トッテナムが見せた高速カウンターで王者レアルを刺す!エリクセンが決めた完璧な速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

2020.09.18 21:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はインテルのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがトッテナム時代に決めたゴールだ。

◆トッテナムが王者マドリー相手に決めた美しいカウンター

ここ10年で急速に力をつけ、ヨーロッパの舞台でも常連となっているトッテナム。特にマウリシオ・ポチェッティーノ前監督の下では、若きタレントを多く起用し、2018-19シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)決勝に進出するなど、旋風を巻き起こした。

選手のハードワークを基盤とした組織的なプレスとダイナミックでスピーディーな攻撃を特徴とした当時のトッテナムは、2017年11月1日に行われた、CLグループステージのレアル・マドリー戦では、王者マドリーに対して見事なカウンターで試合を決めている。

2-0とトッテナムリードで迎えた65分、自陣ボックス手前でボールを拾ったMFハリー・ウィンクスが中央にいたMFデレ・アリにパスを出し、カウンターを発動。相手からのプレスをかわしたデレ・アリがすかさず裏へ走り出すFWハリー・ケインにスルーパスを出す。これを受けたケインは相手を引きつけると、中央から上がってきたエリクセンにラストパスを送り、完全にフリーでボールを受けたエリクセンがGKとの1vs1を冷静に沈め、マドリーに止めを刺す3点目を奪った。

これで3-0としたトッテナムは、終盤に反撃を許すも3-1で王者に勝利している。
コメント
関連ニュース
thumb

シティの破壊力抜群のサイドアタックから最後はB・シウバが豪快フィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆完璧なサイドアタックからシウバがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJzbW5QZ0lSVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ベンフィカユース出身のシウバは2014年に加入したモナコでブレイク。この活躍が認められ、2017年夏にジョゼップ・グアルディオラ監督率いるシティに引き抜かれている。 独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立しているシウバだが、2018年8月12日に行われたプレミアリーグ第1節のアーセナル戦では、見事な崩しからゴールを決めている。 前半にシティが先制し、1-0のリードで迎えた64分、カウンターからDFバンジャマン・メンディが左サイドを攻め上がる。ボックスの前までボールを運んだところで前線のFWラヒーム・スターリングにボールを預け、大外からさらに裏のスペースへ。ボックス左深部で再びボールを受けたメンディがマイナスのクロスを中央へ送ると、これにシウバが左足で合わせ、見事な崩しから追加点が生まれた。 このゴールで2-0とアーセナル相手に完璧な勝利を収めたシティ。開幕節から他のライバルに力を見せつける結果となった。 2020.10.27 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

バルセロナが流れるような連携で鉄壁のビルバオディフェンスをこじ開ける【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はアトレティコ・マドリーのウルグアイ代表FWルイス・スアレスがバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆バルセロナが堅牢なビルバオディフェンスをこじ開ける<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJkVEhwRmFYYiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダでの欧州デビューを経て、リバプールで世界屈指のストライカーとしてブレイクを果たしたスアレス。2014年夏にバルセロナに引き抜かれると、主力の1人としてゴールを量産した。 抜群のスキルと天性のセンスで相手DFを翻弄するスアレスだが、2016年1月27日に行われた、コパ・デル・レイ準々決勝のアスレティック・ビルバオとの2ndレグでは、美しい連携からゴールを決めている。 前半にビルバオに先制を許し、0-1とバルセロナのビハインドで迎えた53分、ブロックを作って守りを固めてくる相手に対して、相手陣内中央付近でボールを持ったMFセルジ・ロベルトが相手最終ラインの裏へ浮き球のスルーパスを送る。 完璧なタイミングで裏へ動き出したFWリオネル・メッシがパスを受け、ボックス内に侵入すると、ゴール前へ横パス。走り込んだMFイバン・ラキティッチがダミーとなり相手を引きつけながらパスをスルーすると、ファーポストでスアレスがこれに合わせ、見事な同点弾となった。 このゴールで硬いビルバオディフェンスを崩し追いついたバルセロナ。終盤に勝ち越しに成功し、3-1と逆転勝利を収めている。 2020.10.27 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ユベントスが教科書通りの“サッリボール”でインテルを攻略【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はメジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属する元アルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアインがユベントス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ユベントスが“サッリボール”でインテルディフェンスを崩す<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI5bEFhYzBIVCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーで頭角を現したイグアインは、その後ナポリやユベントス、ミランなど、イタリアの強豪クラブを渡り歩いた。 ストライカーとして所属した数々のクラブで得点を挙げてきたイグアインだが、ユベントス時代の2019年10月6日に行われた、セリエA第7節のインテル戦では、美しい連携からゴールを決めている。 試合開始早々にユベントスが先制しながらも追いつかれ、1-1で迎えた80分、ユベントスが最終ラインからの丁寧なビルドアップでチャンスを作る。インテル陣内中央でボールを持ったMFミラレム・ピャニッチが前線のFWクリスティアーノ・ロナウドに鋭いパスを送ると、C・ロナウドがこれを後方から上がってきたMFロドリゴ・ベンタンクールに落とす。 ベンタンクールは相手が自分に気を取られた瞬間にフリーになっていたイグアインにパス。ボックス内でパスを受けたイグアインがGKとの1vs1を制し、見事な勝ち越しゴールを決めた。 このゴールで2-1としたユベントスが、そのまま逃げ切り勝利を収めている。 2020.10.26 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

PSGの流れるようなパスワークからマテュイディが決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミに所属するフランス代表MFブレーズ・マテュイディがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆マテュイディが決めたPSGの華麗な連携ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJFcGlxZEhoRyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> トロワでプロデビューを果たしたマテュイディは、2007年に加入したサンテチェンヌでブレイク。2011年夏にPSGに加入するとリーグ屈指のMFとして活躍した。 ボックス・トゥ・ボックスタイプのMFとして存在感を示したマテュイディだが、2015年5月3日に行われた、リーグ・アン第35節のナント戦では華麗な連携からゴールを決めている。 1-0とPSGリードの31分、PSGが中盤でボールを回し、攻撃のタイミングを伺う。センターサークル内でMFチアゴ・モッタがボールを受けると、プレスに来た相手と上手く入れ替わり、一気にボールを前線に運ぶ。 モッタがアウトサイドパスで前線のFWズラタン・イブラヒモビッチにパスを送ると、イブラヒモビッチはボールをキープし、裏へ走りだすマテュイディに相手DFの股を抜くスルーパスを出す。フリーでボールを受けたマテュイディがGKとの1vs1をしっかりと決め、相手を突き放す2点目を決めた。 見事なゴールで追加点を奪ったPSGがそのまま2-0で勝利している。 2020.10.25 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

アルゼンチンの若き司令塔ロ・チェルソがPSGで決めた鮮やかな中央突破【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのアルゼンチン代表MFジオバニ・ロ・チェルソがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロ・チェルソが決めた鮮やかな中央突破<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoUjBTRGhVNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンのロサリオ・セントラルでキャリアをスタートさせたロ・チェルソは、若くしてPSGに引き抜かれ、ヨーロッパデビューを果たした。その後レアル・ベティスでの活躍を経て、2019年夏からはトッテナムに移籍している。 若き司令塔として活躍するロ・チェルソだが、PSG時代の2018年4月15日に行われた、リーグ・アン第33節のモナコ戦では、美しいパスワークから華麗なゴールを決めている。 0-0の同点で迎えた14分、相手陣内でボールを持ったロ・チェルソはDFダニエウ・アウベスとパス交換をしながら中央に入っていく。ロ・チェルソが前線のFWエディンソン・カバーニにボールを預けると、カバーニが裏へ走りだすアウベスへ向けてボックス内にスルーパス。このパスを受けたアウベスが、素早いパスをゴール前に入れると、後方から走り込んでいたロ・チェルソが合わせ、見事なパス回しから先制ゴールが生まれた。 先制に成功したPSGは、その後も攻め手を緩めず、7-1と大量6点差を付けてモナコに勝利している。 2020.10.24 21:00 Sat
twitterfacebook