英2部降格のボーンマス、ハウ監督と契約解除 「いつも心の中にある」

2020.08.02 10:30 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ボーンマスが1日、エディ・ハウ監督(42)との契約解除を発表した。2012年10月にボーンマスの監督に再任したハウ監督は、当時リーグ1(イングランド3部相当)に属したクラブを2度昇格に導き、2015-16シーズンからプレミアリーグに初挑戦。しかし、今シーズンは9勝7分け22敗の18位フィニッシュで、チャンピオンシップ(イングランド2部相当)降格が決定した。

ハウ監督は双方合意での退任を受けて、現役時代から長きにわたり在籍したボーンマスに感謝を述べている。

「選手と監督としてこのクラブで25年間過ごした。クラブと一緒にこの決断を下した。今まで経験してきた中で最も難しい判断の1つだった」

「しかし、このクラブへの愛情と思いはいつまでも持っている。だが、全体的に見てクラブが新しい方向へ進むには今が適切な時期だと感じた」

「ボーンマスはいつも私の心の中にあるが、クラブが今こそ変化を起こすには適切なタイミングだと確信している」

「私は監督としてこれまで下した全ての判断がクラブとサポーターにベストだと常に保証してきた。これも例外ではないよ」
コメント
関連ニュース
thumb

シティがデラップ&フォーデン弾でボーンマスを撃破!4回戦ではバーンリーと激突《EFLカップ》

マンチェスター・シティは24日、EFLカップ3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するボーンマスと対戦し、2-1で勝利した。 21日に新シーズンの初戦となるプレミアリーグ第2節でウォルバーハンプトンを撃破したシティは、その試合から先発メンバーを8人変更。マフレズやロドリ、ウォーカーらに加え、フォーデンやデラップら多くの若手が先発。また、新戦力のフェラン・トーレスを初先発となった。 立ち上がりからボールを握って押し込むシティは18分、フォーデンのパスで相手DFの裏に抜け出したデラップがボックス内まで持ち上がりシュート。これがゴール右隅に突き刺さり、シティが先制に成功した。 追加点を狙いたいシティだったが22分、ドリブルで持ち上がったブルックスのパスをペナルティアーク左のゴスリングがワンタッチで流すと、ボックス内で受けたサリッジがベルナベをかわしシュート。これがゴール左隅に吸い込まれ、試合は振り出しに戻った。 追いつかれたシティは34分にアクシデント。左足を負傷したベルナベがプレー続行不可能となり、メンディが緊急投入された。ハーフタイムにかけてもシティが主導権を握ったが、追加点は奪えず。前半は1-1で終了した。 後半もボールを支配するシティだが、守備時に5枚のディフェンスラインを組み固いブロックを敷くルートンに苦戦。アタッキングサードでのアイデアも足りず、決定機まで持ち込めない時間が続いた。 痺れを切らしたシティは、61分にロドリを下げてデ・ブライネ、67分にドイルを下げてスターリングと立て続けに主力を投入。 すると75分、ボックス内のフォーデンとパス交換で中央に切り込んだマフレズがボックス手前からシュート。相手DFにディフレクトしたシュートは、右ポストを叩いたが、跳ね返りをフォーデンが押し込み、シティが勝ち越しに成功した。 結局、これが決勝点となり2-1で勝利したシティが4回戦進出を決めた。なお、シティは4回戦でバーンリーと対戦する。 2020.09.25 05:50 Fri
twitterfacebook
thumb

カラム・ウィルソン獲得のニューカッスル、ボーンマス退団のフレイザーをフリーで獲得!

ニューカッスルは7日、ボーンマスを退団していたスコットランド代表MFライアン・フレイザー(26)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は2025年6月までの5年間となっている。 フレイザーは2013年1月にボーンマス加入以降、主力として活躍。2018-19シーズンにはプレミアリーグで7ゴール14アシストの印象的なパフォーマンスを披露していた。昨シーズンはリーグ戦28試合1ゴール4アシストと、18位で降格となったチーム同様に苦しいシーズンを過ごしたものの、リーグ屈指の快足ウイングとして高い評価を集めている。 そのフレイザーに対し、アーセナルやトッテナムへの加入が取り沙汰され、ここ最近ではクリスタル・パレス、ウェストハムといずれもロンドンのクラブへの移籍が噂されていたが、新天地はタインウェアとなった。 なお、ニューカッスルでは同日、ボーンマスでフレイザーの同僚だったイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を2000万ポンド(約28億2200万円)で獲得していた。 2020.09.08 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、カラム・ウィルソンを獲得! 移籍金は2000万ポンドに!

ニューカッスルは7日、チャンピオンシップ(イングランド2部)のボーンマスからイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2024年6月30日までの4年となる。 なお、イギリス『BBC』伝えるところによれば、移籍金は2000万ポンド(約28億2200万円)となったようだ。 プレミアリーグのクラブを中心に幾つかの選択肢があった中、マグパイズを新天地に選んだウィルソンは、クラブ公式サイトを通じて移籍の経緯を説明している。 「ニューカッスルが興味を持っていることを知った時から、それは間違いなく僕にとって魅力的なものだった」 「ここは偉大な歴史を持つ大きなクラブであり、長年に渡って偉大なストライカーを輩出してきたクラブでもある。個人的には彼らがやってきたことの半分でも真似できれば良いと思っているけど、それにチャレンジしていきたいね」 「プレーヤーとしての自分の能力を信じているんだ。ストライカーとして、長期的、短期的に自分自身の目標を設定することが重要だと思うし、それを達成したいと思っているよ」 「周りのプレーヤーたちと一緒に、チームとして求める目標を達成できると信じているし、それに貢献したいと思っているよ」 2014年夏にコベントリーからボーンマスに加入したアスリート能力と決定力に長けたストライカーは、ここまで公式戦187試合67ゴール30アシストの成績を残してきた。2018年にはイングランド代表にも選ばれ、以降も定期的にスリーライオンズでプレーしている。 2020.09.07 20:27 Mon
twitterfacebook
thumb

ニューカッスル、ボーンマス退団のフレイザー加入決定的に! リーグ屈指の快足ウイング

ニューカッスルがスコットランド代表MFライアン・フレイザー(26)をフリートランスファーで獲得することが決定的となった。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 『スカイ』が伝えるところによれば、4日にスティーブ・ブルース監督との会談でニューカッスル加入を決意した同選手は7日にメディカルチェックを受診した後、契約にサインする見込みだという。 2013年のボーンマス加入以降、主力として活躍を続けてきたスコットランド代表MFは、2018-19シーズンにプレミアリーグで7ゴール14アシストの印象的なパフォーマンスを披露した。昨シーズンはリーグ戦28試合1ゴール4アシストと、18位で降格となったチーム同様に苦しいシーズンを過ごしたものの、リーグ屈指の快足ウイングとして高い評価を集めている。 チェリーズとの契約終了に伴い、今年7月からフリーの状態となっているフレイザーに対しては、一時アーセナルやトッテナムへの加入が取り沙汰され、ここ最近ではクリスタル・パレス、ウェストハムといずれもロンドンのクラブへの移籍が噂されていたが、新天地はタインウェアとなる見込みだ。 なお、ニューカッスルではフレイザーの元同僚であるイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)、ノリッジの北アイルランド代表DFジャマル・ルイス(22)の獲得にも迫っている。 2020.09.07 16:23 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランド代表C・ウィルソン、ニューカッスル移籍迫る

ボーンマスのイングランド代表FWカラム・ウィルソン(28)に対するニューカッスルの入札が受諾されたようだ。イギリス『BBC』が報じている。 かつてチェルシーやマンチェスター・ユナイテッドも関心を示したカラム・ウィルソン。2014年夏にコベントリーからボーンマスに加入し、ここまで公式戦187試合67ゴール30アシストの成績を残してきた。2018年にはイングランド代表にも選ばれ、以降も定期的にスリーライオンズでプレーしている。 そんなカラム・ウィルソンをめぐって、今夏はニューカッスルとアストン・ビラが競合していた。だが『BBC』によると、この度ニューカッスルが2000万ポンド(約28億2200万円)のオファーを受理されたとのこと。本人がニューカッスル行きを望んだことから、争奪戦から手を引いたようだ。 なお、ニューカッスルは今夏の契約満了でボーンマスを退団したスコットランド代表MFライアン・フレイザー(26)の獲得を狙っているようだ。 一方、ボーンマスでは2部降格が決まったことから主力の流出を余儀なくされており、オランダ代表DFDFナタン・アケはマンチェスター・シティに移籍。また、ノルウェー代表FWジョシュア・キングにもトッテナムからの関心が寄せられているという。 2020.09.06 17:31 Sun
twitterfacebook