電話番号が晒され殺害予告も、ネイマールへの人種差別疑惑のマルセイユDFが被害者に

2020.09.15 14:30 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールが人種差別発言を受けたと主張するマルセイユのスぺイン人DFアルバロ・ゴンサレスだが、殺害予告を受けているようだ。13日、リーグ・アン第3節、PSGvsマルセイユとの“ル・クラスィク”が行われ、マルセイユが0-1で勝利。PSGは開幕2連敗という屈辱を味わった。

しかし、その結果以上に注目を集めたのが試合終了間際に起こった騒ぎ。両チーム合わせて5名が退場処分となり、後味の悪い試合となった。

この場面でVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の介入により退場処分となったネイマールだが、自身が人種差別発言を受けたと主張。その相手がアルバロであり、後頭部を殴った理由を語っていた。

PSGはこのネイマールの主張を支持し、調査が進むためのサポートをすると声明を発表したが、マルセイユもこの件に対して声明を発表。アルバロが人種差別を行なっていないと主張した中で、予想以上の事態に発展していることを明かした。

「アルバロ・ゴンサレスは人種差別主義者ではありません。チームメイトがすでに証言しているように、クラブに加入して以降、彼は日々の行動でそのことを示しています。クラブはこの議論に関わるすべての出来事とその前の24時間に起きた調査に全面的に協力し、懲戒委員会の裁量に任せます」

「この論争は深刻であり、すでに深刻な結果をもたらせています。クラブは、アルバロ・ゴンサレスとその親族の私的な電話番号がブラジルのメディアやソーシャルネットワークに一夜で広まったことを非難し、殺害予告を含む不快な嫌がらせを引き起こしています」

「マルセイユはその歴史とマルセイユの街の歴史、スタンドの多様性、そしてそれがもたらす絶え間ない闘争を考えると、フランスのプロスポーツにおける反人種差別の象徴です。常にこの惨事を根絶することを目指しています。選手は、フィールド内外で日々の取り組みでそれを実証します」

人種差別があったかどうかは現在調査中だが、アルバロが“クロ”だと判定した心無い人物が電話番号を晒したことで、本人や親族が命の危険に晒されることに。調査結果がどうであれ、個人情報を晒した行動は許されるべきではないだろう。
コメント
関連ニュース
thumb

酒井宏樹へのネイマールの人種差別発言は議論されず? 懲戒委員会の責任者がコメント

フランス・プロリーグ機構(LFP)の懲戒委員会の責任者を務めるセバスティアン・デヌー氏が、ネイマールが関わる人種差別発言の調査についてコメントした。フランス『レキップ』が伝えた。 LFPは9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。 両チーム合わせて5名の退場者を出していた9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”。すでに多くの選手に処分が下っている中、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言について追加調査が行われていた。 LFPは「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、両者への追加処分なしと発表していた。 事の発端は、試合後にネイマールがアルバロ・ゴンサレスから「いいかげん口を閉じろ、汚い猿め!」と言われたと主張したところから始まった。 この件に対してアルバロ・ゴンサレスが人種差別発言はしていないと発表。一方で、ネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言を行なっていると報じられ、両者が人種差別を行なったことが大きく取り上げられていた。 今回の処分なしの決定について、デヌー氏がコメント。処分なしは言い分が異なっていたことが理由とし、証拠の信憑性が低かったとした。 「最初の調査では、レフェリー、クラブの代表からこれらの差別的な発言や侮辱に関連する要素は公式報告に含まれていなかった」 「2度目は、2人の選手の発言は、ほぼ全ての点で反対であるということだった。互いに交わされた発言の性質を明確かつ正確に立証することができる証拠は何もなかった」 「選手の発言と相関関係はなかった。さらに、専門家は、証拠そのものが30%しか信頼できないことを明確にした。これでは、どちらかの選手に利益を与えるには疑いの余地が残る」 また、酒井宏樹に対するネイマールの発言が問題視されなかったことについては、「委員会は、主にネイマールとアルバロ(・ゴンサレス)の間の発言にフォーカスしていた」と語り、酒井への発言に対しては十分な検証が行われていないことを明かした。 ネイマールの酒井への人種差別発言については、スペイン『カデナ・セル』のラジオ番組『El Larguero』がそのシーンの動画を公開。世界中で大きな話題を集め、重い処分が下されると予想されていた。 2020.10.01 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

証拠不十分でネイマールとアルバロ・ゴンサレスの人種差別疑いには処分なし、懲戒委員会は酒井宏樹の件には触れず

フランス・プロリーグ機構(LFP)は9月30日に懲戒委員会を実施。人種差別問題が浮上していたパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールとマルセイユのDFアルバロ・ゴンサレスに関して処分なしと発表した。 問題となっていたのは、9月13日に行われたPSGvsマルセイユの“ル・クラスィク”での出来事。この試合では試合序盤からイエローカードが連発すると、終了間際に乱闘事件に発展。両チーム合わせて5名が退場していた。 その中で特に問題視されたのが人種差別発言があったというもの。ネイマールが試合後にアルバロ・ゴンサレスから人種差別的な言葉をかけられたとアピールしたことから大きな問題に発展していた。 さらに、そのネイマールが日本代表DF酒井宏樹に対して「クソ中国人」と人種差別発言をしていたとメディアが主張。その瞬間の動画が公開されるなどし、重い処分が下るものと予想されていた。 しかし、LFPの懲戒委員会は、両選手に浮上した人種差別問題について、「事件調査し、選手、クラブの代表者の意見を聞いた結果、アルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言を立証するのに十分説得力のある証拠がない」とし、ネイマールが主張したアルバロ・ゴンサレスによる人種差別発言がないとした。 また、ネイマールからアルバロ・ゴンサレスに向かっての人種差別発言も十分な証拠がなかったと発表。ネイマールにも処分が下らなかった。この問題は酒井に対しての発言が問題視されているが、そのことには触れられていない。 この試合では、すでにPSGのDFレイヴァン・クルザワが6試合、FWネイマールとMFレアンドロ・パレデスに2試合の出場停止と追加で1試合、マルセイユのDFジョルダン・アマヴィに3試合、MFダリオ・ベネデットが1試合の出場停止が課され、追加で唾吐き行為が発覚したPSGのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4試合の出場停止処分となっていた。 2020.10.01 07:40 Thu
twitterfacebook
thumb

酒井&長友先発のマルセイユ、サンソン弾で劇的ドローも3試合未勝利…《リーグ・アン》

マルセイユは26日、リーグ・アン第5節でメスと対戦し、1-1の引き分けに終わった。マルセイユのDF酒井宏樹はフル出場、DF長友佑都は77分までプレーした。 2試合勝利のないマルセイユが、本拠地ベロドロームに下位に沈むメスを迎えた一戦。3試合ぶりの勝利を目指すマルセイユは、リール戦と同じスタメンを採用。酒井は右サイドバック、長友は左サイドバックで共に先発出場した。 立ち上がりから地力に勝るマルセイユが攻勢に出ると12分、パイエの左クロスをニアのベネデットがヘディングシュート。さらに15分には、ボックス左から侵入したパイエがベネデットとのワンツーで切り込みシュートを放ったが、共にシュートは枠を外した。 その後は両チームともになかなか決定機まで持ち込めない時間帯が続いたが、マルセイユは39分にブバカル・カマラのサイドチェンジをボックス右横のスペースで受けたトヴァンがクロスを供給。これをゴールエリア左のベネデットがジャンピングボレーで合わせたが、シュートは枠の左に逸れた。 ゴールレスで迎えた後半も膠着状態が続く中、マルセイユは71分に先制を許す。左サイドを持ち上がったウドルが早いタイミングでクロスを供給すると、チャレタ=ツァルと長友の間で上手くポジションをとっていたニアニェがヘディングシュートを叩き込んだ。 先制を許したマルセイユは、77分に長友とロニエを下げてカーウィとジェルマンを投入。さらに84分にはブバカル・カマラ、トヴァン、チャレタ=ツァルを下げて マキシム・ロペス、ラドンジッチ、グイエをピッチに送り出し交代カードを使い切る。 すると86分、右サイドを持ち上がった酒井のパスをジェルマンが落とすと、パイエがボックス中央へパス。これを受けたベネデットが反転から右足フィニッシュに持ち込んだが、シュートはゴール右に外れた。 このまま試合終了かと思われたが、マルセイユが粘りを見せる。後半アディショナルタイム5分、ベネデットのパスでボックス左深くまで侵入したラドンジッチがマイナスの折り返しを入れると、ボックス中央でフリーのサンソンがワントラップからゴール右にシュートを突き刺した。 直後にタイムアップとなり、マルセイユは劇的弾で敗戦を回避したが3試合白星なしとなった。 2020.09.27 06:04 Sun
twitterfacebook
thumb

人種差別の疑いで調査中のネイマール、マルキーニョスは擁護

人種差別発言の疑いで調査対象に挙げられているパリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールだが、同僚で同胞のDFマルキーニョスは擁護の姿勢を示している。 両チーム合わせて5人の退場者を出す大荒れの一戦となったPSGvsマルセイユ。それぞれに重い処分が科される中、ネイマールはマルセイユDFアルバロ・ゴンサレスに対する同性愛嫌悪やDF酒井宏樹への人種差別発言の疑いがかけられており、現在調査中となっている。 証拠が確認され次第、すでに2試合停止処分が科されているネイマールには追加処分が発表される見込みだが、マルキーニョスはネイマールの人柄を尊重し、侮辱的な発言をするような人間ではないと擁護した。 「僕はネイマールという男をよく知っている。彼は人種差別的な侮辱を口にしたことがない人間だ。僕はピッチにいたわけでも近くにいたわけでもない。写真を見たわけでもないからあまりはっきりとは言えないんだけどね」 「でもネイマールをよく知る人からすれば、彼はそんな言葉は使わない。僕はそう思う」 2020.09.26 15:50 Sat
twitterfacebook
thumb

本田圭佑の同僚18歳FWルイス・エンリケが長友&酒井所属のマルセイユへ完全移籍

マルセイユは25日、ブラジルのトレッス・パッソスからブラジル人FWルイス・エンリケ(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「11」に決定した。 ルイス・エンリケは2018年9月に、トレッス・パッソスからボタフォゴへとレンタル移籍。本田圭佑の同僚としてプレーし、今シーズンのカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは7試合に出場し1アシストを記録していた。 左ウイングを主戦場とするルイス・エンリケは、スピードがあり、両ウイングでもプレー可能。ドリブルの技術に長けており、ボールを扱うテクニックにも優れている選手だ。 マルセイユは、今夏パプ・グイエ、レオナルド・バレルディ、長友佑都を補強しており、ルイス・エンリケは4人目の補強となった。 2020.09.25 21:20 Fri
twitterfacebook