大躍進のメイソン・マウント、FA杯優勝で有終の美を飾れるか

2020.08.01 17:25 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
チェルシーのイングランド代表MFメイソン・マウントが、クラブ公式インタビューでFAカップ決勝戦に向けて意気込みを語った。

2度のレンタル移籍を経て、今シーズン就任したフランク・ランパード監督の下、チェルシーでのトップチームデビューを果たしたマウント。21歳の青年は大方の期待を大きく上回る活躍で、シーズンを通して調子の波が激しかったチームを攻守両面で牽引。プレミアリーグではトップ4入りに大きく貢献した。

FAカップはマウントにとっても個人的に思い入れの強い大会で、地元クラブのポーツマスが史上2度目の優勝を果たした2007-08シーズン、9歳だった同選手は父親と一緒にウェンブリー・スタジアムで観戦していたという。

「2008年に父親と一緒に準決勝と決勝を見に行ったんだ。ポーツマスがトロフィーを掲げるのを見れたのは素晴らしかった」

「あの試合はクラブにとって本当に重要な試合だったから、街全体がウェンブリー一色って感じだった。2010年のチェルシーとの決勝戦も見に行ってて、スタジアムの大きさに感心したのを思い出すよ」

そして21歳の今、マウントは今度は選手としてウェンブリーの舞台に立った。その準決勝では、今季は何度も苦杯を嘗めさせられたマンチェスター・ユナイテッド相手に3-1で勝利。マウントは先制ゴールを挙げる活躍を見せた。

「僕が得点できたのは少し運が味方してくれたからかもしれない。願わくば決勝でも再現してトロフィーを掲げられるといいね」

決勝戦はアーセナルとのロンドン・ダービー。チェルシーは過去8度の優勝回数を誇るが、対するアーセナルは13回で歴代トップに君臨している。同カードとなった2016-17シーズンは、チェルシーは1-2で敗戦。少し遡って01–02シーズンにも決勝でアーセナルと激突したが、ランパード監督も選手として出場したその試合は0-2で落としていた。

マウントはFAカップの重要性を強調し、デビューシーズンでの優勝に意欲を燃やしている。また、今季は1勝1分けと勝ち越しているアーセナルに対してもタフなゲームになると、気を引き締め直した。

「(FAカップ決勝は)イングランドでは特別な試合だ。これまでの歴史、選手やチームが勝ち取ってきた過去、そして何度も優勝してきたチェルシーを見ても、人々にとってそれが何を意味するのか理解できると思う」

「クラブにとっても個人的にも、1年目のシーズンでFAカップを制覇出来たら信じられないことだね」

「彼らが良いチームなのはわかりきったことだ。確かに浮き沈みはあるけど、ミケル・アルテタの下で改善されている。タフなゲームになることは間違いないよ」

「アーセナルとはライバル関係にあるから激しいゲームになるだろう。戦う準備をしておかなくちゃね」

激戦必至の決勝戦は、日本時間8月1日の25時30分キックオフだ。
コメント
関連ニュース
thumb

来季のFA杯の詳細が発表…再試合制は廃止に

イングランドサッカー協会(FA)は13日、2020-21シーズンのFAカップの詳細を明らかにした。 来シーズンのFAカップは9月1日に開幕。予備予選から始まり、本戦1回戦は11月7日、プレミアリーグのクラブが参戦する3回戦は2021年1月9日、決勝戦は同年5月15日に決まった。 来季は大会方式が大きく変更。過密日程緩和のため、再試合を廃止し、90分で決着が着かなかった場合、延長戦とPK戦で勝敗を決める。 また優勝賞金に関しては、新型コロナウイルスの影響による財政ダメージを受け、減額されるとのこと。2017-18シーズンと同額となるようだ。 ◆FAカップ 2020-21シーズン日程 予備予選1:2020年9月1日(火) 予備予選2:2020年9月12日(土) 予選1回戦:2020年9月22日(火) 予選2回戦:2020年10月3日(土) 予選3回戦:2020年10月13日(火) 予選4回戦:2020年10月24日(土) 1回戦:2020年11月7日(土) 2回戦:2020年11月28日(土) 3回戦:2021年1月9日(土) 4回戦:2021年1月23日(土) 5回戦:2021年2月10日(水) 準々決勝:2021年3月20日(土) 準決勝:2021年4月17日(土) 決勝:2021年5月15日(土) 2020.08.13 21:14 Thu
twitterfacebook
thumb

FAカップ決勝で“MOM”のアンソニー・テイラー主審に多くの批判の声…疑惑の退場etc…

アーセナルとチェルシーのダービーとなった2019-20シーズンのFAカップ決勝で、最も話題を集めることになったのは、主審を務めたアンソニー・テイラーだった。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 1日に聖地ウェンブリー・スタジアムで行われた2019-20シーズンのイングリッシュフットボールを締めくくる一戦は、アーセナルが2-1の逆転勝利を収め、自らの最多優勝記録を更新する14度目の優勝を果たした。 同試合では見事な個人技で奪った決勝点を含む2ゴールを挙げたFWピエール=エメリク・オーバメヤンの活躍が称賛された一方、最も話題をさらったのは、アーセナルにとっての“マン・オブ・ザ・マッチ”とも揶揄されるテイラー主審だった。 プレミアリーグではお馴染みのレフェリーであるテイラー主審は、同試合で幾つかの物議を醸す判定を下していた。 アーセナルの同点ゴールに繋がった前半半ばのPKの場面ではオーバメヤンを後方から引き倒したDFセサル・アスピリクエタが最初に手をかけた位置がペナルティエリア外だったこともあり、その正当性に議論の余地はあったものの、この判定に関しては概ね妥当な判定と思われた。 しかし、試合の行方を決定付けることになった後半の2つの判定に関しては、多くの非難を浴びる結果となった。 73分にチェルシーのMFマテオ・コバチッチが2枚目のイエローカードをもらって退場となった場面では、五分五分のボールを競りに行ったコバチッチがスイス代表MFグラニト・ジャカと交錯した際のアフターチャージを取ったようだが、クロアチア代表MFは先にボールに触っていた上、接触の際にも足はジャカのスパイクの下にあり、足裏を見せた危険なチャレンジと判断するにも無理があるものだった。 さらに、コバチッチにイエローカードを出した後にレッドカードを出すまでに若干の間があり、テイラー主審が1枚目のイエローカードだと思い込み、勢いでカードを出した可能性も指摘されている。 さらに、チェルシーが1点のビハインド、数的不利を背負った後のアーセナルGKエミリアーノ・マルティネスのペナルティエリア外でのハンドに関する判定に関しても批判の的に。FWタミー・エイブラハムの裏への飛び出しの対応にあたったマルティネスは、焦ってペナルティエリア外でボールをキャッチしたように見える場面があり、チェルシーサイドはハンドを要求。仮に、このハンドが認められていれば、決定機阻止のマルティネスにレッドカードが掲示された可能性もあった。 イギリスメディアやSNS上のリプレー、画像検証ではボールがエリア外にある状態でマルティネスがボールをキャッチしているようにも見え、難しい判定だったとはいえ、チェルシーサイドにとってはコバチッチ退場に続く腹立たしい判定となった。 そのため、試合後のイギリスの『ツイッター』のトレンドにはテイラー主審の名前がランキング上位に上がり、「FAカップを掲げるのはオーバメヤンorアンソニー・テイラー?」、「アーセナルのマン・オブ・ザ・マッチはアンソニー・テイラーに譲るべき」、「アンソニー・テイラーは自身にとって最高のパフォーマンスを見せたのかもしれない。ならば、レフェリー試験を改めて受け直すべきだ」など、多くの批判的なコメントが寄せられた。 また、チェルシーアカデミー出身のウェストハムMFデクラン・ライスは、「今日の試合の幾つかの判定は…」と、審判批判による処分を回避するため、かなりオブラートに包んだものの判定への不満を露わに。 また、チェルシーのレジェンドでアストン・ビラのアシスタントコーチを務めるジョン・テリー氏も、「(コバチッチの)2枚目のイエローカードはありえないし、(決勝点となる)ゴールの場面でもクリステンセンへのファウルがあった」と、同主審の判定を批判している。 なお、イギリス『Squawka』が伝えるところによれば、テイラー主審は今回を含めアーセナルとチェルシーのダービーとなったカップ戦決勝3試合を裁いているという。そして、2015-16シーズンのコミュニティ・シールド、2016-17シーズンのFAカップ、今回の試合とそのすべてでアーセナルが勝利。さらに、当時チェルシーに在籍していたMFビクター・モーゼスを退場させていた。 2020.08.02 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

オーバメヤンの2発でチェルシーに逆転勝利のアーセナルが最多14度目のFAカップ制覇!

FAカップ決勝のアーセナルvsチェルシーが1日にウェンブリー・スタジアムで行われ、2-1でアーセナルが勝利した。 終盤の失速で今シーズンのプレミアリーグを8位で終えたアーセナルは、準決勝で前回王者のマンチェスター・シティを撃破。最多14度目のFAカップ制覇を目指すアーセナルは、いつもの[3-4-3]の布陣に、GKマルティネス、守備は右からホールディング、D・ルイス、ティアニー、中盤はベジェリン、ダニ・セバージョス、ジャカ、メイトランド=ナイルズ、3トップにはペペ、ラカゼット、オーバメヤンが並んだ。 一方、プレミアリーグを4位で終え、自力で来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得チェルシーは、準決勝でマンチェスター・ユナイテッドを撃破。同一カードとなった2016-17シーズン決勝の雪辱に燃えるチェルシーも[3-4-3]の布陣を採用。GKカバジェロ、守備は右からアスピリクエタ、ズマ、リュディガー、中盤はR・ジェームズ、ジョルジーニョ、コバチッチ、マルコス・アロンソ、3トップにはマウント、ジルー、プリシッチが並んだ。 今季3度目の対戦となったビッグロンドン・ダービーは、開始早々にスコアが動く。5分、ボックス左から侵入したマウントの折り返しを中央のジルーがヒールで落とすと、これを受けたプリシッチが相手DFを冷静にかわしゴール左にシュートを流し込んだ。 先制したチェルシーは、10分にも敵陣をドリブルで切り裂いたプリシッチがボックス右からシュートを放ったが、これはGKマルティネスのセーブに阻まれた。 対するアーセナルは、クーリングブレイク直後の25分に反撃。ダニ・セバージョスのくさびのパスをメイトランド=ナイルズがワンタッチで落とすと、これを拾ったオーバメヤンの横パスをペナルティアーク右に走り込んだペペがダイレクトシュート。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さったが、メイトランド=ナイルズのポジションがオフサイドでゴールとはならなかった。 同点のチャンスを逃したアーセナルだが、26分に再びチャンスが訪れる。ティアニーのロングパスでDFの裏に抜け出したオーバメヤンがボックス左でアスピリクエタに倒されてPKを獲得。このPKをオーバメヤンがゴール右隅に沈め、アーセナルが同点に追いついた。 追いつかれたチェルシーは、32分にアクシデント。敵陣からのロングフィードに対応しようとしたアスピリクエタが左モモ裏を負傷。メディカルスタッフの治療を受けるもプレー続行不可能となり、 A・クリステンセンが投入された。 ハーフタイムにかけてはアーセナルがやや押し気味に試合を進めたが、チェルシー守備陣も最後のところで身体を張ったディフェンスが光り、前半は1-1で終了した。 迎えた後半、チェルシーは開始早々に再びアクシデントに見舞われる。48分、ドリブルでボックス内まで持ち上がりシュートを放ったプリシッチが、右ハムストリングを負傷。プレー続行不可能となり、メディカルスタッフの肩を借りてピッチを後にした。 その後は膠着状態が続いたが、アーセナルがクーリングブレイク直前に逆転に成功する。67分、自陣でボールを奪ったベジェリンがドリブルで中央を持ち上がると、A・クリステンセンのスライディングタックルでロストしたボールを右サイドで拾ったペペが、カットインしながらボックス左の展開すると、これを受けたオーバメヤンが縦への突破からチップキックでゴールネットを揺らした。 73分、ビハインドを追うチェルシーに更なる不運が訪れた。高い位置でジャカにプレスをかけたコバチッチが2枚目のイエローカードで退場処分となった。数的不利となったチェルシーは83分、ジルーやマウント、リュディガーを下げてエイブラハム、ハドソン=オドイ、バークリーを投入する3枚替えを敢行した。 対するアーセナルは、82分にラカゼットを下げてエンケティア、88分にD・ルイスを下げてソクラティスを投入して試合をクローズ。2-1で逆転勝利を収めたアーセナルが、3年ぶり史上最多14度目のFAカップ優勝を飾った。 2020.08.02 03:35 Sun
twitterfacebook
thumb

初タイトルへ! ランパード監督がFA杯制覇に意欲燃やす

8月1日にアーセナルとのFAカップ決勝を控えるチェルシーのフランク・ランパード監督が初タイトルへの意気込みを語った。 昨夏に指揮官としてチェルシー凱旋を果たしたランパード監督は、補強禁止という大きなハンディキャップの下、アカデミーの若手を積極採用する方針でプレミアリーグ4位という結果を残した。 多くの若手が台頭した中で来季のチャンピオンズリーグ出場権獲得は成功のシーズンと言っても過言ではない成果だが、ランパード監督は「何も成し遂げていない」とFAカップ優勝の重要性を強調。現役時代に4度制覇した経験をもとに、決勝戦に臨むための心得を伝えた。イギリス『BBC』が伝えている。 「先週、プレミアリーグを4位で終えたことで、我々がクラブやチームとして何かを成し遂げたと思い込んでしまわないか心配だ」 「確かにそれには満足しているが、シーズンはまだ終わっていない。この試合がアーセナルにとって何を意味するのかは我々にとって関係ない。勝ちに行くだけだ」 「指揮官としては間もないが、この試合は何年もプレーしてきたからどんな気持ちで臨めばいいかは心得ている。自らにプレッシャーを与え、極限状態に追い込まなければならない。リラックスし過ぎるのはダメなんだ。それが敗北につながってしまうからね」 「監督として負けるのは、責任感という意味で現役の時よりも辛い。だが、勝った時はその分喜びも一入だろう」 ランパード監督にとっても昨年12月に就任したアーセナルのミケル・アルテタ監督にとっても勝てば初タイトルとなる決勝戦。現役時代にも凌ぎを削った両雄の指揮官対決は、どちらに軍配が上がるのだろうか。 2020.08.01 16:14 Sat
twitterfacebook
thumb

FA杯決勝に挑むアーセナルがエジル外し 本人はクラブの許可得てすでにトルコへ

1日にタイトルマッチとなるチェルシーとのFAカップ決勝に挑むアーセナルだが、元ドイツ代表MFメスト・エジルをメンバーから外したようだ。 昨年12月から誕生したミケル・アルテタ体制下で序列を高める時期もあったが、新型コロナウイルスによる中断明け後に再び出番が減らしているエジル。FAカップ決勝は今季プレミアリーグで8位に終わったアーセナルにとって、来季のヨーロッパリーグ(EL)出場権もかかる重要な一戦だが、この試合でもエジル外しの決断を下した模様だ。 イギリス『フットボール・ロンドン』が報じたところによると、登録メンバー20名のほか、最大10名の帯同が認められる一戦に向け、アーセナルは元ドイツ代表DFシュコドラン・ムスタフィやU-23ブラジル代表FWガブリエル・マルティネッリらの負傷組を招集。一方で、エジルは含まれず、クラブの許可を得て、トルコに渡ったという。 来夏に契約切れとなり、将来に関する憶測が加熱し続けるエジル。代理人を務めるエルクト・ソグト氏が先日、トルコ『Fanatik』で今夏の移籍を否定するとともに、「90%の確率で2021年にアーセナルを去るだろう」と語っている。今回の一件が改めてエジルの去就報道を加熱させるキッカケになりそうだ。 2020.08.01 12:55 Sat
twitterfacebook