柏の規格外FWオルンガがベシクタシュのターゲットに?

2020.08.05 15:00 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
今季の柏レイソルでも得点源として多大な貢献度を誇るケニア代表FWマイケル・オルンガ(26)だが、トルコの名門からの熱視線がある模様だ。2018年8月に柏入りし、昨季の明治安田生命J2リーグで27得点を挙げ、チームのJ1復帰に貢献したオルンガ。そのJ2リーグ最終節の京都サンガF.C.戦で1試合におけるJリーグ歴代最多得点の8ゴールを挙げた決定力は日本最高峰のリーグに舞台を移した今季も健在で、J1リーグ開幕から8試合消化の現時点で9得点を記録して、得点ランキングトップを走っている。

昇格組ながらJ1リーグ順位表でも上位につける柏の大きな原動力として抜群の存在感を誇るオルンガだが、トルコ『A Spor』がによると、トルコの強豪ベジクタシュが今夏の獲得候補として、目を光らせているという。そのベシクタシュはトルコ代表FWブラク・ユルマズにリール移籍の可能性が取り沙汰され、ストライカーを今夏の補強ポイントに挙げているようだ。

ベシクタシュのセルゲイ・ヤルチン監督は新たな得点源となり得る選手の獲得を求め、移籍金90万ユーロ(約1億1000万円)で獲得が見込めるオルンガのポジティブなレポートに目を通しているとも。柏加入後通算52試合に出場して42得点12アシストを挙げ、もはや不可欠な存在のオルンガだが、今夏にJリーグでのキャリアに区切りを受け、欧州に向かうのだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ポルトのカメルーン代表FWアブバカルがベシクタシュへ完全移籍、16-17シーズン以来の復帰

ベシクタシュは26日、ポルトのカメルーン代表FWヴァンサン・アブバカル(28)を完全移籍で獲得した。フリートランスファーでの加入となる。 アブバカルは、ヴァランシエンヌやロリアンでプレーした後、2014年8月にポルトへと完全移籍。2016年8月からはベシクタシュへレンタル移籍で加入。2017年6月からは再びポルトでプレーしていた。 ポルトでは公式戦125試合に出場し58ゴール16アシストを記録。2019-20シーズンは、プリメイラ・リーガで5試合、ヨーロッパリーグでは1試合で2ゴールを記録するなど、出場機会に恵まれていなかった。 カメルーン代表としても63試合で20ゴールを記録しているアブバカルは、2016-17シーズンはベシクタシュでスュペル・リグ優勝を成し遂げていた。 2020.09.26 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸がオファーを出したセルビア代表MFリャイッチにマルセイユが興味? 再び長友佑都と同僚になるか

ヴィッセル神戸がオファーを出したと報じられたベシクタシュのセルビア代表MFアデム・リャイッチ(28)だが、行き先はフランスになるかもしれない。トルコ『Milliyet』など複数メディアが報じている。 リャイッチは、ベシクタシュとの契約が2022年6月まで2年間残っている状況だが、神戸がオファーを出したと報じられ、その額は300万ユーロ(約3億8000万円)だったと報じられていた。 そんな中、新たな行き先候補が浮上。それは、日本代表DF長友佑都が加入したマルセイユとのことだ。 トルコ『Takvim』によれば、マルセイユはリャイッチ獲得に向け公式なオファーを出す準備をしている段階とのこと。ベシクタシュはリャイッチを売却することを考えており、マルセイユからのオファーを待っているとのことだ。 リャイッチは、トップ下やウイングを主戦場とする攻撃的な選手。パルチザン・ベオグラードでキャリアをスタートさせると、フィオレンティーナやローマ、インテル、トリノとイタリアで長らくプレー。2018年8月にベシクタシュへレンタル移籍すると、2019年7月に完全移籍していた。 2019-20シーズンはスュペル・リグで24試合に出場し5ゴール6アシスト。ヨーロッパリーグでも4試合に出場し2ゴールを記録。セルビア代表としても45試合で9ゴールを記録していた。 長友とはインテル時代にチームメイトであり、移籍が実現すれば再びチームメイトになることに。新天地には神戸ではなくマルセイユを選ぶだろうか。 2020.09.03 14:55 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコのU-21スペイン代表DFモレノがベシクタシュへレンタル

ベシクタシュは2日、アトレティコ・マドリーのU-21スペイン代表DFフランシスコ・モレノ(21)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 モレノはアトレティコの下部組織で育ち、2019年7月にファーストチームに昇格。2019-20シーズンは柴崎岳が所属するセグンダ・ディビシオン(スペイン2部)のデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーにレンタル移籍していた。 2019-20シーズンはセグンダ・ディビシオンで30試合に出場し1アシストを記録。コパ・デル・レイでも1試合に出場していた。 アトレティコでも2018-19シーズンに公式戦で14試合出場している。 2020.09.03 09:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティスがベシクタシュからDFビクトル・ルイスを完全移籍で獲得

レアル・ベティスは8月31日、ベシクタシュからスペイン人DFビクトル・ルイス(31)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ビクトル・ルイスはエスパニョールの下部組織出身。2009年7月にファーストチームへ昇格すると、2011年1月にはナポリへ完全移籍。その後は、バレンシア、ビジャレアルでプレー。2019年8月にベシクタシュへ完全移籍していた。 ベシクタシュでは、2019-20シーズンのスュペル・リグで23試合に出場し1アシストを記録。ヨーロッパリーグで1試合に出場していた。 また、ラ・リーガでは232試合に出場し6ゴール5アシストを記録していた。 世代別のスペイン代表を経験。2011年のU-21欧州選手権でプレー機会はなかったが、優勝メンバーの1人だった。 2020.09.01 11:40 Tue
twitterfacebook
thumb

バロテッリの新天地はトルコorアメリカ?

ブレシアに所属する元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(30)の新天地候補にベシクタシュと、ロサンゼルス・ギャラクシーの2クラブが浮上しているようだ。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が報じている。 昨夏、マルセイユから故郷のブレシアへと帰還したバロテッリ。2019-20シーズンはセリエAに昇格したチームの貴重な戦力として迎えられたが、リーグ戦19試合に出場し5ゴールの数字に留まっていた。 さらに、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、今夏の退団が決定的な状況だ。 そういった状況の中、『コッリエレ・デッロ・スポルト』は今月12日に30歳となった“悪童”の新天地候補として、トルコの強豪ベシクタシュと、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のLAギャラクシーの2クラブの名前を挙げている。 ベシクタシュに関しては年俸250万~300万ユーロ(約3億1000万~3億8000万円)と言える高額なサラリーを支払うことが可能なこと、チャンピオンズリーグ(CL)出場権を加入の理由として挙げている。ただ、ベシクタシュは25日に行われたCL予備予選2回戦でPAOK相手に敗退している。 一方、LAギャラクシーに関しては環境面は魅力的も、サラリーキャップ制の範囲外となる特別指定選手登録3枠が、メキシコ代表FWハビエル・エルナンデス、同MFジョナタン・ドス・サントス、アルゼンチン代表FWクリスティアン・パボンで埋まっており、獲得に際しては枠を空けなければならない問題があるという。 現時点ではいずれの選択肢も難しい状況だが、今後の動向に注目したところだ。 2020.08.26 17:05 Wed
twitterfacebook