モンペリエがバーゼルの守護神オムリンを獲得!

2020.08.12 18:07 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
モンペリエは12日、バーゼルからスイス代表GKヨナス・オムリン(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は「1」に決定。契約期間などに関する詳細は明かされていない。

モンペリエでは、レアル・ソシエダから1年間のレンタル移籍で加入していた元アルゼンチン代表GKヘロニモ・ルジ(28)が今シーズンの正GKとしてハイパフォーマンスを披露していた。

そのため、クラブは買い取りオプションの行使を考慮していたが、コロナ禍において移籍金とルジが受け取る高額なサラリーに二の足を踏み、なくなく買い取りを断念。

その後、サンテチェンヌの元フランス代表GKステファヌ・リュフィエ(33)、元レアル・マドリーのフランス人GKリュカ・ジダン(22)らが獲得候補に挙がっていた。

しかし、最終的に新守護神として獲得したのは、スイス屈指の名門バーゼルで正GKを務めていたオムリンとなった。

2018年にルツェルンからバーゼルに加入したオムリンは、在籍2シーズンで公式戦79試合に出場するなど守護神を務めてきた。また、高いアスリート能力を生かしたショットストップに定評がある26歳は、デビューは果たしていないものの、定期的にスイス代表に招集されている。

関連ニュース
thumb

元横浜FMの韓国代表FWユン・イルロクら5名がモンペリエを退団

モンペリエは16日、韓国代表FWユン・イルロク(29)ら5名の退団を発表した。 ユン・イルロクは、かつて横浜F・マリノスに在籍。公式戦27試合に出場し2アシストを記録すると、2020年1月にモンペリエへ完全移籍していた。 モンペリエではなかなか出番がなく、1シーズン半で公式戦18試合に出場。今シーズンはリーグ・アンで12試合に出場していたがゴールはなかった。 その他、フランス人FWヤニス・アムール(22)、フランス人MFサミ・ベンシャマ(20)、フランス人MFキリアン・カイブー(22)、南アフリカ人FWキーガン・ドリー(28)も契約満了で退団することが発表されている。 2021.06.17 10:40 Thu
twitterfacebook
thumb

モンペリエの43歳鉄人イウトンが退団…今季も健在ぶり発揮も引退or新天地でのキャリア継続へ

モンペリエは7日、ブラジル人DFヴィトリーノ・イウトン(43)の今シーズン限りでの退団を発表した。 モンペリエの偉大なるキャプテンは、現役ラストシーズンと目された今シーズンも安定したパフォーマンスを築いており、シーズン終盤にかけてクラブと来シーズンの契約に関する話し合いを幾度となく行ってきた。 だが、来シーズンからチームを率いるオリヴィエ・ダルオグリオ新監督の意向もあり、クラブは選手としてのキャリアに終止符を打ち、すでに内定した指導者あるいはスタッフとしての契約を打診することになった。 ただ、選手としての退団が発表されたイウトンは、自身のSNSを通じて現役続行の可能性も否定しておらず、今後新天地でプレーを続けるのか、あるいはモンペリエのオファーを受け入れ、このタイミングでスパイクを脱ぐかを選択することになるようだ。 2011年にマルセイユから加入したセンターバックのイウトンは、これまでモンペリエで10シーズンを過ごして公式戦354試合に出場。加入初年度にはリーグ・アン初優勝の原動力にもなっていた。 卓越したプロフェッショナリズムを持ち、日々の節制を怠らない百戦錬磨のベテランDFは、40歳の大台を過ぎてもフィジカル面で全く衰えを見せず、アスリート揃いのリーグ・アンにおいても最終ラインの主力として活躍を続け、今シーズンもリーグ戦29試合の出場するなど健在ぶりを発揮。今シーズンのヨーロッパ5大リーグにおいてフィールドプレーヤーの最年長出場(43歳と252日)を記録していた。 また、今シーズンはチームのスタイル変更によって、負担の少ない3バックの中央から4バックの2センターバックの一角に役割を変えていたが、やや衰えが見え始めたアジリティの部分をポジショニング、プレーリードで補っていた。 2021.06.08 22:41 Tue
twitterfacebook
thumb

モンペリエ、新指揮官にブレストのダロリオ監督を招へい

モンペリエは1日、ブレストのオリヴィエ・ダロリオ監督(57)を招へいしたことを発表した。 今季のリーグ・アンで8位フィニッシュのモンペリエでは、2017年5月に就任したミシェル・デル=ザカリアン前監督がシーズン終了後に退任していた。 ダロリオ監督はこれまでディジョンのリーグ・アン昇格に貢献した他、ブレストをリーグ・アン残留に導く手腕を発揮。今季はブレストで17位となり、2年連続残留を果たしていた。 2021.06.02 00:45 Wed
twitterfacebook
thumb

モンペリエDFペドロ・メンデスが左ヒザ十字じん帯を手術…自身のSNSで報告

モンペリエに所属する元ポルトガル代表DFペドロ・メンデスが、自身のインスタグラムで左ヒザ十字じん帯を手術したことを発表した。 3日にツイッターを更新したペドロ・メンデスは、病院のベッドでくつろぐ写真と共に「すべてが上手くいった。ありがとう。今は回復に努めるよ」と、手術の実施を報告した。 フランス『レキップ』によれば、4月16日に行われたリーグ・アン第33節のリール戦で左ヒザ十字じん帯断裂の重傷を負ったペドロ・メンデスは、数日間リスボンの家族と休暇を過ごした後、3日に手術を受けたとのこと。 なお、同紙によればペドロ・メンデスの離脱期間は最低でも6カ月になるとのことだ。 母国の名門スポルティング・リスボンの下部組織で育ったペドロ・メンデスは、2013年にパルマに移籍。その後、サッスオーロやスタッド・レンヌでプレーを経て2017年夏にモンペリエに加入。 モンペリエでは、その屈強なフィジカルを武器に守備の要として在籍3年半で公式戦113試合に出場。今季もここまで公式戦24試合に出場していた。 2021.05.04 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

モンペリエFWの “ハリボー”食べるゴールパフォーマンスが話題!そのオチは?

モンペリエのアルジェリア代表FWアンディ・ドゥロールが斬新なゴールパフォーマンスを見せた。 モンペリエは14日、リーグアン第29節で日本代表DF植田直通も所属するニームとアウェイで対戦。ドゥロールも先発出場を果たした。 そのドゥロールはゴールレスで迎えた59分にゴールネットを揺らすと、ゴールセレブレーションの一環として、カメラに向かって自身の手首にテープで止めていたドイツのグミ「ハリボー」のワニの形をしたグミを食べていた。 ワニは対戦相手であるニームの街の紋章にも描かれ、クラブのエンブレムにも入っているシンボル的存在だ。 しかし、ドゥロールのゴールはVARの介入の末、オフサイドと判定されノーゴールに。ドゥロールはただグミを食べただけになってしまった。 それでも、1点ビハインドで迎えた79分、右CKからドゥロールがヘディングシュートを叩き込み、正真正銘のゴールを決める。だが、残念なことにグミの予備は残っておらず、ドゥロールは自身のユニフォームに描かれたエンブレムをかじって喜びを表現していた。 なお、試合は1-1のまま同点で終了。植田もフル出場している。 <div id="cws_ad">◆ドゥロールがハリボーを食らう<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"><br><br>59’ But refusé à Andy Delort, malgré sa célébration (0-0)<br>63’ But de Moussa Koné (1-0)<a href="https://twitter.com/hashtag/NOMHSC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#NOMHSC</a> <a href="https://t.co/k7ZN7TE9Z2">pic.twitter.com/k7ZN7TE9Z2</a></p>&mdash; Foot Mercato (@footmercato) <a href="https://twitter.com/footmercato/status/1371091029399584771?ref_src=twsrc%5Etfw">March 14, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> ※記事写真はウィガン時代 2021.03.16 12:05 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly