに試合に大きな影響を与えたね。それでも、試合に負けてはいけなかったと思う」 「(ラカゼットが自信を失っているのは)明らかだ。ストライカーはゴールを必要としている。今夜の彼はシャープに見えたし、本当にアグレッシブなプレーだった。ただ、彼にはゴールを決めるチャンスがあったのに逃してしまったね。私はただ彼らをサポートして、もっと自信を与えて、より多くを生み出したいと思っている」 2020.10.26 12:09 Mon
twitterfacebook
thumb

ヴァーディの復帰弾でアーセナルとのビッグマッチを制したレスターが連敗ストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節のアーセナルvsレスタ・シティーが25日にエミレーツ・スタジアムで行われ、0-1でレスターが勝利した。 前節、マンチェスター・シティに惜敗し今季2敗目を喫したアーセナルだが、ミッドウィークに行われたヨーロッパリーグ(EL)グループB第1節のラピド・ウィーン戦では、辛勝ながらもしっかりと勝利を収めた。そのアーセナルは、中2日での一戦に向けてELから先発を5人変更。ペペやエルネニー、コラシナツらに代えてオーバメヤンやジャカ、ティアニーらを先発で起用した。 一方、リーグ戦連敗中ながらミッドウィークに行われたELグループG第1節のゾリャ戦を3ゴールの快勝劇でバウンスバックとしたレスターは、その試合から先発を1人変更。イヘアナチョに代えてジャスティンを起用した。 強豪同士のビッグマッチは、立ち上がりから互いに相手ゴールに迫る。2分、レスターは相手GKが飛び出してクリアしたボールを敵陣左サイドでマディソンが拾うと、GKレノの位置を確認し素早くロングシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れた。 対するアーセナルは4分、セバージョスの左CKをニアのラカゼットがヘディングシュートでゴールネットを揺らしたが、GKの前でオフサイドポジションにいたジャカがプレーに関与したとの判定でゴールは取り消しとなった。 その後、やや押し気味に試合を進めるアーセナルは21分にもチャンスを迎える。ジャカのロングスルーパスに抜け出したラカゼットのラストパスをボックス左にで受けたサカが縦に切り込みシュート。しかし、これはGKシュマイケルが正面でキャッチした。 ボールの主導権を握ったアーセナルは、41分にもオーバメヤンのバックパスをバイタルエリア右で受けたセバージョスがクロスを供給。ファーサイドでボールを収めたサカが右足を振り抜いたが、シュートは左サイドネットに外れた。 ゴールレスで迎えた後半、アーセナルは開始早々にアクシデントに見舞われる。48分、プレー中に左モモを痛めたD・ルイスがピッチにピッチに座り込むと、プレー続行不可能となりメディカルスタッフと共に歩いてピッチを後に。ムスタフィが緊急投入された。 膠着状態が続く中、レスターは60分にプラートを下げてケガ明けのヴァーディを投入。一方のアーセナルは、65分にサカを下げてペペをピッチに送り出したした。 この交代後、先にチャンスを迎えたのはアーセナル。68分、ティアニーとのパス交換で左サイド深くまで抜け出したオーバメヤンがクロスを上げると、ボックス右から中央に走り込んだベジェリンがボレーシュート。しかし、これはGKシュマイケルの好セーブに防がれた。 ピンチを凌いだレスターは、75分にバーンズを下げてジェンギズ・ウンデルを投入。すると80分、ティーレマンスのロングフィードに抜け出したジェンギズ・ウンデルがボックス右から侵入。相手のマークを引きつけてダイレクトクロスを上げると、最後はゴール前に駆け上がったヴァーディがダイビングヘッドでゴールネットを揺らした。 先制を許したアーセナルは、直後にティアニーを下げてエンケティアを投入。終盤にかけて猛攻を仕掛けたが、レスターが集中した守りでこれをシャットアウトし逃げ切りに成功。 ヴァーディの復帰弾でアーセナルとのビッグマッチを制したレスターが、リーグ戦の連敗を2で止めた。一方、敗戦したアーセナルはシティ戦に続き今季初のリーグ連敗となった。 2020.10.26 06:14 Mon
twitterfacebook