仙台、MF富田晋伍が左ヒザ前十字じん帯損傷で約6カ月の離脱…

2020.08.03 15:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ベガルタ仙台は3日、MF富田晋伍の負傷を報告した。クラブによると、富田は7月15日に行われたトレーニング中に負傷。左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、同月28日に手術を受けたとのこと。全治は手術日から約6カ月の見込みだと発表している。

2005年の入団からここまで仙台一筋でプレーする富田。2009年にはJ1リーグ昇格へ貢献するなど主力として活躍。通算480試合以上の出場数を誇るが、今シーズンはここまで出場機会に恵まれていなかった。
コメント
関連ニュース
thumb

柏MF戸嶋祥郎が全治最大6カ月の見込み…「必ず復帰します」 交錯した相手選手の軽傷を願う声も

柏レイソルは29日、MF戸嶋祥郎の負傷状況を報告した。 戸嶋は27日にホームで行われた明治安田生命J1リーグ第19節の横浜F・マリノス戦に先発したものの、相手選手との交錯で36分に負傷交代。クラブの発表によると、左脛腓骨骨折の診断が下り、全治4~6カ月の見込みだ。アルビレックス新潟から加入した今シーズンのここまでJ1リーグ16試合に出場していた。 今シーズン中の復帰が微妙な戸嶋はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「ご心配をおかけして申し訳ありません。必ず復帰しますので安心してください。皆さまからの温かい声を耳にし、感謝の気持ちでいっぱいです。交錯した相手選手からもご丁寧にご連絡をいただきました。ご自身もあのシーンで痛めてしまったようで、軽傷であることを願うばかりです。最後にまたピッチで闘うことを約束できました」 「一方で、この件に関して耳が痛くなるような発言もあり、残念です。どうか、Jリーグ、サッカーに関わる方々が先駆けとなって、今以上に温かい声があふれ、お互いをリスペクトする想いに満ちていくことを願います。また、新型コロナウイルス感染症を乗り越え、今まで以上に熱気にあふれたスタジアムが戻ってくることも願っています」 「少しでも早くピッチに立てるよう、今できることから努力していきます。次こそはレイソルの勝利に貢献できるよう、J1の舞台でゴールを決められるよう、さらに強くなって戻ってきます。頑張ります! これからも柏レイソルへの応援をよろしくお願いします!」 2020.09.29 16:59 Tue
twitterfacebook
thumb

大分のMF前田凌佑、MF小林成豪、DF香川勇気が負傷離脱、古傷再発の小林は全治6カ月に

大分トリニータは29日、MF前田凌佑、MF小林成豪、DF香川勇気の負傷を報告した。 クラブの発表によると、前田は23日に行われた明治安田生命J1リーグ第18節のサンフレッチェ広島戦で負傷。右足関節捻挫と診断され、全治4週間とのことだ。 また、昨年11月末に左第5中足骨疲労骨折と診断され離脱していた小林は、8月1日に行われた第8節の鹿島アントラーズ戦で復帰を果たしていたが、左第5中足骨骨折偽関節と診断され、手術を受けたとのこと。全治には6カ月を擁する見込みだと伝えている。 左ウイングバックの主力としてプレーする香川は、経過観察していたものの大分市内の病院で検査を受け、右ハムストリングス肉離れと診断。全治は6週間となり、経過を見ながらリハビリを始めるとのことだ。 今シーズンのJ1リーグでは、前田は8試合、小林は2試合、香川は16試合に出場していた。 2020.09.29 13:40 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和戦勝利で思い出した横浜FC昔話/六川亨の日本サッカーの歩み

9月23日のJ1リーグ第18節、アウェーで川崎Fと対戦した横浜FCは、敗れたものの2-3と大善戦だった。それまで浦和を3-0、広島を5-1と粉砕してきたのだから、横浜FC戦も大差の勝利を収めると予想された。 しかし結果は3-2の僅差で、一時は2-1と追い上げられる展開を強いられた。今シーズン初めて「キング・カズ」がスタメンに名を連ね、さらに中村俊、松井のベテランもそろい踏み。そんな横浜FCを鬼木監督は「ああいう選手たちがいると、それだけでプレッシャーになったと思う」と脅威に感じたことを素直に認めつつ、「そういう意味で、受けずにアグレッシブに行かないといけないと改めて思う」と反省した。 カズ(三浦知良)、中村俊輔、松井大輔――改めて一時代を築いた3選手のスタメン出場に、横浜FCのオールドファンは14年前の06年を思い出したのではないだろうか。 05年に横浜FCの監督に就任した足達氏は、シーズンを11位で終えた。迎えた06年、開幕戦で愛媛に0-1と敗れた横浜FCのフロントは、わずか1試合で足達監督を解任した。開幕戦後のスピード解任は今でもJリーグの最短記録である。 後任監督にはコーチだった高木氏(現大宮監督)が就任すると、高木監督はベテランを要所に配し、守備重視のサッカーで見事初のJ1昇格を果たした。その原動力となったのが、カズであり、彼と2トップを組んだ城彰二(キャプテンを務め、06年で現役を引退)であり、ボランチの山口素弘とCBの小村徳男だった。 そして07年、初めてのJ1リーグに挑むに当たり、フロントはさらなる補強に動いた。横浜Mから久保竜彦と奥大介(故人)の元日本代表FWを獲得したのだ。横浜FCは開幕戦となったアウェー浦和戦は1-2で敗れたが、久保が得意の左足で超ロングシュートを決めたのは今でも語り草になっている。 この07年は、最終節でもドラマが待ち受けていた。5月26日、第13節のホーム大分戦に2-1で勝って以降は勝利から見放され、その後の20試合は3分け17敗という惨憺たる成績だった。このため8月28日に高木監督を解任し、ジュリオレアル新監督を迎えたが、前述したように一向に成績は上向かない。 10月20日の神戸戦にも0-3で敗れ、残り5試合でJ2降格が決まる。これは当時最速の降格決定だった。 そして最終戦の相手は優勝争いを演じている浦和だった。一時は独走態勢にあった浦和だが、第30節終了時点であと1勝すればリーグ連覇という状況で3試合連続のドローと足踏みをしていた。その間に鹿島に追い上げられ、勝点1差に詰められたものの、勝てば自力優勝が決まるという有利な状況に変わりはなかった。まして相手はJ2降格が決まってモチベーションの低下している横浜FCである。誰もが浦和の優勝は確実と思った。 ところが試合はカズのスルーパスから根占真伍(東京Vからレンタル移籍)が決勝点を奪って見せる。試合はこのまま終了し、清水を3-0で下した鹿島が6年ぶり5度目のリーグ制覇を達成。連覇を逃した浦和は、これ以降リーグタイトルから遠ざかっている。 歴史は繰り返すのか、川崎Fに2-3と善戦した3日後の9月26日、横浜FCはアウェーで浦和と対戦した。さすがに中2日ということでベテラン3人はベンチからも外れたが、仙台大卒のルーキー松尾が2ゴールを奪い、今シーズン6勝目をあげた。 彼だけでなく、DF袴田やボランチの安永、ユース出身FWの斉藤光毅らは初のJ1で試合を重ねるたびに自信を深めているように感じられる。今後もどのようなサプライズを起こすのか。超ベテランと若手を巧みに操る下平監督の手腕にも注目したい。もちろん期待したいのは、カズダンスと中村俊の直接FK、松井のアクロバティックなゴールであることは言うまでもない。 <div id="cws_ad"><hr>【文・六川亨】</br>1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた</div> 2020.09.29 11:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】ミッドウィーク対戦の浦和MF関根貴大、FC東京FWディエゴ・オリヴェイラが出場停止

Jリーグは28日、明治安田生命J1リーグの出場停止情報を発表した。 今回発表になったのは、北海道コンサドーレ札幌のMF宮澤裕樹、浦和レッズのMF関根貴大、FC東京のFWディエゴ・オリヴェイラの3名。いずれも累積警告での出場停止となる。 関根とディエゴ・オリヴェイラは、30日に行われる前倒し分の第29節で出場停止に。浦和とFC東京が直接対決となる。 【明治安田生命J1リーグ】 MF宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 第20節 vsベガルタ仙台(10/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 MF関根貴大(浦和レッズ) 第29節 vsFC東京(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京) 第29節 vs浦和レッズ(9/30) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2020.09.28 20:35 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第19節】三浦新体制で貫禄勝ちの神戸から2名選出

明治安田生命J1リーグ第19節の9試合が26日から27日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手を選りすぐり、ベストイレブンを紹介する。 <script src="//player.daznservices.com/player.js#44a12140e3dda008f998a5a1a9.1tybkqliqmgvi1ndbmyxnzxqc3$dfplid=051z6c67nptq012c994x2vfi3s" async></script> GK東口順昭(ガンバ大阪/3回目) 1失点こそ喫したが、相手のシュートをことごとくセーブ。J1リーグ300試合出場の偉業を自ら祝福してチームも3連勝。 DF鈴木義宜(大分トリニータ/2回目) 常にボールを保持される展開のなか、相手エースを封殺。カバーリングの出足も早く、最後まで粘り強く応対した。 DFジェジエウ(川崎フロンターレ/2回目) 随所で湘南ベルマーレの攻撃陣の前に立ち塞がる。スピード、強さ、危機察知能力を存分に発揮したディフェンスでクリーンシートの立役者に。 DF丸山祐市(名古屋グランパス/4回目) ダメ押しとなるチーム3点目を記録。試合終盤には相手の猛攻にあったものの、体を張った守備でチームを鼓舞。攻守の存在感が抜群だった。 MF原輝綺(サガン鳥栖/初選出) 宮大樹とともに安定感抜群の守備でゴール前に鍵をかける。ビルドアップ、対人能力、スピードどれをとってもハイレベルだった。 MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/3回目) 前節に続き大量得点に絡む働きを披露。絶妙なスルーパスで3ゴールの起点に。異次元のテクニックで違いを見せつけた。 MF倉田秋(ガンバ大阪/2回目) “漫画の世界”と思わせるようなドライブシュートを決めれば、パトリックのゴールも演出。守備も怠らないハードワークはさすがの一言。 MF松尾佑介(横浜FC/3回目) 下部組織時代に育った浦和を相手に2つの恩返し弾。恩師の大槻毅監督の前でユース時代から格段に成長した姿を見せつけた。 MF清武弘嗣(セレッソ大阪/5回目) 途中出場ながらチームの連敗をストップさせる1G1A。決勝弾は鳥肌モノのスーペルゴラッソ。 FW仲川輝人(横浜F・マリノス/初) 好判断から77分にエリキのゴールをアシストすると、試合終了間際にも前田のゴールをお膳立て。オウンゴールを誘発する動きも良かったが、ラストプレーでの負傷状態が気がかり。 FW古橋亨梧(ヴィッセル神戸/4回目) 2戦連続の2発で飛躍した昨シーズンに続いて二桁ゴールに到達。新監督体制初戦の主人公はこの男だった。 2020.09.28 16:25 Mon
twitterfacebook