PSG、わずか1年でグイエ放出を検討 プレミア復帰か

2020.08.04 14:00 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今季からパリ・サンジェルマン(PSG)に新天地を求めたばかりのセネガル代表MFイドリサ・グイエ(30)だが、早くも移籍の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。グイエは昨夏、エバートンから移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億4000万円)の4年契約でPSG入り。2018-19シーズンの冬から続いたPSGのラブコールを実らせる形でのパリ行きだった。

そんな今季はケガによる離脱時期もあったが、ここまで公式戦33試合に出場して1得点2アシストを記録。しかし、首脳陣は選手のパフォーマンスに満足していない模様だ。

スポーツディレクター(SD)のレオナルド氏は新たに中盤の強化を模索するなか、チャンピオンズリーグ(CL)終了後のグイエ売却を検討。移籍先としてイングランドが挙がっているという。

今もプレミアリーグ方面から高い評価を受けるグイエを巡っては先日、にわかにマンチェスター・ユナイテッドの関心が挙がったが、ウォルバーハンプトンも目を光らせているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

超人的な反射神経 コスタリカ最高GK、ケイロル・ナバス【ピックアップ・プレイヤー】

サッカーでは、GK、DF、MF、FWとそれぞれ役割の全く異なるポジションで、それぞれにスター選手がいる。今回の企画『Pick Up Player』では、現役を問わず各クラブを代表する選手たちをプレー動画付きで紹介していく。 今回はパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(33)だ。 <div id="cws_ad">◆ケイロル・ナバス、レアル・マドリーでのスーパーセーブ集<br /><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJEOGRxS2pYcCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> ナバスは、2005年にコスタリカのデポルティボ・サプリサとプロ契約を結んでデビュー。その後はスペイン2部のアルバセテを経てレバンテに加入し、2013-14シーズンにはリーグ最多セーブを記録すると、その勢いのままにブラジル・ワールドカップでも出色の出来を披露した。 イングランド、ウルグアイ、イタリアの"死のグループ"に入ったが、2勝1分けで下馬評を覆すコスタリカの首位突破に大きく貢献。5試合中3試合で大会のマン・オブ・ザ・マッチに選出されるなど台風の目となったチームを牽引した。 これまでの活躍が認められ、大会後に推定移籍金1000万ユーロ(現レートで約12億5000万円)でレアル・マドリーに移籍。加入初年度はイケル・カシージャスの控えに回り、翌年にカシージャスが退団した直後にもフロレンティーノ・ペレス会長がGKダビド・デヘアの獲得を望み、ナバスをトレード要員に。さらに、ナバスは、移籍市場最終日にイギリスに向かうプライベートジェットに乗りこみ、その飛行機の中で1時間も待ちぼうけさせられたが、クラブ間でのやり取りが進まず。挙句にファックスの不備により移籍が破談となり、マドリーの練習場に引き返すなど散々な扱いを受けたことが伝えられている。 それでも、プライドを傷つけられたケイロル・ナバスは不満を態度に表さず。その後はペレス会長を見返すかのようにチャンピオンズリーグ(CL)3連覇やリーガエスパニョーラ優勝など多くのタイトル獲得に貢献。185cmとゴールキーパーとしては大柄ではないが、抜群の反射神経とシュートストップ能力を持ち、ペナルティーキックも度々止めるなど、ここぞの場面で頼りになった。 しかし、クラブは2018年夏にGKティボー・クルトワを獲得。2018-19シーズンこそクルトワの負傷離脱もあり出場機会はあったものの、2019年夏にPSGへと移籍した。その後、11月にCLグループステージ第5節でナバスがサンティアゴ・ベルナベウに凱旋した際には、マドリディスタからスタンディングオベーションを受けている。 2020.09.18 11:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ベルナトが左ヒザのACL断裂…直近のメス戦で負傷…

パリ・サンジェルマン(PSG)は17日、スペイン代表DFフアン・ベルナトが左ヒザの前十字じん帯(ACL)断裂の重傷を負ったことを発表した。 ベルナトは16日に行われたリーグ・アン第1節延期分のメス戦(1-0で勝利)に、後半半ばの63分から途中出場。しかし、投入から約20分後の味方DFプレスネル・キンペンベと交錯した際に左ヒザを負傷。プレー続行不可能となったスペイン代表DFは、メディカルスタッフに支えられながら、そのままピッチを後にした。 そして、試合翌日に行われた今回の精密検査の結果、左ヒザの前十字じん帯(ACL)に孤立した断裂が確認された。 現時点で離脱期間などの詳細は明かされていないが、長期におよぶ離脱は避けられないようだ。 2020.09.17 21:12 Thu
twitterfacebook
thumb

素早いパス回しからの美しい中央突破!ルーカス・モウラがPSGで決めたチームゴール【チーム・ゴールズ】

サッカーにおいて個の力は非常に大事な要素の一つである。しかし、チームとして選手たちがひとつになった時にこそ、素晴らしいプレーが生まれる。 『Team Goals』では、流れるような連携から生まれた美しいゴールを紹介。今回はトッテナムのブラジル代表FWルーカス・モウラがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ルーカス・モウラが美しい中央突破から決めたゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJNY21LTVlwayIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> サンパウロで若くして頭角を現したモウラは、多くの欧州トップクラブから注目を集め、2013年1月にパリ・サンジェルマンに加入。2018年1月にトッテナムに移籍するまで公式戦229試合に出場し、46ゴール48ゴールを記録している。 爆発的な加速と優れたテクニックで攻撃を牽引するモウラだが、2015年8月7日に行われた、リーグ・アン開幕節のリール戦では、見事な連携から華麗なゴールを決めている。 0-0で迎えた57分、中盤に降りてきたモウラがセンターサークル付近でボールを受ける。高速ドリブルで持ち上がったモウラはこれを前線のFWエディンソン・カバーニにパスし、そのまま裏へ走り出す。カバーニがこれをMFブレーズ・マテュイディに落とすと、マテュイディがダイレクトで走っていたモウラにスルーパス。見事な連携から完全に抜け出したモウラがGKも抜き去り、無人のゴールにシュートを決めた。 美しい中央突破から先制点を決めたPSG。これがこの試合唯一のゴールとなり、1-0でリーグ開幕戦に勝利している。 2020.09.17 21:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、ユムティティ獲得は見送り…慢性的なヒザのケガを問題視

パリ・サンジェルマン(PSG)は、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(26)の獲得を見送ったようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今夏にロナルド・クーマン監督を招聘したバルセロナでは、構想外となる選手の売却に向けた動きが活発化している。すでにウルグアイ代表FWルイス・スアレスとチリ代表MFアルトゥーロ・ビダルは、それぞれユベントスとインテル移籍へ秒読み段階に入っており、着々と人員整理を進めている。 ユムティティもその一人で、売却先としてPSGの名前が挙がっていた。しかし『アス』によると、PSGは獲得リストからその名前を削除。慢性的な左ヒザのケガを問題視して、獲得を見送ったようだ。 同選手は2017-18シーズンの終盤からヒザに問題を抱えており、18-19シーズンはその影響でシーズンの大半を棒に振っている。今年も同様の問題で7月以降の試合は欠場していた。 そんなユムティティは2018年夏に5年契約を締結している。元々ヒザの状態を懸念していた医療チームの意見を無視し、契約延長に踏み切ったジョゼップ・マリア・バルトメウ会長には少なからず非難の声が挙がっているという。 バルセロナは一方で、リヨンのオランダ代表FWメンフィス・デパイ獲得にユムティティの譲渡を提案したようだが、要求は受け入れてもらえなかったようだ。 2020.09.17 15:22 Thu
twitterfacebook
thumb

ベルナトに長期離脱の可能性…メス戦で左ヒザを負傷…

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するスペイン代表DFフアン・ベルナトが重傷を負った可能性が高いようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 PSGは16日に行われたリーグ・アン第1節延期分でメスと対戦し、1-0で勝利した。前節、荒れ模様となったマルセイユ戦での退場による主力のサスペンションに加え、この試合でもDFアブドゥ・ディアロの退場など、アクシデントに見舞われたPSG。さらに、主力の長期離脱まで強いられる見込みだ。 ベルナトは後半の63分にDFミシェル・バッカーとの交代でピッチに立ったが、その20分後に味方DFプレスネル・キンペンベと交錯した際に左ヒザを負傷。プレー続行不可能となったスペイン代表DFは、メディカルスタッフに支えられながらそのままピッチを後にした。 同試合後、公式会見に出席したトーマス・トゥヘル監督は、ベルナトの状態に関して、「フアンのことを思うと非常に悲しい気持ちだ。個人的に深刻なヒザのケガであると考えている」と、重傷の可能性を認めている。 なお、ベルナトは17日に精密検査を受ける予定となっているが、左ヒザを強く捻っていると見られており、じん帯の損傷などの重傷が危惧されている。 2020.09.17 13:41 Thu
twitterfacebook