町田がFW晴山岬の新型コロナウイルス陽性を発表、U-19日本代表候補トレーニングキャンプで発覚

2020.08.02 18:35 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC町田ゼルビアは2日、FW晴山岬が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性反応となったことを発表した。晴山は月1日(土)、千葉県内で行われたU-19日本代表候補のトレーニングキャンプに合流した際、集合時に参加者全員に対して行われたSmartAmp法およびPCR検査の結果、陽性反応が認められていた。なお現在は、37.2度の発熱があり、病院で療養しているとのことだ。

これによりU-19日本代表候補トレーニングキャンプは中止となっていた。

また、31日(金)に全選手・スタッフに対して行ったJリーグ公式のPCR検査の結果が本日2日(日)に判明し、晴山選手を除いて全員陰性であることが確認され他とのことだ。

◆晴山岬選手の1週間の体調経過
7月26日(日)
J2第7節栃木SC戦(ホーム)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温36.1度)

7月27日(月)
チームトレーニング参加(体温35.9度)

7月28日(火)
チームトレーニング参加(体温36.2度)

7月29日(水)
J2第8節松本山雅FC戦(アウェイ)試合メンバー外のチームトレーニング参加(体温35.9度)

7月30日(木)
チームトレーニング参加(体温36.2度)

7月31日(金)
チームトレーニング参加(体温36.1度)

8月1日(土)
千葉県内でのU-19日本代表トレーニングキャンプ合流(体温36.2度)
※自覚症状はないが、集合時のPCR検査にて陽性判定

8月2日(日
37.2度の発熱、病院にて療養中
コメント
関連ニュース
thumb

13位の町田が福岡の連勝を「12」でストップ! 徳島は着実に勝ち点3を積み上げ詰め寄る《J2》

明治安田生命J2リーグ第28節の11試合が21日に各地で行われた。 13位タイに位置するFC町田ゼルビアは、町田GIONスタジアムで破竹の12連勝で首位へ浮上したアビスパ福岡を迎え討った。 その町田は15分、ジョン・チュングンに決定機。ボックス左からワンフェイクを入れて意表を突くシュートを放つ。ニア上へ飛んだボールは惜しくもクロスバーに弾かれる。 後半立ち上がりにも町田はビッグチャンスを迎える。47分、高江のスルーパスをボックス内で受けた安藤がシュート。しかし、これはGK村上の好守に遭った。 連勝記録更新を目指す福岡は攻めあぐねていた中81分、エミル・サロモンソンのクロスに木戸が合わせたが、わずかに枠から外れた。 試合終了間際のFKには、フアンマ・デルガドがヘディングシュート。しかし、これも決まらず、0-0の引き分けで終了。町田は終始押し込んでいたものの勝ち切れず。しかし、怒涛の12連勝で駆け上がってきた福岡をストップした。 2位の徳島ヴォルティスは維新みらいふスタジアムで19位のレノファ山口FCと対戦。首位奪還のため負けの許されない徳島は、42分にオウンゴールで先制すると、前半アディショナルタイムに垣田が追加点を挙げる。さらに、63分に西谷がネットを揺らして3-0で勝利。福岡がドローに終わったことで勝ち点差を「1」とした。 栃木県グリーンスタジアムでは、13位タイ・栃木SCと18位・FC琉球が激突。榊と森が2ゴールずつ挙げたホームの栃木が4-1で勝利し、6試合ぶりの白星を手にした。 ◆明治安田生命J2リーグ第28節 ▽10/21(水) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">京都サンガF.C. 1</span>-0 ギラヴァンツ北九州 水戸ホーリーホック 1-1 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ザスパクサツ群馬 1</span>-0 ヴァンフォーレ甲府 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 2</span>-0 ツエーゲン金沢 東京ヴェルディ 0-0 ジュビロ磐田 FC町田ゼルビア 0-0 アビスパ福岡 松本山雅FC 1-1 大宮アルディージャ アルビレックス新潟 1-1 ファジアーノ岡山 レノファ山口FC 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3 徳島ヴォルティス</span> 愛媛FC 1-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">4 V・ファーレン長崎</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">栃木SC 4</span>-1 FC琉球 2020.10.21 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

町田、桐光学園の長身DF奈良坂巧が来季加入内定!

FC町田ゼルビアは10日、桐光学園高等学校のDF奈良坂巧(18)の2021シーズンからの加入内定を発表した。 神奈川県出身の奈良坂は187cmの長身DF。桐光学園では2018年に全国高校総体準優勝、2019年に全国高校総体優勝を経験。今年に入って日本高校選抜にも選出されている。 来シーズンから町田でプロキャリアをスタートすることになる奈良坂は、クラブ公式サイトを通じて意気込みを口にしている。 「この度、FC町田ゼルビアに加入させていただくことになりました桐光学園高等学校の奈良坂巧です」 「ファン・サポーター、地域の皆様に愛されているFC町田ゼルビアという素晴らしいチームでプロサッカー選手としての第一歩を踏み出せるということを非常に嬉しく思います」 「今まで自分に携わってくださった全ての方、そしてこれから携わってくださるFC町田ゼルビアに関わる全ての方、ファン・サポーターの方々に、感謝の気持ちをもってプレーや日々の行動でその恩返しをしていきたいと思っています。応援よろしくお願いします!」 2020.09.10 19:53 Thu
twitterfacebook
thumb

町田が清水DFノリエガ・エリックを期限付き移籍で獲得「欠かすことのできない選手に成長していきたい」

FC町田ゼルビアは30日、清水エスパルスのDFノリエガ・エリック(18)が期限付き移籍で加入することを発表した。契約期間は2020年7月29日から2021年1月31日までとなっており、背番号は「44」となる。 ノリエガ・エリックは、愛知県出身で6歳の時にペルーへ移住。ペルーのアリアンサ・リマから清水ユースへと入団し、2018年の日本クラブユースサッカー選手権U-18では優勝に貢献していた。 今シーズンからトップチームに昇格していてが、出場機会はなかった。 ノリエガ・エリックは両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC町田ゼルビア 「町田でプレーできることを本当に楽しみにしています」 「エスパルスで学んだことを活かしながら、町田のスタイルにできるだけ早く馴染んでチームの力になりたいと思いますし、町田にとって欠かすことのできない選手に成長していきたいと思います」 ◆清水エスパルス 「エスパルスでプレーしたい気持ちが1番ですが、町田からチャンスをいただいたので、成長できるよう 町田でしっかり活躍してきたいと思います。エスパルスに戻ってきた際は、必ずチームの力になれる ように頑張ってきます。これからは自分のことも町田のことも見守っていただけたら嬉しいです」 2020.07.30 09:50 Thu
twitterfacebook
thumb

町田に痛手…MFジョン・チュングンが左第二趾基節骨骨折…

FC町田ゼルビアは26日、韓国人MFジョン・チュングンの負傷を発表した。 ジョン・チュングンは、今月15日に行われた明治安田生命J2リーグ第5節のアルビレックス新潟戦で負傷。その後の精密検査の結果、左第二趾基節骨骨折と診断された。全治には約12週間程度を要する見込みだという。 昨シーズンから町田でプレーするジョン・チュングンは、今シーズンの開幕前にも左足関節脱臼骨折の重傷を負っていたが、リーグ再開初戦の東京ヴェルディ戦で今季初出場を飾ると、以降の3試合でもスタメン出場。負傷した新潟戦では今季初得点を記録していた。 2020.07.26 22:29 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカオ躍動の金沢が群馬を5発撃破で今季初連勝! 町田は3戦ぶりの白星に《J2》

26日、明治安田生命J2リーグ第7節の2試合が行われた。 正田醤油スタジアム群馬で行われたザスパクサツ群馬vsツエーゲン金沢は、アウェイの金沢が5-0で快勝した。 21位の群馬と15位の金沢というボトムハーフ同士の一戦は思わぬ一方的な展開となった。 開始9分にショートカウンターから加藤陸にJ2初ゴールが生まれた金沢は、13分と45分にもルカオが豪快なダイビングヘッド、個人技でのロングカウンターからゴールを重ね、前半だけで3点のリードを奪う。 さらに、後半に入っても主導権を渡さない金沢は66分に相手のオウンゴールで後半最初のゴールを挙げると、73分には長谷川にも移籍後初ゴールが生まれた。 そして、ホームチームの反撃を2試合連続のクリーンシートで凌ぎ切った金沢が、今季初の連勝を飾っている。 また、町田GIONスタジアムで行われたFC町田ゼルビアvs栃木SCは、ホームの町田が2-0で勝利した。 前節、水戸ホーリーホックに0-4で完敗し、今季初黒星となった町田だが、23分に右CKのショートコーナーから吉尾が入れた右クロスをマソビッチが肩で合わせ、先制に成功。さらに、前半終了間際には再び同じ形から吉尾のクロスを今度は小田が頭で合わせ、前半のうちに2点目を奪った。 後半はセットプレーを中心に栃木が再三のシュートチャンスを迎えたが、直近2試合で7失点のホームチームの守備陣が意地をみせ、このままクリーンシートで試合をクローズ。町田が3試合ぶりの白星を手にしている。 ◆明治安田生命J2リーグ第7節 ▽7/26(日) ザスパクサツ群馬 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">5 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">FC町田ゼルビア 2</span>-0 栃木SC ▽7/25(土) 東京ヴェルディ 0-0 モンテディオ山形 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ヴァンフォーレ甲府 2</span>-1 ジェフユナイテッド千葉 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アルビレックス新潟 1</span>-0 水戸ホーリーホック <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">大宮アルディージャ 1</span>-0 松本山雅FC ジュビロ磐田 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">2 徳島ヴォルティス</span> 愛媛FC 1-1 FC琉球 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">アビスパ福岡 1</span>-0 ファジアーノ岡山 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">ギラヴァンツ北九州 2</span>-0 レノファ山口 <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">V・ファーレン長崎 1</span>-0 京都サンガF.C. 2020.07.26 22:12 Sun
twitterfacebook