トーレス氏、リバプールからチェルシーに移籍した理由を告白「私には時間がなかった」

2020.09.16 18:06 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス氏が、かつてリバプールからチェルシーに移籍した理由をイギリス『talkSPORT』のインタビューで説明した。

プロデビューしたアトレティコ・マドリーで名を馳せ、2007年にリバプールに加入したトーレス氏。リバプールには3年半在籍し、公式戦142試合で81ゴールを挙げる活躍を披露した。

しかし、全盛期を過ごしていた中で2011年1月にチェルシーに電撃移籍。トーレス氏はインタビューで当時を振り返り、リバプールで幸せだったこと、移籍せざるを得ない状況にあったことを赤裸々に告白した。

「リバプールで本当に幸せだった。だけどクラブが売却に動いていると知ったら状況はとても困難になる」

「彼らは全ての主力選手を売却した。ハビエル・マスチェラーノにシャビ・アロンソ、ラファエル・ベニテスもそうだ。代わりに若い選手たちを獲得し始めていた」

「彼らは6年から7年かけて勝てるチームを作ろうとしていた。だが私にはそれを待つ余裕なんてなかった。アトレティコというホームから出たのはトロフィーを勝ち取るためだったからね」

「残念なことに、当時のリバプールのオーナーには嘘が多かったから最終的に自分の道を見つける必要があった。それがチェルシーだった。チェルシーは私にトロフィーを獲得するチャンスを与えてくれるクラブだと思ったんだ」

そのチェルシーではチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグ、FAカップなど、渇望していたトロフィーを獲得した。しかし、決して大活躍だったとは言い難く、加入から初ゴールまでに903分間も要したことは、華々しいキャリアにおいて誇れるものではなかった。

「順応に時間がかかったのは私のせいかもしれない。本当に素晴らしい時間を過ごしたが、一貫したものではなかった。そうなるとチェルシーのようなビッグクラブでは誰か別の選手がやってきて自分のポジションを奪っていくんだ」

「スター選手がいっぱいの中でシーズン途中の加入だったから適応するのは本当に苦労したよ。もしかしたらリバプールでのようなパートナシップは築けていなかったかもしれない。でもそれは自分のせいだと常に言ってきた。その解決策を見つけるのに十分なキャリアを積んでいたけど出来なかったんだ」

「でも幸せだよ。望んでいたトロフィーを手にすることが出来たし、素晴らしいフットボールをすることが出来たからね」


コメント
関連ニュース
thumb

初先発のツィエクが移籍後初ゴール! チェルシーが敵地でクラスノダールに4発勝利《CL》

チェルシーは28日、チャンピオンズリーグ(CL)グループE第2節でFCクラスノダールとのアウェイ戦に臨み、4-0で勝利した。 開幕節でチェルシーと共にグループ突破の本命と見られるセビージャにゴールレスドローとしたチェルシーは、4日前に行われたマンチェスター・ユナイテッド戦も0-0で引き分けた。そのユナイテッド戦のスタメンから4選手を変更。チアゴ・シウバが欠場となり、カンテやプリシッチがベンチスタートとなって、ヴェルナーやハヴァーツが先発。ツィエクが移籍後初スタメンとなった。 開幕節でレンヌに引き分けたFCクラスノダールに対し、[4-2-3-1]で臨んだチェルシーは最前線にヴェルナー、2列目に右からツィエク、ハヴァーツ、ハドソン=オドイと並べた。 開始4分にウトキンに枠内シュートを打たれたチェルシーは、このピンチをGKメンディが防ぐと、9分にボックス右へ侵入したツィエクが右足で枠内シュートを浴びせた。 そして、押し込む展開としたチェルシーが13分にPKを獲得する。アスピリクエタの右クロスを受けたボックス右のヴェルナーがカイオに倒された。しかし、キッカーのジョルジーニョはシュートを左ポストに直撃させてしまい、先制とはならない。 その後、19分にヴィルエナのミドルシュートでゴールを脅かされたチェルシーは、膠着状態に持ち込まれかけたが、37分に相手のミスによって先制する。ハヴァーツのパスをボックス左で受けたハドソン=オドイがフィニッシュに持ち込むと、何でもないシュートをGKサフォノフが後逸し、ボールはゴールに吸い込まれた。 迎えた後半、クラスノダールの圧力を受けたチェルシーは55分にピンチ。CKからガジンスキーのボレーシュートがバーに直撃した。 その後も押し込まれたチェルシーは67分にベリにGK強襲のシュートを浴びると、71分に3枚替えを敢行。ハドソン=オドイ、ジョルジーニョ、コバチッチに代えてマウント、プリシッチ、カンテを投入した。 すると75分、ボックス内のプリシッチがシュートに持ち込むと、マルティノビッチのハンドを誘ってPKを獲得。このPKをヴェルナーが決めて加点したチェルシーは、80分に勝負を決定付ける。 ボックス左でヴェルナーのパスを受けたツィエクがDF3人に対応されながらもシュートをゴール右にねじ込んだ。さらに90分にエイブラハムのパスをボックス右で受けたプリシッチがGKの股間を抜くシュートを決めて4-0としたチェルシーが1勝1分けスタートとしている。 2020.10.29 04:47 Thu
twitterfacebook
thumb

チェルシーのGK2番手はチェフだと考えるシュウォーツァー「ケパやカバジェロより上」

かつてミドルズブラやフルアムで活躍し、チェルシーにも所属していたマーク・シュウォーツァー氏は、現在のチェルシーで2番目に優れているGKは元チェコ代表GKペトル・チェフだと考えているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシーは2018年8月に7100万ポンド(現レートで約96億5800万円)で獲得したスペイン代表GKケパ・アリサバラガが不振を極め、控えのアルゼンチン代表GKウィルフレッド・カバジェロも安定感に欠けるなど、GKに不安を抱えていた。 こうした事情もあってか、チェルシーはプレミアリーグのメンバーリストに、かつてチームの絶対的な守護神として活躍し、現在はクラブのテクニカル・ディレクターを務めているチェフを登録。2019年に引退した38歳の同選手に現役復帰の可能性が持ち上がったことは、驚きを与えていた。 幸い、今夏の移籍市場で獲得したセネガル代表GKエドゥアール・メンディが安定したパフォーマンスを見せ、ようやく守護神問題が落ち着いたチェルシー。そんな中、シュウォーツァー氏はオーストラリア『Optus Sports』で、メンディがやってくるまでチームのベストGKはチェフだったと主張している。 「私の考えでは、彼(チェフ)はチェルシーのキーパーの誰よりも優れていた。ただし、これはメンディがクラブにやってくる前の話だけどね。単純に(チェフは)チェルシーのキーパーたちよりもトレーニングでのパフォーマンスが良かった。彼は自分がとても良い感触だと言っていたよ」 また、シュウォーツァー氏が語るところによれば、チェフ本人も現在の調子の良さから、引退を決める決断は時期尚早だったと感じているようだ。 「(チェフは)オフを取った後にこれほど良いフィーリングになると知っていたら、半年オフを取るだけで、引退はしなかったかもと言っていた」 「彼は実際、自分の体調は万全であり、まだまだプレミアリーグでプレーする十分な強さを備えていると信じているようだ。キャリアの終盤より、今の方がもっと遠くへボールを蹴れるようになっているよ」 「彼は足首やふくらはぎのケガが原因でキックに支障をきたしていた。ただ、今は全く問題ないんじゃないかな。今までと同じようにボールを蹴っているからね」 チェフは2004年夏にチェルシーに移籍してから、11年の在籍期間でプレミアリーグ(4回)、FAカップ(4回)、チャンピオンズリーグ(1回)、ヨーロッパリーグ(1回)のタイトル獲得に貢献している。シュウォーツァー氏の言う通りもしも状態が良好なのであれば、チェルシーにとってこんなに頼もしい“新戦力”はいないはずだ。 2020.10.28 16:47 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシー戦でのホールディングが物議をかもすマグワイア、インスタにて無言の圧力

チェルシー戦でのホールディング行為が批判の的になっているマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアが、自信のインスタグラムで反対の意思を示した。 24日に行われたプレミアリーグ第6節のチェルシー戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わったが、40分のセットプレーの際に、守備側のマグワイアがチェルシーDFセサール・アスピリクエタの首周りに腕を回していたプレーが物議をかもしており、現在も賛否が分かれている状況だ。 チェルシー陣営は当然PKに値するファウル行為だったと主張しており、当事者で主将のアスピリクエタは「VARでしっかり確認してほしかった」とコメント。また、フランク・ランパード監督もVARによる正確なジャッジを求めたほか、「ホールディングならまだしも、ヘッドロックは反則だ」と試合後に話していた。 なおも火種がくすぶる中、マグワイアがインスタグラムの『ストーリー』を更新。そこには同様のセットプレーの際に、アスピリクエタがMFスコット・マクトミネイを、そして自身には相手DFリース・ジェームスが腕を使って抑え込む瞬間の写真掲載されていた(上部写真)。 なお、特にコメントはなく、マグワイアからすれば言わずもがなの無言の圧力といったところなのだろう。 試合が終わった以上、どちらが正しいかの判断は付けられないが、禍根を残すようなことにはならないでほしい。 2020.10.27 21:12 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーの新守護神メンディ、先輩チェフに続く2人目の記録を達成!

チェルシー加入から早くも大活躍中のセネガル代表GKエドゥアール・メンディが、クラブの歴史に名を残す記録を達成した。 今夏にスタッド・レンヌから2200万ポンド(約30億円)の移籍金で加入したメンディ。絶対的守護神不在のチェルシーが数ある選択肢の中から選び抜いた選手だが、期待に違わぬ活躍を披露している。 プレミアリーグデビューとなった今月3日のクリスタル・パレス戦でクリーンシートを飾ると、先日24日に行われたマンチェスター・ユナイテッドとの大一番では、敵地オールド・トラフォードでビッグセーブを連発した。 35分に訪れた決定的なピンチでは、FWマーカス・ラッシュフォードのシュートを右足でセーブ。41分にも古巣対決のMFフアン・マタに枠内シュートを許したが、素早い反応で弾き出す。さらに終盤の91分には再びラッシュフォードの鋭いシュートに見舞われるが、見事な横っ飛びで完封。勝利はできなかったもののMVP級の活躍だった。 ここまでプレミアリーグを2試合戦い、立て続けにクリーンシートを達成したが、チェルシーにおいて2人目の記録。1人目は2004年に加入した元チェコ代表GKペトル・チェフ。最近ではリーグ戦のスカッドに登録されて話題に上ったが、この2人はレンヌから加入という共通点を持っている。 チェルシーの歴代GKの中でナンバーワンの呼び声が高いチェフと何かと縁を感じるメンディ。フランク・ランパード監督は現時点での正GKと認めているが、果たしてチェフのような偉大な選手になることは出来るだろうか。 2020.10.26 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

マグワイアのホールディングディフェンス チェルシー主将&指揮官がノーファウル判定に疑問

チェルシー陣営がマンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアのファウルを主張した。 チェルシーは24日に敵地で行われたプレミアリーグ第6節でユナイテッドと対戦。互いにチャンスを生かせず、0-0の痛み分けという結果に終わった。ただ、この試合の40分、マグワイアがチェルシーでプレーするスペイン代表DFセサル・アスピリクエタの首回りに手を回しての守備対応が注目の的に。ビデオアシスタントレフェリー(VAR)によるフィールドレビューもないまま流され、賛否の声が挙がっている。 <div id="cws_ad"><script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$videoid=1smwan0jrya9m1ag99aiw5i56e" async></script></div> しかし、アスピリクエタからすれば、まずはモニターをチェックすべきシーンだったという。イギリス『talkSPORT』によると、アスピリクエタは試合後、物議を醸している場面をこう振り返り、疑問を呈した。 「ピッチ上ではPKだと思った。彼の腕が僕の首と肩に回っているのを感じてもいた。レフェリーは決定権があり、VARだってある。難しいが、僕としてはレフェリーにモニターでのチェックを勧めたい。補助のためにあるのだから、20秒でも良いから確認すべきじゃないのか? フットボールだと、コンタクトは起こり得る。すべての接触がPKとまでは言わない。でも、みんなで協力して、試合をより良いものにする必要がある」 また、チェルシーのフランク・ランパード監督も試合後、主将の主張に共鳴。「明らかなPKだった。明白にね。私の立ち位置からだと、目視できず、主審もピッチ上での判定が難しいものだったと思う。だが、VARはすぐにファウルを否定した。彼らは時間をかけてレフェリーにモニターを確認するよう助言すべきだった。モニターをチェックしても、見返したらPKを与えなければならなかった。だから、非常に困惑している」と話した。 2020.10.25 13:15 Sun
twitterfacebook