バルサがベルナルド・シウバに関心! ネウソン・セメド譲渡を交渉材料に

2020.08.10 16:21 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バルセロナが、マンチェスター・シティのポルトガル代表FWベルナルド・シウバ(26)に関心を示しているようだ。イギリス『テレグラフ』が伝えている。

2017年夏にモナコから加入したB・シウバは、独特なリズムと鋭いドリブルで攻撃にアクセントを加え、強力なオプションとしてその地位を確立。ジョゼップ・グアルディオラ監督の下で守備力も向上し、クラブのプレミアリーグ2連覇に貢献した。しかし、今季はMFフィル・フォーデンと台頭で重要性が減少。リーグ戦での先発出場は23試合にとどまった。

『テレグラフ』によると、バルセロナはB・シウバ獲得に金銭とポルトガル代表DFネウソン・セメドの譲渡を提案。今夏の動きから分かる通り、推定市場価値8000万ユーロ(約99億8000万円)のB・シウバの移籍金を用意する余裕はバルセロナにはなく、以前シティも獲得を狙ったというセメドを値下げ交渉の材料にする算段を立てているようだ。

B・シウバについてグアルディオラ監督は以前「彼の出場数が減ったのはおそらく私のせいだ。フィル・フォーデンがレベルアップし、リヤド・マフレズもクオリティをキープしている。その他の選手も調子が良いのだ」とコメントしており、序列の低下が懸念されていた。

コメント
関連ニュース
thumb

「素晴らしいパスだった」CL最年少で大会複数得点のファティ、アシストのデ・ヨングに感謝

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティがフェレンツヴァローシュ戦を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えている。 バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節でハンガリー王者のフェレンツヴァローシュと対戦して5-1で快勝。前半のうちにFWリオネル・メッシとファティがゴールを奪うと、後半はFWペドリや、FWウスマーヌ・デンベレにもゴールが生まれて、5-1の快勝を収めた。 1ゴール1アシストで攻撃を牽引したファティは試合後、「良い勝利だ。僕たちは順調なスタートを切ったし、これからもポイントを追加していかなければいけない」とCLの白星発進を喜んだ。 ファティは27分にMFフレンキー・デ・ヨングの浮き球をボレーシュートで決めてCL通算2ゴール目。18歳以下での大会複数得点は史上初となったが「チームメイトは僕を楽にしてくれる。デ・ヨングからの素晴らしいパスが送られてきて、合わせるだけだった」とアシストしたデ・ヨングに感謝した。 フェレンツヴァローシュに圧勝したバルセロナは次戦、24日にラ・リーガ第7節でレアル・マドリーとの“エル・クラシコ“に臨む。その大一番に向けて「可能な限り、最大限の熱意をもって次の試合に臨みたい。今は回復するとき。クラシコでプレーすることはいつも夢見てきた。上手くいけば、ピッチに立ててると思うよ」と回復に努め、活躍を誓った。 2020.10.21 19:40 Wed
twitterfacebook
thumb

CL史上初16年連続ゴールのメッシが史上最多36クラブからゴール、最も決められた相手は?

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、チャンピオンズリーグ(CL)で新たな記録を樹立した。 バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節でフェレンツヴァローシュと対戦。この試合で先発出場を果たしたメッシは、27分にPKを決めて先制ゴールを記録。チームは5-1で勝利した。 <div id="cws_ad"><br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJDMHlIVVAwOCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> このゴールにより、メッシはCLにおいて16シーズン連続ゴールを記録。これは史上初の出来事。16シーズンにわたってゴールを記録したのは、元マンチェスター・ユナイテッドのFWライアン・ギグス以来2人目の出来事となった。 また、メッシはフェレンツヴァローシュ戦でのゴールによりCLで36チームからゴールを奪ったことに。これは自身が持つ記録をまた1つ更新したことになる。 メッシは、CLでこれまで41チームと対戦し、ゴールを決められていないチームはルビン・カザン、アトレティコ・マドリー、ベンフィカ、ウディネーゼ、インテルの5チームとなった。 なお、ユベントスのFWクリスティアーノ・ロナウドとラウール・ゴンサレス氏が33チーム、レアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマ、ミランのFWズラタン・イブラヒモビッチが29チーム相手にゴールを記録している。 メッシは16カ国のクラブと対戦し、最もゴールを記録した国はイングランドのクラブで「26」となっている。 最も多くゴールを決めた相手はアーセナルで6試合で9ゴール。ミランとセルティックが8ゴールとなっている。メッシがゴールを記録した36チームは以下の通り。 ◆CLでメッシがゴールを決めた相手 【イングランド】 アーセナル(9ゴール) チェルシー(3ゴール) リバプール(2ゴール) マンチェスター・シティ(6ゴール) マンチェスター・ユナイテッド(4ゴール) トッテナム(2ゴール) 【スペイン】 レアル・マドリー(2ゴール) 【ドイツ】 バイエルン(4ゴール) ドルトムント(1ゴール) ブレーメン(1ゴール) レバークーゼン(7ゴール) ボルシアMG(1ゴール) シュツットガルト(3ゴール) 【イタリア】 ミラン(8ゴール) ユベントス(2ゴール) ナポリ(1ゴール) ローマ(2ゴール) 【フランス】 リヨン(5ゴール) パリ・サンジェルマン(4ゴール) アヤックス(6ゴール) PSV(4ゴール) 【ポルトガル】 スポルティング・リスボン(1ゴール) 【ギリシャ】 オリンピアコス(1ゴール) パナシナイコス(4ゴール) 【スコットランド】 レンジャーズ(1ゴール) セルティック(8ゴール) 【ウクライナ】 シャフタール・ドネツク(3ゴール) ディナモ・キエフ(2ゴール) 【ロシア】 スパルタク・モスクワ(4ゴール) 【チェコ】 ヴィクトリア・プルゼニ(3ゴール) スラヴィア・プラハ(1ゴール) 【デンマーク】 コペンハーゲン(3ゴール) 【ベラルーシ】 BATEボリソフ(2ゴール) 【スイス】 バーゼル(2ゴール) 【キプロス】 APOEL(3ゴール) 【ハンガリー】 フェレンツヴァローシュ(1ゴール) 2020.10.21 12:10 Wed
twitterfacebook
thumb

“レコードブレーカー”アンス・ファティが新記録樹立、CL最年少で2点目を記録

バルセロナのスペイン代表FWアンス・ファティ(17)が再び新たな記録を樹立した。 バルセロナは20日、チャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節でフェレンツヴァローシュと対戦した。 この試合で先発出場を果たしたアンス・ファティは、1-0で迎えた42分にフレンキー・デ・ヨングからの絶妙な浮き球パスをワンタッチで合わせゴール。その後もバルセロナは得点を重ね、5-1で勝利した。 アンス・ファティにとっては、この試合で記録したゴールが自身のCL2ゴール目。17歳355日での記録となり、CLで複数のゴールを記録した最年少選手となった。 アンス・ファティは、2019-20シーズンのグループステージ第1節のドルトムント戦でCLデビュー。自身のCL3試合目の出場となったグループステージ第6節のインテル戦で初ゴールを記録していた。 これまでのCLでも多くの記録を樹立しており、ドルトムント戦の出場は16歳321日でバルセロナ史上最年少でのCL出場選手に。インテル戦でのゴールは、17歳40日で記録され、CL史上最年少でのゴールとなっていた。 2020.10.21 09:54 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナが4選手と契約延長合意を発表! 守護神&主力CB2人にデ・ヨング!

バルセロナは20日、元スペイン代表DFジェラール・ピケ(33)、ドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲン(28)、フランス代表DFクレマン・ラングレ(25)、オランダ代表MFフレンキー・デ・ヨング(22)の4選手との契約延長合意を発表した。 バルセロナの発表によると、今回の4選手の合意は、ここ数週間の交渉の末に実現したもので、交渉の内容に関しては新型コロナウイルスによるクラブ財政面の打撃を考慮し、一時的なサラリーの調整などが含まれていたという。 ラ・マシア出身で2008年にマンチェスター・ユナイテッドから復帰して以降、最終ラインの主力として公式戦548試合に出場してきたピケは、2024年6月30日までの契約延長で合意。契約解除金は5億ユーロ(約623億円)に設定されている。なお、今回の契約延長に関しては2021-22シーズンに一定数の試合に出場することが、条件に含まれているという。 2014年夏にボルシアMGからバルセロナに加入し、ここまでの公式戦236試合に出場するなど、攻守両面で大きな貢献を見せているテア・シュテーゲンは、2025年6月30日での契約延長で合意。契約解除金はピケと同じ5億ユーロに。 さらに、2018年にセビージャから加入し、ここまで公式戦89試合に出場しているラングレは、2026年6月30日までの新契約締結で合意。契約解除金は3億ユーロ(約374億円)に設定されている。 最後に昨夏アヤックスから加入したばかりのデ・ヨングは、ラングレと同じ2026年6月30日までの契約で合意。契約解除金は4億ユーロ(約498億円)に設定されている。昨夏の契約から新たに2年の延長となった同選手は、同胞であるロナルド・クーマン監督からの信頼も厚く、将来的にはクラブのリーダーを担うことが期待されている。 2020.10.21 07:09 Wed
twitterfacebook
thumb

バルセロナ、ピケ退場もアタッカー陣躍動で5発圧勝! CL初陣飾り週末クラシコに弾み《CL》

2020-21シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)グループG第1節、バルセロナvsフェレンツヴァローシュが20日にカンプ・ノウで行われ、ホームのバルセロナが5-1で圧勝した。 昨シーズンのCL準々決勝で前大会王者バイエルンに2-8の衝撃的な敗戦を喫したバルセロナは、クーマン新監督の下で捲土重来を期して今季のCL初戦に臨んだ。 直近のリーグ戦でヘタフェ相手に今季初黒星を喫したチームは、今週末にレアル・マドリーとのエル・クラシコを控える中、ヘタフェ戦から先発4人を変更。ブスケッツ、ペドリ、グリーズマン、デンベレに代えてコウチーニョ、アンス・ファティと共にいずれも移籍後初先発となるピャニッチ、トリンコンを起用。最前線にメッシが入った。 ハンガリー王者をホームで迎え撃ったバルセロナは立ち上がりからボールを保持して相手を押し込んでいく。だが、10分にはオフサイドに救われたものの、裏へ抜け出したエングエンにネットを揺らされると、20分には相手のカウンターからエングエンにボックス内で起点を作られ、イサエウに決定的なシュートを許す。だが、今度はシュートがクロスバーを叩き事なきを得る。 押し込みながらも攻め切れないことで、徐々にフラストレーションが溜まるバルセロナだったが、エースの仕掛けが先制点をもたらす。27分、ボックス手前右で仕掛けたメッシがDF2枚の間を割って入ると、DFコバチェビッチに倒されてPKを獲得。これを自ら右隅へ決めた。 この先制点で余裕が出てきたバルセロナは、セルジ・ロベルトとトリンコンの右サイドが躍動。トリンコンの緩急自在のドリブル、セルジ・ロベルトの効果的な攻め上がりで優位性をもたらす。31分にはそのトリンコンのお膳立てからゴール前のアンス・ファティに絶好機も、相手GKの驚異的な反射神経に阻まれる。直後にもトリンコンにGKと一対一の決定機が訪れるが、再び好守に阻まれる。 それでも、良い形で攻勢を続けるホームチームは42分、ボックス手前左で後方のデ・ヨングにボールを預けてボックス内に飛び出したアンス・ファティが、デ・ヨングからの絶妙な浮き球パスをワンタッチで合わせ、2点リードで試合を折り返した。 後半も立ち上がりから相手を押し込むバルセロナは52分に3点目を奪取。ボックス右でボールを受けたメッシから横パスを受けたアンス・ファティが、絶妙な右足のヒールパスをボックス左のスペースへ流すと、フリーのコウチーニョが冷静にニア下を射抜いた。 この3点目で勝利を大きく引き寄せたバルセロナは週末のクラシコを睨み、62分にはトリンコン、アンス・ファティ、セルジ・ロベルトを下げてデンベレ、ペドリ、ジュニオール・フィルポを投入する3枚替えを敢行。 ここから試合を締めにかかるバルセロナだったが、68分にアクシデントが発生。ボックス内に抜け出したエングエンをDFピケが後方から引き倒すと、これが決定機阻止のファウルと判断され、レッドカードが掲示される。さらに、このファウルで与えたPKを決められて1点を返される。 その後、コウチーニョを下げてアラウホを投入したバルセロナは、ここからアウェイチームの攻勢に晒される。だが、この苦境を救ったのはデンベレだった。 まずは82分、カウンターから右サイドで果敢に仕掛けたフランス代表FWは相手のDF4枚を引き付けてボックス内へ持ち込んで丁寧な折り返しを入れる。これをフリーのペドリが冷静に流し込み、バルセロナでの初ゴールとする。さらに、89分にはボックス中央でDFを引き付けたメッシのお膳立てからトドメの5点目まで奪って見せた。 そして、ピケ退場というアクシデントこそあったものの、出場したアタッカー陣が揃って結果を出す実りある内容で快勝のバルセロナが今シーズンのCLを白星でスタートすると共に、クラシコへ大きな弾みをつけた。 バルセロナ 5-1 フェレンツヴァローシュ 【バルセロナ】 メッシ(前27[PK]) アンス・ファティ(前44) コウチーニョ(後7) ペドリ(後37) デンベレ(後44) 【フェレンツヴァローシュ】 ハラティン(後25[PK]) 2020.10.21 06:08 Wed
twitterfacebook