ドルトムント、サンチョの移籍期限を10日に設定

2020.08.03 23:30 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントがイングランド代表MFジェイドン・サンチョ(20)の移籍期限を10日に設定したようだ。イギリス『BBC』が報じている。今夏の移籍市場でマンチェスター・ユナイテッド行きの噂が取り沙汰されているサンチョ。しかし、ドルトムントは2022年まで契約を残すサンチョの移籍金を1億2000万ユーロ(約149億5000万円)に設定しており、合意には至っていない。

新型コロナウイルスの影響によって今夏の移籍市場は10月5日まで開いているものの、ブンデスリーガの新シーズンが9月18日にスタートすることから、ドルトムントとしては新シーズンに向けてのスカッドを確定させたいために期限を8月10日に設定したとのことだ。

なお、ユナイテッドはドルトムントの希望する移籍金の半額程である6600万ユーロのオファーを提示していると報じられている。
コメント
関連ニュース
thumb

【ブンデス・シーズンプレビュー】欧州王者バイエルンの9連覇は揺るぎなしか、対抗は若手スター集まるドルトムント

2020-21シーズンのブンデスリーガが18日に開幕する。昨季は新型コロナウイルスの影響により約2カ月半の中断期間があった中、フリック監督就任でV字復調を見せたバイエルンが8連覇を成し遂げた。そして、シーズン終了後に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ではバイエルンが充実の戦いぶりを見せて優勝を飾り、欧州全土にバイエルンの底知れぬ強さを知らしめることとなった。迎える新シーズンもバイエルンが優勝の大本命であることに間違いなさそうだ。 ◆チアゴ流出は痛恨も9連覇の本命~バイエルン~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季途中に就任したフリック監督の下、欧州王者にも輝いたバイエルンが頭一つ抜け出した存在であることに異論はないだろう。MFチアゴのリバプールへの流出は痛恨だが、元々負傷気味のチアゴが不在だった際にはMFキミッヒとMFゴレツカが十分に穴を埋めており彼らが出場できれば問題ないだろう。また、レンタル組のMFコウチーニョ、MFペリシッチ、DFオドリオソラらの買い取りは行わなかったが、彼らも昨季はレギュラーでプレーしていたわけではなく、直接的な戦力ダウンには至っていない。選手層にやや不安は抱えるが、一方で代えの利かない主力であるDFアラバの残留が濃厚な上、マンチェスター・シティからFWサネを獲得。昨季ゴールデンシューを獲得した絶対的エースFWレヴァンドフスキに衰えは一切見られず、守護神のノイアーも完全復活の様相を見せており、9連覇の本命であることに変わりはない。 ◆命運握る若手スター選手たち~ドルトムント~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> そのバイエルンを追う一番手としては昨季同様にドルトムントを挙げたい。3季目となる知将ファブレ監督の下、若手スター選手が躍動しているドルトムント。DFハキミを確保できなかったのは痛いが、代役には経験豊富なDFムニエをパリ・サンジェルマンから獲得した。そして何より、昨季後半に加入してゴールを量産したFWハーランドと、マンチェスター・ユナイテッド行きが噂されたMFサンチョが残留し、2人の若手スターが今季もチームを牽引することになりそうだ。また、バーミンガムから加入した17歳の逸材MFベリンガムも早速DFBポカールでゴールを挙げており、勢いにさえ乗ればバイエルンと優勝を争うことも十分に可能なはずだ。 ◆CL4強入りの自信を胸に~ライプツィヒ~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ドルトムント同様、昨季CLベスト4入りを果たしたライプツィヒにも優勝を争うことを期待したい。33歳にして名将に相応しい実績を残しているナーゲルスマン監督の下、2季目となるライプツィヒは昨季28ゴールを量産したFWヴェルナーの移籍が痛いが、怪物DFウパメカノの残留に成功した点はプラス。韓国代表FWファン・ヒチャンがヴェルナーの抜けた穴をどれだけ埋められるかにも注目だ。 ◆ローゼ体制2季目の進化~ボルシアMG~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 昨季ザルツブルクより就任したローゼ監督の下、ラングニック仕込みの縦に早いサッカーでCL出場権をもぎ取ったボルシアMGは、今季も4位以内に入ることが目標となる。昨季の活躍で注目銘柄となったFWテュラムが残留し、昨季と変わらない陣容をキープすることに成功した。成熟路線で昨季同様、上位争いを展開したい。 ◆ハフェルツ&フォラント流出~レバークーゼン~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> コロナ明けの怒涛の追い上げでボルシアMGと熾烈なCL出場権争いを展開したものの、一歩及ばず5位でフィニッシュしたレバークーゼン。CL出場権を逃した痛手は大きく、MFハフェルツとFWフォラントが流出してしまった。代役にはライプツィヒで結果を残したFWシックが加入したが、戦力ダウンは否めない。ボス監督の攻撃サッカーで両主力の抜けた穴をいかに埋められるか注目される。 ◆堂安、遠藤航、遠藤渓太がブンデス1部初挑戦~6人の日本人~ <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20200917_19_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 日本人では新たに3選手がブンデス1部に参戦することとなった。まずはPSVから昇格組のビーレフェルトにレンタルで加入したMF堂安。PSVではフローニンヘン時代ほどインパクトを残せなかった堂安だったが、エールディビジより1ランクも2ランクもレベルが上がるブンデスリーガで結果を残せるか。 そしてシュツットガルトの昇格に貢献したMF遠藤航は、ブンデス1部初挑戦となる。これまでベルギー1部、ブンデス2部と着実にステップアップを果たしてきた遠藤航。トップレベルの舞台で自身のプレーがどれだけ通用するか。何事にも動じないメンタルの強さでチームを牽引したい。 横浜F・マリノスのJリーグ優勝に貢献し、この夏ウニオン・ベルリンへレンタルで加入したのがMF遠藤渓太だ。Jリーグで得点力を上げ、結果でドイツ移籍を勝ち取った遠藤渓太はウニオン・ベルリンでも目に見える結果を残し、完全移籍の座を勝ち取れるかに注目したい。 フランクフルトの主力となっているMF鎌田大地とMF長谷部誠に関しては昨季同様の活躍に期待だ。鎌田は復帰した昨季、公式戦10ゴールを挙げチームの得点源となった。今季も昨季と同じく二桁ゴールを目指したい。アジア人ブンデス最多出場記録を更新中の長谷部としては今季もケガなくチームの守備を締める黒子の役割に徹することが求められる。 最後に、昨季は何とかブンデス残留に貢献したブレーメンのFW大迫勇也。シーズン終盤の巻き返しで最終的には8ゴールを決めた大迫だが、今季は前半戦からコンスタントにゴールを挙げ、チーム共々余裕を持ったシーズンを送りたいところだ。 2020.09.18 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

新天地未定のゲッツェが野心燃やす「CL未制覇で引退はしたくない」

元ドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)が、ドイツ『ビルト』のインタビューで去就に関するヒントを残した。 2019-20シーズン限りでドルトムントを退団したゲッツェは、フリーであるにもかかわらず、いまだに所属先が決まらない状況にある。先日には代理人を変更し、現状にメスを入れたことが同メディアによって報じられていた。 ゲッツェはインタビューの中で、激しい競争を求めていること、自分の力を証明したいという意欲を示すとともに、チャンピオンズリーグ優勝を渇望していることを明かした。 「僕はゴールへの情熱は衰えていないし、何よりチャンピオンズリーグで優勝したいんだ。それが毎日の原動力になっている。一度もこのタイトルを獲得できないまま引退なんてしたくない」 「僕がお金に固執しているように書かれることが多かったけど、それは事実ではない。僕は競争の中に身を置きたい。最高のレベルで自分を高め、どんなチームでも力になれることを証明したいんだ」 「ブンデスリーガを出ていかなければならないなんてことは決してない。ドイツには野心的なクラブがいくつかあるんだ」 2020.09.18 14:24 Fri
twitterfacebook
thumb

ドルトムントの逸材U-19オランダ代表MFフェライが中山雄太が所属するズヴォレにレンタル

中山雄太が所属するズヴォレは18日、ドルトムントのU-19オランダ代表MFイマヌエル・フェライ(19)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。 フェライはアムステルダム出身。AFCアムステルダム、AZ、ドルトムントの下部組織を渡り歩き、2020年7月にファーストチームへと昇格していた。 ドルトムントでのファーストチームデビューはまだ果たしていないものの、2019-20シーズンの終盤4試合ではベンチ入りを果たしていた。 世代別のオランダ代表としてU-15からU-19までプレー。将来が期待されているトップ下を主戦場とするミッドフィルダーだ。 フェライはズヴォレへのレンタル移籍について「ズヴォレがくれたチャンスにとても満足している。ここへレンタルすることで、さらに成長することができる」と成長に繋がるとコメント。「トップレベルでプレーすることは、19歳の僕にとって最優先事項だ。監督やテクニカル・マネージャーとの熱心な会話から、具体的な計画があると感じた。クラブが最適な選手を連れてきたと示すのは、僕次第だ」と語り、新天地での活躍を誓った。 2020.09.18 10:25 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ候補40名にハーランドやサンチョ、アンス・ファティら!久保は落選…

イタリア『トゥットスポルト』がゴールデンボーイ賞の候補40名を発表した。 『トゥットスポルト』主催のゴールデンボーイ賞選出は、2003年からスタート。欧州でプレーする最も活躍した21歳以下の選手の中から選ばれ、2019年はアトレティコ・マドリーに所属するポルトガル代表FWジョアン・フェリックスが輝いていた。 18度目となる2020年も錚々たるタレントが候補入り。候補者は毎月20名ずつが落選していく方式で絞られ、、12月に受賞者が決定する。ノミネートされた100名にはレアル・マドリーからビジャレアルへレンタル移籍中のMF久保建英、AZのDF菅原由勢の2名の日本人が入ったものの、菅原は8月に発表された60名の時点で落選。そして久保も、今回の発表された40名の候補者から落選した。 なお、40名には昨季3冠を果たしたバイエルンのDFアルフォンソ・デイビスやドルトムントのFWアーリング・ハーランド、MFジェイドン・サンチョ、バルセロナのFWアンス・ファティらが選ばれている。 ◆2020年のゴールデンボーイ賞候補40選手一覧 マルレー・アケ(マルセイユ) アディル・アウシシュ(サンテチェンヌ) ブノワ・バディアシル(モナコ) ミシェル・バッカー(パリ・サンジェルマン) マイロン・ボアドゥ(AZ) デニス・ボルコフスキ(ライプツィヒ) エドゥアルド・カマヴィンガ(スタッド・レンヌ) マルコ・カルネセッキ(アタランタ) ラヤン・チェルキ(リヨン) ジョナサン・デイビッド(リール) アルフォンソ・デイビス(バイエルン) セルジーニョ・デスト(アヤックス) セバスティアーノ・エスポージト(インテル) ファビオ・シルバ(ウォルバーハンプトン) アンス・ファティ(バルセロナ) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ) アミーヌ・グイリ(ニース) ライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) アーリング・ハーランド(ドルトムント) カラム・ハドソン=オドイ(チェルシー) モハメド・イハッターレン(PSV) オザン・カバク(シャルケ) ミハウ・カルボフニク(レギワ・ワルシャワ) タンギ・クアシ(バイエルン) デヤン・クルゼフスキ(ユベントス) マルコス・アントニオ(シャフタール・ドネツク) ラファエル・カマーチョ(スポルティング・リスボン) ロドリゴ(レアル・マドリー) ブカヨ・サカ(アーセナル) ジェイドン・サンチョ(ドルトムント) ヴラジスラフ・スプリアハ(ディナモ・キエフ) ドミニク・ショボスライ(ザルツブルク) トーマス・エステベス(ポルト) トマス・タバレス(ベンフィカ) サンドロ・トナーリ(ミラン) フェラン・トーレス(マンチェスター・シティ) クリストス・ツォリス(PAOK) ヴィニシウス・ジュニオール(レアル・マドリー) ネコ・ウィリアムズ(リバプール) 2020.09.17 02:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、17歳の超新星ベリンガムを絶賛 「すでに一人前の男としてプレー」

今夏、鳴り物入りでドルトムントへ加入したU-21イングランド代表MFジュード・ベリンガム(17)への評価がうなぎのぼりだ。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 今夏の移籍市場で2500万ポンド(約34億円)と言われる移籍金でバーミンガムから加入したベリンガム。 プレシーズンキャンプから、早速その才能の片りんを周囲に見せると、公式戦デビューとなった14日のDFBポカールのデュイスブルク戦では、17歳77日でのクラブ史上最年少ゴール記録を樹立する鮮烈な活躍を披露した。 その超新星に対して、チームを率いるルシアン・ファブレ監督は、デュイスブルク戦後に、「彼のような才能のあるプレーヤーと一緒に仕事をするのは簡単」と、早くもその才能に惚れ込んでいる。 「プレシーズンの間に、ジュードのことをよりよく知ることができた」 「彼のボールの扱い方、その守り方を好んでいるよ。彼は我々に戦術的な可能性を幾つも与えてくれるし、素晴らしい存在感を持っている」 「彼は6番でも8番でもプレーできるし、パス回しもうまい。さらに、ゴールを奪えるポジションを取ろうとしている。技術的なスキルを持っているし、スペースの感覚もある。だからこそ、彼のような才能のあるプレーヤーと一緒に仕事をするのは簡単なことなんだ」 「そして、彼のようなプレーヤーに関しては、生年月日を見ることはないよ」 また、ピッチ上でプレーを共にするベルギー代表MFトルガン・アザールも指揮官と同様にベリンガムの17歳という年齢を感じさせない立ち居振る舞いに感銘を覚えている一人だ。 「彼はまだ17歳だけど、すでに一人前の男としてプレーしているね」 「彼はピッチ上の至るところに顔を出し、ゴールも奪えて守備もできる。攻撃と守備のバランスを保つのに非常に優れたプレーヤーだと思うよ。そして、彼は今後僕らを大いに助けてくれるはずさ」 2020.09.16 16:05 Wed
twitterfacebook