アストン・ビラがリヨンからベルトラン・トラオレを獲得! 5年ぶりプレミア復帰

2020.09.19 20:16 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは19日、ブルキナファソ代表FWベルトラン・トラオレ(25)をリヨンから獲得したことを発表した。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、契約は4年、移籍金は1700万ポンド(約23億円)で200万ポンド(約2700万円)のアドオンが含まれている。チェルシーの下部組織にも在籍していたトラオレは、フィテッセとアヤックスへのレンタルを経て、2017年夏にリヨンに加入。右ウイングを主戦場に1年目のリーグ・アンで5試合連続ゴールを決めるなど躍動すると、背番号を「10」に変更した2年目以降も活躍を続け、通算公式戦126試合の出場で33ゴール17アシストを記録した。

今回の移籍で5年ぶりのプレミアリーグ復帰となるトラオレは、アストン・ビラでの最初の公式インタビューで「アストン・ビラに加入できて本当に嬉しい」とコメント。また、チェルシー時代のチームメイトで、現在は同クラブでアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏や、以前の所属先の仲間との再会にも触れた。

「ここに来られて嬉しいよ。チェルシーではジョン・テリーと一緒にプレーしていたんだ。相談役になってくれたよ」

「監督やスポーツディレクター、それに前にチームメイトだった(マーヴェラス・)ナカンバや(アンワル・)エル・ガジとも話をしたよ」

「ナカンバとはこのクラブについて少し教えてもらったんだ。ここに来る決断をするのに大きな助けとなってくれたよ」

「イングランドに戻ることにワクワクしている。いつもプレミアリーグに戻りたいと思っていたんだ」

「自分のやり方を貫いて経験値も高めることができた。良いタイミングだと思うよ。それにカムバックにはもってこいのクラブだね。素晴らしいよ」

なお、アストン・ビラは今夏の移籍市場でイングランド人FWオリー・ワトキンス、イングランド人DFマッティ・キャッシュ、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスを獲得しており、トラオレは4人目の補強となった。
コメント
関連ニュース
thumb

90年ぶり開幕4連勝のアストン・ビラ指揮官「私は言った、歴史を作りにいくと」

開幕4連勝を達成したアストン・ビラのディーン・スミス監督が喜びを露わにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 アストン・ビラは18日、プレミアリーグ第5節でレスター・シティと対戦した。昨季の1部昇格から2年目を迎えた同クラブは、開幕節のマンチェスター・シティ戦は、相手の過密日程を考慮して延期されているものの、今季初戦となったシェフィールド・ユナイテッド戦以降、開幕3連勝中だ。 前節はリバプールを7-2で下し、歴史的金星を獲得。その勢いのまま乗り込んだキングパワー・スタジアムでは、互いに決定機を作りながらも試合は終盤までゴールレスで推移していく。だが、後半アディショナルタイムに、今夏チェルシーからレンタル加入したMFロス・バークリーが値千金のミドルシュートを突き刺し劇的勝利。 アストン・ビラにとって開幕4連勝は1930-31シーズン以来、実に90年ぶり。この快挙にスミス監督も選手たちを手放しで称賛した。 「私はシーズンのはじめ、選手たちに『我々は歴史を作りにいく』と鼓舞していた」 「私の(プレミアリーグで)最初のシーズンでは、10勝を挙げてどうにか留まることが出来た。地に足着けて謙虚さを保つことが大切だった」 「私の称賛するブレンダン・ロジャーズ監督とそのチームを倒して得たこの成果は本当に大きなものだ。昨季の彼らはトップ4に値するチームだった」 「前回ここで対戦した時はロックダウンの前で、我々は4-0で敗れ去っていた」 「それ考えると今回の勝利は素晴らしいものだ。それは私だけでなく、全スタッフと選手たちにとってもだ」 2020.10.19 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バークリーの追加タイム弾でレスターを下したアストン・ビラが開幕4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、レスター・シティvsアストン・ビラが18日に行われ、0-1でアストン・ビラが勝利した。 前節ウェストハム戦を0-3と完敗して初黒星を喫し、開幕からの連勝が3で止まったレスターと、開幕3連勝スタートのアストン・ビラの一戦。 ヴァーディを負傷で欠くレスターはイヘアナチョが最前線で起用された中、ポゼッションを高めていくと、22分に最初のチャンス。イヘアナチョのパスを受けたボックス右のカスターニュがGK強襲のシュートを浴びせた。 対するアストン・ビラは26分に決定機。グリーリッシュがボックス左から折り返し、トレゼゲがダイレクトで合わせたシュートがわずかに枠の左へ外れた。ハーフタイムにかけては膠着状態となった中、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、押し込む展開としたアストン・ビラは54分、CKからコンサが際どいヘディングシュートを浴びせた。 劣勢のレスターはマディソンやスリマニとアタッカーを投入していくも、決定的なチャンスを作るには至らない。 すると追加タイム1分に決勝点を奪ったのはアストン・ビラ。バークリーがゴール正面からゴール左へミドルシュートを突き刺した。勝負強さを見せつけたアストン・ビラが開幕4連勝を達成している。 2020.10.19 05:13 Mon
twitterfacebook
thumb

元ウェールズ代表DFコリンズが現役引退 「20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に」

元ウェールズ代表DFジェームズ・コリンズ(37)が現役引退を表明した。 ウェールズ代表として51キャップを誇り、2016年のユーロ準決勝進出に貢献したコリンズはこれまでカーディフやウェストハム、アストン・ビラ、イプスウィッチでプレー。2018年夏にウェストハムを退団してから無所属が続いた2019年1月にイプスウィッチ入りを果たしたが、同シーズン終了後に退団して、再びフリーの状況だった。 そうしたなか、コリンズは17日、『Soccer AM』に出演。プレミアリーグ通算279試合の出場数を誇る元ウェールズ代表センターバックは「移籍先を探しているのか?」を問われると、「いや、もう終わった。すべてがね。引退したんだ」と返してみて、現役生活に幕を下ろしたことを明かした。 また、自身のインスタグラム(gingercollins19)でも「今季もプレーしていないので、ほとんどの人にとって、驚きじゃないだろうが、今日、フットボールから退く決意をした。色々考えて、20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に進むのが最善だと思った。すべてのクラブ、全ての選手、そしてファンに感謝したい」と現役引退を報告した。 2020.10.18 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラ移籍のGKマルティネス、移籍の経緯、古巣アーセナルへの想い語る

今夏の移籍市場で、アーセナルからアストン・ビラに移籍したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣への想いをイギリス『インデペンデント』で語った。 マルティネスは2009年に母国のCAインデペンディエンテからアーセナルのユースチームに移籍。同クラブでの在籍期間は11年にもなるが、そのほとんどをレンタル先のクラブで過ごした。転機が訪れたのは、昨シーズン終盤。正GKを務めていたドイツ代表GKベルント・レノが負傷によって長期離脱したことで、マルティネスにチャンスが回ってきた。 すると、マルティネスは安定したセービングと精度の高いキックを披露するなど、好パフォーマンスを継続し、FAカップ優勝にも貢献。この活躍により、ファンの心をがっちりとつかんだ。一見すると、突然訪れたチャンスを見事に活かし切ったシンデレラストーリーのようにも感じるが、マルティネスにとっては周到な準備の末に掴んだ必然の出来事だったという。 「やっとNo.1になることができた。だけど、準備はできていたんだ。そこにたどり着くまでに10年かかったけどね。ゴールキーパーとして毎日トレーニングしていても、誰も人生の物語のための準備はできないんだ」 「4カ月間も全くプレーできなければ、このまま続けられるのか、精神的に参ってしまうのか、自問自答することもある。何年もかけてもっとたくさんのことをすることができたと思うけど、ようやく世界が僕を見つけてくれたよ」 また、アストン・ビラからの関心は休暇明けの時点で、すでに理解していたものの、移籍を真剣に検討し始めたのは、スタメン出場で再びタイトルを勝ち取ったコミュニティ・シールドの後だったという。 「あの試合で良いプレーをすれば、No.1になれると思っていたけど、その後もリーグ戦で誰がスタートになるのかはっきりとしていなかった」 「次のフルアム戦(開幕戦)では95%スタメンだと言われていたんだ。だけど、そのときに『なんで100%じゃないんだ』って思ってしまったんだ。そこで違和感を覚えて、皆が僕に残ってほしいと言ってくれたけど移籍を決断したよ」 「そのときは動揺したり感情的になったりもしなかったし、自分がここまでやってきたことを誇りに思っていたんだ。アーセナルにやってきたとき、僕の前には他に9人のキーパーがいたんだ。だから、毎年自分の価値を証明し続ける必要があった。でも最後は、No.1として去ることができた。僕のアーセナルでの物語はそこで終わりを迎えたんだ」 「ミケル(・アルテタ)にはメールで伝えた。感謝と共に、『僕がトロフィーを獲得できたのは、あなたがトレーニングを仕切り、チームを変えてくれたからだ』と言ったよ」 「彼のプロセスをとても信頼しているし、彼の現役時代から普通の人と異なるものを持っていると思っていたんだ。もちろん、リオネル・メッシのように、彼をトッププレーヤーとして見ているわけではないけど、トップコーチとして見ている。彼にはこれから証明しなければならないことがたくさんあるし、彼の成功を祈っているよ。アーセナルのみんなを愛しているし、感謝しているよ」 その後、マルティネスはアストン・ビラへ移籍。イギリス『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億円)となり、アルゼンチン選手史上最も高価なGKになったことを意味する。 移籍後は守護神としてゴールマウスを守り、王者リバプールを7-2で破った直近の試合でも活躍。今回の移籍は早くも大成功の兆しを見せているが、幾つかの選択肢があった中、自身の「直感」に従ってアストン・ビラ行きを選んだという。 「自分のキャリアにおいて初めて直感に従ったんだ。サインをする前に深呼吸をして、『何が起こっても振り返らない』と決めていたんだ。多くのクラブを断って、ここでの最初のゲーム(シェフィールド・ユナイテッド戦)ではPKをセーブしてマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せられた」 「ここが今の自分の居場所なんだ。つい先日妻には話をしたんだけど、僕は今、またサッカーに恋をしているようなんだ」 2020.10.08 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

ロバートソン、悪夢を見せられたアストン・ビラMFマッギンと代表で共闘「スコットランドでもその自信を」

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、大敗を喫したアストン・ビラ戦を対戦相手で同胞のMFジョン・マッギンを交えながら振り返った。 おそらくフットボール史に刻まれることになるであろう衝撃的な一戦となったアストン・ビラvsリバプール。4日に行われたプレミアリーグ第4節で王者リバプールはアストン・ビラに2-7という屈辱的なスコアで無惨に散った。 フル出場したロバートソンは、試合後に「全くもってダメだった。あれは2年半の間、ハイレベルなパフォーマンスを続けていたリバプールではなかった」と完敗を認めた上で、アストン・ビラの7得点のうち1ゴールを記録したマッギンが、今回得た自信をスコットランド代表にもたらしてくれることを臨んだ。 「あの試合の僕たちは本来の姿から遠く離れていた。その隙をつけるかどうかはジョンとそのチームメイト次第だけど、彼らは確かによくやったよ」 「全ての称賛は彼らのものだ。あの日の夜は本当に素晴らしかった」 「願わくば、ジョンがその自信をスコットランド代表に持ち込んでくれることを期待するよ」 そんな彼らが共闘するスコットランド代表は、8日にユーロ2020予選プレーオフ・パスC準決勝のイスラエル戦を戦った後、UEFAネーションズリーグ2020-21では、11日にスロバキア戦(ホーム)、14日にチェコ戦(ホーム)が控えている。 2020.10.07 17:40 Wed
twitterfacebook