「バルサ会長はオファーはないと言っていた」リヨン会長がデパイのバルセロナ移籍合意報道を一蹴

2020.09.16 12:40 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リヨンのジャン=ミシェル・オラス会長がオランダ代表FWメンフィス・デパイ(26)に関するバルセロナ移籍を否定した。オランダ代表で指導を受けたバルセロナのロナルド・クーマン新監督から熱い視線が注がれるデパイ。先日にはオランダ『テレグラーフ』が、移籍金2500万ユーロ(約31億4000万円)+ボーナス500万ユーロ(約6億2000万円)の総額3000万ユーロ(約37億6000万円)でバルセロナとリヨンがクラブ間合意に至ったと報じた。

しかし、オラス会長は自身のツイッター(@JM_Aulas)でデパイの移籍合意報道を引用して「バルセロナの会長が日曜日にバルセロナは新型コロナウイルスの危機にとても苦しんでいるから、オファーする可能性はないと言っていた」とバルセロナ移籍の可能性を一蹴している。

これで事実上バルセロナ移籍が白紙に戻ったデパイ。複数クラブからの関心も報じられているが、今後どのような結末を迎えるのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

リヨン、ミランからルーカス・パケタを完全移籍で獲得! 移籍金2000万ユーロ&5年契約

リヨンは9月30日、ミランからブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月30日までの5年となる。 ジャン=ミシェル・オラス会長の入団会見での説明によると、移籍金は2000万ユーロ(約24億7000万円)。ただ、イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』やフランス『RMC Sport』の報道をまとめると、リセール時の移籍金の数%がミランに支払われる契約となっているようだ。 過去にカカの後継者とも評された左利きのプレーメーカーは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入。ブラジル人独特のしなやかさとテクニック、好戦的な守備を武器にすぐさまレギュラーの座を掴み、一昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録していたが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏の退団を希望しているとの噂も伝えられていた。 なお、今回のオペレーションは元ブラジル代表MFでスポーツ・ディレクターを務めるジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏の主導。同氏はここまでMFジャン・ルーカスやMFブルーノ・ギマランイス、MFチアゴ・メンデスなど、母国の選手を積極的にリクルートしている。 2020.10.01 02:15 Thu
twitterfacebook
thumb

リヨンで再び覚醒中のデパイが決めたおしゃれすぎるバックヒールゴラッソ【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デパイが親善試合で決めた美しいゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJoenJkWGNEeiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダの名門PSVで若くして頭角を現したデパイは、2015年にマンチェスター・ユナイテッドへ移籍。プレミアリーグの場では大きな活躍は叶わなかったものの、2017年1月に加入したリヨンではエースとして活躍を見せている。 リヨンでの活躍ぶりに同胞のロナルド・クーマン新監督率いるバルセロナが関心を寄せているとの噂もあるデパイだが、2020年7月18日に行われた、セルティックとの親善試合では、好調さを感じさせる華麗なゴールを決めている。 1-0とリヨンリードの40分、大きなサイドチェンジからリヨンがチャンスを作る。右サイドのスペースでボールを受けたDFレオ・デュボワは、中央のデパイに一旦ボールを預けてボックス内でリターンパスを受ける。 ボックス右深部まで侵入すると、ゴール前のデパイに再びパス。デパイは相手からのプレッシャーを受けながらもこれをバックヒールで華麗に流し込み、美しい追加点を奪った。 リヨンはこの後セルティックに1点を返されるも、2-1で勝利している。 2020.09.30 19:00 Wed
twitterfacebook
thumb

昇格組エルチェがリヨンのマリ代表DFコネをレンタルで獲得

エルチェは29日、リヨンのマリ代表DFユスフ・コネ(25)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 コネは、リールの下部組織出身で、2015年1月にファーストチームへ昇格。2017年7月にはスタッド・レンヌへレンタル移籍していた。 2019-20シーズンは、リーグ・アンで11試合に出場。チャンピオンズリーグでも5試合に出場していた。 コネはマリ代表としても16試合で1ゴールを記録。エルチェにとっては8人目の補強となった。 2020.09.30 11:15 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨン、ブラジル代表MFパケタ獲得でミランとクラブ間合意! 移籍金は約26億円

リヨンがブラジル代表MFルーカス・パケタ(23)の獲得に向けてミランと合意に至ったようだ。イタリア『スカイ』が報じている。 カカの後継者とも評されるパケタは、2019年1月にフラメンゴから3840万ユーロ(約47億6000万円)でミランへ加入すると、ブラジル人独特のしなやかさとテクニックを武器にすぐにレギュラーの座を掴み、昨季はセリエAで13試合に出場し1ゴール3アシストをマーク。 昨季もセリエAで24試合に出場し1アシストを記録しているが、そのほとんどが途中出場だった。また、パケタはミランでの生活に多くの不安やストレスを感じており、今夏での退団を希望しているとの噂も報じられていた。 『スカイ』が伝えるところによると、ここ数週間でパケタ獲得に向けてミランと交渉していたリヨンは、移籍金2100万ユーロ(約26億3500万円)の金額で合意に至ったと模様。 また、ミランは今回の契約に同選手が将来的に移籍した際、移籍金の数%を受け取れる条項も盛り込んだという。 なお、すでにミラネッロ(ミランのトレーニングセンター)で使用していたロッカーを片付けたパケタは、チームメイトにも別れを告げ、父親と共にフランスへ出発したという。 同紙によれば、パケタは今後数時間のうちにPCR検査を受けた後、メディカルチェックを受診。問題がなければリヨンと正式契約を結ぶとのことだ。 2020.09.30 01:01 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨンが見せた超速攻!デパイが高速ロングカウンターを華麗にフィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デパイが決めた高速ロングカウンター!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MWFubVhteCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダの名門PSVで育ったデパイは、同クラブでブレイクし、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。大きな活躍は叶わなかったものの、2017年1月に加入したリヨンでは、再びブレイクを果たしている。 リヨンではエースとして活躍し、主将も務めるデパイだが、2019年5月18日に行われたリーグ・アン第37節のカーン戦では、見事なカウンターから生まれたチームゴールを決めている。 3-0とリヨンのリードで迎えた74分、リヨンがカウンターからチャンスを作る。 MFフセム・アワールが自陣でボールを持つと素早く前線のFWマクスウェル・コルネにロングボールを送る。これをコルネがボックス手前まで運び、中央に柔らかいクロス。中央に走り込んだデパイが右足でボレーシュートを沈め、見事な連携から追加点を奪った。 これでダメ押しの4点目を決めたリヨンが、4-0で勝利している。 2020.09.28 21:00 Mon
twitterfacebook