フライブルク、マインツからGKミュラーを緊急補強! 正GK候補の長期離脱受け

2020.09.16 14:19 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フライブルクは15日、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。フライブルクは今夏、守護神を務めていたドイツ人GKアレクサンダー・シュウォロー(28)がヘルタ・ベルリンに流出。新シーズンはオランダ人GKマルク・フレッケン(27)を正GKに昇格させたが、先週末のDFBポカールのウォームアップ中にヒジのじん帯を損傷する重傷を負い、長期離脱を強いられた。

そして、この緊急事態を受けて、マインツからU-21ドイツ代表歴もあるミュラーの獲得に動いた。

なお、マインツの下部組織出身のミュラーは2017-18シーズンのトップチーム昇格以降、公式戦44試合に出場。今シーズンは正GKとしてのプレーも期待されていたが、直近のDFBポカールではドイツ人GKロビン・ゼントナーが起用されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

遠藤航フル出場のシュツットガルト、追い上げ虚しく黒星スタート《ブンデスリーガ》

シュツットガルトは19日、ブンデスリーガ開幕節でフライブルクをホームに迎え、2-3で敗れた。シュツットガルトのMF遠藤航はフル出場している。 昨季、シュツットガルトの1部復帰に貢献した遠藤は先週行われた新シーズン初戦のDFBポカール、ハンザ・ロストック戦ではフル出場し、勝利に貢献した。その遠藤は引き続き[3-5-2]のボランチでスタメンとなり、ブンデス1部デビューを飾った。 試合は8分、スローインの流れから右クロスをペテルゼンにヘディングで合わせられ、シュツットガルトは先制されてしまう。 失点を受けて前がかるシュツットガルトは15分に同点のチャンス。ワマンギトゥカがスルーパスに反応してボックス左に侵入しシュート。しかし、GKにセーブされ、ゴールに向かって行ったボールはゴールライン前に戻ったDFの好クリアに阻まれた。 すると26分、右サイドからのFKをニアサイドのペテルゼンにヒールで合わせられると、シュートはGKがセーブするも、ルーズボールをR・サライに押し込まれた。 2点を追う展開となったシュツットガルトはハーフタイムにかけてはチャンスを作れず、前半を2点ビハインドで終えた。 迎えた後半、開始2分にシュツットガルトはマッシモに決定機が訪れるも、これを相手GKの好守に阻止されると、1分後に致命的な3失点目をグリフォに許してしまう。 苦しいシュツットガルトは72分にカラジッチが反撃の狼煙を上げるゴールを挙げ、続く82分には遠藤の縦パスが流れたところをワマンギトゥカが押し込み、1点差に詰め寄ったが、反撃はここまで。黒星スタートとなっている。 2020.09.20 00:43 Sun
twitterfacebook
thumb

フライブルク、クラブ史上最高額でフランス人MFパチスト・サンタマリアを獲得

フライブルクは17日、フランス人MFパチスト・サンタマリア(25)をアンジェから獲得したことを発表した。契約は4年、背番号は「8」に決定している。 パチスト・サンタマリアは、かつてフランス代表のFWオリヴィエ・ジルーやDFローラン・コシエルニーを擁したトゥールの下部組織出身。2016年夏にアンジェに移籍し、守備的MFの主力として在籍4年で公式戦149試合に出場した。 昨季のブンデスリーガで8位と好成績を収めたフライブルクは、今夏の移籍市場でアラベスからボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエルメディン・デミロビッチ(22)を完全移籍で獲得。その他、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)、マインツからドイツ人GKフロリアン・ミュラー(22)をレンタルしている。 一方で、リーグ戦で7ゴールを記録したドイツ人FWルカ・ワルドシュミットや、ドイツ代表DFロビン・コッホ、さらには守護神のドイツ人GKアレクサンダー・シュウォローを流出している。 なお、サンタマリアに関しては、フランス『レキップ』などによると移籍金は1500万ユーロ(約18億6200万円)でクラブ史上最高額となったようだ。 <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="de" dir="ltr">So glad to finally be here <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Can’t wait to start⁣<br>⁣<br>So glücklich endlich hier zu sein <a href="https://twitter.com/scfreiburg?ref_src=twsrc%5Etfw">@scfreiburg</a>⁣<br>Kann es kaum erwarten zu spielen⁣<br>⁣<a href="https://twitter.com/hashtag/SCF?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SCF</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/Bundesliga?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Bundesliga</a> <a href="https://t.co/pf9LDaxCsW">pic.twitter.com/pf9LDaxCsW</a></p>&mdash; Baptiste Santamaria (@BaptSantamaria) <a href="https://twitter.com/BaptSantamaria/status/1306617003902414851?ref_src=twsrc%5Etfw">September 17, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.09.18 13:36 Fri
twitterfacebook
thumb

フライブルク、スパルタク・モスクワからMFフース・ティルをレンタルで獲得

フライブルクは3日、スパルタク・モスクワからオランダ代表MFフース・ティル(22)をレンタル移籍で獲得した。背番号は「14」を着用する。 AZの下部組織出身のティルは、2016年にトップチームに昇格すると3シーズンで公式戦96試合に出場し28ゴール12アシストを記録。2019年の夏に加入したスパルタク・モスクワでは、主戦場の攻撃的MF以外にもセントラルMFやセカンドトップとしてプレーし、昨季は公式戦23試合に出場し2ゴール4アシストをマーク。今季もここまでリーグ戦3試合に出場していた。 フライブルク加入の決まったティルは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「フライブルクは家族のようなクラブで、その一員になれたことを嬉しく思っているよ。ブンデスリーガはテンポが早く、自分のプレースタイルに合っていると思っている。だから、今回のオファーを悩むことはなかったよ」 2020.09.04 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルンを7年ぶりの3冠に導いたフリック監督がドイツ年間最優秀監督に輝く!

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督(55)が2020年のドイツ年間最優秀監督に輝いた。 同賞はドイツ『キッカー』とドイツスポーツジャーナリスト協会の投票により選出される。 フリック監督は、昨年11月にニコ・コバチ前監督の後任としてアシスタントコーチから暫定監督に昇格すると、すぐにチームを立て直し正式監督に就任。就任後は公式戦36戦33勝と圧巻の成績を収め、ブンデスリーガ、DFBポカール、チャンピオンズリーグ(CL)を制覇。チームを7年ぶりのトレブル(3冠)に導いた。 受賞したフリック監督は『キッカー』に対して次のように語っている。 「当たり前だが、今回の受賞はとても嬉しく思っている。これは共に取り組んでくれ、日々サポートしてくれたコーチ陣全員に対する賞だと思っている」 なお、栄誉に輝いたフリック監督は、525票のうち223票を獲得。次点の164票を獲得したリバプールのユルゲン・クロップ監督(53)、40票の支持を得た3位のフライブルクのクリスチャン・シュトライヒ(55)らを抑えての受賞になる。 2020.08.30 23:35 Sun
twitterfacebook
thumb

昇格組リーズ、フライブルクのドイツ代表DFコッホを4年契約で獲得

リーズ・ユナイテッドは29日、フライブルクに所属するドイツ代表DFロビン・コッホ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は4年間となり、移籍金は非公開とのこと。ドイツ『キッカー』が伝えるところによれば、リーズとフライブルクは1300万ユーロ(約16億3000万円)に各種ボーナスを含めた条件でクラブ間合意に至ったという。 2017年にカイザースラウテルンからフライブルクに加入したコッホは、高精度のロングパスに加え、190㎝の体躯を生かした空中戦や対人の強さ、守備的MFもこなせる万能型のセンターバック。昨年9月にはドイツ代表デビューも果たしている有望株は、2019-20シーズンのブンデスリーガで32試合1ゴールの数字を残していた。 これまでベンフィカやナポリ、ラツィオといった国外のクラブが関心を示してきたが、その新天地はプレミアリーグ昇格組のリーズに決定した。 なお、コッホは9月に行われるUEFAネーションズリーグに向けたドイツ代表に招集。スペイン代表、スイス代表と対戦する。 2020.08.30 09:20 Sun
twitterfacebook