ウィリアン、アーセナル移籍合意か 今月後半に発表とも

2020.08.07 10:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのブラジル代表MFウィリアン(31)がアーセナル移籍を決心したようだ。フランク・ランパード監督の下で若返りが進む今季も公式戦47試合11得点9アシストの数字を収めるウィリアン。ひとたびピッチを離れると、2013年から所属するチェルシーと今季限りの契約を巡る延長交渉の行方に長らく注目が集まっている。

しかし、両者の交渉は依然難航。アーセナルやバルセロナ、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のインテル・マイアミらの関心が指摘されるなかで、チェルシーから新たに2年契約のオファーを受けたウィリアンだが、3年契約を求めて拒否した模様だ。

そして、『ESPN』によると、チェルシー在籍7年で公式戦339試合63得点62アシストを記録するウィリアンは来季からのアーセナル入りを決断した様子。週給約10万ポンド(約1400万円)の3年契約で合意に至り、今月後半に発表される予定だという。

移籍が実現すれば、チェルシーと同じくロンドンに本拠地を置くライバルクラブへの鞍替えとなるが、果たして。
コメント
関連ニュース
thumb

リーグ戦で快勝もアーセナルを警戒…ACリンダース氏「リーグ戦とカップ戦は別物」

リバプールのアシスタントコーチを務めるペップ・リンダース氏が、中2日で行われるアーセナル戦に向けてリーグ戦とカップ戦は別物だと述べた。クラブ公式サイトが伝えている。 10月1日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でアーセナルと激突するリバプール。先月28日に行われたプレミアリーグ第3節でも対戦したアーセナル戦では先制を許しながらも、王者の貫禄を見せつけて3-1の快勝を収めた。 アーセナルに連勝を目指すリンダース氏は、リーグ戦とカップ戦は別物だと強調。相手指揮官の歴戦を踏まえ、難しい試合になると予想している。 「リーグ戦でも戦ったが、今回はカップ戦だ。ミケル・アルテタ監督のカップ戦での歴戦はよく知っている。手強い相手になるだろう」 「中2日しかない。もちろん彼らは我々と同様に改善するだろう。楽しみにしているよ」 「例えば、歴史上の優れた全チームを見てみても、いまのところヨーロッパで本当のアイデンティティ持っているのは彼らだ。ミケルはこのアイデンティティをアーセナルに植えつけた」 「重要なことは中2日しかない回復プロセスだ。どうやってフレッシュネスを取り戻せばいい?」 「どうすれば選手たちが今までのプレースタイルのまま試合に臨むための本当の準備が出来ているか確かめられるのか? それが今重要なことだ」 リバプールのプレースタイルではフレッシュさとフィットネスが鍵となると話すリンダース氏は、若手を多く起用することも示唆している。 「疲労が残っている場合は、より難しい試合になることはわかっている。いつものように若さと経験を兼ね備えた強いチームを送り出す。しかし、特にそれは決勝戦のような夜に再びアンフィールドで戦いたいというハングリー精神と情熱を持ったチームになるだろう」 2020.10.01 18:15 Thu
twitterfacebook
thumb

リバプールにリベンジなるか…アルテタ監督「相手を認めて我々は向上する」

アーセナルのミケル・アルテタ監督がリバプール撃破に向けて意気込みを語っている。イギリス『TeamTalk』が伝えた。 10月1日に行われるEFLカップ(カラバオカップ)4回戦でリバプールと激突するアーセナル。それに先駆けて行われたプレミアリーグ第3節でもリバプールと対戦したが、先制しながらも逆転負け。力の差を痛感する内容だった。 再びアンフィールドに乗り込むアルテタ監督は、前回対戦では相手が上回っていたことを認めながらも、成長に繋がる試合だったとポジティブに捉え、リベンジに向けて力強い言葉を残した。 「我々が試合を通して張り合えたことに満足しているが、もっと上手く出来た部分があるとも感じている。そしてチームはもっと良くなる。我々の進む過程において大きな助けとなるだろう」 「我々はど努力もしたし、選手たちも信じていた。試合前に私が彼らに求めたのは信じることだった」 「自分たちのやり方でプレーすること、今はただ、相手の方が優れていたことや現時点で我々が劣っていることを認め、向上していかなければならない」 「これが私たちが到達しなければならないレベルだ。木曜日は勝てるようにまた努力する」 2020.10.01 16:57 Thu
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがメイトランド=ナイルズ獲りへ! 交渉はすでに大詰めか

マンチェスター・ユナイテッドが、アーセナルのイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(23)の獲得に興味を持っているようだ。 アーセナルの下部組織出身のメイトランド=ナイルズは2017年7月にファーストチームへ昇格。左右のサイドバックやウイングバックでプレー可能なユーティリティ性を持ち、同クラブでの公式戦出場は104試合を数える。今季もプレミアリーグとコミュニティ・シールドのリバプール戦、EFLカップのレスター・シティ戦など大一番でフル出場しており、ミケル・アルテタ監督からの信頼がうかがえる。 そんなナイルズに現在ユナイテッドから触手が伸びてきている模様。ドイツ『Sport1』の記者フロリアン・プレッテンベルク氏によれば、すでに交渉は大詰めを迎えており、近日中に公式発表があると見込まれている。移籍金は2200万ユーロ(約24億7600万円)にボーナスを加えたものになるという。 以前のイギリス『スカイ・スポーツ』の情報によると、同選手にはウォルバーハンプトンも獲得を試みたが、アーセナルはその1650万ユーロのオファーを拒否。少なくとも2200万ユーロを求めていると伝えられていたが、今回の報道通りならば、ユナイテッドはアーセナルの希望を満たしていることになる。 なお、アーセナルとナイルズの契約は2023年までとなっている。 2020.10.01 13:25 Thu
twitterfacebook
thumb

トレイラのアトレティコ移籍が迫る!

アーセナルのウルグアイ代表MFルーカス・トレイラ(24)のアトレティコ・マドリー移籍が近づていているようだ。 2018年夏にサンプドリアから加入し、昨シーズンは公式戦39試合に出場したトレイラだが、今季はここまで全公式戦でベンチ外となっており、放出は既定路線。 アトレティコは以前からトレイラの移籍先として名前が挙がっており、一方でサンプドリア時代の恩師であるマルコ・ジャンパオロ監督が指揮するトリノも交渉を進めていると伝えられている。 そんな中、移籍に精通するジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、同選手の代理人とアトレティコ間の交渉が大詰めを迎えている模様。これまでの情報ではレンタルを要求するアトレティコに対し、アーセナルは完全売却を希望している。この差がどこまで縮まったかは明言されていないが、ウルグアイ代表MFのロヒ・ブランコス入りは決定的の様だ。 一方で、アーセナルはアトレティコのガーナ代表MFトーマス・パルティの獲得を目指しているが、トレイラの移籍に影響するかどうかは明らかになっていない。 2020.09.30 17:35 Wed
twitterfacebook
thumb

コラシナツ、レバークーゼン移籍間近に! 古巣シャルケは撤退か

アーセナルに所属するボスニア・ヘルツェゴビナ代表DFセアド・コラシナツ(27)のレバークーゼン移籍が迫っているようだ。 かねてより今夏の移籍が噂されてきたコラシナツ。ドイツ『シュポルト・ビルト』や、ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、アーセナルとレバークーゼンが推定1000万ユーロ(約12億3800万円)の移籍金で合意したとのこと。 古巣のシャルケも獲得に動いたと伝えられていたが、高額なサラリーがネックとなり交渉は難航。ドイツ『スカイ』によると、一方でレバークーゼンはその点をクリアしたようで、間もなく公式発表がなされると見込まれている。 2017年夏のアーセナル加入以降、左サイドバックや左ウイングバックを主戦場に、毎シーズン公式戦30試合以上に出場してきたコラシナツ。だが、今シーズンはスコットランド代表DFキーラン・ティアニーやU-19イングランド代表FWブカヨ・サカとのポジション争いで劣勢を強いられると見られ、移籍の可能性が高まっていた。 2020.09.30 15:41 Wed
twitterfacebook