C大阪FW西川潤にリール移籍の可能性? 実現なら来季はベルギーのムスクロンへレンタルか

2020.08.05 11:45 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
セレッソ大阪のU-20日本代表FW西川潤が、リールへ移籍する可能性があるようだ。フランス『Le10sport』が報じた。

桐光学園高校出身の西川は、今シーズンから正式にC大阪の一員に。2019年にはU-17ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で活躍を見せ、U-20W杯でのプレーぶりから、ヨーロッパのクラブからも多くの関心が寄せられていた。

バルセロナなども獲得に興味を持っているとも報じられていた中、リールが興味を寄せているとのことだ。

『Le 10 Sports』によると、西川の移籍金は約250万ユーロ(約3億1200万円)程度とみられ、合意に達する可能性があるとのこと。また、2020-21シーズンは、ベルギーのムスクロンへレンタル移籍する可能性があるとしている。

リールは若手選手を育て、ビッグクラブへとステップアップさせるクラブ方針を持っており、かつてはベルギー代表MFエデン・アザールがチェルシーに、昨シーズンであればコートジボワール代表FWニコラ・ぺぺがアーセナルに高額で売却。今夏もナイジェリア代表FWビクター・オシムヘンをナポリへ移籍金6000万ユーロ(約74億2000万円)で売却していた。

関連ニュース
thumb

サポーター同士が衝突したランスvsリール、観客の1人が大衆の前で自慰行為に及び逮捕

18日に行われたリーグ・アン第6節のRCランスvsリールで、新たな事実が発覚した。 共にノール=パ・ド・カレーに本拠地を置くランスとリールの一戦は、“デュルビ・デュ・ノール(北部ダービー)”と評されるフランス国内注目のダービーマッチのひとつ。 18日にランスの本拠地スタッド・フェリックス・ボラールで行われた一戦は、ホームチームが昨シーズンのリーグ王者を1-0で破っていた。 ただ、今回の一戦では試合前の段階からやり合っていた両チームの熱狂的なサポーターが、ハーフタイムに衝突。ランスのサポーター数十人がピッチに乱入し、両チームのファンが仕切り壁を挟んでイスを投げ合うなど大混乱に見舞われ、最終的に機動隊の介入により騒動鎮圧に至った。 そして、その裏でもう1つの事件が起きていた。 フランス『ル・パリジャン』によると、リールのサポーターの1人が自身の性器を露出すると、相手サポーターもいる中、自慰行為に及んでいたという。この男性はすでに逮捕され、起訴された場合には懲役1年と1万5000ユーロ(約192万円)の罰金が課される見込みだ。 一連の騒動を受け、フランスリーグ機構(LFP)の懲戒委員会は、10月6日の正式処分を前に両クラブに対する暫定処分を決定する予定だ。 <span class="paragraph-title">【モザイク有】自身の局部を露出する男性</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Derby Lens-Lille : un supporter lillois va être poursuivi pour exhibition sexuelle <a href="https://t.co/uvw6T96mIM">https://t.co/uvw6T96mIM</a> <a href="https://t.co/teP1Qf5GBi">pic.twitter.com/teP1Qf5GBi</a></p>&mdash; La Voix du Nord (@lavoixdunord) <a href="https://twitter.com/lavoixdunord/status/1440287836654092292?ref_src=twsrc%5Etfw">September 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.09.23 10:25 Thu
twitterfacebook
thumb

観客ピッチ乱入で大混乱のランスvsリールのダービーに関する暫定処分決定! ランスは2試合無観客開催に

18日に行われたリーグ・アン第6節のRCランスvsリールで発生したサポーターのピッチ乱入及び衝突事件に関して暫定の処分が決定した。フランス『レキップ』が伝えている。 共にノール=パ・ド・カレーに本拠地を置くランスとリールの一戦は、“デュルビ・デュ・ノール(北部ダービー)”と評されるフランス国内注目のダービーマッチのひとつ。 18日にランスの本拠地スタッド・フェリックス・ボラールで行われた一戦は、ホームチームが昨シーズンのリーグ王者を1-0で破っていた。 ただ、今回の一戦では試合前の段階からやり合っていた両チームの熱狂的なサポーターが、ハーフタイムに衝突。ランスのサポーター数十人がピッチに乱入し、両チームのファンが仕切り壁を挟んでイスを投げ合うなど大混乱に見舞われ、最終的に機動隊の介入により騒動鎮圧に至った。 しかし、この衝突により後半のキックオフが30分以上遅れた上、6人の負傷者と2人の逮捕者が出る大混乱となっていた。 一連の騒動を受け、フランスリーグ機構(LFP)の懲戒委員会は、10月6日の正式処分を前に両クラブに対する暫定処分を決定。 試合運営の不備及びサポーターの暴挙を制止できなかったランスに対しては、第7節のストラスブール戦、第9節のスタッド・ランス戦のホームゲーム2試合を無観客開催とする処分を科した。 一方、サポーターが応戦して混乱を招いたリールに対しては第8節のストラスブール戦のアウェイゲームに関して、アウェイサポーター用の駐車場閉鎖する処分を科した。 <span class="paragraph-title">【動画】ランスサポーターとリールサポーターが衝突</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Ça chauffe pendant la mi-temps à Bollaert entre supporters lensois et lillois. <a href="https://twitter.com/hashtag/RCLLOSC?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#RCLLOSC</a> <a href="https://t.co/3cqKR2Pvap">pic.twitter.com/3cqKR2Pvap</a></p>&mdash; Arthur Pineau (@ArthurPineau) <a href="https://twitter.com/ArthurPineau/status/1439257003549986820?ref_src=twsrc%5Etfw">September 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2021.09.21 00:34 Tue
twitterfacebook
thumb

ヒザの手術で長期離脱中のレナト・サンチェスにウルブスが注目! レンタルで獲得か

ウォルバーハンプトンが、リールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に迫っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ベンフィカ在籍時代に逸材として名を馳せ、2016年夏に18歳でバイエルン入りしたレナト・サンチェス。しかし、バイエルンの3年間ではその輝きを見せることはできず、2019年夏からリールを活躍の場に移している。 そのリールではここまで公式戦60試合に出場する中で、昨季はリーグ・アン制覇を果たした。ケガによる欠場も少なくなかったが、優勝の行方を左右する最終節のアンジェ戦で1アシストを記録し、10シーズンぶり5度目の優勝に貢献した。 王者として迎えた今シーズンは開幕節のメス戦こそフル出場したものの、その後は右ヒザの半月板の損傷が確認され、16日に手術を実施。離脱期間は6週間と伝えられ、今夏の移籍の可能性は消滅したと見込まれていた。 しかし、その才能にウルブスが注目。同クラブはプレミアリーグ開幕3試合で0ゴール0ポイントと最悪のスタートを切っており、汚名返上を期する状況。その一手として、ポルトガル代表MFのレンタルを画策しているようだ。 すでにクラブ間合意に近づいているとのことで、移籍期限となる8月31日までに取引は完了すると見込まれている。 2021.08.31 16:53 Tue
twitterfacebook
thumb

リールがアトレティコの第2GKグルビッチを買い取りOP付きのレンタル移籍で獲得

リールは19日、アトレティコ・マドリーからクロアチア代表GKイヴォ・グルビッチ(25)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得した。 リールへの加入が決定したグルビッチは、公式サイトで以下のように喜びを語った。 「リールに加入できてとても嬉しいし、歓迎してくれたクラブに感謝しているよ。この移籍は僕にとって大きなチャンスだ。今シーズンはチームのためにピッチの上ですべてを捧げたいと思っている」 グルビッチはハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年12月にトップチームに昇格。2018年7月にロコモティヴァ・ザグレブへと移籍していた。 ロコモティヴァ・ザグレブでは正守護神としてプレーし、2019-20シーズンはプルヴァHNL(クロアチア1部)で35試合に出場し、チームの2位に貢献。 この活躍が評価され、昨夏にアトレティコ・マドリーへ4年契約で加入したが、これまで絶対的守護神のスロベニア代表GKヤン・オブラクのバックアップに甘んじており、昨季はコパ・デル・レイ1試合の出場に留まっていた。 また、U-14から世代別のクロアチア代表を経験するなど将来を嘱望されている196cmの長身GKは、2020年9月にはフル代表に初招集されていた。 2021.08.20 00:45 Fri
twitterfacebook
thumb

リールがアトレティコの第2GKグルビッチ獲得へ

リールがアトレティコ・マドリーのクロアチア代表GKイヴォ・グルビッチ(25)の獲得に迫っているようだ。フランス『フット・メルカート』が報じている。 ミランに旅立ったフランス代表GKマイク・メニャンの後釜探しで苦戦するリールは、ボアヴィスタからレンタルバックしたブラジル人GKレオ・ジャルディンが現時点で正GKを務めている。 しかし、ジャルディンに全幅の信頼を置いていないクラブは、同選手と守護神を争う新GKを探している。 そういった中、『フット・メルカート』など複数メディアが伝えるところによれば、リールはアトレティコでスロベニア代表GKヤン・オブラクのバックアップに甘んじているグルビッチをリストアップしているという。 そして、昨夏4年契約で加入もコパ・デル・レイ1試合の出場に留まったクロアチア代表GKは、すでにリールへの完全移籍で合意に至っているという。 グルビッチはハイデュク・スプリトの下部組織で育ち、2014年12月にトップチームに昇格。2018年7月にロコモティヴァ・ザグレブへと移籍していた。 ロコモティヴァ・ザグレブでは正守護神としてプレーし、2019-20シーズンはプルヴァHNL(クロアチア1部)で35試合に出場し、チームの2位に貢献していた。 また、U-14から世代別のクロアチア代表を経験するなど将来を嘱望されている196cmの長身GKは、2020年9月にはフル代表に初招集されていた。 2021.08.18 23:05 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly