いざヘタフェ戦へ!コンテ監督「持っている力を全て出し尽くす」

2020.08.05 18:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
インテルを率いるアントニオ・コンテ監督が、ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16のヘタフェ戦の試合前会見に臨んだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。インテルは5日、ELでヘタフェと対戦する。新型コロナウイルス(COVID-19)の影響によって中断が続いていた今大会は、ベスト8以降は1試合のみのノックアウト形式をとり、試合も中立地となるドイツで行われる。

インテルはコロナの影響でこのラウンド16は1stレグも延期に。そのためヘタフェ戦から一発勝負となるが、今季手に出来る唯一残されたタイトル獲得へ全力を尽くすことを誓った。

「持っている力を全て出し尽くす。そのために選手たちとここに来た。我々のアイデアを盗もうとする者が出てくるのは必然だが、一歩一歩進んでいかなければならない」

なお、ヘタフェ戦を勝ち抜いた場合はレバークーゼンvsレンジャーズの勝者と対戦することになるが、コンテ監督は目の前の仕事だけに集中している。

「明日はとても難しい試合になるだろう。まずはこの試合に集中しなければならない。次の試合について考えるのはそのあとだ」

「だけど全ては明日次第だ。勝つか負けるかのどちらかだが、我々は相手に打ち勝ち、前進するという熱意を示すため、全力を注がなければならない」
コメント
関連ニュース
thumb

さすがのゴール前の落ち着き!復活を期すサンチェスのインテル初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はチリ代表FWアレクシス・サンチェスがインテルで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆イタリアで復活を目指すサンチェスのインテル初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiI2THdYcTBNMyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ウディネーゼで頭角を現したサンチェスは、バルセロナやアーセナルで活躍。その後移籍したマンチェスター・ユナイテッドでは、期待された活躍を見せられなかったものの、2019年夏から加入したインテルでは、復活の兆しを見せている。 今シーズンからはインテルに完全移籍を果たしたサンチェスだが、その記念すべきインテル初ゴールは、2019年9月28日に行われたセリエA第6節のサンプドリア戦で決めたゴールだった。 1-0とインテルが先制して迎えた22分、左サイドをDFクワドゥオ・アサモアが攻め上がる。ボックス左まで侵入したアサモアは、ボックスの前でフリーになっていたMFステファノ・センシにパス。これを受けたセンシがシュートを放つと、ゴール右で構えていたサンチェスへの絶妙なパスとなり、落ち着いて合わせサンチェスがインテル初ゴールを記録した。 このゴールでリードを2点に広げたインテルは、最終的に3-1で試合に勝利している。 2020.10.01 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

ルカク2発にハキミの移籍後初弾などでインテルがベネヴェントに5発圧勝《セリエA》

インテルは9月30日、セリエA開幕節延期分でベネヴェントとのアウェイ戦に臨み、5-2で圧勝した。 インテルが8月にヨーロッパリーグを戦っていた影響で延期となっていたベネヴェント戦。4日前に行われた開幕戦のフィオレンティーナ戦を4-3と打ち勝って白星スタートとしたインテルは、フィオレンティーナ戦のスタメンから7選手を変更。ルカク、コラロフ、ヤング、GKハンダノビッチが引き続きスタメンとなり、新戦力のハキミとビダルが初先発となった。 サンプドリアに競り勝って白星スタートとしたインザーギ監督率いるベネヴェントに対し、ルカクとサンチェスの2トップで臨んだインテルは、開始30秒に先制する。 コラロフのサイドチェンジを受けたハキミがサンチェスとのパス交換でボックス右に侵入。クロスを送り、ルカクがダイレクトで合わせた。 あっさり先制したインテルが試合をコントロールする中、25分に加点した。ハキミの右クロスをファーサイドのヤングがダイレクトで落とし、ボックス中央に侵入していたガリアルディーニが左足ボレーでゴールに突き刺した。 さらに3分後、ガリアルディーニがGKのキックをカットした流れから、ルカクがこの試合2点目を決めてリードを3点に広げる。 その後、34分にGKハンダノビッチのパスミスからカプラーリにゴールを許したインテルだったが、42分に4点目。決めたのは移籍後初ゴールとなるハキミ。左サイドからのヤングのクロスをルカクがスルーし、後方に詰めていたハキミが右足でねじ込んだ。 4-1で迎えた後半、余裕のインテルが流し気味にプレーする中、65分にルカクらをお役御免とする。 それでも72分、サンチェスのパスを受けたL・マルティネスがボックス手前左からコントロールシュートを決めて5点目。 その後、1失点を喫したものの5-2で圧勝したインテルが開幕2連勝スタートとしている。 2020.10.01 02:57 Thu
twitterfacebook
thumb

インテルMFナインゴランが咽頭炎でベネヴェント戦のメンバー外に

インテルの元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴランが、ベネヴェント戦を欠場することが確定した。 インテルは、30日にセリエA第1節のベネヴェント戦が予定。アウェイゲームとなる中、ナインゴランがメンバー入りできないことを発表した。 クラブの発表によると、ナインゴランは咽頭炎を患ったとの事だ。 2019-20シーズンはカリアリへとレンタル移籍していたナインゴランだが、26日に行われた今シーズン初戦のフィオレンティーナ戦には後半途中から出場。アントニオ・コンテ監督の下で起用され、次節もメンバー入りするとみられていた。 2020.09.29 23:58 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルが打ち合い制して今季初白星! コンテ監督、3失点の守りに「バランスが重要」

インテルのアントニオ・コンテ監督が4得点の攻撃面に手応えを口にしつつ、3失点の守備面に改善の必要性を説いた。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは26日に行われたセリエA第2節でフィオレンティーナと対戦。2-3で迎えた後半終盤にFWロメル・ルカクとDFダニーロ・ダンブロージオが立て続けにゴールネットを揺らして、4-3の逆転勝利を収めた。 先制を許す苦しい展開から見事に打ち合いを制して、今季初勝利を掴み取ったコンテ監督は試合後、攻撃面を評価。今後に向けて、守備面の修正が必要だとの認識を示した。 「選手交代が利益をもたらした。満足しているよ。選手たちもそう認識している。長くて大変なシーズンになるだろうから、誰しもに出番が回ってくる可能性があり、全員が必要になってくる」 「3ポイントは非常に重要だ。多くのチャンスがあり、4ゴールを奪う方法を見つけた。それはポジティブな一面だが、それと同時に3失点もしてはいけない。チームは同点に追いつく前にも攻撃に転じていた。我々の迫力ある攻撃がフィオレンティーナに深刻な問題を与えた」 「だが、攻撃時はバランスも意識しなければいけない。この点については注意が散漫だったから、改善の必要がある。高いレベルでリーグを戦いたいのであれば、バランスが全ての基本だ。今日の我々は新たな守り方を試したが、チーム全体で正しい守備をしなければいけない」 「インテルは昨季の戦いを経て、国際的な面でも評価を高め、相応しいレベルまで戻った。結果の先には道があり、選手がメンタル面で成長していく姿を目の当たりにするのは監督にとって大切なこと。選手たちは欲望とプライドを示してくれた。これからもファンを喜ばせるためにこの道を歩み続けたい」 2020.09.27 11:25 Sun
twitterfacebook
thumb

終盤の劇的2発でフィオレンティーナとの白熱シーソーゲームを制したインテルが白星スタート!《セリエA》

インテルは26日、セリエA第2節でフィオレンティーナをホームに迎え、4-3で勝利した。 ユベントスとスクデット争いを展開することが期待されるインテルは、8月にヨーロッパリーグを戦っていた影響で1週間、開幕が遅くなった中、新戦力のハキミはベンチスタートとなり、コラロフとバイエルンから復帰したペリシッチが先発となった。 トリノ相手にウノゼロの白星スタートを切ったフィオレンティーナに対し、昨季同様[3-5-2]で臨んだインテルは2トップにルカクとL・マルティネス、右にヤング、左にペリシッチ、3バックの中央にバストーニを据えた。 そのインテルは開始3分に失点する。左サイドからビラギの上げたクロスをクアメに落とされ、ボナヴェントゥーラのリターンパスをクアメに押し込まれた。 失点を受けて前がかるインテルは17分にもピンチ。リベリのパスを受けたボックス右のクアメにシュートに持ち込まれたが、GKハンダノビッチがセーブした。 すると18分にはL・マルティネスがPKを獲得しかけたが、VARの末にファウルはなかったとして無効となった。 その後もインテルがポゼッションする展開で推移した中、フィオレンティーナの守備を崩せずに苦戦していたが、追加タイム2分に追いついた。カウンターの流れからバレッラが持ち上がり、ボックス手前左のL・マルティネスへパス。L・マルティネスはゴール右上にシュートを突き刺した。 1-1で迎えた後半、52分にインテルが逆転に成功する。エリクセンの浮き球パスをボックス左で受けたL・マルティネスが右足を振り抜くと、チェッケリーニの足に当たってディフレクトしたシュートがネットを揺らした。 しかし57分、リベリのラストパスを受けたボックス左のカストロヴィッリにゴールを許し、試合は振り出しに。 さらに64分、リベリの絶妙なロングスルーパスでボックス内に侵入したキエーザにゴールを許し、2-3とされてしまう。 再び追う展開となったインテルはハキミとセンシを投入。するとルカクに決定機が2度訪れるも決めきれず、73分にはバレッラのミドルシュートが枠を捉えたが、GKドラゴウスキの好守に阻まれてしまう。 そしてビダル、ナインゴラン、サンチェスを投入したインテルが終盤にかけて攻勢に出ると、88分に追いついた。サンチェスのフィードをボックス右に走り込んだハキミがダイレクトで折り返すと、ルカクが蹴り込んだ。 さらに1分後、インテルに劇的な勝ち越しゴールが生まれる。左CKからサンチェスがクロスを上げると、ファーサイドのダンブロージオがヘッドで押し込んだ。 これが決勝点となってインテルが劇的勝利。フィオレンティーナとの白熱のシーソーゲームを制して白星スタートとしている。 2020.09.27 05:43 Sun
twitterfacebook