ベルナトに長期離脱の可能性…メス戦で左ヒザを負傷…

2020.09.17 13:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表DFアン・ベルナトが重傷を負った可能性が高いようだ。フランス『レキップ』が伝えている。PSGは16日に行われたリーグ・アン第1節延期分でメスと対戦し、1-0で勝利した。前節、荒れ模様となったマルセイユ戦での退場による主力のサスペンションに加え、この試合でもDFアブドゥ・ディアロの退場など、アクシデントに見舞われたPSG。さらに、主力の長期離脱まで強いられる見込みだ。

ベルナトは後半の63分にDFミシェル・バッカーとの交代でピッチに立ったが、その20分後に味方DFプレスネル・キンペンベと交錯した際に左ヒザを負傷。プレー続行不可能となったスペイン代表DFは、メディカルスタッフに支えられながらそのままピッチを後にした。

同試合後、公式会見に出席したトーマス・トゥヘル監督は、ベルナトの状態に関して、「フアンのことを思うと非常に悲しい気持ちだ。個人的に深刻なヒザのケガであると考えている」と、重傷の可能性を認めている。

なお、ベルナトは17日に精密検査を受ける予定となっているが、左ヒザを強く捻っていると見られており、じん帯の損傷などの重傷が危惧されている。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGがリーグ戦2試合連続足踏み…エースのネイマールはCLユナイテッド戦に向けて危機感露わ

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが来週に迫る大一番に向けて危機感を露わにした。 PSGは28日に本拠地で行われたリーグ・アン第12節でボルドーと対戦。オウンゴールで先制を許した展開から前半のうちに逆転まで持っていったが、後半に追いつかれ、2-2の引き分けに終わった。 今季3敗目を喫した前節のモナコ戦に続く足踏みで、12月2日に敵地で予定するチャンピオンズリーグ(CL)グループH第5節のマンチェスター・ユナイテッド戦に向けても不安を残している。 そのボルドー戦にフル出場したネイマールは試合後、フランス『Canal+』のマイクを通じて、来るユナイテッド戦に向けて修正の必要性を口にした。 「水曜日(12月2日)のマンチェスター戦がどれだけ大事なゲームなのかはわかっている。火曜日(24日)に行われたCLの試合(RBライプツィヒ戦)ように、決定的なものになる。水曜日は良いプレーをして、自分たちのベストゲームにしたい。でも、細かい部分を修正して、チームとしてもっと良いプレーをしないと。それができないようだと、難しくなる」 なお、今季もCL制覇を悲願とするPSGはグループH4試合を消化した現時点で、首位ユナイテッドを3ポイント差で追う2位。ただ、ライプツィヒとは勝ち点で並び、油断できない状況となっている。 2020.11.29 15:30 Sun
twitterfacebook
thumb

“稲妻”ラベッシがズラタン、パストーレとの美しい崩しから決めた見事なゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回は元アルゼンチン代表FWのエセキエル・ラベッシ氏がパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆華麗な連携からラベッシが豪快なシュートを叩き込む<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyQjhQdzFjVyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2012年夏にナポリからPSGに加入したラベッシは、チームの主力の1人として活躍。豊富な経験を武器に得点を重ねた。 キレのあるドリブルとパンチのあるシュートから“稲妻”とも呼ばれたラベッシだが、2015年1月30日に行われたリーグ・アン第23節のスタッド・レンヌ戦では、見事な連携プレーからゴールを決めている。 0-0で迎えた29分、左サイドからドリブルで仕掛けたFWズラタン・イブラヒモビッチが、MFハビエル・パストーレとのパス交換からボールをボックス手前まで運ぶと、中央のMFアドリアン・ラビオにパスを送る。 ラビオがダイレクトで絶妙の浮き球パスをボックス内に出すと、これを受けたパストーレもダイレクトでゴール前のラベッシに送り、ラベッシが左足で豪快なシュートを叩き込んだ。 このゴールが決勝点となり、PSGが1-0で勝利している。 2020.11.29 14:00 Sun
twitterfacebook
thumb

“伝説のファンタジスタ”ロナウジーニョがバルサで決めた、針の穴を通すようなスーパーミドル【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWロナウジーニョ氏がバルセロナ時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ロナウジーニョが決めたキャリアベストゴールの1つ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJHdHEycEh1eCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2003年夏にパリ・サンジェルマン(PSG)からバルセロナに加入したロナウジーニョ氏は、華麗なパフォーマンスで観客を魅了。バルサファンのみならず、フットボールファンから愛された。 キャリアを通して、思わず息を吞むようなゴールを数多く決めたロナウジーニョ氏だが、2005年5月8日に行われた、ラ・リーガ第35節のバレンシア戦では、自身のキャリアの中でもベストゴールの一つを決めている。 0-0で迎えた28分、右サイドからのクロスをボックスの外で受けたロナウジーニョは、ボールをコントロールし、ゴールを確認すると、助走を取らずに右足を一振り。狙いすまされたシュートは、浮き上がるような弾道でゴール右上の角に一直線に飛んでいき、見事なスーパーゴールが決まった。 ロナウジーニョのゴールで先制に成功したバルセロナは、その後追加点を奪い、2-0で勝利している。 2020.11.28 19:00 Sat
twitterfacebook
thumb

アウトサイドでもクロス精度落ちず!パストーレの技ありアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はローマの元アルゼンチン代表MFハビエル・パストーレがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたアシストだ。 <div id="cws_ad">◆パストーレの技ありアウトサイドクロス<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNWXQybTh4SSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年夏にパレルモからPSGに加入したパストーレは、才能あるMFとして活躍。スター軍団の1人として多くのタイトルをもたらした。 抜群のテクニックで、華麗なプレーを多く見せるファンタジスタタイプのパストーレだが、2018年4月15日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦でも、華麗なアシストを記録している。 序盤からPSGがモナコを攻め、3-0とリードして迎えた27分、ボックス手前でMFユリアン・ドラクスラーがボールを持つと、ドリブルでボールをキープしながら左へ流れる。すると、大外からオーバーラップしてきたパストーレが、ドラクスラーとの見事なワンツーで左サイド深部に抜け出し、右足のアウトサイドでダイレクトのクロスを上げる。このボールに、ゴール前に走り込んだMFジオバニ・ロ・チェルソが頭で合わせ、見事なゴールが生まれた。 これで4点目を挙げたPSG。試合はさらに追加点を奪ったPSGが7-1の大勝を収めている。 2020.11.28 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

来夏契約満了のアラバ代理人がチェルシー、PSGと交渉へ

移籍市場に精通するドイツ人ジャーナリストのクリスティアン・フォーク氏によると、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバ(28)の代理人を務めるピニ・ザハヴィ氏はチェルシーとパリ・サンジェルマン(PSG)との交渉に臨むようだ。 バイエルンとの契約が今季限りとなっているアラバ。長らく延長交渉が取り沙汰されたが、会長のヘルベルト・ハイナー氏が先日にオファーの取り下げを明かした。一方では最高経営責任者(CEO)のカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が慰留を望むコメントを残した中で、スペイン移籍を望んでいるとされているアラバには、レアル・マドリーやバルセロナからの関心が伝えられている。 しかし、財政難に苦しむ両クラブともに高額なサラリーを受け取るアラバを雇う余裕がないとされており、そこでザハヴィ氏は、コロナ禍において資金に余裕があると見られるチェルシーやPSGとの交渉を優先して行う意向のようだ。 バイエルンとの契約更新に関して、メディアに報じられた給与額を否定しなかったクラブに対し「失望し、傷ついた」と公で口にしたアラバ。しかしながら、契約延長の可能性はまだ残されているようだ。 2020.11.28 15:03 Sat
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly