何人抜くの!?20世紀のドリブルゴールBEST3

2020.08.11 15:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus



3位:バルサ時代のマラドーナがレアルDFをあざ笑う超絶ドリブル弾


1982-83シーズン
レアル・マドリー戦
ディエゴ・マラドーナ(バルセロナ)

2位:誰もが騙される!ジダンがゴール前で見せた絶妙キックフェイントからのエレガントゴール


1997年4月23日
チャンピオンズリーグ準決勝2ndレグ アヤックス戦
ジネディーヌ・ジダン(ユベントス)




関連ニュース
thumb

バルセロナが今夏アメリカでのプレシーズンツアー実施! 2試合のフレンドリーマッチを予定

バルセロナは19日、今夏にアメリカでのプレシーズンツアーを実施することを発表した。 2020年の新型コロナウイルスのパンデミック発生以降、国外への遠征ツアーを見送ってきたバルセロナにとって、今回の2019年に行った日本、アメリカツアー以来の遠征となる。 今回のツアーでは地元チームと2試合のフレンドリーマッチを行う予定で、1試合目は7月19日に南フロリダのDRV PNKスタジアムでインテル・マイアミと、2試合目は同30日にニュージャージーのレッドブル・アリーナでニューヨーク・レッドブルズと対戦する予定だ。 なお、3年前に行われたアメリカ―ツアーでは、南フロリダのロックハートスタジアム(現・DRV PNKスタジアム)とミシガンのミシガンスタジアムでナポリと連戦し2-1、4-0と連勝していた。 2022.05.20 01:30 Fri
twitterfacebook
thumb

かめはめ波がバルセロナ仕様に!?オーバメヤンが愛するドラゴンボールのスパイクを披露!「ミガッテノゴクイ」

バルセロナに所属する元ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンの『ドラゴンボール』愛が炸裂している。 以前から、日本の大人気漫画『ドラゴンボール』の大ファンであるオーバメヤン。キャラクターのタトゥーを入れたり、ゴールパフォーマンスで孫悟空らが使う“瞬間移動”のポーズを披露するなどしてきた。 そして19日、自身のインスタグラムを更新すると、「ミガッテノゴクイ」とドラゴンボールに登場する変化形態のひとつである「身勝手の極意 兆」に変身した悟空のイラストを描いたシャツと、超サイヤ人ブルーの悟空が描かれたカスタムスパイクを披露した。 「身勝手の極意」とは、『ドラゴンボール超』宇宙サバイバル編に登場する新たなる技能・領域で、『ドラゴンボール』や『ドラゴンボールZ』などでは存在しないもの。『ドラゴンボール超』に出てくる超サイヤ人ゴッドや超サイヤ人ブルーを遥かに超える強化状態で、戦闘中、状況に応じて自動的に肉体が的確な行動をとる能力のことだ。 よく見ると、悟空が放っている「かめはめ波」の部分がバルセロナのエンブレムになっている。 オーバメヤンは、大好きな『ドラゴンボール』に囲まれてご機嫌の様子だ。 <span class="paragraph-title">【写真】かめはめ波がバルセロナのエンブレムに!オーバメヤンのドラゴンボール・スパイク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | <a href="https://twitter.com/Auba?ref_src=twsrc%5Etfw">@Auba</a> reçoit des crampons Goku de la part de <a href="https://twitter.com/OrravanDesign?ref_src=twsrc%5Etfw">@OrravanDesign</a> !<br><br>Ce n&#39;est pas la première collaboration entre les deux puisque la première paire remonte à 2010 lorsque Aubameyang évoluait à Saint-Etienne.<br><br> <a href="https://t.co/1XLj2tVbpi">https://t.co/1XLj2tVbpi</a> <a href="https://t.co/24SYCYUQyi">pic.twitter.com/24SYCYUQyi</a></p>&mdash; footpack. (@footpack) <a href="https://twitter.com/footpack/status/1526883373104435201?ref_src=twsrc%5Etfw">May 18, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/Cds-mmLtDzd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/Cds-mmLtDzd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/Cds-mmLtDzd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Pierre-Emerick Aubameyang(@auba)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.19 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンはデンベレ獲得に動かず? 一方でリバプールのマネへの関心は継続か

バイエルンはバルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)獲得に関心を抱いていないようだ。 今シーズンの公式戦31試合に出場して2ゴール13アシストを記録しているデンベレ。バルセロナとの現行契約が今季限りで満了となるにもかかわらず、今冬には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続けたことにより、一時チームから追放されていた。 その後、チームに復帰したデンベレはリーグ戦4試合連続でアシストを記録するなど評価を高めたことから、改めて契約交渉の席が設けられている。それでも現時点で交渉は進展しておらず、フランス『レキップ』からはバイエルンが年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備していると報じられた。 しかし、ドイツ『キッカー』はこうした報道を否定。バイエルンは現時点で、デンベレ獲得に関心を示していないという。現在のチームにはFWキングスレー・コマン(25)、FWセルジュ・ニャブリ(26)、FWレロイ・サネ(26)ら、デンベレと年齢の近い同ポジションの選手が揃っており、必要性を感じていないようだ。 一方で、『キッカー』によるとバイエルンはリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネ(30)への関心は強めているという。前線ならどこでもプレーが可能なことに加えて、リバプールとの契約が2023年夏までなっており、交渉の余地があることから、今夏のターゲットの一人になる可能性はあるようだ。 バイエルンは絶対的エースとして君臨してきたポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(33)が退団を希望していることなどもあり、忙しい夏になるかもしれない。 2022.05.19 17:58 Thu
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンがガボン代表を引退…歴代最多の30ゴールを記録

バルセロナのFWピエール=エメリク・オーバメヤン(32)がガボン代表からの引退を発表した。 オーバメヤンは18日、ガボンサッカー連盟(GAB)の公式SNSを通じて代表引退を明かした。 「13年間誇りを持って自分の国を代表してプレーした後、僕は国際的なキャリアを終えることを発表する」 2009年に代表デビューを飾ったオーバメヤンは、これまで通算73試合に出場し、同国歴代最多の30ゴールを記録。ワールドカップ出場やタイトル獲得はならずも、2012年に行われたアフリカ・ネーションズカップではその他6選手と並んだものの、大会得点王に輝いていた。 今年初めにカメルーンで行われたアフリカ・ネーションズカップにも招集されていたが、新型コロナウイルス感染後の心臓の問題によって離脱を余儀なくされていた。 2022.05.19 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

バイエルンがデンベレ獲得の動きを本格化、年俸24億円のメガオファー用意か

バイエルンが、バルセロナのフランス代表FWウスマーヌ・デンベレ(25)と交渉をスタートさせたようだ。フランス『レキップ』が伝えている。 バルセロナとの現行契約が今季限りで満了を迎えるにあたり、その去就が注目されているデンベレ。冬の移籍市場の際には契約更新を求めるクラブからの連絡を無視し続け、一時チームから除外される一幕もあった。 しかし、確かな才能を持つ25歳は、その後チームに戻ると本領を発揮。リーグ戦7試合で1ゴール9アシストを記録する活躍を披露し、チャビ・エルナンデス監督からも絶賛の声が挙がった。そして、クラブも契約更新の意思をより明確にし、これまでコンタクトを図っている。 だが、シーズン終了が目前に迫る現段階で交渉の進展は伝えられておらず、時間と共に退団の線が濃厚に。そんな中、バイエルンは年俸1800万ユーロ(約24億4600万円)の4年契約というメガオファーを準備し、フランス代表FWを口説きにかかっているようだ。 札束勝負となれば、6月の人件費決済も危ういバルセロナには非常に不利な土俵となる。デンベレに残留の意思があればチャンスもありそうだが果たして。 2022.05.18 15:41 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly