ローマ、米『フリードキン』へのクラブ売却が合意! パロッタ体制終焉でロマニスタに朗報!

2020.08.06 16:27 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ローマは5日、アメリカの『フリードキン・グループ』とのクラブ売却交渉が合意に達したと発表した。

なお、正式契約は6日夜に予定されており、8月末までにすべての取引を完了させる見通しとのことだ。

ローマの過半数株主である『AS Roma SPV, LLC』が、イタリアの証券市場を規制する政府機関『CONSOB』に提出した財務報告書によると、『AS Roma SPV, LLC』は、『フリードキン』に対してクラブ経営権を含む関連資産を売却し、『フリードキン』は関連負債を引き取ることになるという。

株式売却に関してはチームに関連する3.3%、『AS Roma SPV, LLC』の関連会社である『NEEP Roma Holding S.p.A』が保有する83.3%を合わせた86.6%が『フリードキン』に売却されるという。

また、すべての取引が完了した場合、『フリードキン』はチームの発行済株式(約13.4%)を対象とした強制的な公開買付けを開始する義務を負うことになる。
今回のクラブ売却合意を受け、ジェームズ・パロッタ会長、『フリードキン・グループ』の代表を務めるダン・フリードキン氏は、以下のようなコメントを残している。

◆ジェームズ・パロッタ会長
「ASローマの売却に関して、フリードキン・グループとの合意を確認できたことを嬉しく思う。我々は今夜契約書にサインし、今後数日のうちに、クラブの売却に繋がる正式な法的手続きを完了させるために協力していくことになる。この1カ月間、ダンとライアン・フリードキンは、この契約を完成させ、クラブを前向きに前進させることに全力で取り組んでくれた。彼らがASローマの将来の偉大なオーナーになることを確信している」

◆ダン・フリードキン氏
「フリードキン・グループのスタッフ全員が、この象徴的な街とクラブの一員になるための一歩を踏み出せたことをとても嬉しく思っている。一日も早く交渉を完了させ、ASローマのファミリーに浸れることを楽しみにしている」

今回の合意によってローマの新オーナーになることが決定的となったダン・フリードキン氏は、アメリカにおける『トヨタ自動車』のメジャーディーラーの1つ、『Gulf States Toyota Distributors』のチェアマンを務める実業家だ。

両者は昨年からクラブ売却に向けた交渉を行っており、今年2月末には7億ユーロ(約877億円)の金額で大筋合意に至っていた模様だが、新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックによって両者は一時交渉をストップ。その間にコロナ禍による経済への深刻な打撃もあり、『フリードキン』サイドが大幅な減額での再オファーを掲示すると、5月末に一時交渉が決裂していた。

しかし、パロッタ会長自身が深刻な財政問題を抱えていたこともあり、最終的には5億~6億ユーロ(約626億~751億円)という条件での合意となった模様だ。

2011年にアメリカ系投資グループによって買収されたローマは、2012年8月にパロッタ氏が会長職に就任。この間に財政状況を好転させ、2017-18シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出の快挙も成し遂げた。

その一方で、遅々として進まぬ新スタジアム建設、フランチェスコ・トッティダニエレ・デ・ロッシと2人のバンディエラの退団というネガティブな話題も目立ち、近年ほとんどローマを訪問しないパロッタ会長への不満は高まっていた。

さらに、今年に入って巨額の負債が明らかになっており、今夏の移籍市場に向けては多くの主力の放出を余儀なくされると見られていた。だが、『フリードキン』へのクラブ売却が合意に至ったことで、今後に向けて少しずつ光明を見いだせそうだ。

なお、今季のセリエAを5位フィニッシュしたローマは、6日に中立地ドイツで行われるヨーロッパリーグ(EL)のラウンド16でセビージャと対戦する。


関連ニュース
thumb

ローマが2022年初勝利! デビュー戦でPKキッカー指名のセルジオ・オリベイラが決勝点《セリエA》

セリエA第22節、ローマvsカリアリが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。 2022年に入ってミラン、ユベントス相手に連敗スタートとなった7位のローマは、降格圏の18位に沈むカリアリをホームに迎えて新年初勝利を目指した。 モウリーニョ監督は3-4で敗れたユベントス戦から先発4人を変更。出場停止のイバニェスとコンディション不良のスモーリングに代えてマンチーニ、クンブラをセンターバックに置き、中盤では出場停止のクリスタンテとベンチのヴェレトゥに代えてポルトからの新戦力のセルジオ・オリベイラ、ザニオーロを起用した。ただ、ウォームアップ中に痛みを訴えたペッレグリーニがプレー不可能となり、急遽ヴェレトゥがスタメンに入り、マンチーニが腕章を巻くことになった。 試合は開始早々にローマにチャンス。4分、セルジオ・オリベイラからのスルーパスに抜け出したザニオーロがボックス内でDFカルボーニと交錯。このプレーでPKが与えられる。だが、オンフィールドレビューの結果、先にカルボーニがボールにアタックしていたとの判定でPKは取り消しに。 以降はボールの主導権を握りながらアフェナ=ギャン、ザニオーロの両翼のスピードを生かしながらカリアリ守備の攻略を図っていく。幾度か惜しいカウンターチャンスを作るが、最後の精度を欠く。 それでも、30分過ぎにはムヒタリアンの中央突破を生かしたカウンターアタックからボックス手前右のセルジオ・オリベイラが強烈なシュートを放つと、これがDFダウベルトの身体から離れていた左腕に直撃。この試合2度目のオンフィールドレビューの結果、今度はPKが与えられた。 ローマにはヴェレトゥというメインキッカーがいたものの、モウリーニョ監督はポルト時代からPKの名手として知られたセルジオ・オリベイラをキッカーに指名。これがデビュー戦の29歳MFは難なく右隅へ蹴り込んでデビュー戦で早速ゴールを決めた。 前半の良い時間帯に先制に成功したローマは、より前に出てきたカリアリの攻撃を受け止めながらムヒタリアンを起点に幾度か鋭いカウンターを発動。快足を飛ばしたアフェナ=ギャンのお膳立てからボックス内のザニオーロに絶好機が訪れたが、ここは相手DFの見事なカバーリングもあって2点リードでハーフタイムを迎えることはできなかった。 後半も試合展開に大きな変化はなし。トップ下で存在感を示すムヒタリアンのチャンスメイクからアフェナ=ギャンに再三のカウンターチャンスが訪れるが、18歳FWは若さ故の判断ミスや自身の驚異的なスピードを御し切れず、ことごとくチャンスをフイにしてしまう。65分にはムヒタリアンの突破からボックス右に抜け出したヴェレトゥにラストパスが出るが、ここはシュートをミートし切れず。 守備の局面ではマンチーニを中心に集中した対応が続く一方、ここ最近の大量失点を考えると、2点目がほしいローマ。74分には右サイドから馬力のある仕掛けでDF2枚を振り切ってボックス内に侵入したザニオーロに絶好機も、利き足とは逆の右足で放ったシュートはわずかに枠の左に外れた。 以降も再三の決定機をモノにできずに最少得点差での痺れる状況が続くローマは、84分に大ピンチが訪れる。右サイドからのグラウンダーのクロスをゴール前に走り込んできたジョアン・ペドロに右足ワンタッチで合わせられるが、ここはGKルイ・パトリシオが見事な反応で触りボールはクロスバーを叩いた。 思わず冷や汗をかいたモウリーニョ監督はザニオーロを下げてサイドバックのカルスドルプを投入し、メイトランド=ナイルズを一列上げる。さらに、試合終了間際にはこれがトップチームデビューとなる17歳のギリシャ人DFケラミツィスをピッチに送り込み、完全に逃げ切り態勢に入った。 そして、このまま時計を進めたローマがウノゼロで勝ち切り、連敗をストップすると共に4戦ぶりとなる2022年初勝利を手にした。 2022.01.17 04:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマ加入のメイトランド=ナイルズが意気込む 「ローマで何ができるかということだけに集中」

アーセナルからローマにレンタル移籍で加入したイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズが新天地での意気込みを語った。 ミケル・アルテタ監督の信頼を得られず、アーセナルで燻ぶっていたメイトランド=ナイルズは、出場機会を求めて、今月8日に買い取りオプションが付かないドライローンでローマに半年契約で加入。その翌日にはユベントスとのビッグマッチで早くもスタメンデビューを飾っていた。 慌しい数日間を経て、一区切りを付けた24歳のMFは、13日に行われた加入後初の公式会見の場で新天地での意気込みを改めて語っている。クラブ公式サイトが同選手のコメントを伝えている。 「今は、自分自身とクラブのことだけを考えているよ。自分がここにいる意味を証明し、できる限り高い順位でシーズンを終えたい。そして、チャンピオンズリーグの出場権を獲得したいと思っているよ」 「自分の契約状況や(将来の)居場所にはこだわっていない。自分がどこにいても、今いるクラブで何ができるかということだけに集中しているよ」 また、個人としては右サイドバックで上々のパフォーマンスを見せながらも、後半7分間で3失点を喫した末に3-4で敗れた自身のデビュー戦については、自身を含め「90分を通して集中すること」を課題として挙げた。 「浮き沈みがあるのは、フットボールの一部さ。あの7分間に集中力を欠いたことで、それが敗因となった。だから、もし僕らが考え方を変えて、90分を超えてさらに7分間集中することができれば、多くの試合に勝てるチームになるはずだ。だから、その考え方を変えて、90分を通して集中するチームになりたいと思っている」 また、ローマには同い年で旧知のFWタミー・エイブラハム、DFクリス・スモーリングと2人のイングランド人プレーヤーが在籍している。その同胞との関係と共にセリエAに対する印象についても語っている。 「ここは素晴らしいリーグだと思う。イングランドとはちょっと違っていて、こっちの方がより戦術的で、技術的なんだ。前の試合のように、常にピッチ内で意識的に、集中し続けなければならないんだ」 「タミーはここに来る前からよく知っていたよ。クリスのことはあまり知らなかったけど、ここに来てから親しくなったよ。ピッチ上ではイタリア語を話すことになるけど、最終的にはフットボールを理解することが大事なんだ」 「監督はチーム全体にイタリア語で話しているけど、僕はフットボールを理解しているし、どうプレーすればいいのかも分かっているから、少しは理解できるよ。周囲の人が助けてくれる部分もあるけれど、何を言われているのか、何を求められているのか、十分理解しているんだ」 最後に、自身のプレーヤーとしての長所と課題についても言及。ユーティリティ性への自信を見せつつ、ハイパフォーマンスの継続という部分を課題に挙げている。 「自分には複数の能力があると思っているよ。走れるし、ピッチ上におけるエネルギーもあるし、速くて強いし、技術的な能力も高い。ゲームもよく理解していると思う」 「だから、僕にとっては、毎週10点満点で9点のプレーをするのが当たり前になるように、毎試合それを実践することが大事と思っている。6点、7点という平均的なパフォーマンスではなく、9点、10点というパフォーマンスを毎週発揮することを目指しているよ」 「だから、僕が改善しなければならないのは、自分のパフォーマンスの水準を常に高くすること。そして、(ピッチ上での)すべての行動が明確な意図と目的を持って行われるようにすることだ」 2022.01.14 07:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、ビジャール&マジョラルのヘタフェへのレンタル移籍を発表!

ローマは13日、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(23)、スペイン人FWボルハ・マジョラル(24)のヘタフェへのレンタル移籍を発表した。レンタル期間は今シーズン終了までとなる。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられていなかった。 一方、昨シーズンにレアル・マドリーからの2年レンタルで加入したマジョラルは、加入1年目に公式戦47試合に出場し、17ゴール7アシストを記録。 しかし、2年目の今季はイングランド代表FWタミー・エイブラハム、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフの加入もあり、センターフォワードの3番手に甘んじると、ここ最近ではプリマヴェーラに所属するガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャンにも序列で抜かれることに。ここまで公式戦11試合1ゴールの数字も、プレータイムは250分以下に限られている。 その2選手に関してはこれまで幾つかの新天地候補が報じられていたが、共に出場機会を最優先とした中、今シーズンのラ・リーガで残留圏内ギリギリの17位に位置するヘタフェを選択した。 なお、マジョラルはマドリード出身で、ビジャールに関しては実弟であるU-19スペイン代表MFハビエル・ビジャール(18)がレアル・マドリーのフベニールA(U-19チーム)でプレーしており、そういった環境面が移籍を後押しした可能性もありそうだ。 2022.01.13 22:04 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがポルトMFセルジオ・オリベイラを獲得! 昨季は20G7Aの大活躍

ローマは12日、ポルトからポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ローマはレンタル料として100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、買い取りには追加で1300万ユーロ(約17億円)を支払う必要があるようだ。 同胞ジョゼ・モウリーニョ監督からのラブコールを受け、ローマ加入が決定した29歳MFは新天地での意気込みを語った。 「この偉大なクラブに来られたのは素晴らしいことだ」 「ローマはこれまで常に本気の関心を示してくれていたんだ。今はすぐにでもチームの目標達成に貢献し、正しいメンタリティを育み続けたいと思っているよ」 「新しいチームメイトと一緒に仕事をすることが待ち遠しく、自分も成長し続けられると確信しているよ」 一方、指揮官同様に同胞MFを高く評価するゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏は、大きな期待を口にしている。 「セルジオ・オリベイラは、我々のチームにクオリティと個性を加えてくれるプレーヤーだ」 「彼はキャリアにおいて多くの勝利を収め、クラブと国の代表として世界で最も重要な大会に参加し、最高レベルの経験を積んできた」 「ローマに参加したいという彼の願望は、我々の合意に向けて決定的なものだった。我々はこのクラブでプレーすることを熱望しているプレーヤーを迎え入れ続けることが非常に重要であると信じている」 ポルトの下部組織出身のセルジオ・オリベイラは2009-10シーズンにトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を経験。その後、2019-20シーズンから徐々に出場機会を増やし、ここ2シーズンでは完全な主力に定着している。 セントラルMFを主戦場に高精度の右足、戦術眼に長けた“8番”タイプのMFは、運ぶドリブル、局面を変えるパス、強烈なミドルシュート、プレースキックを特長としており、昨シーズンは公式戦48試合20ゴール7アシストという圧巻のスタッツを叩き出していた。 イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニへの依存が顕著なチームにおいてビルドアップ、崩しの局面でアクセントが付けられるポルトガル代表MFの加入は、巻き返しを狙うローマにとって良い補強となるはずだ。 2022.01.13 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマのスペイン人2選手がヘタフェにレンタルへ!

ローマのスペイン人2選手がヘタフェにレンタル移籍することが濃厚となった。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』など複数メディアが報じている。 今シーズンからローマの新指揮官に就任したジョゼ・モウリーニョ監督は、プレシーズンから現有戦力の評価を行ってきた中、前半戦の早い段階で数選手を自身の構想外とした。 その中でアメリカ代表DFブライアン・レイノルズ(20)、ギニア代表MFアマドゥ・ディアワラ(24)と共に、構想を外れていたのが、スペイン代表MFゴンサロ・ビジャール(23)、スペイン人FWボルハ・マジョラル(24)だ。 そして、今冬の放出が既定路線となっていたビジャールとマジョラルは、奇しくもヘタフェという同じ移籍先を選択したようだ。 2020年1月にエルチェから完全移籍で加入した優れた戦術眼とパスセンス、キープ力を誇る大器のビジャールは、昨シーズンは途中出場がメインながらも公式戦47試合に出場。前指揮官パウロ・フォンセカの下ではブレイクの兆しを見せていた。 しかし、前半戦を通して2ボランチを採用していたポルトガル人指揮官の下では守備の強度、ダイレクト志向が強いスタイルへの順応に苦戦。ヨーロッパ・カンファレンスリーグでは予選を含め6試合に出場したものの、セリエAでは1度も出番が与えられていなかった。 一方、昨シーズンにレアル・マドリーからの2年レンタルで加入したマジョラルは、加入1年目に公式戦47試合に出場し、17ゴール7アシストを記録。しかし、2年目の今季はイングランド代表FWタミー・エイブラハム、ウズベキスタン代表FWエルドル・ショムロドフの加入もあり、センターフォワードの3番手に甘んじると、ここ最近ではプリマヴェーラに所属するガーナ代表FWフェリックス・アフェナ=ギャンにも序列で抜かれることに。ここまで公式戦11試合1ゴールの数字も、プレータイムは250分以下に限られている。 その2選手に関してはこれまで幾つかの新天地候補が報じられていたが、共に出場機会を最優先とした中、今シーズンのラ・リーガで残留圏内ギリギリの17位に位置するヘタフェを選択したようだ。 なお、マジョラルはマドリード出身で、ビジャールに関しては実弟であるU-19スペイン代表MFハビエル・ビジャール(18)がレアル・マドリーのフベニールA(U-19チーム)でプレーしており、そういった環境面が移籍を後押しした可能性もありそうだ。 2022.01.12 08:00 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly