AZ、エールディビジで100試合以上出場のDFレトシャルトを完全移籍で獲得

2020.09.04 01:10 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
菅原由勢の所属するAZは3日、ハンブルガーSVから元オランダ代表DFティモ・レトシャルト(27)をフリートランスファーで獲得した。契約期間は2023年6月30日までとなる。アヤックスの下部組織に在籍していた経歴を持つセンターバックのレトシャルトは、フローニンヘン、ローダJC、ユトレヒト、サッスオーロを経て、2019年の夏にハンブルガーSVに完全移籍。

昨シーズンはシーズン序盤をケガで欠場したが、復帰後は守りの要としてブンデスリーガ2部で24試合に出場し2ゴールを記録していた。

過去にはオランダ代表にも選出され、エールディビジでも100試合以上の出場経験を持つレトシャルトは、ディフェンスリーダーとしての活躍が期待される。
コメント
関連ニュース
thumb

後半のワンチャンスを活かしたAZがナポリから金星を挙げる!《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループF第1節のナポリvsAZが22日にサン・パオロで行われ、0-1でAZが勝利した。AZの日本代表DF菅原由勢はフル出場した。 昨季はチャンピオンズリーグ(CL)でベスト16に進出したが、セリエAでは7位に終わりCL出場を逃したナポリ。2年ぶりとなるELの初戦に向けてガットゥーゾ監督は、直近のアタランタ戦から先発を4人変更。[4-2-3-1]で臨み、最前線にオシムヘン、2列目に右からポリターノ、メルテンス、ロサーノを据えた。 一方、2大会連続のEL参戦となったAZは、トップチームの13選手が新型コロナウイルスに感染し欠場するなど厳しい台所事情となっている。そんな中、菅原は3トップの右で先発出場した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、先にチャンスを迎えたのはナポリ。13分、ロサーノのパスでDFに裏に抜け出したオシムヘンがボックス内まで侵入しゴール右隅にシュートを突き刺したが、これはオフサイドの判定でノーゴールとなった。 対するAZは、34分にクリバリのトラップミスを敵陣で奪った菅原がボックス手前から素早く右足を振り抜いたが、このシュートはゴール左に外れた。 時間の経過と共にボールの主導権を掌握するナポリは35分、右サイドをドリブルで持ち上がったオシムヘンの折り返しをボックス中央で受けたメルテンスがワントラップから狙ったが、シュートはわずかに枠の右に逸れる。 ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはAZ。57分、菅原とのパス交換でボックス右深くまで抜け出したスベンソンの折り返しをデ・ウィトがゴール左に流し込んだ。 先制を許したナポリは、59分にロサーノとヒサイを下げてインシーニェとマリオ・ルイを投入。さらに66分には、オシムヘンとロボツカを下げてペターニャとデンメをピッチに送り出す。すると68分、ショートコーナの流れからバイタルエリア左でパスを受けたマリオ・ルイがクロスを供給。これをペターニャがダイビングヘッドで合わせたが、シュートはゴール右に外れた。 試合終盤にかけてもナポリが猛攻を仕掛ける。後半アディショナルにはバイタルエリア左で獲得したFKからディ・ロレンツォがヘディングシュートを放ったが、これも枠を捉えられず。 結局、試合はそのまま0-1でタイムアップ。後半シュート1本のAZがそのワンチャンスでナポリから金星を挙げた。 2020.10.23 04:40 Fri
twitterfacebook
thumb

日本代表デビューのDF菅原由勢、右サイドバックででプレーするためには「越えなくてはいけない壁が数多く存在する」

日本代表は10日、オランダのユトレヒトで6日目のトレーニングキャンプを実施。トレーニング前にDF菅原由勢(AZ)がメディアの取材に臨んだ。 9日に行われたカメルーン代表との国際親善試合でA代表デビューを果たした菅原。一夜明け、改めてA代表デビューについては「ずっとサッカーを始めた時からA代表のピッチに立つことを目標としてやってきましたし、短い時間でしたがA代表のピッチに立てたので、嬉しかったというか、ここまでこれたという実感と、やっとスタートラインに立てました」とデビューできたことを喜んだ。 本職は右サイドバックである菅原だが、左ウイングバックとして終盤に出場。本来とは違うポジションだったが「ピッチに立てるならどのポジションでも良いし、日本代表のためならどこでも良いとこの合宿中に森保さんと話しました」とコメント。「いつ出番が来るかもわからないですし、どこで出ても良い準備をしていました。ピッチに立つ時に自分が何をするかは考えていました」と心の準備はできていたと語った。 デビューを果たした際、古巣の名古屋グランパスが2018年のロシア・ワールドカップ時の出来事を明かし、DF吉田麻也(サンプドリア)への寄せ書きに「待っててください」と書いたと逸話を暴露。これには吉田も試合後に反応していたが「2018年のワールドカップの時に国旗に「待っていてください」と書きましたし、吉田選手がモチベーションというか、1つの大きな目指すべき存在です」とグランパス、そして日本代表の大先輩への想いをコメント。一方で、「尊敬すべき立場ですけど、追いつき追い越せだと思うので、早く一緒のピッチに立ちたいと思っていました。吉田選手はは100試合出場していますが、自分が100試合出場もそうだし、日本代表に吉田選手が与えているもの以上のことを与えてこそ、吉田選手と比べてどうだったかがわかる」とまだまだスタートラインに立っただけだと強調。それでも「2年前の自分にようやくここまでこれたと伝えたい」と、寄せ書きに書いたメッセージを達成できたことを喜んだ。 今回の代表招集がヨーロッパ組に限定されたことなどもあり初招集、デビューとなった菅原だが「様々な状況と色々な巡り合わせでチャンスが来たので、誰もが得られるものではない」と自身の運の良さを感じているとコメント。「この年齢でここに参加していて、目で見て肌で感じていることがある」としながらも、「初招集だからってそればかりではなく、日本代表の1人として勝利に貢献する、ハードワークしなくてはいけないので、勉強することと、もたらすことの両方を考えて取り組みたい」とチームの力になることを意識していると明かした。 そのために必要なことについては「まずは自分はチームで出場機会を伸ばしていって、その中で見えてくる課題がある。守備の一対一、ポジショニングに課題があるので、試合を重ねて経験して、色々なことを考えたい」とコメント。「攻撃では得点やアシストなど自信を持っている部分があるので、課題と長所、どちらか一方ではなく両方をしっかり考えながらやっていきたい」と、さらなる成長を誓った。 実際にデビューした際の心境については「監督も試合前から言っていましたが、全員に出場するチャンスがある中で、全員が準備しなくてはいけない。全員が試合に対して同じ方向を向いて100%の準備をしなくてはいけない」とメンタル面の準備はできていたと語り、「前半からカメルーンのサッカーを考えてみていましたし、色々な状況を想定した中で、あの時間帯に出場しました。考えてきたことが全て起こったわけではないですが、想像の範囲内に抑えられました。あの状況で無失点のまま試合を終わらせることと、得点が奪えれば良かったですが、悪くなかったと思います」と大きな問題なくプレーできたと振り返った。 それでも自分のポジションである右サイドバックでの出場を望む菅原。「自分のポジションは右サイドバックだと思っていますし、しっかりそこで勝負していきたいです。越えなくてはいけない壁が数多く存在するので、それを越えてこそ自分が右サイドバックでプレーできる。それとしっかり向き合って、越えた時に自分が右サイドバックでプレーできていると思うので、毎日毎日取り組んでいます」とこの先のポジション奪取に燃えているようだ。 2020.10.10 18:35 Sat
twitterfacebook
thumb

菅原が所属するAZが元オランダ代表DFマルティンス・インディをレンタルで獲得、チェルシーからU-20オランダ代表DFも獲得

日本代表DF菅原由勢が所属するAZは6日、ストーク・シティから元オランダ代表DFブルーノ・マルティンス・インディ(28)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フェイエノールトの下部組織で育ったマルティンス・インディは、2012年7月にファーストチームへ昇格。2014年7月にポルトへと完全移籍すると、2016年8月にストークへとレンタル移籍。2017年8月にストークへ完全移籍していた。 ストークでは公式戦137試合に出場し2ゴール2アシストを記録。今シーズンもチャンピオンシップ(イングランド2部)の開幕から2試合、EFLカップ(カラバオカップ)で3試合に出場していた。 フェイエノールト時代にはエールディビジで102試合に出場し5ゴール3アシストを記録している。 また、AZはチェルシーからU-20オランダ代表DFフアン・ファミリア=カスティージョ(20)をレンタル移籍で獲得したことも発表した。 アヤックスの下部組織からチェルシーの下部組織に加入したファミリア=カスティージョは、昨シーズンはアヤックスU-21へレンタル移籍してプレーしていた。 2020.10.07 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ、AZからモロッコ代表FWイドリシを獲得!

セビージャが5日、AZからモロッコ代表FWウサマ・イドリシ(24)を獲得したことを発表した。契約は2025年まで。フランス『レキップ』によれば移籍金は1200万ユーロ(約15億円)となる。 1996年にオランダで生まれたイドリシはフェイエノールトのユース出身。フローニンヘンでトップチームデビューを飾ると、2018年に現在日本代表DF菅原由勢も所属しているAZに移籍した。 AZでは、その才能を遺憾なく発揮。昨シーズンはリーグ戦25試合に出場し、13ゴール3アシストを記録している。左ウィングが本来のポジションだが、右サイドでのプレーにも対応可能だ。 オランダの各世代の代表に選ばれていたイドリシだが、A代表は両親の故郷であるモロッコを選択。2019年3月にデビューし、ここまで7試合に出場している。 昨シーズン、フレン・ロペテギ監督のもとヨーロッパリーグ(EL)を制したセビージャは、今夏の移籍市場でMFイバン・ラキティッチを6年ぶりに復帰させたほか、スポルティングのDFマルコス・アクーニャを獲得するなど、積極的な動きを見せている。 現在リーグで6位につけ、上位をうかがっているセビージャにとって、イドリシの加入はさらなる追い風となりそうだ。 2020.10.05 21:14 Mon
twitterfacebook
thumb

菅原が終盤出場のAZ、ディナモ・キエフの堅守崩せず敗退《CL予選》

AZは15日、チャンピオンズリーグ(CL)予選3回戦でディナモ・キエフとのアウェイ戦に臨み、0-2で敗れて敗退した。AZのDF菅原由勢は79分から出場している。 直近のオランダ代表に招集されたFWボアドゥ、FWステングス、DFコープマイネルス、GKビゾットの4選手がスタメンとなったAZは[4-3-3]を採用。 一方、直近のウクライナ代表に14選手を送り込んだディナモ・キエフは、FWスプリアガやMFシャパレンコ、MFシドルチュクらがスタメンとなり、こちらも[4-3-3]で臨んだ。 AZがボールを持つ立ち上がりとなったものの、自陣に引くディナモ・キエフ相手に攻撃を仕掛けきることができず、前半に目立ったチャンスはないままゴールレスで後半へ折り返した。 迎えた後半も前がかっていたのはAZだったが、開始4分に失点する。自陣でのミスパスをカットされた流れから最後はジェルソン・ロドリゲスに決められた。 追う展開となったAZは引き続き押し込む展開としたものの、自陣に引くディナモ・キエフの守備を崩せない状況が続く。79分にはフラールに代わって菅原が右サイドハーフに投入された中、終盤の86分に終戦する。 右サイドをオーバーラップしたケジオラのクロスをシャパレンコにヘディングシュートで決められた。このまま0-2で敗れたAZは一発勝負の今予選敗退が決まってしまった。 2020.09.16 04:00 Wed
twitterfacebook