アストン・ビラ主将グリーリッシュが新契約にサイン! 2025年まで忠誠誓う

2020.09.15 21:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラは15日、イングランド代表MFジャック・グリーリッシュ(25)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は2025年までとなる。ノッツ・カウンティにレンタル移籍の2013-14シーズンを除けば、下部組織からの全キャリアをアストン・ビラに捧げるグリーリッシュ。ショートストッキングと端正なルックスでも人気を博すアストン・ビラの生え抜きスターは着実に成長を続け、今やキャプテンとしてもチームを引っ張る。

昨季は公式戦41試合10得点8アシストを挙げ、プレミアリーグ昇格初年度だったチームの残留に貢献。そうした活躍を受けて、今月の代表ウィークで追加招集ながら初のフル代表から声がかかり、8日に行われたUEFAネーションズリーグのデンマーク代表戦で待望のデビューを果たした。

今夏においてもマンチェスター・ユナイテッドの関心が根強く取り沙汰され、動向に大きな注目が集まったグリーリッシュだが、愛するアストン・ビラに対する忠誠の表れとして、このたび新たに5年契約を締結。契約延長を受け、クラブ公式サイトを通じて次のように喜びの心境を語っている。

「ビラにこのような形でコミットメントを示せて嬉しい。ここは僕のクラブであり、僕の家。ここですごく幸せなんだ。オーナーたちはどれほど野心的であるのか、アストン・ビラをどのようにしていきたいのかを僕にはっきりと伝えてくれた。この先にはエキサイティングな時間が待っている。その一部になれるのをすごく嬉しく思っているよ」
コメント
関連ニュース
thumb

バンフォードがハットのリーズ、アストン・ビラの開幕からの連勝を4でストップ!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第6節、アストン・ビラvsリーズが23日に行われ、0-3でリーズが勝利した。 開幕4連勝と最高のスタートを切ったアストン・ビラと、2勝1分け2敗スタートとなったリーズの一戦。 グリーリッシュやバークリー、ドウグラス・ルイスらが先発となったアストン・ビラと、ロドリゴやエウデル・コスタ、バンフォードらがスタメンとなったリーズの試合は、リーズが積極的な入りを見せる。 4分にバンフォードの際どいダイビングヘッドでゴールに迫ったリーズは、12分には左サイドのアリオスキのチャンスメークからロドリゴが決定的なシュートを浴びせた。 劣勢のアストン・ビラは17分、バークリーのミドルシュートでゴールに迫ると、26分に決定機。味方のシュートのルーズボールをボックス左のグリーリッシュがシュート。だが、ゴールカバーに入ったエイリングの好クリアに阻まれた。 前半半ば以降は膠着した展開となった中、44分にリーズにチャンス。だが、バンフォードが左クロスに合わせたシュートは枠を捉えきれなかった。 迎えた後半、52分にグリーリッシュが個人技でGK強襲のシュートを浴びせたアストン・ビラは54分にも決定機。右CKからコンサのボレーシュートが枠を捉えたが、GKメリエの好守に阻まれた。 すると55分、リーズが先制する。カウンターに転じた流れから、ボックス左に侵入したロドリゴのシュートのルーズボールをバンフォードが詰めた。 さらに67分、リーズがファインゴールで加点する。クリッヒのパスをバイタルエリアで受けたバンフォードが前を向き、ペナルティアーク右から左足を一閃。強烈なシュートがゴール右上に突き刺さった。 そして74分、バンフォードがハットトリックを達成する。ボックス右でエウデル・コスタのパスを受けたバンフォードがDF4人に対応されながらも巧みなステップからのコントロールシュートでゴール左に蹴り込んだ。 勝負を決定付けたリーズは終盤にかけて、ロドリゴやエウデル・コスタをお役御免とした中、アストン・ビラの反撃を許さずに3-0で勝利。3勝目を挙げ、アストン・ビラの開幕からの連勝を止めている。 2020.10.24 05:56 Sat
twitterfacebook
thumb

90年ぶり開幕4連勝のアストン・ビラ指揮官「私は言った、歴史を作りにいくと」

開幕4連勝を達成したアストン・ビラのディーン・スミス監督が喜びを露わにしている。クラブ公式サイトがコメントを伝えた。 アストン・ビラは18日、プレミアリーグ第5節でレスター・シティと対戦した。昨季の1部昇格から2年目を迎えた同クラブは、開幕節のマンチェスター・シティ戦は、相手の過密日程を考慮して延期されているものの、今季初戦となったシェフィールド・ユナイテッド戦以降、開幕3連勝中だ。 前節はリバプールを7-2で下し、歴史的金星を獲得。その勢いのまま乗り込んだキングパワー・スタジアムでは、互いに決定機を作りながらも試合は終盤までゴールレスで推移していく。だが、後半アディショナルタイムに、今夏チェルシーからレンタル加入したMFロス・バークリーが値千金のミドルシュートを突き刺し劇的勝利。 アストン・ビラにとって開幕4連勝は1930-31シーズン以来、実に90年ぶり。この快挙にスミス監督も選手たちを手放しで称賛した。 「私はシーズンのはじめ、選手たちに『我々は歴史を作りにいく』と鼓舞していた」 「私の(プレミアリーグで)最初のシーズンでは、10勝を挙げてどうにか留まることが出来た。地に足着けて謙虚さを保つことが大切だった」 「私の称賛するブレンダン・ロジャーズ監督とそのチームを倒して得たこの成果は本当に大きなものだ。昨季の彼らはトップ4に値するチームだった」 「前回ここで対戦した時はロックダウンの前で、我々は4-0で敗れ去っていた」 「それ考えると今回の勝利は素晴らしいものだ。それは私だけでなく、全スタッフと選手たちにとってもだ」 2020.10.19 14:40 Mon
twitterfacebook
thumb

バークリーの追加タイム弾でレスターを下したアストン・ビラが開幕4連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第5節、レスター・シティvsアストン・ビラが18日に行われ、0-1でアストン・ビラが勝利した。 前節ウェストハム戦を0-3と完敗して初黒星を喫し、開幕からの連勝が3で止まったレスターと、開幕3連勝スタートのアストン・ビラの一戦。 ヴァーディを負傷で欠くレスターはイヘアナチョが最前線で起用された中、ポゼッションを高めていくと、22分に最初のチャンス。イヘアナチョのパスを受けたボックス右のカスターニュがGK強襲のシュートを浴びせた。 対するアストン・ビラは26分に決定機。グリーリッシュがボックス左から折り返し、トレゼゲがダイレクトで合わせたシュートがわずかに枠の左へ外れた。ハーフタイムにかけては膠着状態となった中、前半をゴールレスで終えた。 迎えた後半、押し込む展開としたアストン・ビラは54分、CKからコンサが際どいヘディングシュートを浴びせた。 劣勢のレスターはマディソンやスリマニとアタッカーを投入していくも、決定的なチャンスを作るには至らない。 すると追加タイム1分に決勝点を奪ったのはアストン・ビラ。バークリーがゴール正面からゴール左へミドルシュートを突き刺した。勝負強さを見せつけたアストン・ビラが開幕4連勝を達成している。 2020.10.19 05:13 Mon
twitterfacebook
thumb

元ウェールズ代表DFコリンズが現役引退 「20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に」

元ウェールズ代表DFジェームズ・コリンズ(37)が現役引退を表明した。 ウェールズ代表として51キャップを誇り、2016年のユーロ準決勝進出に貢献したコリンズはこれまでカーディフやウェストハム、アストン・ビラ、イプスウィッチでプレー。2018年夏にウェストハムを退団してから無所属が続いた2019年1月にイプスウィッチ入りを果たしたが、同シーズン終了後に退団して、再びフリーの状況だった。 そうしたなか、コリンズは17日、『Soccer AM』に出演。プレミアリーグ通算279試合の出場数を誇る元ウェールズ代表センターバックは「移籍先を探しているのか?」を問われると、「いや、もう終わった。すべてがね。引退したんだ」と返してみて、現役生活に幕を下ろしたことを明かした。 また、自身のインスタグラム(gingercollins19)でも「今季もプレーしていないので、ほとんどの人にとって、驚きじゃないだろうが、今日、フットボールから退く決意をした。色々考えて、20年間のキャリアに一線を引き、人生における次の章に進むのが最善だと思った。すべてのクラブ、全ての選手、そしてファンに感謝したい」と現役引退を報告した。 2020.10.18 09:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラ移籍のGKマルティネス、移籍の経緯、古巣アーセナルへの想い語る

今夏の移籍市場で、アーセナルからアストン・ビラに移籍したアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスが、古巣への想いをイギリス『インデペンデント』で語った。 マルティネスは2009年に母国のCAインデペンディエンテからアーセナルのユースチームに移籍。同クラブでの在籍期間は11年にもなるが、そのほとんどをレンタル先のクラブで過ごした。転機が訪れたのは、昨シーズン終盤。正GKを務めていたドイツ代表GKベルント・レノが負傷によって長期離脱したことで、マルティネスにチャンスが回ってきた。 すると、マルティネスは安定したセービングと精度の高いキックを披露するなど、好パフォーマンスを継続し、FAカップ優勝にも貢献。この活躍により、ファンの心をがっちりとつかんだ。一見すると、突然訪れたチャンスを見事に活かし切ったシンデレラストーリーのようにも感じるが、マルティネスにとっては周到な準備の末に掴んだ必然の出来事だったという。 「やっとNo.1になることができた。だけど、準備はできていたんだ。そこにたどり着くまでに10年かかったけどね。ゴールキーパーとして毎日トレーニングしていても、誰も人生の物語のための準備はできないんだ」 「4カ月間も全くプレーできなければ、このまま続けられるのか、精神的に参ってしまうのか、自問自答することもある。何年もかけてもっとたくさんのことをすることができたと思うけど、ようやく世界が僕を見つけてくれたよ」 また、アストン・ビラからの関心は休暇明けの時点で、すでに理解していたものの、移籍を真剣に検討し始めたのは、スタメン出場で再びタイトルを勝ち取ったコミュニティ・シールドの後だったという。 「あの試合で良いプレーをすれば、No.1になれると思っていたけど、その後もリーグ戦で誰がスタートになるのかはっきりとしていなかった」 「次のフルアム戦(開幕戦)では95%スタメンだと言われていたんだ。だけど、そのときに『なんで100%じゃないんだ』って思ってしまったんだ。そこで違和感を覚えて、皆が僕に残ってほしいと言ってくれたけど移籍を決断したよ」 「そのときは動揺したり感情的になったりもしなかったし、自分がここまでやってきたことを誇りに思っていたんだ。アーセナルにやってきたとき、僕の前には他に9人のキーパーがいたんだ。だから、毎年自分の価値を証明し続ける必要があった。でも最後は、No.1として去ることができた。僕のアーセナルでの物語はそこで終わりを迎えたんだ」 「ミケル(・アルテタ)にはメールで伝えた。感謝と共に、『僕がトロフィーを獲得できたのは、あなたがトレーニングを仕切り、チームを変えてくれたからだ』と言ったよ」 「彼のプロセスをとても信頼しているし、彼の現役時代から普通の人と異なるものを持っていると思っていたんだ。もちろん、リオネル・メッシのように、彼をトッププレーヤーとして見ているわけではないけど、トップコーチとして見ている。彼にはこれから証明しなければならないことがたくさんあるし、彼の成功を祈っているよ。アーセナルのみんなを愛しているし、感謝しているよ」 その後、マルティネスはアストン・ビラへ移籍。イギリス『BBC』などによれば、移籍金は2000万ポンド(約27億円)となり、アルゼンチン選手史上最も高価なGKになったことを意味する。 移籍後は守護神としてゴールマウスを守り、王者リバプールを7-2で破った直近の試合でも活躍。今回の移籍は早くも大成功の兆しを見せているが、幾つかの選択肢があった中、自身の「直感」に従ってアストン・ビラ行きを選んだという。 「自分のキャリアにおいて初めて直感に従ったんだ。サインをする前に深呼吸をして、『何が起こっても振り返らない』と決めていたんだ。多くのクラブを断って、ここでの最初のゲーム(シェフィールド・ユナイテッド戦)ではPKをセーブしてマン・オブ・ザ・マッチのパフォーマンスを見せられた」 「ここが今の自分の居場所なんだ。つい先日妻には話をしたんだけど、僕は今、またサッカーに恋をしているようなんだ」 2020.10.08 16:35 Thu
twitterfacebook