ヤング・アヤックスを牽引 東欧のテクニシャン、ドゥシャン・タディッチ【ピックアップ・プレイヤー】

2020.09.14 20:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。今回はアヤックスに所属するセルビア代表FWドゥシャン・タディッチ(31)だ。

◆タディッチ、アヤックスでのベスト10ゴール

2006年に故郷セルビアのヴォイヴォディナでキャリアをスタートさせたタディッチは、2010年夏にオランダ移籍。フローニンヘン、トゥベンテでウイングとして2シーズンずつ活躍し、ウインガーにとっての登竜門とも呼べるエールディビジで通算134試合42ゴール57アシストを記録して、2014年夏に日本代表DF吉田麻也も在籍するサウサンプトンに活躍の場を移した。

サウサンプトンでも在籍4シーズンで公式戦162試合に出場し、24ゴール35アシストをマークするなど活躍を見せていたが、2018-19シーズンからはアヤックスに加入して10番を託されると、いきなりエールディビジで34試合に出場し28ゴール14アシストを記録。

5シーズンぶりのリーグ優勝に大きく貢献すると共に、個人としてもリーグ得点王とアシスト王を獲得した。また、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ではレアル・マドリー撃破の立役者となり、オランダ代表DFマタイス・デ・リフト(現ユベントス)や同MFフレンキー・デ・ヨング(現バルセロナ)らを擁したヤング・アヤックスを牽引した。

元々、東欧仕込みのテクニックと味方を使う能力、さらにはラストパスを供給することに長けていたタディッチだったが、エリク・テン・ハグ監督のもとで得点能力にも磨きをかけた格好だ。若手の多いチームの中で、昨シーズンも公式戦42試合で16ゴール21アシストという圧巻の成績を記録。キャプテンとして若いチームを結果で引っ張っている。
コメント
関連ニュース
thumb

当代最高のパサー! 冷静沈着なドイツ製最高傑作”メトロノーム”、トニ・クロース【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はレアル・マドリーのドイツ代表MFトニ・クロース(30)だ。 <div id="cws_ad">◆トニ・クロース、レアル・マドリーでのプレー&ゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEQlNWNEFKdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 機械のように精密なパス、天才的な判断力を有しているクロースは、2007年9月に行われたブンデスリーガのエネルギー・コットブス戦でバイエルンのファーストチームデビューを飾り、眩い輝きを放つ。当時17歳だったクロースは、様子見のため81分からの途中投入で登場すると、2アシストを記録。わずか18分間で自身の才能をアピールした。 そして、クロースは2014年夏に、現在のクラブであるレアル・マドリーに推定移籍金2500万ユーロ(約32億8000万円)で移籍。入れ替わるようにバイエルンへ移籍した元スペイン代表MFシャビ・アロンソと同じ中盤の底のポジションでレギュラーに定着し、より一層能力に磨きがかかると、移籍初年度の2014-15シーズンを通して平均92%のパス成功率をマークした。また、2016年1月のバレンシア戦では驚異のパス成功率100%を達成。精密なパスでリズムを刻むことから“メトロノーム”とも呼ばれ、チームの調律にかかせない選手となっている。 ある意味人間味の感じられないプレースタイルから、ややクールで冷徹なイメージも持たれがちなクロースだが、ジョークを言うときは振り切れている。2014年のブラジル・ワールドカップで優勝を果たしたドイツ代表の中心メンバーでもあるクロースは、準決勝のブラジル代表戦でも2ゴールと活躍。最終的に7-1となったスコアはブラジル人にとっては悲痛な記憶となっているであろうことは想像に難くない。 常人ならば、ブラジル人の前では触れるのもはばかられる話題だが、クロースは全世界に向けて渾身のネタを繰り出していく。2017年1月1日に、新年を祝う画像をツイッター上に投稿。その画像の中で「2017」と表記されるべき部分の、「1」にブラジル国旗を、「7」にドイツ国旗を配置してしまったのだ。その後、チームメイトのブラジル代表DFマルセロから「いつだって敬意を!」と反応されるなど“お叱り”を受け、「ジョークだった」と釈明していた。 そのほか、ウェールズ代表FWガレス・ベイルもユーロ2016出場前に「君たちはどうせ(グループリーグの)3試合しかできないだろう」と、クロースから言われたことを暴露。チームメイトの誰かと関係が悪化しているという類の報道は出ていないため、そういった言動はジョークとして片が付いているのだろうが、相手の弱い部分を突くのが得意なのはピッチ上だけではないようだ。 2020.09.23 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

三世代に渡ってスペイン代表、マルコス・アロンソ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はチェルシーに所属するスペイン代表DFマルコス・アロンソ(29)だ。 <div id="cws_ad">◆マルコス・アロンソ、19-20シーズントッテナム戦での2ゴール<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJqRExYVVExbSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> レアル・マドリーの下部組織出身のマルコス・アロンソは、2010年にトップチームデビューを果たすが、すぐさまボルトンへと移籍し、プレミアリーグに活躍の場を移す。しかし、出場機会をに恵まれず、さらに2011年には飲酒運転で死傷事故を起こした。 その後、ボルトンが2部に降格した2013年にフィオレンティーナへと移籍し、セリエAを経験。そこでもイタリアのサッカーになじめず、左サイドバックとして自身の攻撃力を余り出せない時期が続いた。 それでも、2015-16シーズンに復活しシーズン終了後にチェルシーへと移籍。アントニオ・コンテ監督の下、左ウイングバックとしてレギュラーポジションをつかむと、188cmとサイドの選手としては大柄な体格での守備と、正確な左足のキック、さらには戦術理解度の高さがハマり、2016-17シーズンのプレミアリーグ優勝に大きく貢献した。 マウリツィオ・サッリ前監督のもとでも重宝されたが、2019年夏にフランク・ランパード監督が就任してからは出場機会が減少。さらにチェルシーは今夏にレスター・シティのイングランド代表DFベン・チルウェルを獲得しており、退団の噂がしきりに報じられているが、14日のプレミアリーグ開幕戦のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦では、左サイドバックとしてフル出場を果たしている。 マルコス・アロンソの父親はマルコス・アロンソ・ペーニャ、祖父はマルコス・アロンソ・イマスという名で、なんと2人ともスペイン代表の経験がある。そして、マルコス・アロンソ は2018年3月にスペイン代表デビュー。スペイン史上初となる親子3代での代表経験となった。 2020.09.23 11:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今なお現役、最愛のクラブ・ニューウェルズでプレーする、マキシ・ロドリゲス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はニューウェルズ・オールドボーイズの元アルゼンチン代表MFマキシ・ロドリゲス(39)だ。 <div id="cws_ad">◆マキシ・ロドリゲス、ニューウェルズ・オールドボーイズでのゴール集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJpbXhIUWprNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アルゼンチンのロサリオ生まれでニューウェルズ・オールドボーイズの下部組織出身のマキシは、2002年7月にエスパニョールへ移籍して欧州デビュー。2005年7月から在籍したアトレティコ・マドリーではキャプテンを務め、ドリブル、シュート、献身性を兼ね備えたサイドアタッカーとして活躍。中心選手として公式戦通算121試合32ゴールを記録すると、2010年1月にリバプールへと活躍の場を移した。 リバプールでは加入直後こそ主力としてプレーしたものの、次第に出場機会が減少。2012年7月に古巣のニューウェルズに復帰するとクラブを1部優勝に導いた。しかし、熱狂的なサポーターとの関係悪化もあり、退団を余儀なくされることに。アルゼンチン国内ではニューウェルズ以外でプレーしないという信念のもと、ウルグアイの名門ペニャロールに移籍した。それでも最愛のクラブで引退したいという強い想いのもと、2018年12月に再びニューウェルズに復帰、キャプテンとしてチームを引っ張っている。 代表レベルでは、やはり2006年ドイツ・ワールドカップでの活躍を覚えている方も多いのではないだろうか。決勝トーナメント初戦で、メキシコ代表と対戦するアルゼンチン代表の一員に名を連ねたマキシ。活躍の場がやってきたのは1-1で迎えた延長戦前半8分、フアン・パブロ・ソリンからサイドチェンジのパスを受けると、胸でトラップして左足ボレーシュート。ボックス右手前から強烈なドライブシュートを突き刺し、チームを救った。世界中に衝撃を与えたその得点は、同大会のベストゴール選ばれている。 2020.09.22 16:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・シティの“レジェンド” ダビド・シルバ【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はレアル・ソシエダに所属する元スペイン代表MFダビド・シルバ(34)だ。 <div id="cws_ad">◆ダビド・シルバ、マンチェスター・シティでのゴール&プレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSbzNUeERubSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> スペインのカナリア諸島で誕生したシルバは、「常にボールと過ごしていた」と語るほどサッカー漬けの幼少期を送ると、早々にその才能が注目を集め、15歳の時に名門バレンシアの下部組織入りを果たす。2004年夏の17歳の時、当時スペイン2部だったエイバルにレンタル移籍をすると、そのシーズン中にプロデビュー。初年度の2004-05シーズンからレギュラーに定着すると、35試合5ゴールを決めてみせた。 2006年夏にバレンシアに復帰すると、当時クラブで異彩を放っていた元アルゼンチン代表MFのパブロ・アイマールの後釜として、本人の希望もあり背番号21を継承することに。また、スペインのフル代表としてもその年からプレー。2008年にはチャビ・エルナンデス、アンドレス・イニエスタやセスク・ファブレガスと共に創造的な中盤を形成し、ユーロ制覇を成し遂げた。 欧州中から注目を集めるようになったシルバは、2010年夏からマンチェスター・シティでプレー。移籍初年度こそ適応に苦しんだものの、そのアイデア溢れるスキルは激しいリーグであるプレミアでも失われることなく、DFヴァンサン・コンパニやFWセルヒオ・アグエロらと共にシティがトップクラブへと変革を遂げる原動力となった。 在籍10年間で公式戦436試合に出場して77ゴール140アシストを記録。4度のプレミアリーグ優勝、2度のFAカップ優勝、5度のEFLカップ優勝に貢献してきたシルバだが、今夏に退団し、母国のレアル・ソシエダへ加入。ヨーロッパリーグにも出場するソシエダで再びタクトを振るう。 世界を代表する中盤の選手となっているシルバだが、日本と浅からぬ縁がある。日系人の母を持ち、2011年11月に行われたインタビューの中で、本人が「自分の中には少しアジアの血が流れています」と発言。また、自身のツイッター上でも度々、日本人ならば親近感の沸く投稿をしている。 2012年8月には、「ファンからのプレゼントを貰った」という内容に、ガンダムの写真を添付。その写真には、日本の動画サイトである『ニコニコ動画』によく似たサイトを、PCで開いている様子が写り込んでいる。さらに2016年3月には、普段はスペイン語や英語で呟いているツイッターを、日本語で更新。自身の下を訪れていた、日本人と思われる9歳の少年に向けてメッセージを送っていた。 2020.09.21 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

フランス代表歴代最多出場記録保持者、リリアン・テュラム【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回は元フランス代表DFリリアン・テュラム氏(48)だ。 <div id="cws_ad">◆テュラム、ユベントスでのプレー集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJSOWVqWmxaQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> テュラム氏は、グアドループの漁業の拠点となるグランド・テール島の港町ポワンタピートルに生まれた。1月1日の新年を迎えてわずか20秒後に誕生したことで1972年に生まれた最初の子供としてメディアが取材に訪れ、新聞の記事に掲載されたという逸話がある。 1990年にモナコでプロデビューを果たしたテュラムは、1996年にパルマへ移籍。スピードとパワーを併せ持つ身体能力と戦術眼の高さを武器に、世界屈指のDFと評され、イタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォンと元イタリア代表DFファビオ・カンナバーロと共に世界最高守備トリオと称されるほどの強固な守備を形成した。 その後、ブッフォンとともにユベントスに移籍すると、2001-02シーズンと2002-03シーズンでセリエA連覇。2004年にカンナバーロが加入してトリオを再結成し、2004-05シーズンから連覇を果たした。しかし、2006年夏にGMらによる審判への買収・脅迫行為が発覚したことでスクデットはく奪及び、史上初のセリエB降格処分を受けた。 テュラムはその後、2シーズンのバルセロナでのプレーを経て、パリ・サンジェルマンに移籍するかと思われた矢先、メディカルチェックで心臓の奇形が発覚。再検査の結果、テュラムの心臓は正常であったことが判明したが、実兄がバスケットボールの試合中に心臓発作で亡くなっており、母親を安心させるために2008年8月に引退した。 1994年8月にフランス代表デビューを飾ったテュラムは、自国開催となった1998年のワールドカップで初優勝、ユーロ2000優勝、2003年のコンフェデレーションズカップ優勝に貢献。代表キャリアとしては142試合に出場しており、歴代最多出場記録保持者だ。また、その142試合でゴールを決めたのはわずか1試合だったが、その試合が1998年の自国開催のW杯準決勝クロアチア戦だった。先制を許したフランスだったが、後半にテュラム氏の2ゴールで逆転。決勝でもブラジルを撃破し、悲願のW初優勝を飾っていた。また、テュラム氏は人格者としても知られており、フランス国内での人気は非常に高い。 2020.09.20 20:00 Sun
twitterfacebook