今夏の注目株ネレスはプレミア行きに関心 「常にそこでプレーしたいと思ってきた」2019.06.17 03:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アヤックスに所属するブラジル代表FWダヴィド・ネレス(22)が、プレミアリーグへの関心を口にした。同選手がイギリス『リバプール・エコー』で語った。今シーズン、アヤックスの国内2冠に大きく貢献したネレスには、パリ・サンジェルマン(PSG)やアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど多くのビッグクラブが関心を示している。

その中でプレミアリーグ行きの可能性に関して問われたネレスは、イングランドでのプレー希望を語っている。

「もちろん、プレミアリーグには大いに興味をひかれているよ。世界で最高のリーグの1つだからね」

「以前から常にそこでプレーしたいと思ってきたんだ。だけど、僕は自分のすべてを神の手に委ねているんだ」

サンパウロ時代から“NEXTネイマール”として注目を集め、2017年冬にアヤックスへ移籍したネレス。加入2年目となった今季は左ウイングを主戦場に持ち味の快足、攻撃センス、左足のテクニックを遺憾なく発揮し、公式戦50試合出場で12ゴール、15アシストの数字を残した。

また、今年3月のチェコ代表戦でセレソンデビューを果たすと、現在母国で開催中のコパ・アメリカのメンバーにも選出されている。

なお、エバートンでプレーする同胞FWリシャルリソンは、ネレスのエバートン移籍に向けて熱心に説得を行っているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

アヤックス、デ・リフト後釜にメキシコ代表DFアルバレスを獲得

アヤックスは19日、クラブ・アメリカのメキシコ代表DFエドソン・アルバレス(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年間で、移籍金は1500万ユーロ(約18億1000万円)とのことだ。 2016年10月にクラブ・アメリカでプロデビューを飾ったセンターバックを本職に、守備的MF、右サイドバックでもプレー可能なアルバレスは、クラブ・アメリカで公式戦通算107試合に出場して5ゴールを記録した。 また、2017年2月にデビューしたメキシコ代表ではこれまで28試合に出場して1ゴールを記録。2018年ロシア・ワールドカップのメンバー入りも果たし、4試合全てに出場していた。また、先日まで行われていたゴールドカップでは5試合に先発し、メキシコの優勝に貢献していた。 2019.07.20 04:45 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ入団会見に臨んだデ・リフト、「ブッフォンやキエッリーニ、ロナウドから学びたい」

オランダ代表DFマタイス・デ・リフトが19日、ユベントス入団会見に臨んだ。その場で背番号4を背負うことが決まっている。 18日に移籍金総額8550万ユーロ(約103億5000万円)でアヤックスからユベントスに加入したデ・リフト。昨季、守備の要としてアヤックスのチャンピオンズリーグ4強進出に大きく貢献した19歳は入団会見で次のように意気込んでいる。 「アヤックスでプロとして3年プレーし、とりわけ昨季は多くの経験を積むことができた。19歳としては経験を持っている方だとは思うけど、更なるステップアップを図るために移籍を決断した。僕はまだキャリアをスタートさせたばかりだから、ユーベの経験豊富な選手たちから学びたい」 「今回の移籍は大きなステップアップだ。国外への初めての移籍だし、慣れていかなくてはならない。でも、ユーベのファンが歓迎してくれたことを光栄に思うし、誇りに感じた。そんな彼らに恩返しをしたいと思ったよ」 ――C・ロナウドの勧誘について 「クリスティアーノ・ロナウドが僕をユーベに勧誘してくれたのは嬉しかったよ。でも、誘われる前にユーベに行こうと決めていたんだ。勧誘は大きな賛辞だったけど、それが加入を決めた要因ではないよ」 ――サッリ監督について 「サッリ監督とは電話で話をした。彼のことを早く知りたいからね。彼の存在がユーベに行こうと思った一つの理由でもある。彼の戦術、哲学、攻撃的なサッカー、守備の構築など、多くのことを聞いてみたいんだ」 ――子供の頃の写真にユーベのユニフォームを着ているものがあったが 「DFであれば誰もが称賛するあの選手が大好きだったんだ。2006年ワールドカップ優勝メンバーでその年のバロンドールを獲得したファビオ・カンナバーロだよ。僕は彼の大ファンだったけど、それ以上にユーベに対して良い印象を持っていた。素晴らしいクラブだし、小さい頃からユーベのファンだったよ」 「チャンピオンズリーグでユベントスと対戦した際、サポーターが作り出す素晴らしい雰囲気に驚いた。彼らは本当にチームを支えているね。そんな彼らのために全力でプレーしたいと思っている。スタジアムもピッチと観客席が近い素晴らしい環境だね」 「イタリアは守備の国で守備を愛する国だ。ユーベに移籍しようと思った要因でもある。そして様々なタイプのストライカーがいることも、僕にとっては大きな挑戦になると思う。毎日、彼らから学ぶことができるだろうね」 「僕は19歳でまだまだ改善しなければならないことがある。毎日、学ぶ姿勢を示すことが重要だ。あらゆる面で成長し、より良い選手になりたいと思っている。クラブが高い移籍金を払って加入した身としてはプレッシャーがかかるのは当然だ。だが、良い選手になるにはそのようなプレッシャーに対処する必要がある。自分のプレーをして、ピッチの上でハードワークするだけだよ」 ――4番を選んだ理由について 「4番は僕にとって特別な番号だ。アヤックスでは常に背負っていたからね。ユーベでは過去に偉大な選手が付けていたし、その番号を背負うことを誇りに思う。多くの成功を手にできたらと思う。アヤックスは若い選手が多かったけど、ユーベには経験豊富な選手がたくさんいる。ブッフォンやキエッリーニ、ロナウドから学び、成長したい」 2019.07.20 03:38 Sat
twitterfacebook
thumb

ユベントス、デ・リフト獲得を公式発表! 移籍金総額は103億円!

ユベントスは18日、アヤックスからオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの5年となる。 ユベントスはデ・リフトの獲得費用に関して、7500万ユーロ(約90億7000万円)を5年の分割でアヤックスに支払うと発表。さらに、追加費用として1050万ユーロ(約12億7000万円)を支払うことを併せて伝えており、移籍金の総額は8550万ユーロ(約103億5000万円)となる見込みだ。 なお、この追加費用に関してはデ・リフトの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏がコミッションとして受け取るようだ。 また、複数のイタリアメディアが伝えるところによれば、デ・リフトは1シーズンあたり750万ユーロ+ボーナス450万ユーロの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与を受け取ることになるようだ。 オランダ屈指の名門アヤックスの下部組織で育ったデ・リフトは、2016年11月にトップチームデビュー。2017-18シーズンにセンターバックのレギュラーポジションを掴むと、2018-19シーズンにはクラブ史上最年少となる19歳でキャプテンに就任。同シーズンはエールディビジとKNVBベーカーの国内2冠に加え、チャンピオンズリーグ(CL)でベスト4進出を果たした若きチームを攻守両面でけん引した。アヤックスでは在籍3年間で公式戦117試合に出場し13ゴールの数字を残した。 また、2017年3月のロシア・ワールドカップ欧州予選のブルガリア代表でデビューを果たしたオランダのフル代表では、すでに17キャップを刻んでいる。 強靭なフィジカルと抜群の判断力、テクニックを武器に、近未来の世界最高のセンターバックと評される同選手にはバルセロナやマンチェスター・ユナイテッド、パリ・サンジェルマン(PSG)、バイエルン、リバプールなどのメガクラブが争奪戦を繰り広げてきたが、その新天地はセリエAの盟主となった。 なお、ユベントスの発表によると、デ・リフトはユベントスにとって5人目のオランダ人プレーヤーとなる。同選手以前にはGKエドウィン・ファン・デル・サール、MFエドガー・ダーヴィッツ、FWエルイェロ・エリア、DFワシム・ブーイの4選手が在籍している。 2019.07.18 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、ついにユベントス移籍実現へ クラブが到着を発表

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス移籍が実現しようとしている。 今夏、ビッグクラブ注目の的となり、長らく争奪戦が繰り広げられてきたデ・リフト。先日には、ユベントスがアヤックスと移籍金7000万ユーロ(約84億9000万円)で合意に達し、近日中にメディカルチェックを受けることが伝えられていた。 そして、そのデ・リフトは16日、移籍を成立させるためトリノに到着。ユベントス公式サイトやツイッターで報告している。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。 これまでバルセロナやパリ・サンジェルマン(PSG)、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン、リバプールといった錚々たるクラブが、19歳のデ・リフト獲得に乗り出していたが、ユベントス移籍でフィニッシュを迎えることになりそうだ。 2019.07.17 08:20 Wed
twitterfacebook
thumb

デ・リフト、間もなくユベントス移籍完了か 15日にメディカルチェックと伊紙が報道

アヤックスに所属するオランダ代表DFマタイス・デ・リフト(19)のユベントス行きがもう間もなく実現するかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 昨シーズンの国内2冠とチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4の躍進を見せたアヤックスを攻守両面でけん引し、今夏のビッグクラブ注目の的となっているデ・リフト。早い段階で個人合意に達していたとされながら、これまでなかなかクラブ間での合意が伝えられてこなかったが、ついに取引が締結しようとしているようだ。 今回伝えられるところによると、両者は移籍金7000万ユーロ(約85億円)で合意。15日にトリノでのメディカルチェックに臨むようだ。なお、契約解除金は1億5000万ユーロ(約182億3000万円)に設定されるという。 既報によれば、デ・リフトは1シーズンあたり800万ユーロ(約9億7000万円)+ボーナスの最大1200万ユーロ(約14億5000万円)の給与で5年契約を結ぶと見られている。長きに渡って繰り広げられたデ・リフト争奪戦が、ついに終結を迎えるか。 2019.07.15 09:45 Mon
twitterfacebook




アクセスランキング

Kindle限定で配信中!
「週刊 超ワールドサッカー」
第27号 コパ・アメリカ総集編
過去の週刊超WSはこちら
@ultrasoccerjp

新着ニュース