ラツィオ、プレミアで活躍する2人のストライカーに関心か

2020.08.10 17:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラツィオが、プレミアリーグで活躍する2人のストライカーに関心を示しているようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』によれば、その1人はバーンリーのニュージーランド代表FWクリス・ウッド。これまでWBAやレスター・シティ、リーズ・ユナイテッドなどイングランドのクラブを渡り歩き、2017年夏にバーンリーに加入。191㎝の長身を生かしたプレーが特徴で、攻撃時のポストプレーや空中戦を得意としている。今季はプレミアリーグ32試合に出場し14ゴールをマーク。28歳と脂の乗ったストライカーは、プレミアでは自己最多得点記録を更新した。

また、イギリス『サン』が報じたもう一方の名前は、ボーンマス所属のノルウェー代表FWジョシュア・キング。マンチェスター・ユナイテッドの下部組織で育ち、ボルシアMGやハル・シティ、ブラックバーンを転々とし、2015年夏にボーンマスに加入した。同じく28歳のこちらはトップ下やウイングもこなすアタッカーで、在籍5年で通算170試合に出場し50ゴール17アシストを記録した。

ラツィオは今季のセリエAでリーグ最多の36ゴールを記録したイタリア代表FWチーロ・インモービレという超強力な点取屋を擁しているが、一方でエクアドル代表FWフェリペ・カイセドがカタール移籍を望んでいるとも伝えられており、その代役を探しているようだ。加えて、来季はチャンピオンズリーグが控えていることもあり、攻撃陣の強化に力を入れているという。

ジョシュア・キングに関しては3000万ユーロ(約37億4000万円)の移籍金がネックとなっているようで、ラツィオの関心はより安価なウッドに傾きつつあると言われている。しかし、ウッドも昨年11月に2023年までの契約延長に合意したばかり。両者ともプレミアリーグのクラブも獲得を狙っているという噂もあり、一筋縄ではいかなそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アタランタがラツィオを敵地で4発粉砕!両翼躍動にパプがドッピエッタで開幕2連勝!《セリエA》

セリエA開幕節延期分、ラツィオvsアタランタが9月30日に行われ、1-4でアタランタが快勝した。 アタランタが8月にチャンピオンズリーグを戦っていた影響で延期となっていた一戦。 ラツィオは4日前に行われた開幕戦のカリアリ戦を2-0と快勝スタートとした中、カリアリ戦のスタメンからコレアに代えてカイセドを起用し、2トップにはインモービレとカイセドが構えた。 一方のアタランタはトリノ戦を4-2と打ち勝って白星スタートとした中、トリノ戦のスタメンから4選手を変更。デ・ルーンやムリエルらに代えてマリノフスキーやパシャリッチを起用し、3トップにはD・サパタ、アレハンドロ・ゴメス、マリノフスキーが構えた。 ラツィオが押し込む展開で立ち上がった中、6分にチャンス。ルイス・アルベルトのスルーパスでマルシッチがボックス左に侵入してシュートに持ち込んだが、GKにセーブされた。 すると10分、アタランタが最初のチャンスを生かして先制する。アレハンドロ・ゴメスの浮き球パスをボックス右のハテブールが頭で折り返し、ゴール前のゴセンズがボレーで蹴り込んだ。 引き続きボールを持ったラツィオだったが、アタランタが32分に突き放す。ゴセンズの鋭い左クロスをファーサイドのハテブールがボレーで蹴り込んだ。 直後、インモービレのシュートがバーに直撃して助かったアタランタは41分に3点目。マリノフスキーの浮き球パスのルーズボールをボックス右のアレハンドロ・ゴメスが拾ってシュートをねじ込んだ。 アタランタが効率的に3点を入れて迎えた後半、ラツィオは55分にマルシッチがボレーシュートでゴールに迫ると、57分に1点を返す。左サイドからのミリンコビッチ=サビッチのクロスを受けたカイセドがゴールに蹴り込んだ。 直後、インモービレにGKとの一対一の決定機があったもののこれを決めきれずにいると、アタランタが61分に決定的な4点目。マリノフスキーのパスを受けたボックス左のアレハンドロ・ゴメスが左足を振り抜いて豪快にネットを揺らした。 終盤にかけてはアタランタが余裕を持った試合運びで時間を消化。開幕戦に続く4発で快勝し、開幕2連勝としている。 2020.10.01 05:44 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオ、ルイス・アルベルトと2025年までの新契約締結! セリエA屈指のチャンスメーカー

ラツィオは28日、スペイン代表MFルイス・アルベルト(28)と2025年6月30日までの新契約を締結した。 セビージャでプロキャリアをスタートしたルイス・アルベルトは、リバプールでのプレーを経て2016年夏にラツィオへ加入した。加入2年目にキャリアハイのセリエA11ゴールを挙げる活躍をみせ、一気にブレイクを果たすと、以降はセカンドトップや攻撃的MFを主戦場に絶対的なレギュラーに君臨。 昨シーズンはセリエA36試合に出場し、7ゴール17アシストの数字を残して4位フィニッシュしたクラブの躍進に大きな貢献を果たしていた。 ルイス・アルベルトは今年5月の時点で契約延長の意向を明らかにしていたが、諸々の調整の結果、自身の28歳のバースデーに契約書にサインすることになった。 2020.09.29 13:47 Tue
twitterfacebook
thumb

A・ペレイラ、ラツィオ移籍秒読み ターレSD&S・インザーギ監督が認める

マンチェスター・ユナイテッドに所属するブラジル代表MFアンドレアス・ペレイラ(24)のラツィオ行きが秒読み段階に入った模様だ。 移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏が自らのツイッターで提供した情報によると、2700万ユーロ(約33億3000万円)の買取オプションが付随したローン移籍で合意。選手の給与は両クラブで分担される形となり、今週にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 ブラジル人のフットボーラーだったマルコス・ペレイラ氏を父に持ち、ベルギー生まれのA・ペレイラはユナイテッドの下部組織出身。グラナダやバレンシアでの武者修行を経て、2018年にブラジル代表デビュー果たすと、2018-19シーズンからユナイテッドに復帰した。 しかし、公式戦40試合の出場で2得点4アシストをマークした昨季も攻撃的MFとしてのインパクトを欠き、レギュラーの座を射止めるに至らず、今季のここまで消化した公式戦3試合でいずれもベンチすらしていない状況だった。 また、イタリア『スカイ』によれば、ラツィオ側もA・ペレイラの加入間近を認めた模様。スポーツディレクターを務めるイグリ・ターレ氏は「2~3日後に到着するだろう」と述べ、シモーネ・インザーギ監督も「我々の下でうまくやってくれるだろう」と話したという。 2020.09.29 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

エースのインモービレ弾などでカリアリを下したラツィオが白星発進《セリエA》

ラツィオは26日、セリエA第2節でカリアリとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。 開幕節のアタランタ戦が延期となり、今節が開幕戦となるラツィオは、昨季の主力メンバーがスタメンに名を連ねた。 ゴディンが加入したカリアリに対し、インモービレとコレアの2トップで臨んだラツィオが立ち上がりから圧力をかけると、4分に先制する。マルシッチがボックス左で仕掛けてクロスを入れ、最後はファーサイドのラッツァーリが押し込んだ。 あっさりと先制したラツィオが主導権を握る中、前半終盤の42分に追加点のチャンス。ルイス・アルベルトのスルーパスでボックス左に抜け出したインモービレが枠の右隅を捉えるシュートを放ったが、GKの好守に阻まれ、1点のリードで後半へ折り返した。 迎えた後半、互角の攻防で推移した中、ラツィオは63分にルーカス・レイバに代えてエイバルから加入の新戦力エスカランテを投入。 リードを保つと、74分に加点した。左サイドをマルシッチが駆け上がり、マイナスに折り返したパスをボックス左のインモービレがゴール右に蹴り込んだ。 終盤にかけてはラツィオがカリアリの反撃を許さずに試合をクローズ。2-0のシャットアウト勝利で白星発進としている。 2020.09.27 03:01 Sun
twitterfacebook
thumb

ラツィオが獲得したFWムリキ、移籍手続きのため帰国したトルコで新型コロナ陽性反応

フェネルバフチェからラツィオに今夏加入したコソボ代表FWべダド・ムリキ(26)が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染していることがわかった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 ムリキはフェネルバフチェから加入。移籍に関する書類を完成させるためにトルコへと帰国。その際に受けたPCR検査で、陽性反応を示したとのことだ。なお、無症状であり、すでに隔離措置を取っているという。 当初はトルコでの噂に過ぎなかったが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によるとラツィオもムリキの感染を認めたとのことだ。 ムリキは先週ローマに到着。メディカルチェックを受け、ラツィオと5年契約を締結していた。 なお、これによりムリキは10月中旬までは起用できないことになり、シーズン序盤戦を欠場することになる。 2020.09.21 21:40 Mon
twitterfacebook