ベイル、マドリーでのメディカルを完了! 7年ぶりのロンドンヘ!

2020.09.18 20:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
トッテナム移籍が迫るウェールズ代表FWガレス・ベイル(31)がメディカルチェックを通過した模様だ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。かねてより報じられていたトッテナム復帰に向けて着々と準備が整うベイル。17日にマドリーでメディカルチェックを受けると伝えられていたが、無事にパスしたようだ。

トッテナムでは、同様にマドリーから加入が決定的となっているスペイン代表DFセルヒオ・レギロンが先に練習場に到着し、すでに検査を終わらせているようで、ベイルもレギロンの後を追う形で18日にロンドン入りすると見られている。

なお両クラブは、ベイルに関して賃金とローン料合わせて2000万ポンド(約27億1000万円)の取引額で合意したようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

賭博違反のトリッピアー、FIFAがアトレティコの訴えを却下し10週間の出場停止が確定

国際サッカー連盟(FIFA)は18日、アトレティコ・マドリーのイングランド代表DFキーラン・トリッピアーへの10週間の出場停止処分を改めて科すことを発表した。 トリッピアーは、2019年夏にトッテナムからアトレティコへ移籍する際、友人グループに移籍に関する内部情報を漏洩。2020年5月にイングランドサッカー協会(FA)が違反行為と定める賭博に関与したとして、告発されていた。 FAの調査の結果、トリッピアーは7つの違反疑惑の内、3件の嫌疑は晴れたものの、残る4件の違反行為が立証されたため、10週間の出場停止と7万ポンド(約980万円)の罰金処分が科されていた。 しかし、FAが下したこの制裁措置に対して、スペインリーグとアトレティコ・マドリーはFA傘下で現在プレーしていないトリッピアーに対する出場停止処分は受け入れられないとし、訴えを申し入れていた。その結果、一時的に出場停止処分が凍結され、12日に行われたラ・リーガ第1節延期分のセビージャ戦でトリッピアーは復帰していた。 だが、今回の決定によりトリッピアーは2月28日まで出場停止処分が科され、2月23日に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16・1stレグのチェルシー戦を含め、今後9試合を欠場することが決まった。 2021.01.18 23:30 Mon
twitterfacebook
thumb

リーグ戦快勝に満足感を示すケイン、守備的戦術にも言及

トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインが、快勝したシェフィールド・ユナイテッド戦を振り返っている。 トッテナムは17日、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドの敵地に乗り込んだ。キックオフからわずか5分後、CKからDFセルジュ・オーリエがネットを揺らし幸先よく先制すると、40分にはショートカウンターからケインに今季12点目となるゴールが生まれ、2点リードで試合を折り返す。 59分に失点しまうものの、その3分後にMFタンギ・エンドンベレの圧巻ループシュートが決まり再び2点差に。トッテナムは結局、アウェイで1-3の快勝を収めた。 決勝点となる2点目を決めたケインは、この1カ月で2勝目を挙げたチームのパフォーマンスに満足感を示すとともに、モウリーニョ監督の守備的戦術が揶揄される現状に反論した。 「今日は見事なパフォーマンスだったよ。本当に良い入りをして、積極的な守備で論理的に試合を進めて2-0にできた。後半は失点してしまったけど、僕たちはパニックにならなかった。タンギ・エンドンベレが素晴らしいゴールを決めてくれて、ここ数週間できていなかった試合の終わらせ方ができたんだ」 「監督が守備を徹底しろと言ってるわけではなくて、ピッチ上のメンタリティがそうさせるんだ。僕たちは勝つためなら引いて守り抜くこともいとわない」 「最も重要なのは、選手として責任を持って臨むことだけど、今日はそれができた。また最も重要なことは試合に勝つことだ。良い状態を持続できれば、どんなチームだろうとタイトルレースに参加できるはずだ」 「だからこそ、勝ち点を落としてしまったことには失望したし、悔しい思いをしたんだ」 2021.01.18 14:41 Mon
twitterfacebook
thumb

「ここまで来てくれて本当に嬉しい」モウリーニョ監督が復調のエンドンベレを絶賛

シェフィールド・ユナイテッド戦を快勝で終えたトッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が試合を振り返った。イギリス『フットボール・ロンドン』がコメントを伝えている。 トッテナムは17日、最下位に沈むシェフィールド・ユナイテッドの敵地に乗り込んだ。キックオフからわずか5分後、CKからDFセルジュ・オーリエがネットを揺らし幸先よく先制すると、40分にはショートカウンターからFWハリー・ケインが追加点を挙げて2点差とする。 快適に試合を進めていたトッテナムだが、59分に一瞬の隙を突かれて点差を縮められてしまう。しかしその3分後、味方のパスからボックス左に抜け出したMFタンギ・エンドンベレが、相手に体を寄せられながらも右足アウトサイドでGKの頭上を抜く圧巻のループシュートを流し込み、シェフィールド・ユナイテッドの戦意を喪失させた。 結局、敵地で1-3の勝利を収め、上位戦線にしがみ付いたトッテナム。モウリーニョ監督もそのパフォーマンスに満足している様子だ。 「パフォーマンスは良かった。チームは試合を支配していたし、前半だけで試合を殺すだけのチャンスは十分に作っていた。後半は同じ意図で臨んだが、非常に基本的なミスが彼らにたった一度のチャンスを与え、ゴールを奪われてしまった。それでも我々は強かなアクションで、再び2点差に広げることに成功した」 指揮官はまた、勝利に導くゴールも決めたハイパフォーマンスを見せたエンドンベレのプレーも称賛している。 「私は何年もコーチをしてきて、多くの選手と接してきたが、選手があまり良いプレーをしていないときは、それは選手自身の責任であり、プレーが状況を好転させ、パフォーマンスレベルを非常に高いレベルに引き上げたときは、それはその選手の責任でもあると言えるほどの経験を持っている」 「私と一緒なら、ドアは常に開いているという良い例えだ。チームのドアは常に開いていて、選手がプレーしていないときには、その理由を理解しようとしなければならないし、どうすればそのドアを通り抜けることができるのかを理解しようとしなければならない」 「彼(エンドンベレ)は理解していた。ゴールは凄かったが、私はゴールではなくパフォーマンスを見ている。パフォーマンスは素晴らしかったし、彼がここまで来てくれたことを本当に喜んでいる。彼はとても、とても良いプレーをしているよ」 2021.01.18 14:06 Mon
twitterfacebook
thumb

スパーズが最下位ブレイズに快勝! ケイン2戦連発にエンドンベレが驚愕のロブショット!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第19節、シェフィールド・ユナイテッドvsトッテナムが17日にブラモール・レーンで行われ、アウェイのトッテナムが1-3で勝利した。   前節、格下フルアム相手に逃げ切りに失敗して痛恨のドローに終わった6位のトッテナムは3位浮上のチャンスを逸した。仕切り直しの勝利を目指すこの一戦では前節18戦目にして今季初白星を手にした最下位のブレイズとのアウェイゲームに臨んだ。   そのフルアム戦からは先発3人を変更。ダビンソン・サンチェス、ウィンクス、ムサ・シソコに代えてベン・デイビス、ロドン、ベルフワインを起用。システムを[3-4-3]に変更した。また、パリ・サンジェルマン行きの可能性が報じられるデレ・アリはベンチ外となった。   2戦ぶりの白星を目指して勢いを持った入りを見せたアウェイチームが押し込む入りを見せる。開始4分にケインとのコンビネーションからベルフワインが決定的な枠内シュートを放つが、これはGKラムズデールの好守に阻まれる。だが、このプレーで得た左CKの場面でキッカーのソン・フンミンが入れた正確なクロスを、ニアでボーグルに競り勝ったオーリエが頭で合わせ、いきなりゴールをこじ開けた。   畳みかけるトッテナムは直後の8分にもケインの絶妙なスルーパスに完璧なタイミングで抜け出したソン・フンミンが、ボックス右で飛び出したGKの脇を抜くループシュートを放つが、これは右ポストの外側を叩き電光石火の追加点とはならず。   ここ数試合、追加点が課題に挙がる中で最初のチャンスを逸したトッテナムはここからブレイズの反撃に晒され、12分には左CKの場面でバシャムに打点の高いヘディングシュートを許すが、これはベン・デイビスが何とかはじき返した。   その後はトッテナムが圧倒的にボールを握って試合を落ち着けることに成功。相手のプレスをうまくいなしてアタッキングサードまでボールを運ぶ。だが、ボックス付近にしっかりと人数をかけるブレイズの守備を前にパスの出し手と受け手の呼吸がなかなか合わず、決定機には至らない。また、幾度かカウンターチャンスを得たものの、こちらも最後の質を欠く。   それでも、このまま1-0で前半終了かに思われた40分に待望の追加点が生まれる。GKラムズデールのスローからのリスタートにソン・フンミンが猛烈なプレスバックで圧力をかけると、これにホイビュルクが連動して2人でボールを奪い切る。そして、ホイビュルクからボックス手前のケインの足元にパスが繋がり、イングランド代表FWが絶妙な右足のグラウンダーシュートをゴール右下隅に流し込み、2試合連続となる今季12点目とした。   課題の追加点を奪い切って試合を折り返したトッテナムは後半に入って相手にボールを持たせながらカウンターで3点目を狙う。50分と55分にはケインが際どいシュートを続けて放つが、ここはGKラムズデールのセーブに遭う。   すると、59分には一瞬の隙から左サイドのフレックをフリーにして正確なクロスを入れられると、ゴール前にタイミング良く飛び込んできたマクゴールドリックに豪快なヘディングシュートを叩き込まれて1点を返される。   この失点によって嫌な空気が漂うアウェイチームだったが、フランス代表MFが圧巻の個人技によるゴールで払しょくする。ボックス手前で相手の不用意な横パスを引っかけ、ベルフワインとのパス交換からエンドンベレがボックス左へ抜け出す。相手に寄せられた上、シュート角度はなかったが、右足アウトで叩いたロブショットをゴール右隅に流し込んだ。   エンドンベレの芸術的なゴールでブレイズを引き離したトッテナムは再び落ち着きを取り戻してここから冷静にゲームをコントロール。これに対してブレイズはブライアン、ブリュースター、シャープを投入し、後ろを1枚削ってリスクを冒して反撃に出る。   4点目こそ奪えないものの試合の主導権を握り続けるトッテナムは、試合最終盤にベルフワイン、ソン・フンミン、レギロンを下げてルーカス・モウラ、ヴィニシウス、D・サンチェスをピッチに送り込み、このまま試合をクローズ。最下位相手の快勝で2戦ぶりの白星を手にしたトッテナムは暫定4位に浮上した。 2021.01.18 00:54 Mon
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、去就揺れるデレ・アリに多く語らず 「どのチームにも不幸な選手はいる」

トッテナムのジョゼ・モウリーニョ監督が出場機会に恵まれないイングランド代表MFデレ・アリ(24)に言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。 2015年夏にMKドンズから加入して以降、攻撃の要として活躍を続けたきたデレ・アリ。だが、ジョゼ・モウリーニョ監督からの信頼を掴み切れず、今季はここまで公式戦12試合の出場にとどまり、プレミアリーグに至っては74分のプレータイムしか得られてない。 不遇のデレ・アリに関しては、恩師であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が就任したパリ・サンジェルマン(PSG)からの関心報道がと取り沙汰され、本人も今夏に開催されるユーロ2020のイングランド代表メンバー入りを目指して移籍に前向きともいわれている。 トッテナム側の姿勢としてアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソの負傷離脱により、選手層を懸念して放出に難色を示しているとも報じられるなか、モウリーニョ監督はイングランド人技巧派MFの去就を問われると、「回答すべき適切な質問ではない」と述べ、多くを語らなかった。 「当然、答え方は知っているつもりだが、その質問に対する返答の準備ができていない。私のビジョンを公にする準備ができていないのだ。申し訳ないが、それについて答えるつもりはない」 また、デレ・アリは13日に行われたプレミアリーグ第16節でも出番がなく、試合後に自身の『インスタグラム』で不貞腐れているような表情の写真を投稿。イギリスメディアで不満を示すものだと指摘されているが、モウリーニョ監督はどのチームにも不遇の選手はいるとコメントした。 「どんなチームでも、ドレッシングルームで不幸な選手はいると思う。それは間違いない。私が率いるチームについて、誰かがドレッシングルームに幸せそうな選手しかいないと言ったとしても、それは本当だとは思わない。誰かが彼の手を掴んで奇跡を起こしてくれればラッキーだ」 「どんなチームにも、不幸な選手がいると思う。不幸なプロがいて、不幸なプロとは不幸でありながら、自分の義務がとにかく練習することだと認識している選手のこと。不幸でも、チームのために戦うことが自分の仕事ではないと信じている選手もいる」 「しかし、どこにいても、不幸な選手はクラブにいるもの。それは保証する」 2021.01.16 17:15 Sat
twitterfacebook