レヴァンドフスキ、恩師クロップを語る「一人の人間としても素晴らしい」

2020.08.04 21:50 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、かつての師であるユルゲン・クロップ監督について語った。『ESPN』が伝えている。レヴァンドフスキは、ドルトムント時代の2010年から2014年までの期間にクロップ監督の指導を受けてきた。

そして、加入2年目にセンターフォワードとして完全に覚醒したポーランド代表FWはブンデスリーガ連覇に貢献すると、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ(CL)準優勝に導いた。その後、3年連続リーグ20ゴールを達成したエースストライカーは、宿敵バイエルンへと旅立った。

一方、ドルトムント指揮官退任後、2015年途中にリバプールの指揮官に就任したクロップ監督は、就任4年目となった昨シーズンにCL制覇、就任5年目の今シーズンにプレミアリーグ制覇を成し遂げ、今では世界最高の名将の一人に数えられる。

そして、今や世界最高のストライカーの一人と評されるレヴァンドフスキは、かつて指導を受けた世界最高の名将が自身にとって一番の恩師であると明言。さらに、クロップ監督が見せる“父親”、“監督”という2つの顔が、自身を含む多くの選手を魅了しているとしている。

「個人的にユルゲン・クロップは僕にとっての一番のお気に入りだね。その次にペップ・グアルディオラだ。それは100%間違いないね」

「クロップは2つの顔を持っているんだ。父親のような存在である一方、監督やコーチとしての顔もちゃんと持っている。彼は選手たちに対して何でも話してくれるんだ。それは僕らにとって耳心地が良いことだけでなく悪いこともね」

「同様に、選手たちにとって彼は大きなモチベーションになっている。そこに関しては完璧だと言えるね。叱咤激励なんかのさじ加減が絶妙なんだ」

「監督としてのパフォーマンスは驚くべきものだけど、それだけではなく一人の人間としても素晴らしいよ」
コメント
関連ニュース
thumb

これぞ天才のタッチ!バイエルン時代のハメスが見せた美しいアシスト【ベスト・アシスト】

サッカーのプレーの中で最も目を惹くのはやはりゴールだろう。しかし、時には得点者だけではなく、そのゴールをお膳立てしたラストパスが脚光を浴びるべき場合もある。今回の企画『Best Assist』(最高のアシスト)では、これまでに生まれた素晴らしいアシストを紹介していく。 今回はエバートンのコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスがバイエルン時代に記録したアシストだ。 <div id="cws_ad">◆ハメスが決めた絶妙ループアシスト<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJyVHFrdVIyUyIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ポルトやモナコ、2014ブラジルワールドカップ(W杯)での活躍を経て、2014年夏にレアル・マドリーに加入したハメス。世界屈指のMFとして、レンタル先のバイエルンでも活躍を見せた。 2018年1月21日に行われた、ブンデスリーガ第19節のブレーメン戦でも、自らの才能を見せつける素晴らしいアシストを決めている。 3-2とバイエルンリードで迎えた84分、ボックス手前でボールを持ったハメスは、味方の動きを確認すると、裏へ走り出していたFWトーマス・ミュラーへ向けて柔らかいタッチのループパスを出す。 美しい放物線を描いたパスは、相手DFの頭上を越え、ミュラーの走路にドンピシャで入ると、ミュラーがこれを落ち着いてゴールに流し込んだ。 相手を突き放す4点目を決めたバイエルンが、このまま4-2で勝利している。 2020.09.26 22:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ポーランドが誇る史上最高峰ストライカー、レヴァンドフスキのバイエルン初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがバイエルンで決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆レヴァンドフスキが連携から決めたバイエルン初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJhUzNuYTNKNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2010年夏に加入したドルトムントでブレイクを果たしたレヴァンドフスキは、2014年夏にバイエルンに移籍。絶対的エースとして君臨し、ゴールを量産している。 ここまで290試合で247ゴールという驚異的な数字を記録しているレヴァンドフスキだが、その記念すべき初ゴールは、2014年8月30日に行われた、ブンデスリーガ第2節のシャルケ戦で決めたゴールだった。 0-0で迎えた10分、FWアリエン・ロッベンがFWトーマス・ミュラーとの連携で中央突破を図る中、ゴール正面でボールを受けたレヴァンドフスキは、裏へ走るロッベンへパス。 フリーでボールを受けたロッベンは、GKと1vs1になると、絶妙のタイミングで横パスを出す。レヴァンドフスキがこれはゴール右に押し込み、バイエルン初ゴールを決めた。 レヴァンドフスキのゴールで先制したバイエルンだったが、試合は1-1のドローに終わっている。 2020.09.26 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第2節プレビュー】好発進のバイエルンとドルトムントは格下と対戦

先週開幕したブンデスリーガでは王者バイエルンがシャルケに圧巻の8発で圧勝した。そしてドルトムントもボルシアMGとの強豪対決を3-0で快勝発進とし、ライプツィヒも白星スタートとしている。日本人対決ではフランクフルトのMF鎌田&長谷部、ビーレフェルトのMF堂安がそれぞれ先発した中、1-1の引き分けに終わった。迎える第2節、バイエルンとドルトムントは格下と対戦する。 ホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨むバイエルンは、開幕戦のシャルケ戦では新戦力のFWサネが躍動しデビュー弾を記録。FWニャブリもハットトリックをするなど、容赦ない攻撃で大量ゴールを挙げた。対戦相手のホッフェンハイムはケルン相手に3-2と競り勝って白星スタートとしているが、バイエルンの連勝スタートは堅いか。 また、ドルトムントもFWハーランドのドッペルパック、MFレイナのブンデス初ゴールでボルシアMGに3-0の快勝を収めた。MFベリンガムもレイナのゴールをアシストするなど活躍し、若手が躍動。対戦相手のアウグスブルクは開幕戦のウニオン・ベルリン戦を3-1で勝利しているが、ドルトムントとしても2連勝スタートを切りたいところだ。 FWヴェルナーの移籍した穴を感じさせずにマインツに3-1と快勝したライプツィヒは、レバークーゼンとのアウェイ戦に臨む。2シャドーのMFフォルスベリとMFダニ・オルモが躍動した中、FWポウルセンもきっちりとゴールを挙げており、好発進を切った。レバークーゼンがヴォルフスブルク相手に低調なゴールレスドローに終わった中、ライプツィヒとしてはレバークーゼンを下して連勝スタートとしたい。 日本人ではビーレフェルトの堂安が鎌田と長谷部の前で好パフォーマンスを見せた。2週間前に行われたDFBポカールでは存在感を示せなかった堂安だったが、ブンデス開幕戦となったフランクフルト戦では右のインサイドMFの位置に入って攻撃の起点となる働きができていた。その堂安はケルンとのホーム戦に臨むが、今度はチームを勝利に導く目に見える結果を残せるかに注目だ。 一方で鎌田と長谷部はビーレフェルト戦では思うようなパフォーマンスを発揮できたとは言い難いものになってしまった。とりわけトップ下でプレーした鎌田に関してはさほどチャンスに絡めず悔しい開幕戦となっただけに金曜に行われるヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦で結果を残したいところ。長谷部に関してはFWピョンテクとのマッチアップでいかに相手に仕事をさせないかが重要となる。 ケガの影響もあってか、前半のみの出場となったブレーメンのFW大迫はシャルケとのアウェイ戦に臨む。ヘルタとの開幕戦で大迫は2トップの一角としてプレー。だが、シュートチャンスを作れずファンからの批判も浴びた中、ハーフタイムで交代となってしまった。対戦相手のシャルケはバイエルン戦で8発を食らい、最悪なスタートとなっているだけにブレーメンとしては確実に叩きたいところ。大迫としても批判を払しょくする今季初ゴールを狙いたい。 シュツットガルトのMF遠藤航は開幕戦のフライブルク戦ではボランチとしてプレー。だが、カウンター対応で甘さがあり、チームは2-3で敗れた。シュツットガルトは今節、マインツとのアウェイ戦に臨むが、残留を争う可能性がある相手だけに勝利をもぎ取りたい。 最後に負傷の影響で欠場となったウニオン・ベルリンのMF遠藤渓太は、ボルシアMGとのアウェイ戦に臨むが、招集メンバー入りとなるか。 ◆ブンデスリーガ第2節 ▽9/25(金) 《27:30》 ヘルタ・ベルリンvsフランクフルト ▽9/26(土) 《22:30》 ビーレフェルトvsケルン ボルシアMGvsウニオン・ベルリン アウグスブルクvsドルトムント レバークーゼンvsライプツィヒ マインツvsシュツットガルト 《25:30》 シャルケvsブレーメン ▽9/27(日) 《22:30》 ホッフェンハイムvsバイエルン 《25:30》 フライブルクvsヴォルフスブルク 2020.09.25 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ主将へスス・ナバスがバイエルン戦惜敗に悔しさ露わ

セビージャで主将を務めるスペイン代表MFヘスス・ナバスがバイエルン戦を振り返った。スペイン『LA VERDAD』が伝えている。 24日に行われたUEFAスーパーカップで、チャンピオンズリーグ王者のバイエルンにヨーロッパリーグ王者として挑んだセビージャ。13分にFWルーカス・オカンポスのPKで先制するものの、前半のうちに追いつかれると1-1のまま突入した延長戦で失点し、逆転負けを喫してしまった。 キャプテンとしてフル出場したヘスス・ナバスは、非常に接戦だったと悔しさを露わにしつつ、一部入場が許可された観客の存在にも触れた。 「非常に互角の試合だった。最終的には相手がゴールを決めてしまったけどね。だけど僕たちにもチャンスはあった。あったんだけどモノに出来なかった。今は前を向いてもう一度進み始める時だ」 「試合の終盤に大きなチャンスがあったんだ。今日の僕たちのパフォーマンスは最高だったよ。相手の2点目が決まって、僕たちは苦しむことになった。最後まで頑張ったけど、何も勝ち取ることは出来なかった」 「でも観客が戻ってこれたのは良いニュースだよ。しばらくぶりだからね。だからこそ、彼らに勝利を捧げられなかったことは残念だ」 また、試合内容について「誇りに思う」と話したMFジョルダンは、FWユセフ・エン=ネシリの終盤の決定機逸脱に「(思うところは)いくつかある。今日は眠るのが難しいだろう。だが、チームは前を向く。エキサイティングなシーズンは始まったばかりだよ」と前向きな言葉を残した。 2020.09.25 15:22 Fri
twitterfacebook
thumb

セビージャ指揮官、バイエルン戦惜敗に「限界まで彼らを追い込んだ」

セビージャのフレン・ロペテギ監督が、UEFAスーパーカップのバイエルン戦を振り返った。スペイン『LA VERDAD』が伝えている。 昨季のヨーロッパリーグ王者であるセビージャは、チャンピオンズリーグ王者のバイエルンと24日にブダペストで対戦した。 前半13分にFWルーカス・オカンポスのPKで先制したセビージャだが、前半のうちに返されると、試合は同点のまま推移し延長戦に突入。何度か勝ち越しのチャンスもあったが、延長前半14分にMFハビ・マルティネスのゴールを許し、優勝を逃している。 試合後、惜しくも敗れたロペテギ監督は、欧州王者に善戦したチームを称賛。最大限苦しめることが出来たことを誇りに思うとした一方で、わずか中2日でラ・リーガの試合に備えなければならない日程に苦言を呈した。 「見せ掛けなどではなく、我々は本気でバイエルンを倒すためにここに来て、限界まで彼らを追い込んだ。よく健闘してくれた。素晴らしかったよ。我々は今日の我々を誇りに思う」 「どんな試合でも負けは常に隣り合わせ。決勝戦ともなればなおさらだ。我々に勝つチャンスはあった。相手は近年のヨーロッパで最も優れたチームだ。誰も延長戦までもつれるなんて思っていなかっただろう」 「そして残念なことに、72時間後にカディスとの対戦が控えている。ちょっと理解できないね。だがスペインでは起こりうることだ」 敗れてしまったセビージャだが、試合は88分に勝ち越しのビッグチャンスを迎えていた。ロングカウンターに転じ、途中出場のFWユセフ・エン=ネシリがGKと一対一に。しかし、シュートはGKマヌエル・ノイアーに防がれ、千載一遇の機会を逃してしまっていた。 「88分の出来事に関しては、あれは本当に決定的なシーンだった。ノイアーは世界最高のGKだ。そのチャンスを逃せば我々は延長戦で苦しむことは分かっていた。かなり追い込まれていたが、もっとやられる可能性もあったと感じている」 「彼らは中盤も守備も改善し、難しくなった。バイエルンを倒すためには最高の試合をしなければならない。今日の我々はそう出来たが、残念ながら勝つことができなかった」 2020.09.25 14:18 Fri
twitterfacebook