PSG、中盤強化の一手はチアゴ? バイエルンが望む額に迫るオファー提示か

2020.08.02 17:15 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
スペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ(29)にパリ・サンジェルマン(PSG)行きの可能性が浮上した。フランス『Le 10 Sport』が報じている。

2013年にバルセロナから加入して以降、在籍7年間で公式戦231試合31ゴール37アシストの数字を残しているチアゴ。ブンデスリーガ7連覇を含む計15個のタイトル獲得に貢献してきた。

しかし、契約は2021年夏までとなっており、バイエルンの最高経営責任者(CEO)を務めるカール=ハインツ・ルンメニゲ氏が先月、「何か新たなチャレンジがしたいようだ」と述べ、自宅売却の動きも指摘されている。

これまでマンチェスター・シティ行きの憶測も挙がるなかで、リバプール入りを有力視する報道もあるが、PSGはすでにバイエルンと交渉を開始している模様。要求額である移籍金3000万ユーロ(約37億4000万円)前後のオファーを提示したという。

中盤の補強を優先事項に掲げるスポーツディレクター(SD)を務めるレオナルド氏はラツィオのセルビア代表MFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチの獲得を目指しているが、財政的に厳しく、レアル・マドリーやマンチェスター・ユナイテッドとの競合も予想。そこで代替案を複数用意しているが、チアゴの交渉も先進しているとのことだ。
コメント
関連ニュース
thumb

PSGにさらなる痛手…ヴェッラティがふくらはぎの負傷でCLアタランタ戦を欠場

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが、12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアタランタ戦を欠場するようだ。フランス『レキップ』が報じている。 『レキップ』によれば、ヴェッラッティは4日に行われたトレーニング中にFWチュポ=モティングと接触した際にふくらはぎを負傷。離脱期間などは不明だが、アタランタ戦の出場はほぼ不可能だと伝えている。 ラウンド16でドルトムントに勝利し準々決勝進出を決めたPSGは、フランス代表FWキリアン・ムバッペやフランス代表DFレイヴァン・クルザワも欠場が濃厚となっており、ヴェッラッティの離脱はチームにとって更なる打撃となる。 2020.08.06 06:00 Thu
twitterfacebook
thumb

PSG、わずか1年でグイエ放出を検討 プレミア復帰か

今季からパリ・サンジェルマン(PSG)に新天地を求めたばかりのセネガル代表MFイドリサ・グイエ(30)だが、早くも移籍の可能性が浮上している。フランス『Le10 Sport』が報じた。 グイエは昨夏、エバートンから移籍金3000万ユーロ(現レートで約37億4000万円)の4年契約でPSG入り。2018-19シーズンの冬から続いたPSGのラブコールを実らせる形でのパリ行きだった。 そんな今季はケガによる離脱時期もあったが、ここまで公式戦33試合に出場して1得点2アシストを記録。しかし、首脳陣は選手のパフォーマンスに満足していない模様だ。 スポーツディレクター(SD)のレオナルド氏は新たに中盤の強化を模索するなか、チャンピオンズリーグ(CL)終了後のグイエ売却を検討。移籍先としてイングランドが挙がっているという。 今もプレミアリーグ方面から高い評価を受けるグイエを巡っては先日、にわかにマンチェスター・ユナイテッドの関心が挙がったが、ウォルバーハンプトンも目を光らせているとのことだ。 2020.08.04 14:00 Tue
twitterfacebook
thumb

最速38km!爆走ムバッペが古巣相手に大暴れ【ハットトリック・ヒーローズ】

サッカーにおいて、1試合で3得点以上を決めることを表す「ハットトリック」。元々はクリケットで打者を三者連続アウトにすることをそう呼んでいた。(クリケットにおいて打者を連続でアウトにすることは相当難易度が高い) サッカー選手にとって、「ハットトリック」は実力を証明する功績でもあるが、そう簡単にはお目にかかれない。この企画『HAT-TRICK HEROES』では記憶に残る「ハットトリック」を紹介していく。 今回は、パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペが古巣相手に決めたハットトリックだ。 <div id="cws_ad">◆爆走ムバッペが古巣相手に大暴れ<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJiWVBwdFNtdSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 21歳ながら世界的ストライカーの1人として数えられるムバッペ。モナコで才能を開花させ、2017年夏に加入したPSGでは、ここまでの3シーズンで公式戦120試合に出場し、90ゴールを記録している。 2019年4月21日に行われたリーグ・アン第33節のモナコ戦では、古巣相手に圧巻のスピードを見せつけ、ハットトリックの大活躍だった。 開始から17分、自陣でボールを奪いカウンターに転じたPSGは、DFダニエウ・アウベスからムバッペ、MFムサ・ディアビへ繋ぎ一気にゴール前へ。左のハーフスペースを駆け上がったディアビのクロスをオフサイドラインギリギリで受けたムバッペは走ってきた推進力そのままにゴールに押し込んだ。 そして38分、DFダニエウ・アウベスとのワンツーでDFラインの裏へ抜け出すと、冷静にGKとの1対1を制し、ゴール右に流し込んで追加点を獲得する。 さらにエンドが変わった55分、ショートカウンターからアウベスのクロスを再びムバッペが押し込み、古巣モナコ相手にハットトリックを達成した。 中でも1点目のゴールは、イギリス『デイリー・メール』などによると、実はカウンターでハーフウェイライン付近からゴール前まで走り込んだムバッペは時速38㎞を記録しており、そのスピードは、あの元陸上世界王者のウサイン・ボルトの平均速度(37.58km/h)をも超える速さだという。 2020.08.04 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

「この状況では無理」バルセロナ会長、ラウタロとネイマールの獲得を否定

バルセロナのジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が、今夏の獲得が噂されている2選手について言及した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 バルセロナはウルグアイ代表FWルイス・スアレスの後継者として以前からインテルのアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(22)の獲得に動いている。加えて、パリ・サンジェルマン(PSG)でプレーするブラジル代表FWネイマール(28)の復帰も目指しているとされている。 しかし、バルトメウ会長は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響による経済的打撃で大型補強を否定。1億1100万ユーロ(約130億円)の契約解除金が設定されているラウタロに関して、「ラウタロについてはバルセロナはインテルと会談をしたが中断した。この状況で大規模な投資はない」と述べている。 また、フランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの譲渡で獲得に動くとの憶測が飛び交ったネイマールについても「ネイマール? この状況では不可能だ。PSGも彼を売却したくない」と断言している。 2020.08.03 18:35 Mon
twitterfacebook
thumb

ドイツ屈指のドリブラー、ドラクスラーが魅せたPSGでの初ゴール【ファースト・ゴールズ】

どれだけゴールを重ねている名選手でも、初めてのゴールは印象深いはず。今回の企画『FIRST GOALS』では、選手たちが各クラブで初めて決めたゴールを紹介していく。 今回はドイツ代表MFユリアン・ドラクスラーがパリ・サンジェルマン(PSG)で決めた最初のゴールだ。 <div id="cws_ad">◆ドラクスラーが見せた相手を手玉にとる初ゴール<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiIzS3RkeTZURSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 2011年にシャルケでプロデビューしたドラクスラーは、若くしてその才能を開花させ、ドイツ屈指のウィンガーとして欧州メガクラブたちの注目を集める存在となった。2015年夏のヴォルフスブルク加入を経て、2017年からはPSGへと活躍の場を移している。 前線に豊富なタレントが揃うPSGの中でも随所に存在感を示し、ここまで137試合20ゴールを決めているドラクスラーだが、記念すべきPSG初ゴールとなったのは、デビュー戦となった2017年1月7日のクープ・ドゥ・フランス1回戦、バスティア戦で決めたゴールだった。 この試合、58分からの途中出場で、PSGデビューを果たしたドラクスラー。6-0と大量リードを奪って迎えた、終了間際の89分に決定機を迎える。 MFハテム・ベン・アルファがセンターサークル付近から、裏へ走り出すドラクスラーへ絶妙のスルーパス。これで裏を取ったドラクスラーは、そのままドリブルでボックス内に侵入すると、GKとDFのプレッシャーを受けながらも、キックフェイントを複数回行い、揺さぶってから、完璧なループシュート。エレガントなプレーでデビューゴールを決めてみせた。 これで7-0としたPSGは記録的大勝で1回戦を突破している。 2020.08.03 14:00 Mon
twitterfacebook