マンジュキッチはセリエAに戻らず、フェネルバフチェと合意報道

2020.09.16 09:35 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現在は無所属となっている元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチ(34)だが、新天地はトルコになりそうだ。トルコ『ファナティック』が報じた。ディナモ・ザグレブやヴォルフスブルク、バイエルン、アトレティコ・マドリーでプレーしたマンジュキッチは、2015年7月にユベントスへ加入。センターフォワードだけでなくウイングのポジションでも起点となる活躍を見せ、公式戦162試合に出場し44ゴール17アシストを記録していた。

しかし、2019-20シーズンはマウリツィオ・サッリ監督の下で構想外となり、メンバー外になる状況に。その結果、2020年1月にカタールのアル・ドゥハイルへ完全移籍していた。

スターズ・リーグでは5試合に出場したものの、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けてリーグ戦が中断。7月に契約を解除し、フリーとなっていた。

そのマンジュキッチはフィオレンティーナやミランなどセリエAクラブへの加入が既定路線と思われていた中、『ファナティック』によるとフェネルバフチェと合意に達したとのことだ。

フェネルバフチェはコソボ代表FWベダド・ムリキ(26)がラツィオへと移籍。昨季のリーグ戦で15ゴールを挙げたストライカーを手放したことで、新たな点取り屋の獲得に動いていた。
コメント
関連ニュース
thumb

トルコ移籍秒読みのエジル、恩師ヴェンゲルが発言 「今冬最大の移籍」

元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)のフェネルバフチェ移籍に対して、恩師がコメントしている。 アーセナル在籍7年半のエジルだが、2019年12月から指揮を執るミケル・アルテタ監督の下で徐々に出番を減らすと、今季のプレミアリーグとヨーロッパリーグ(EL)の登録から外れ、完全なる構想外に。先日、フェネルバフチェ加入に向けて現地入りが確認され、ついに移籍が実現しそうな様相だ。 アーセナル監督時代にそんなエジルを2013年夏にレアル・マドリーから迎え入れたアーセン・ヴェンゲル氏は教え子のトルコ行きに何を思うのか。『BeIN SPORTS』トルコ版のインタビューでその件を訊かれると、率直な思いとともに期待を口にした。 「まず移籍があまり起こり難い時期にあのような移籍が発表されるというのは喜ばしいものだ。少しばかり静かなフットボール界において、彼は今冬最大の移籍になるだろうね」 「しかし、リーグで強豪の地位を築くフェネルバフチェにしたら、ファンタスティックなニュース。彼なら、チームがトルコリーグを制する上でパズルのピースになるはずだよ」 また、ヴェンゲル氏はアーセナル監督時代にエジルから自身のルーツであるトルコ行き、そしてファンだと公言するフェネルバフチェ加入を希望してきた過去があるかと問われると、否定した。 「メスト・エジルをアーセナルにキープしたい思いしかなかった。だから、フェネルバフチェの会話は一切なかったよ」 「しかし、彼の家族や代理人、そして彼と契約を交わす際に父親と会ったとき、トルコとの強い結びつきを常に感じた」 「トルコに強い愛着があり、トルコリーグに大きな関心を抱いているのは察してもいた」 2021.01.19 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

エジルのフェネルバフチェ移籍秒読みに! イスタンブールに到着

アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)の移籍がいよいよ現実味を帯びている。 エジルは17日、自身のツイッター(@Fenerbahce)に家族とともに飛行機に搭乗した姿の写真をアップ。フェネルバフチェも公式ツイッター(@MesutOzil1088)を通じてその旨を明らかにすると、数時間後にイスタンブール到着も報告した。 また、エジル自身はトルコ『NTV』のインタビューでフェネルバフチェ入りに喜びの心境を明かしている。 「すごく幸せだよ。僕はフェネルバフチェのファン。神がフェネルバフチェでプレーするのを望んだのさ。誇りに思う。このクラブでプレーする機会を授けてくださった神に感謝する。誇りを持って、シャツを着るよ」 エジルは今季、ミケル・アルテタ監督の下で構想外に。今冬、7年半を過ごすアーセナルからの退団が取り沙汰され、先日に早期移籍を目指して、2021年6月30日まで残る契約の解除でアーセナルと基本合意に達したと報じられた。 なお、トルコ『Fanatik』によると、フェネルバフチェとは3年半契約を結ぶ模様。長らく注目されてきたエジルの動向だが、ついに決着のときを迎えそうだ。 2021.01.18 09:55 Mon
twitterfacebook
thumb

エジル、ついに移籍か…アーセナルと早期契約解除で基本合意

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)に移籍の準備が整ったようだ。 今季、ミケル・アルテタ監督の構想から完全に外れ、ピッチから遠ざかる日々が続くエジル。移籍市場がオープンした今冬、アメリカやトルコが新天地候補に挙がり、7年半を過ごすアーセナルからの退団が取り沙汰されている。 そのなかで、早期移籍を望むエジルがアーセナルと2021年6月30日まで残る契約の解除を求めて、交渉を開始したとも報じられ、行く末が注目の的に。イギリス『The Athletic』によれば、その話し合いの決着がついたという。 『The Athletic』のデイビッド・オーンステイン氏によると、エジルとアーセナルは早期の契約解除で基本合意。エジルは現行契約を全うすれば手にできた残り給与700万ポンド(約9億8000万円)を放棄しての移籍になる模様だ。 そして、移籍先に目されるのはこれまでも幾度となく噂に挙がった自身のルーツでもあるトルコの名門フェネルバフチェ。すでに個人合意に達しており、今週末にも移籍を完了すべく、渡航する見込みだという。 エジルは2013年夏にレアル・マドリーからアーセナルに加わり、絶対的司令塔として公式戦通算254試合44得点77アシストを記録。チームを4度のFAカップ優勝に導いた。 2021.01.16 21:20 Sat
twitterfacebook
thumb

年俸16億円カット? 氷漬けのエジルがフェネルバフチェと会談

アーセナルでプレー機会を奪われてしまった元ドイツ代表MFメスト・エジル(32)だが、1月にチームを離れる可能性があるようだ。ドイツ『ビルト』が報じた。 長らくアーセナルの攻撃の核としてプレーし、かつてはリーグ最多アシストを誇るなどしたエジル。しかし、アーセン・ヴェンゲル監督が退任して以降、ウナイ・エメリ監督の下では出場機会が減少していた。 <div id="cws_ad"><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJpc3RETkJuOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ミケル・アルテタ監督が就任してからは一時的にピッチに立ち、チームを活性化させたエジルだったが、中断明けからはプレー機会がなし。そして、今シーズンはプレミアリーグとヨーロッパリーグの登録メンバーから除外され、公式戦でプレーする機会を完全に失う飼い殺し状態となってしまった。 チーム最高の年俸をもらっていることもあり、簡単に買い手もつかなかったエジル。氷漬けの状態が続いている一方で、アーセナルは思いもよらぬ大スランプに陥っており、残留争いをする立場に。プレミアリーグでは7試合勝利から見放されている。 一時はアルテタ監督がエジルを1月に登録するという話も上がったなか、移籍の話が浮上。行き先はフェネルバフチェになる可能性が高いようだ。 トルコメディアによると、ロンドンでエジルはフェネルバフチェの重役と会談を行ったとのこと。しかし、1月に獲得するのは難しい状況で、夏にフリーエージェントで獲得したいようだ。 エジルは年俸2100万ユーロ(約26億4500万円)をアーセナルでもらっており、チームトップ。エジルはフェネルバフチェに対して年俸800万ユーロ(約10億円)を求めたというが、これは受け入れられなかったようで、「6月にまた会おう」と別れたとされている。 何れにしてもアーセナルでのキャリアが終わりに近づいているエジル。コロナ禍で財政的に余裕がないアーセナルだが、エジルを選手登録することで低迷から脱出する可能性もゼロではないだろう。 2020.12.25 20:35 Fri
twitterfacebook
thumb

元トルコ代表MFエムレ氏がフェネルバフチェのスポーツ・ディレクターに就任

フェネルバフチェは29日、元トルコ代表MFのエムレ・ベロゾグル氏(40)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 トルコ代表として101試合に出場し、2002年の日韓ワールドカップでは3位躍進に貢献したエムレ氏は、レフティーのプレーメーカーとして鳴らし、ガラタサライやインテル、ニューカッスルにフェネルバフチェ、イスタンブール・バシャクシェヒルなどで活躍。昨年8月にフェネルバフチェで現役を引退していた。 現役時代に3度在籍した古巣フェネルバフチェのSDに就任したエムレ氏は「幸せで誇りに思う」とコメントしている。 2020.10.30 01:00 Fri
twitterfacebook



NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly