ユナイテッド期待の若手ガーナーが武者修行 英2部ワトフォードにレンタル

2020.09.19 08:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ワトフォードは18日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するU-19イングランド代表MFジェームズ・ガーナー(19)のレンタルを発表した。契約期間は2020-21シーズンまでとなる。

8歳の頃からユナイテッドのアカデミーで育ち、2019-20シーズンにおけるクラブのU-23年間最優秀選手賞に輝いたガーナー。2018年5月にプロ契約を結び、2019年2月にトップチームデビューを果たした。

パスセンスも光る守備的MFは昨季もオーレ・グンナー・スールシャール監督の下で限定的ながらトップチームで出番を掴み、プレミアリーグ1試合、ヨーロッパリーグ4試合に出場した。
なお、昨季のプレミアリーグで残留を果たせなかったワトフォードは今季からチャンピオンシップ(イングランド2部相当)に参戦。ガーナーは背番号は「16」を着用する。

関連ニュース
thumb

英2部ワトフォード、元バルセロナFWマナイとの契約を解除

チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは9日、アルバニア代表FWレイ・マナイ(25)との契約を双方合意の下で解除したことを発表した。 アルバニアで生まれ、11歳に頃に渡ったイタリアでキャリアを始めたマナイ。2015年にインテルに移籍するも、加入前に在籍していたクレモネーゼやペスカーラ、ピサなどへのレンタルを繰り返し、トップチームでの出番はほとんどなかった。 2017年からレンタル先をスペインに変更し、グラナダとアルバセテでプレー。そして、2020年1月にバルセロナBへの完全移籍が決定。バルセロナでは2021-22シーズンからトップチームに登録されたが、トップチームデビューは叶わないまま、昨季はスペツィアにレンタル移籍。 買い取りオプションが付随していたが行使されずにバルセロナへ復帰すると、昨年7月にワトフォードへ完全移籍。しかし、今季はハムストリングのケガで長期離脱を強いられるなど、ここまで公式戦7試合でわずか275分のプレーにとどまっていた。 2023.02.09 01:50 Thu
twitterfacebook
thumb

サレルニターナ、ナイジェリア代表DFトルースト=エコングを買取OP付きのレンタルで獲得

サレルニターナは24日、ワトフォードのナイジェリア代表DFウィリアム・トルースト=エコング(29)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。契約期間は今季終了までで、背番号は「15」を着用する。 トルースト=エコングはオランダとナイジェリアの二重国籍で、フルアムやトッテナムの下部組織で育ち、2013年7月にフローニンヘンへ移籍すると、その後はベルギーやノルウェー、トルコのクラブでプレー。 2018年の夏に加入したウディネーゼでは、1年目から主力として活躍すると在籍2シーズンで公式戦66試合に出場。この活躍が認められ、2020年の夏にワトフォードに完全移籍すると、これまで2年半で公式戦68試合に出場し2ゴールを記録している。 ナイジェリア代表としても64キャップを記録し、ロシア・ワールドカップや2度のアフリカ・ネーションズカップ(2019,2021)に出場している。 2023.01.24 23:12 Tue
twitterfacebook
thumb

ワトフォードがブラジルの新星FWマテウス・マルティンス獲得!

ワトフォードは14日、フルミネンセからU-20ブラジル代表FWマテウス・マルティンス(19)を獲得したことを発表した。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、今回の移籍はウディネーゼとワトフォードを保有するポッツォファミリー主導のオペレーションとなっており、ウディネーゼが600万ユーロ(約8億6000万円)+アドオン300万ユーロ(約4億3000万円)の完全移籍で獲得した後、1年のレンタル移籍という形でワトフォードに加わることになったという。 フルミネンセの下部組織出身で2021年3月にトップチームデビューを飾ったマルティンスは、179cmの右利きのアタッカー。幼少期から目標とするネイマールを彷彿とさせるドリブル、創造性に優れる若きクラックは、左ウイングやセンターフォワードを主戦場に圧倒的な打開力を売りとする逸材だ。 フルミネンセのトップチームではここまで51試合6ゴール5アシストを記録。また、U-16以降はブラジルの世代別代表チームでもプレーしている。 2022.12.14 23:18 Wed
twitterfacebook
thumb

元スパーズのムサ・シソコ、光熱費未払いで1000万円以上の借金

ナントに所属するフランス代表MFムサ・シソコが、ロンドン在住時に借金を作っていたことが判明した。イギリス『サン』が伝えている。 昨季までニューカッスルやトッテナム、ワトフォードと、イングランドで約10年間過ごしたシソコ。今夏にナントに移籍し母国へ戻ったことで、もちろん住所も変更。ただ、以前住んでいたロンドンで借金をこしらえていたようだ。 ロンドンのメイフェアに300万ポンドの家を持っていたシソコだが、そこの光熱費の支払いを怠っていたようで、6万1700ポンド(約1000万円)もの未払金が発生している模様。裁判所はフランス在住の同選手を追いかけて、支払いを求めていくようだ。 また、ある関係者も「支払い責任を回避できないだろう」と話しているという。 2022.10.27 18:30 Thu
twitterfacebook
thumb

セリエA未勝利が続くサンプドリアがジャンパオロ監督を解任…後任はラニエリ氏が有力か

サンプドリアは2日、マルコ・ジャンパオロ監督(55)の解任を発表した。 今年1月に解任された ロベルト・ダヴェルサ前監督の後任として、2年半ぶりにサンプドリアの指揮官に復帰したジャンパオロ監督。昨季は15位でクラブをセリエA残留に導いたが、今季は開幕から大不振に陥っており、セリエA7試合を消化した時点で2分け5敗の最下位と低迷。 さらに、直近のリーグ戦では4連敗の苦境に陥っており、0-3と完敗を喫した2日のモンツァ戦後にジャンパオロ監督の解任が決定した。 なお、新監督については明かされていないが、イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、クラウディオ・ラニエリ氏(70)が有力と報道。 同氏は2019年10月から2020-21シーズン終了までサンプドリアを指揮した経験があり、直近では今年1月までワトフォードの指揮官を務めていたが、成績不振を理由に解任され、以降はフリーの状態が続いている。 2022.10.03 06:20 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly