ベルナトに長期離脱の可能性…メス戦で左ヒザを負傷…

2020.09.17 13:41 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表DFアン・ベルナトが重傷を負った可能性が高いようだ。フランス『レキップ』が伝えている。

PSGは16日に行われたリーグ・アン第1節延期分でメスと対戦し、1-0で勝利した。前節、荒れ模様となったマルセイユ戦での退場による主力のサスペンションに加え、この試合でもDFアブドゥ・ディアロの退場など、アクシデントに見舞われたPSG。さらに、主力の長期離脱まで強いられる見込みだ。

ベルナトは後半の63分にDFミシェル・バッカーとの交代でピッチに立ったが、その20分後に味方DFプレスネル・キンペンベと交錯した際に左ヒザを負傷。プレー続行不可能となったスペイン代表DFは、メディカルスタッフに支えられながらそのままピッチを後にした。

同試合後、公式会見に出席したトーマス・トゥヘル監督は、ベルナトの状態に関して、「フアンのことを思うと非常に悲しい気持ちだ。個人的に深刻なヒザのケガであると考えている」と、重傷の可能性を認めている。

なお、ベルナトは17日に精密検査を受ける予定となっているが、左ヒザを強く捻っていると見られており、じん帯の損傷などの重傷が危惧されている。

関連ニュース
thumb

「正直、バルサに行くもんだと…」 PSG移籍のワイナルドゥム、心変わりの理由明かす

オランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥムがパリ・サンジェルマン(PSG)移籍の理由を明らかにした。 今月限りでリバプールとの契約が切れるなか、新天地としてバルセロナが有力視されたワイナルドゥム。その間にオランダ代表時代の恩師であるロナルド・クーマン監督の続投も決まり、ワイナルドゥムのバルセロナ加入も時間の問題とされた。 だが、つい最近になり、PSGがバルセロナと比較して2倍以上の給与を含む3年契約でオファーとの報道が浮上。ワイナルドゥムは一転してPSG入りに心が惹かれ、合意に至ったといわれると、10日に報道どおりに3年契約でのパリ行きが正式決定した。 そんなオランダのダイナモは13日に行われるユーロ2020グループC第1節のウクライナ代表戦を前にPSG入りに心変わりした理由を問われると、「難しい選択だった。バルセロナとは4週間にわたり、交渉したが、合意に至らなかったんだ」と説明を続けた。 「PSGの方が素早く、彼らのプロジェクトもより説得力があったんだ。正直、僕はバルセロナに移籍するもんだと思ってもいた。というのも、最初に興味を示してくれたのは彼らだけだったからね」 「PSGもバルセロナも本当に素晴らしく、どっちも自分がプレーしたいと思うクラブだ。そのなかで、ユーロが開幕する前に決断したく、最終的にPSGを選ばせてもらったんだ」 2021.06.13 11:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド&チェルシー関心のヴァラン獲りにPSGも?

パリ・サンジェルマン(PSG)もレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァラン(28)に興味を示しているようだ。 2011年夏に17歳でマドリー入りして以降、主力センターバックとして公式戦通算360試合の出場数を誇り、チームとしても4度のチャンピオンズリーグ(CL)優勝を経験するなど、数々のタイトル獲得に寄与するヴァラン。今や誰もが認めるマドリーの中心選手だが、来季が契約最終年となる。 マドリーは契約延長を望むが、本人が新たな挑戦を求めているといわれ、交渉が難航。そのため、マドリーは移籍金に還元できる今夏のタイミングで放出も検討し始めていると囁かれ、マンチェスター・ユナイテッドやチェルシーといったイングランド勢が行き先候補に浮上している。 だが、そこにPSGも割って入る動きがあるようだ。フランス『Foot Mercato』によると、来季に向けてディフェンスの強化も目指すPSGはヴァランに関する情報を収集しようと、選手の代理人にコンタクトを取ったという。 なお、ヴァランは先日、注目される自らの去就について「今は僕の将来に関する話をするときじゃない。ユーロのことにフォーカスしている」とコメント。マドリーは今夏に売却することになれば、獲得を希望するクラブに6000万ユーロ(約79億6000万円)程度を求む模様とみられる。 2021.06.12 16:45 Sat
twitterfacebook
thumb

トッテナム退団希望のオーリエ、PSG復帰迫る! 個人条件で合意

トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(28)がパリ・サンジェルマン(PSG)復帰に近づいているようだ。 推進力が魅力のサイドバックとして、2017年夏にPSGからトッテナムに活躍の場を移したオーリエ。公式戦110試合出場で8得点の数字を残すが、先日にトッテナムと2022年までの契約を延長しない意思を示して、退団願望を明らかにした。 そんなオーリエはイギリス『Football Insider』によると、先月からPSGと交渉を続けるなかで、個人条件で合意。新たに4年契約を結んでのパリ凱旋となり、PSGもトッテナムの売却条件を満たして、完全合意に差し迫っている模様だ。 一方、新たなスポーツディレクター(SD)としてファビオ・パラティチ氏が着任見込みのトッテナムは新指揮官の招へいにも動いている状況。だが、オーリエは新指揮官の考えに左右されることなく、トッテナムを去ることになるようだ。 なお、トッテナムは今夏、アイルランド代表DFマット・ドハーティに続く新たな右サイドバックの獲得を目指すとのことだ。 2021.06.12 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

将来揺れるムバッペ、ベストアンサーを探る…「答えが出ていない」

パリ・サンジェルマン(PSG)でスター街道を突っ走るフランス代表FWキリアン・ムバッペ(22)だが、どこが自身のベストな場所なのか確信がないようだ。 PSGで圧倒的な活躍を続けるなかで、次代のフットボール界を背負って立つ選手として大きな脚光を浴びるムバッペ。PSGに2022年までの現行契約を延長しようとする動きが取り沙汰される一方で、レアル・マドリーの今夏トップターゲットにも目され、動向が注目されている。 そうした状況が続くなか、『France Football』のインタビューで去就に言及。将来を決めかねている現状を明らかにした。 「必ずしも急がないといけないわけじゃないが、正しい選択をするのは難しいもの。今は自分が気に入り、快適な場所にいる。でも、僕にとって最適な場所なのか? 答えが出ていない」 「僕がいるのといないのではクラブのプロジェクトも全く違ってくる。それでも、PSGは僕の要求をわかってくれている。きっと僕が卑怯な手を使ってこないと理解しているからだ」 2021.06.12 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSGがリバプールMFワイナルドゥムの獲得を正式発表、3年契約「さらに上を目指せる」

パリ・サンジェルマン(PSG)は10日、リバプールのオランダ代表MFジョルジニオ・ワイナルドゥム(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 なお、契約期間は2024年6月30日までの3年間。フリートランスファーでの加入となった。 ワイナルドゥムはスパルタ・ロッテルダム、フェイエノールトのユースで育つと、2007年7月にファーストチームへ昇格。2011年7月にPSVへと移籍すると、2015年7月に海を渡り、ニューカッスルへと完全移籍した。 ニューカッスルでは1年間の在籍だったが、公式戦40試合に出場し11ゴール5アシストを記録。その活躍が認められ、2016年7月にリバプールへと完全移籍を果たした。 リバプールでは公式戦237試合に出場し22ゴール16アシストを記録。チャンピオンズリーグ(CL)とプレミアリーグのタイトル獲得に貢献すると、今シーズンも公式戦51試合出場で3ゴールと大車輪の活躍を見せていた。 また、オランダ代表としても活躍し75試合に出場し22ゴールを記録していた。 今シーズン限りで契約が満了となり、移籍は既定路線だったがバルセロナ行きが有力視されていた。しかし、突如としてPSG行きが浮上。そのまま契約に至った。 ワイナルドゥムはPSG加入についてクラブを通じてコメントしている。 「パリ・サンジェルマンに加わることは、僕にとって新たな挑戦だ」 「ヨーロッパで最高のチームのひとつに加入することになり、この野心的なプロジェクトに自分の欲望と決意を持ち込みたいと思っている」 「パリ・サンジェルマンは近年その地位を証明してきた。ファンのみんなのために、一緒になってさらに上を目指せると確信している」 <span class="paragraph-title">【動画】ワイナルドゥムがリバプールで残した軌跡</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJWN2JLRnB0QyIsInAiOiJob2NoaW5ld3MiLCJwbCI6IiJ9"></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/hochinews.js"></script> 2021.06.10 22:15 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly