水戸、下部組織のDF田辺陽太が来季昇格内定 「ここからまた新たなスタートライン」

2020.08.22 13:00 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
水戸ホーリーホックは22日、DF田辺陽太(18)の2021シーズン加入内定を発表した。千葉県出身の田辺は身長179cm、体重71kgのDF。今後、2種登録選手としてトップチーム帯同も予定しているという田辺はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。

「来シーズンよりTOP昇格することになりました、水戸ホーリーホックユースの田辺陽太です。まずは、小さな頃からの夢であるプロサッカー選手になれることが、とても嬉しいです」

「僕をここまで育ててくれたユース監督の樹森さんをはじめ、ジュニア、ジュニアユースの指導に関わって下さった方々、そして家族のみんなに感謝しています」

「ここからまた新たなスタートラインに立つことができたので、少しでも早く水戸ホーリーホックの一員として、勝利に貢献できる選手になれるように精一杯努力していきたいと思います。応援よろしくお願いします」
コメント
関連ニュース
thumb

FC東京MF鈴木喜丈が水戸へ育成型期限付き移籍「全力で戦ってきます」

水戸ホーリーホックは23日、FC東京からMF鈴木喜丈(22)を育成型期限付き移籍で獲得したことを発表した。期間は2021年1月31日まで。背番号は「43」に決定している。 FC東京下部組織出身の鈴木は2017年にトップチーム昇格。U-23チームをメインに経験を積んでいたが、今シーズンはFC東京U-23が明治安田生命J3リーグへの参加を辞退していたことから、出場機会がない状況だった。 水戸への武者修行が決まった鈴木は両クラブを通じて、以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリホック 「水戸ホーリーホックのみなさま、鈴木喜丈です。自分自身初めての移籍となりますが、チームの勝利のために全力でプレーします!応援よろしくお願いします」 ◆FC東京 「この度水戸ホーリーホックに育成型期限付き移籍をすることになりました。ここまでずっと応援してくださったファン・サポーターの方々、また、今回の移籍を実現させてくださった両クラブ関係者の方々に感謝します」 「アカデミー時代も含めてここまで積み重ねてきたことをベースにチャレンジし水戸の地で全力で戦ってきます。そして帰ってきた時に成長した姿、プレーをみなさんの前で見せることができるように頑張ってきます」 2020.09.24 08:57 Thu
twitterfacebook
thumb

15位水戸が首位の北九州に3発快勝! 2位徳島は大宮を振り切り勝ち点差1に迫る《J2》

23日、明治安田生命J2リーグ第21節の11試合が行われた。 首位のギラヴァンツ北九州(勝ち点44)はホームに15位の水戸ホーリーホック(勝ち点24)を迎え、0-3で敗戦。連勝が3でストップした。 6分、水戸はカウンターを仕掛けると山口がドリブル突破。横パスを村田がシュートもGK永井がセーブする。 すると10分、平塚の自陣からのダイレクトスルーパスを受けた山口がGKとの一対一を制し、水戸が先制する。 41分にはやや離れた位置でFKを獲得すると、福森が直接狙うも、クロスバーに嫌われてしまう。 水戸の1点リードで迎えた後半、57分に水戸はバイタルエリアで細かくパスをつなぐと、右サイドへ展開しクロス。これをファーサイドで村田がヘッドで合わせ、水戸がリードを2点に広げる。 さらに64分、左サイドからクロスを上げると、ボックス中央で中山がヘッド。水戸が3点目を奪う。 3点ビハインドの北九州は攻勢をかけるも、決定力を欠きゴールを奪えず。結局そのまま試合が終了し、0-3で水戸が勝利を収めた。 2位の徳島ヴォルティス(勝ち点40)はアウェイで14位の大宮アルディージャ(勝ち点26)と対戦し、1-2で徳島が勝利を収めた。 最初に決定機を迎えたのはホームの大宮。14分、戸島の落としを拾った黒川からのサイドチェンジがイッペイ・シノヅカへ。ボックス内右から強烈なシュートも、左ポストに跳ね返されゴールとはならない。 すると17分、大宮が最終ラインでボールを回すと、プレスをかけた杉森が河本からボールを奪い切り、そのままボックス内でシュート。これが決まり、徳島が先制する。 さらに23分には、ボックス手前で徳島がFKを獲得。藤田が直接狙うと、壁の外を巻いたシュートが右サイドに決まり徳島がリードを2点に広げる。 徳島の2点リードで迎えた後半、大宮は52分、ドゥシャンのミスキックを拾うと、パスを受けたイッペイ・シノヅカがシュート。しかし、GK上福元がセーブ。 67分には黒川がDFドゥシャンからボールを奪うと、飛び出したGK上福元をダブルタッチでかわしてゴールに流し込む。 その後も同点を目指す大宮は終始徳島を押し気味に試合を進めるが、2点目を奪えず。そのまま試合が終了し、1-2で徳島が勝利を収めた。 その他、19位松本山雅FC(勝ち点19)と18位FC琉球(勝ち点20)の一戦は1-6で琉球が大勝。風間宏矢が2ゴールの活躍を見せた。また、5連勝中の4位アビスパ福岡(勝ち点34)が2連勝中の20位のザスパクサツ群馬(勝ち点19)と対戦し、1-0で勝利。連勝を6位に伸ばし上位に迫った。 ◆明治安田生命J2リーグ第21節 ▽9/23(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 3</span>-2 栃木SC 大宮アルディージャ 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> ジェフユナイテッド千葉 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 レノファ山口FC</span> FC町田ゼルビア 1-1 V・ファーレン長崎 松本山雅FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">6 FC琉球</span> ツエーゲン金沢 0-0 東京ヴェルディ <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ファジアーノ岡山 2</span>-1 モンテディオ山形 愛媛FC 0-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 ギラヴァンツ北九州 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 水戸ホーリーホック</span> ジュビロ磐田 1-1 ヴァンフォーレ甲府 2020.09.23 21:26 Wed
twitterfacebook
thumb

水戸MF平野佑一が右ヒザ内側側副じん帯損傷 長崎戦で負傷

水戸ホーリーホックは30日、MF平野佑一の負傷を報告した。 今季のここまで明治安田生命J2リーグ10試合に出場している平野は23日に行われた第14節のV・ファーレン長崎戦で負傷。水戸市内の病院で右ヒザ内側側副じん帯損傷の診断結果を受けたという。 水戸は現在、J2リーグ4勝5分け6敗の15位。9月2日に行われる次節、徳島ヴォルティスのホームに乗り込む。 2020.08.30 15:40 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸が順天堂大学のDF三國スティビアエブスの来季加入内定を発表、弟は福岡でプレー

水戸ホーリーホックは10日、順天堂大学のDF三國スティビアエブス(22)の来季加入内定を発表した。なお、三國スティビアエブスは特別指定選手としても認定されている。 三國スティビアエブスは、東京都出身で、青森山田高校から順天堂大学へと進学していた。 青森山田高校時代には、2016年度の全国高校サッカー選手権で優勝を達成。弟の三國ケネディエブスは同じ青森山田高校から、2019シーズンにアビスパ福岡入りし、一足先にプロとして活躍していた。 なお、特別指定選手としての背番号は33に決定した。三國スティビアエブスはクラブを通じてコメントしている。 「この度、来シーズンより水戸ホーリーホックに加入することになりました順天堂大学の三國スティビアエブスです。小学1年生の頃からの目標である、プロサッカー選手のキャリアを水戸ホーリーホックでスタート出来ることを大変嬉しく思います。家族、チームメイト、スタッフ、今まで関わってきてくれた全ての方のおかげでここまで来れたと強く感じております」 「今後、新たな目標を持ち、高みを目指してより一層尽力して参ります。プロサッカー選手としての自覚と責任を持ち、感謝の気持ちを忘れず1日でも早くチームに貢献し、水戸をもっと盛り上げていけるように精一杯努力していきますので、応援よろしくお願いします」 また、ゼネラルマネジャー(GM)を務める西村卓朗氏もコメントしている。 「まずは、これまで三國スティビアエブス選手の育成に携わって頂いた多く関係者の皆様、ご家族の皆様に感謝申し上げます。ポテンシャルが高く、才能豊かな三國スティビアエブス選手の加入内定を非常に嬉しく思っております。 ファン、サポーターの皆様にはこれからの三國スティビアエブス選手の活躍を温かく見守って頂けたら幸いです」 2020.07.10 12:12 Fri
twitterfacebook
thumb

水戸を退団していたMF中川洋介がJFL昇格を目指す北海道十勝スカイアースへ完全移籍

水戸ホーリーホックは23日、昨シーズン限りで契約が満了となっていたMF中川洋介(22)が北海道十勝スカイアースへ加入することを発表した。 中川は、千葉県出身で水戸のユースで育ち2017年にトップチーム昇格。クラブとして6年ぶりの下部組織出身選手となったが、2018年に天皇杯で1試合に出場もその他の公式戦には出場していなかった。2019シーズンも6月にアルビレックス新潟シンガポールへと期限付き移籍し、そのまま退団となった。 中川は移籍先の北海道十勝スカイアースを通じてコメントしている。 「水戸から加入しました中川洋介です。JFL昇格に向けて自分の持てる力をすべて出し切りたいです。応援よろしくお願いします!」 北海道十勝スカイアースは、北海道サッカーリーグに所属。JFL昇格を目指している。 2020.06.23 12:40 Tue
twitterfacebook