GKも見送ることしかできず!元Jリーガーファネンブルグの超変化FK【ビューティフル・フリーキック】

2020.08.09 11:00 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は、元オランダ代表MFのジェラルド・ファネンブルグ氏がアヤックス時代に決めたフリーキックだ。

◆元Jリーガーファネンブルグの超変化FK

アヤックスの下部組織出身のファネンブルグ氏は、アヤックスと1986年に移籍したPSVで中心選手として活躍。8度のオランダリーグ制覇を経験している。また、1993年には当時JFLのジュビロ磐田に加入し、3年間日本でプレーした。

172cmと小柄ながらそのテクニックとキックの精度を武器としていたファネンブルグ氏は、1984年3月25日に行われたエールディビジ第26節のフローニンヘン戦で素晴らしいFKも決めている。

4-1と3点リードで迎えた79分、アヤックスはペナルティーアーク左の絶好の位置でFKを獲得する。

FKの名手であるDFロナルド・クーマンもいた中、ファネンブルグが右足で擦り上げるように蹴ると、強烈な回転がかかったシュートが急激に曲がってゴール右上隅の完璧なコースへと決まった。

枠外から一気に曲がる軌道に相手GKは見送ることしかできず。見事な一撃だった。
コメント
関連ニュース
thumb

相手GKは見送ることしかできず、ジダン氏がユベントス時代に決めた低弾道FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、レアル・マドリーのジネディーヌ・ジダン監督がユベントス時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ5aXo3VGFVTCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> カンヌでのデビュー後、ボルドーで頭角を現したジダン氏は、1996年から、レアル・マドリーへと移籍する2001年までユベントスでトップ下として活躍。在籍5年で公式戦212試合に出場し31ゴール36アシストを記録している。 いくつもの名ゴールを決めているジダン氏だが、1996年12月1日に行われたセリエA第11節のボローニャ戦では、見事な直接FKも決めている。 スコアレスで迎えた51分、ユベントスはペナルティーアーク右の好位置でFKを獲得する。名手アレッサンドロ・デル・ピエロらもいる中でジダンが右足を振り抜くと、壁をギリギリのところで越えたシュートはゴール左に吸い込まれ、逆を突かれた相手GKは見送ることしかできなかった。 このFKが唯一のゴールとなり、ユベントスはウノゼロで勝利を収めている。 ルイス・フィーゴ氏やロベルト・カルロス氏らFKの名手が揃っていたレアル・マドリー時代にもキッカーを任される場面があったジダン氏。ユベントス時代にはそれほど蹴る機会は多くなかったものの、その実力は確かだった。 2020.10.01 23:00 Thu
twitterfacebook
thumb

絶対王者バイエルンの強さを見せつけたアラバのパーフェクトショット【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、バイエルンのオーストリア代表DFダビド・アラバが決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆アラバのパーフェクトショット<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI3Z2NscGVxQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> アラバは2011年にバイエルンでトップチームデビュー後、すぐさま主力に定着してみせ、チームを代表する選手の1人として知れ渡る存在に。昨シーズンからセンターバックとしての役割を高いレベルでこなすなど、マルチロールぶりも遺憾なく発揮し、チームのブンデスリーガ8連覇に大きく貢献。セットプレーでもチームの武器になっている。 2017年5月13日に行われたブンデスリーガ第33節のRBライプツィヒ戦では、1点ビハインドで迎えた後半アディショナルタイムに劇的な直接FKを決めている。 すでにバイエルンの優勝は決まっていたものの、上位2チームの戦いとなったこの試合前半から打ち合いとなると、4-3とライプツィヒ1点リードで試合終盤を迎える。 瀬戸際の90分、バイエルンはゴールほぼ正面の位置でFKを獲得すると、アラバが左足を一閃。美しい弧を描いたシュートがゴール右隅へと突き刺さった。完璧な軌道に相手GKペーテル・グラーチも成す術なしだった。 このゴールで同点に追いついたバイエルンはアディショナルタイム5分にFWアリエン・ロッベンが値千金の勝ち越しゴールを奪い、大逆転でタイムアップ。王者の貫禄を見せつけた。 2020.10.01 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

相手GKも釘付け!2年前のCLで見せた“魔術師”イスコの超絶変化FK【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、スペイン代表MFイスコがレアル・マドリーで決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆“魔術師”イスコの超絶変化FK <br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJOdGFZeGJ0QyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2013年夏にマドリーへ移籍したイスコは、絶対的な主力にはなっていないものの、低い重心からの変幻自在のドリブルやセンス溢れるパスでファンを魅了している。 そんなイスコは、2018年9月18日に行われたチャンピオンズリーグのグループリーグ、ローマ戦では、見事な直接FKも決めている。 ゴールレスで迎えた前半終了間際の45分、マドリーはペナルティーアーク内の絶好の位置でFKを獲得する。キッカーのイスコが右足を振り抜くと、ギリギリのところで壁を越えたシュートは強烈に変化し、ゴール左へと突き刺さった。 GKが一歩も動けない完璧なシュートで先制に成功したマドリーは後半にも追加点を重ね、3-0で完勝している。 2020.09.29 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチの威力が勝る!壁に当たりながらもゴールにねじ込んだPSG時代の強烈シュート【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがパリ・サンジェルマン(PSG)時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆イブラヒモビッチがゴールにねじ込んだ強烈シュート<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJQU1V2cWhlRCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 行く先々でゴールを積み重ねてきたイブラヒモビッチ。38歳になってもなお衰えを知らない。イブラヒモビッチと言えば強烈なキックも武器の一つだが、2013年12月22日に行われたリーグ・アン第19節のリール戦では、破壊力満点のFKも決めている。 スコアレスで迎えた36分、PSGはバイタルエリア右でFKを獲得する。キッカーのイブラヒモビッチは味方FWのルーカス・モウラが空けたコースを狙うが、わずかに逸れたシュートは相手の壁にぶつかってしまう。 しかし、イブラヒモビッチが振り切ったシュートは少し軌道を変えたままゴールへと一直線に向かい、相手GKも反応できない魔球となってネットを揺らした。 ややラッキーな面もあったものの、イブラヒモビッチの弾丸シュートが中途半端な壁では止められないと分かった瞬間であった。 2020.09.28 23:59 Mon
twitterfacebook
thumb

“FKの魔術師”ジュニーニョが本領発揮!角度のない位置からの急転直下FK弾【ビューティフル・フリーキック】

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元ブラジル代表MFジュニーニョ・ペルナンブカーノ氏がリヨン時代に決めたフリーキックだ。 <div id="cws_ad">◆GKバルデスのリアクションにも注目!ジュニーニョの急転直下FK<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJmRGRXRVNGaiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> かつて世界最高のフリーキッカーとまで言われたジュニーニョ氏。キャリア通算で70本以上もの直接FKを沈め、相手GKに恐怖を与えてきた。 ヨーロッパの舞台でもその右足は健在で、2009年2月24日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16、バルセロナとの1stレグでも見事な直接FKを決めている。 7分、リヨンはボックス左外でFKを獲得する。角度のない位置からのキックに、リヨンの選手たちはゴール前で合わせようと中へ入っていくが、ジュニーニョはまさかのシュートを選択。バルセロナGKビクトル・バルデスの頭上を越えたキックは、急激に落ちるとゴール右のサイドネットへと突き刺さった。 完全に逆を突かれたビクトル・バルデスは足をもつれさせ、自身が守るゴールにまさかのゴールイン。そのリアクションからもジュニーニョの一撃のスゴさが分かるだろう。 2020.09.28 16:30 Mon
twitterfacebook