破壊力抜群のカウンター!ボール奪取からフィニッシュまでベンゼマが絡んだ速攻ゴール【チーム・ゴールズ】

2020.09.16 21:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーの元フランス代表FWカリム・ベンゼマが決めたゴールだ。

◆ベンゼマがボール奪取とフィニッシュに絡んだ破壊力抜群のカウンター

2009年にレアル・マドリーに加入したベンゼマは、スーパースターが集まるチームの中でもストライカーとして存在感を示す活躍を見せている。

ゴールだけでなく、引き立て役に徹して味方をアシストするなど、様々な形でチームに貢献しているベンゼマだが、2014年4月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝、バイエルンとの1stレグでは、カウンターの起点とフィニッシュ両方を担う素晴らしいゴールを決めている。

0-0の同点で迎えた19分、バイエルンのコーナーキックのクリアボールを自陣で奪取したベンゼマはこれをMFシャビ・アロンソに預け、自身は前線に走りカウンターの起点に。

ボールはMFイスコとFWクリスティアーノ・ロナウドを経由し、左サイドのスペースに走り込んでいたDFファビオ・コエントランへ入る。ボックス内左からコエントランがグラウンダーのクロスを上げると、自陣からゴール前に上がっていたベンゼマが合わせ、美しいカウンターからゴールをもぎ取った。

破壊力抜群のカウンターで先制したマドリーがこのまま1-0で逃げ切り、1stレグで先勝している。
コメント
関連ニュース
thumb

スーパースター同士の阿吽の呼吸!ベイルとマルセロのコンビで奪った美しいゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はレアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ベイルとマルセロが決めた美しいコンビネーションゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2aGFCQTIzeSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 若くしてマドリーに引き抜かれたマルセロは、その才能を開花させると、世界最高峰のSBに成長し、昨シーズンにはクラブ通算500試合出場に到達した。 DFらしからぬ攻撃センスを武器に、ここまでの公式戦509試合で38ゴール97アシストを記録しているマルセロだが、2018年10月23日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ、ヴィクトリア・プルゼニ戦では流れるような連携からゴールを奪っている。 1-0とマドリーがリードして迎えた55分、敵陣中央でボールを持ったMFフェデリコ・バルベルデがドリブルでボックス手前まで侵入。ボックス内にポジションを取っていたFWガレス・ベイルにパスを出すと、これをベイルがノールックでターンしながらボックス左のマルセロへとパス。GKと1vs1となったマルセロが美しいループシュートを沈め、追加点を奪った。 このゴールで2点差としたマドリー。プルゼニに反撃を許すも2-1で勝ち切り、勝ち点3を手にしている。 2020.09.30 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

密集地帯をアヤックスオフェンスが切り裂く!細かいパス回しからJ・クライファートが決めた連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はローマに所属するオランダ代表FWユスティン・クライファートがアヤックス時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆アヤックスの美しいパス回しからクライファートがフィニッシュ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJubXR5blI4ayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バルセロナなどで活躍したパトリック・クライファート氏を父に持つクライファートは名門アヤックスの下部組織で育つと、若くしてプロデビューを果たす。2018年にローマに引き抜かれるまで、公式戦56試合に出場し、13ゴール10アシストを記録した。 才能あふれる若手を多く抱えるアヤックスの中でもトップクラスの輝きを放ったクライファートだが、2018年3月18日に行われたエールディビジ第28節のスパルタ・ロッテルダム戦では、チームメイトとの連携から素晴らしいゴールを決めている。 先制を許しながらもアヤックスが逆転に成功し、2-1として迎えた59分、敵陣中央でボールを持ったFWクラース・ヤン・フンテラールがドリブルでボックス手前まで侵入すると、左サイドのスペースへ走り込んだ味方へパスを出す。 左サイドからの折り返しのパスを、ボックス内のMFドニー・ファン・デ・ベークが見事なターンで前を向きながら受けると、相手DFをかわしながら、ゴール前にパス。クライファートがこれを落ち着いてゴールに流し込み、見事な連携から追加点を奪った。 その後も得点を重ねたアヤックスは、大量5ゴールを奪い、5-2で勝利している。 2020.09.30 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

リヨンが見せた超速攻!デパイが高速ロングカウンターを華麗にフィニッシュ【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はリヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デパイが決めた高速ロングカウンター!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2MWFubVhteCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> オランダの名門PSVで育ったデパイは、同クラブでブレイクし、2015年夏にマンチェスター・ユナイテッドに移籍。大きな活躍は叶わなかったものの、2017年1月に加入したリヨンでは、再びブレイクを果たしている。 リヨンではエースとして活躍し、主将も務めるデパイだが、2019年5月18日に行われたリーグ・アン第37節のカーン戦では、見事なカウンターから生まれたチームゴールを決めている。 3-0とリヨンのリードで迎えた74分、リヨンがカウンターからチャンスを作る。 MFフセム・アワールが自陣でボールを持つと素早く前線のFWマクスウェル・コルネにロングボールを送る。これをコルネがボックス手前まで運び、中央に柔らかいクロス。中央に走り込んだデパイが右足でボレーシュートを沈め、見事な連携から追加点を奪った。 これでダメ押しの4点目を決めたリヨンが、4-0で勝利している。 2020.09.28 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

ファイナルサードでの華麗なパス回し!チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めた連携ゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・ユナイテッドに所属する元スペイン代表MFフアン・マタがチェルシー時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆チェルシー時代のマタがユナイテッド戦で決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJwTXpoa0VXbCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> バレンシアでブレイクを果たしたマタは、2011年にチェルシーに加入。中盤の司令塔として初シーズンから目覚ましい活躍を見せ、クラブをチャンピオンズリーグ(CL)優勝に導くなど、活躍を見せた。 創造性あふれるプレーでチェルシーの攻撃陣を牽引したマタだが、2013年5月5日に行われた、プレミアリーグ第36節のマンチェスター・ユナイテッド戦では、見事なパスワークからゴールを決めている。 試合がなかなか動かず、0-0のまま迎えた87分、センターサークル付近で相手からボールを奪ったマタは、MFラミレスにダイレクトでボールを送り、ショートカウンターを始めてそのまま前線に駆け上がる。 ボックス手前までラミレスがドリブルで進むと、相手を引きつけた上で後方のMFオスカルに落とす。これをオスカルがボックス左でフリーになっていたマタにパスを出すと、受けたマタが狙いすましたシュートをゴール左ポストギリギリのコースに決め、待望の先制ゴールを決めた。 終盤でのマタの得点でリードを奪ったチェルシーが、そのまま1-0で勝利している。 2020.09.27 21:00 Sun
twitterfacebook
thumb

狭いスペースでの細かなパスワーク!ギュンドアンが決めた連携からの美しいミドルシュート【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はマンチェスター・シティのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆美しいパスワークから生まれたギュンドアンのミドル<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJrTGViT3BzdiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年に加入したドルトムントでブレイクを果たしたギュンドアンは、2016年にマンチェスター・シティに加入。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下、美しいパスサッカーをピッチ上で展開している。 2018年9月22日に行われた、プレミアリーグ第6節カーディフ・シティ戦では、チームメイトとの連携から見事なゴールを決めている。 2-0とマンチェスター・シティリードの44分、左サイドからFWレロイ・サネがドリブルで仕掛けて中央へ侵入。相手を引きつけた上でボックス手前でフリーになっていたギュンドアンへ落とす。 これを受けたギュンドアンは、ボックスの際にいたFWラヒーム・スターリングに素早くパスし、相手からのプレスをすり抜けてフリーになる。 スターリングの柔らかい落としをボックス手前の位置でフリーで受けたギュンドアンは、狙いすましたミドルシュートをゴール右上に決め、見事なゴールが生まれた。試合は、このゴールを含む大量5点を奪ったマンチェスター・シティが5-0で大勝している。 2020.09.26 21:00 Sat
twitterfacebook