現役復帰のロッベン、初公式戦で負傷交代 フローニンヘン指揮官「このまま引退? わからない」

2020.09.14 09:40 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
元オランダ代表FWアリエン・ロッベンの現役復帰戦は前半途中の負傷交代という形で幕を下ろした。ロッベンを擁するフローニンヘンは13日に行われたエールディビジ開幕節でPSVと対戦。1年間のブランクを経て、今夏に古巣フローニンヘンで電撃的な現役復帰を果たしたロッベンはスタートから出場したが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。

約1年4カ月ぶりとなる公式戦出場の喜びも束の間、その復帰戦で無念の負傷交代を強いられ、チームも1-3の黒星発進という結果に終わったロッベン。ダニー・バイス監督は試合後、『FOX Sports』で36歳の元オランダ代表ウィンガーについて、こう話した。

「彼と話せていないから、ケガの程度を言うわけにいかない。彼はすぐに帰宅した。わかっているのはそ径部の問題で交代したことだけ。ハーフタイムにはもういなかったから、それ以上のことは何も。ああいう形でピッチを去ったわけだから、最後までここに残らなかったのは理解できる」

また、「非常に悔しい思いをしている」と本人の気持ちを察したダニー・バイス監督は「このまま現役終了か?」と問いただされると、「そうなるかもしれないが、わからない」と返答している。
コメント
関連ニュース
thumb

現役復帰戦でケガに泣いたロッベン、今週末の試合で戦列復帰か

フローニンヘンに所属する元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが戦列復帰しそうだ。 ロッベンは2018-19シーズンを最後にバイエルンで現役生活に幕を下ろしたが、今夏に古巣フローニンヘンで電撃復帰。今年9月13日に行われた古巣PSVとのエールディビジ開幕節で約1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たしたが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。 その後のゲームで欠場が続いたロッベンだが、オランダ『AD』によると、グループのトレーニングに完全合流。代表ウィーク明け初戦の18日にホームで行われるエールディビジ第5節のユトレヒト戦でピッチに戻ってくる見通しがあるという。 ダニー・バイス監督も「もちろん、フル出場は難しい」としつつ、「明日(17日)のトレーニングをこなして、グリーンライトが灯れば、試合の選択肢に入ってくる。十分にフィットもしているからね」と話している。 2020.10.17 10:05 Sat
twitterfacebook
thumb

コートジボワール戦出場に燃えるDF板倉滉、CBとボランチの起用は「常にどちらでもプレーできる準備をしないといけない」

日本代表は10日、オランダのユトレヒトで6日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前にDF板倉滉(フローニンヘン)がメディアの取材に臨んだ。 9日に行われたカメルーン代表戦では出場機会がなかった板倉。13日のコートジボワール戦に向けては「昨日は試合出場はなかったですが、こうやって久々に代表の活動に来て、気持ちはすごく高ぶっています。昨日の試合を見て、試合に出たい思いは強いので、次どうなるかはわからないですが、いつ来ても良いように準備したいと思います」とコメント。出場への欲が高まったと語った。 センターバックとボランチでプレーが可能な板倉。自身のポジションについては「自分の中でどこで勝負したいという気持ちはありつつも、監督にここでと言われた場所で自分の力を発揮することが一番だと思います」とコメント。「チームではセンターバックをやっていますが、前回の代表ではボランチで使ってもらって、常にどちらでもプレーできる準備をしないといけないと思っています」と語り、役割が変わってもしっかりとパフォーマンスを出すとコメントした。 同じ状況にあるDF中山雄太(ズヴォレ)はカメルーン戦ではボランチでフル出場。その中山の存在については「雄太も90分間通して試合に出て、ディフェンスの部分ではゼロでしっかり抑えました。そこにフォーカスしたわけではないですが、同年代の選手が90分出ると、より試合に出たい気持ちになりました。僕自身は次の試合に向けてしっかり準備するだけかなと思います」とし、刺激としながらもしっかりと試合に向けた準備をすると語った。 板倉は2019年のコパ・アメリカで日本代表初招集。10月のタジキスタン代表戦が最後の招集となっていた。この1年での成長について「個々の勝負、一対一の勝負というところはより一層海外に行ってこだわっている部分。そこはコパの時よりもより成長していると思う」と語り、自身でも成長を実感していると語った。また、「昨日の試合もそうですが、強くて早い選手がたくさんいた中で、組織で戦っていた。個々の部分で負けないようにしたい。そこに常にフォーカスしてやっていきたい」と意識して取り組んでいることを明かした。 センターバックで考えれば、DF吉田麻也(サンプドリア)、DF冨安健洋(ボローニャ)の牙城を崩す必要があるが、2人との比較について「危機察知能力、周りの常用を把握してプレーする部分は、足りないというよりは、2人の力強さ、個人でも最後守るところは、2人と比べてというよりは自分自身にもっと必要です」とコメント。「それを上げることによって、今以上の自分になれると思っています」とした。 また、「スタートから試合に出たいという気持ちは強いですし、そこでやってやるという気持ちは強いので、出たら自分のプレーをするだけです」と語り、ピッチではしっかりとプレーを出したいと語った。 2020.10.10 19:22 Sat
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表MFフルスティッチがフランクフルトに完全移籍で加入

フランクフルトは28日、フローニンヘンのオーストラリア代表MFアルディン・フルスティッチ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2023年6月までの3年間、背番号は「7」に決まった。 フルスティッチは、シャルケやフローニンヘンの下部組織出身で、2017年7月にフローニンヘンでファーストチームに昇格。右サイドを主戦場としている。 フローニンヘンでは公式戦75試合に出場し6ゴール5アシストを記録。2019-20シーズンのエールディビジでは25試合に出場し3ゴール3アシストを記録していた。 また、オーストラリア代表としても3試合に出場。2022年のカタール・ワールドカップ アジア予選では2試合に出場していた。 スポーツ・ディレクター(SD)を務めるフレディ・ボビッチ氏は「変化をつけられる中盤の選手のアルディン・フルスティッチを歓迎する。これによりサイドと中央の可能性が広がる。アルディンは、オランダリーグで3年間継続したパフォーマンスを見せ、説得力がある。24歳だから、成長の終わりはまだまだ先だ。国際舞台で戦える才能、柔軟性、テクニックを備えている。アイントラハト・フランクフルトととてもマッチし、次のステップを一緒に踏み出せることを願っている」と期待を寄せている。 2020.09.29 09:40 Tue
twitterfacebook
thumb

現役復帰戦で負傷のロッベン、軽傷に胸を撫で下ろす

フローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが軽傷に胸を撫で下ろしている。 2018-19シーズンを最後にバイエルンで現役に幕を下ろしたロッベンだが、今夏に古巣フローニンヘンで電撃リターン。今月13日に行われたエールディビジ開幕節の古巣PSV戦で1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たした。 しかし、長期ブランクの影響からか開始30分足らずでそ径部を負傷。ピッチに座り込み自ら交代を要求した。 引退の可能性も指摘されたが、15日に行われた検査の結果、軽傷であることが判明。『フローニンヘンTV』のインタビューで、ロッベンは胸を撫で下ろし、再スタートに向けて気持ちを入れ直した。 「ケガはそれほど悪いものではなかった。すごく安心したよ。もっと悪いものになるかと心配だったけど、幸運なことに筋肉は無事で、裂傷はなかったみたいだ。本当に良かったよ」 「試合は負けてしまったけど、絆創膏はもう固まった。すぐに涙を拭いて進み続けよう。僕はもう切り替えたよ。いつものように一生懸命頑張るだけだ。本当に良い一歩を踏み出せたと思う」 2020.09.17 13:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ロッベン「諦めは僕の辞書にない」 “最悪のシナリオ”に直面も現役続行に前向き

フローニンヘンの元オランダ代表FWアリエン・ロッベンが現役続行に意欲的な発言をした。 バイエルン時代の2018-19シーズン限りで現役を引退したロッベンだが、1年間のブランクを経て、今夏に古巣フローニンヘンで電撃的にカムバック。13日に行われた古巣PSVとのエールディビジ開幕節で約1年4カ月ぶりの公式戦出場を果たしたが、29分にそ径部の違和感でピッチに座り込み、自らの要求でピッチを後にした。 無念の負傷交代を受けて、試合後のダニー・バイス監督に引退の可能性を問う質問が飛ぶなど、今後に懸念の声も挙がったが、ロッベン本人はオランダ『de Volkskrant』のインタビューで「諦めるという言葉は僕の辞書にない」と語り、ケガが完治次第のさらなる現役続行に前向きな姿勢を示した。 「一瞬たりとも頭のなかになかった最悪のシナリオだった。でも、起きてしまったわけだから、どうしようもない。今はふて腐れるんじゃなく、自虐的に笑い、前向きな気持ちで進むことが大切。(チームは)まだ僕を失ったわけじゃない」 なお、『de Volkskrant』によると、ロッベンは15日にも検査を受け、程度がわかる模様。再びピッチに戻ってくる日が待たれるところだ。 2020.09.15 14:50 Tue
twitterfacebook