マルティネス、FA杯を愛する家族へ捧ぐ! 「家族がしてくれたことはよくわかっている」

2020.07.31 19:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アーセナルのアルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネスは、FAカップのトロフィーを愛する家族に捧げたいと考えている。

守護神を務めるドイツ代表GKベルント・レノの負傷離脱に伴い、途中出場したプレミアリーグ第30節のブライトン戦からアーセナルのゴールマウスを守り続けているマルティネス。

今月18日に行われたFAカップ準決勝では昨季王者マンチェスター・シティを相手にクリーンシートを記録し、2-0の勝利に貢献。そして、8月1日に行われるチェルシーとの決勝では“守護神”として自身初のトロフィー獲得を目指す。

その運命の決勝を前にクラブ公式サイトのインタビューに答えたアルゼンチン代表GKは、これまで多くの犠牲を払って自身を支えてきた両親を含む、愛する家族へFAカップのトロフィーを捧げたいと考えていることを明かした。

「(シティ戦の試合終了を告げる笛を聞いたとき)少し感慨深かったね。それはヨーロッパの最高のチームのひとつであるシティに勝ったからではなくて、愛するクラブで自分が決勝でプレーするために多くの戦いをしてきたからなんだ」

「クラブに加入してから10年が経って、最後のホイッスルが鳴ったとき、これまでの全てが頭をよぎったんだ」

「本来であれば、ウェンブリーでの決勝は8万人から9万人もの観客が入るし、めったにそういった環境でプレーすることはできない。だからこそ、ファンと僕の家族がスタジアムに来てほしかったよ」

「家族全員がそこにいてくれたら良かったね。以前にも言ったように僕らは貧しい家庭環境だった。だから、そんな彼らが9万人の観衆の前でトロフィーを獲得し、メダルを手にした自分の姿を見てくれたら何かを感じてくれると思っていたんだ」

「チャンピオンズリーグデビューになったアンデルレヒト戦を思い出すんだ。父は27時間もかけてスタジアムにやってきて、(試合の始めから終わりまでの)95分間、ずっと泣きっぱなしだったんだ」

「(アルゼンチン)の実家からとても遠く離れている。そして、ロックダウンの影響もあって、1年間も父と母に会えていないんだ。辛いことだけど、家族のことを思いながらいつもプレーしているよ」

「昔のことだけど、僕と兄弟だけがご飯を食べて、母と父は食事を取らなかったことをよく覚えているよ。そして、両親がこれまでどんな経験をしてきたかを理解しているよ」

「僕がブエノスアイレスに住んでいた頃は、月に2回しか会えなかったよ。両親には移動のためのガソリン代を支払う余裕がなかったんだ。だから、僕が近くに遠征があるときぐらいしか会えなかった。

「そして、僕が今の立場に到達するため、家族が何をしてくれたかをよくわかっているよ」

コロナ禍によって自身初の大舞台を直接家族に見せられないマルティネスだが、今シーズンの最終戦をモノにし、優勝メダルを携えて愛する家族の下へ帰省を果たしたいところだ。
コメント
関連ニュース
thumb

エジル、アーセナルとの現行契約の全うを強調「決めるのは僕自身」

アーセナルの元ドイツ代表MFメスト・エジルが、2021年6月までとなっている現行契約を全うすることを強調した。 6月にプレミアリーグ再開後、一度も出場機会を与えられないまま今シーズンを終えたエジル。クラブの指揮を執るミケル・アルテタ監督はあくまでも戦術的理由でメンバーから外しているとし、関係は良好であることを主張している。 しかしFAカップ決勝戦では姿を見せることなくトルコへ行くなど、エジルの行動は物議を醸しており、今夏にもクラブを去るといった報道は絶えることがない。 そんな中、エジルは改めてアーセナルと契約を結んでいる間はクラブに留まるとイギリス『アスレチック』で述べた。 「難しい状況だけど、アーセナルを愛しているよ。クラブから離れる時を決めるのは他の誰かではなく、僕自身だ」 「このクラブのために全力を尽くすよ。このような状況でも僕は決して折れたりはしない。むしろより強くするだけだ」 「過去にチームへ戻ったことを証明したし、またそれを示すだけだよ」 2020.08.13 20:53 Thu
twitterfacebook
thumb

プレミア昇格のフルアム、一昨季にレンタルで所属したチャンバースを再び狙う?

フルアムは、アーセナルに所属する元イングランド代表DFカラム・チャンバース(25)の再獲得に関心があるようだ。イギリス『サン』が報じている。 チャンバースは2014-15シーズンにサウサンプトンからアーセナルへと完全移籍。元々右サイドバックとして頭角を現していたものの、アーセナルではドイツ代表などでもプレーしたペア・メルテザッカー氏の代替案としてセンターバックで出場するなどポジションの幅を広げつつあった。 しかし好調時と不調時の波の激しさや、度重なる大ケガでの長期離脱で次第に序列を落とし、16-17シーズンはミドルズブラ、18-19シーズンはフルアムにレンタル移籍。今季は主にウナイ・エメリ前監督の下でリーグ戦14試合に出場していたが、今年1月に左ヒザの前十字じん帯を断裂しシーズンを終えていた。 そういった中、プレミアリーグのプレーオフを勝ち抜いて、1年でプレミア昇格を成し遂げたフルアムが再びチャンバースに関心を示しているようだ。 チャンバースが在籍していたシーズン途中で就任したスコット・パーカー監督は同選手を高く評価しており、完全移籍での獲得を望んでいるという。獲得には1200万ポンド(約16億7000万円)ほどの金額が必要になるようだ。 また『サン』は、アーセナルが今季だけで元ブラジル代表DFダビド・ルイスや、スペイン人DFパブロ・マリらを獲得していることもあり、チャンバースの移籍を容認するだろうと推測している。 2020.08.12 19:41 Wed
twitterfacebook
thumb

セバージョスは古巣復帰希望か? ベティスユニ着用のインスタにアーセナルファンざわつく…

スペイン代表MFダニ・セバージョス(24)は、やはり古巣ベティスへの帰還を希望しているようだ。イギリス『メトロ』が伝えている。 セバージョスは昨夏、レアル・マドリーからのレンタル移籍でアーセナルに加入。公式戦37試合で2ゴール2アシストを記録し、FAカップ優勝に貢献した。 とりわけ、リーグ再開後は攻守両面でハイパフォーマンスを披露しており、ミケル・アルテタ監督からの信頼は厚い。そのため、アーセナルはレンタル期間延長、完全移籍での買い取りを希望しているが、現時点でクラブ間の交渉に目立った動きはない。 一方、セバージョスはジネディーヌ・ジダン監督の構想外と見られるマドリー復帰の可能性は低く、今夏に新天地を求める可能性が高い。ここまではアーセナル残留に加え、バレンシアやベティス行きの可能性が伝えられている。 そういった中、先日にセバージョスはスペイン『El Partidazo de COPE』で古巣ベティスへの帰還を希望する趣旨のコメントを残していた。 「ベティスに対する大きな愛を持っているよ。クラブで働くすべての人に対してもね」 「そして、彼らも僕からの愛情を知ってくれているし、僕らはシーズンを通して連絡を取り合っているんだ。ベティスは僕にとって大きな意味を持つクラブなんだ」 さらに、セバージョスは10日、自身の公式『インスタグラム』のストーリーに古巣復帰願望を示唆する投稿を行った。現在、休暇中のセバージョスは友人とボードゲームの『パチーシ』に興じている様子を映した短い動画を投稿したが、そこには古巣ベティスのユニフォームを堂々と着用している姿が映されていた。 今回のユニフォーム着用に関してセバージョス側に何らかの意図があったかは不明だが、同選手の残留を望むアーセナルファンがざわつく結果に…。 <div id="cws_ad">◆古巣復帰願望を示唆?<blockquote class="twitter-tweet"><p lang="es" dir="ltr">Nuevo guiño de Dani Ceballos en su instagram, jugando al parchís con los colegas y con su camiseta del Betis puesta, de verdad que más no se puede hacer ya... <a href="https://t.co/l0wxku1gxL">pic.twitter.com/l0wxku1gxL</a></p>&mdash; Alejandro (@Alejand1907Rbb) <a href="https://twitter.com/Alejand1907Rbb/status/1292973076016009216?ref_src=twsrc%5Etfw">August 10, 2020</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2020.08.11 16:14 Tue
twitterfacebook
thumb

セバージョスはレアルには戻らない? アーセナルへ完全移籍も

レアル・マドリーからアーセナルへレンタル移籍していたスペイン代表MFダニ・セバージョス(24)だが、チームを去ることは許可されるようだ。 2019-20シーズンからアーセナルでプレーするセバージョス。シーズン途中にケガによる離脱があったものの、ウナイ・エメリ前監督、ミケル・アルテタ監督とどちらの監督の下でもコンスタントにプレー。公式戦37試合で2ゴール2アシストを記録していた。 レンタル期間は1年間のためマドリーへ帰還することが既定路線だが、予てからジネディーヌ・ジダン監督の構想には入っていないとされ、マドリーに止まる可能性は低いとされている。 移籍先にはレアル・ベティスやバレンシアが浮上する中、最近はアーセナルへの完全移籍を希望するなど、セバージョスの心境も変化があったとされている。 スペイン『マルカ』によると、マドリーはセバージョスの売却に関しては容認する意向があり、移籍金としては3000万〜3500万ユーロ(約37億3800万〜43億6200万円)を求めるプランがあるようだ。 2021年はセバージョスにとって、東京オリンピックとユーロがあり、新シーズンのプレー時間を確保したい状況。そのため、マドリーに戻るという選択肢だけはなさそうだ。 2020.08.10 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

メイトランド=ナイルズに3クラブが興味? アーセナルは容認か

アーセナルの元U-21イングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズ(22)に関して、3クラブが獲得に興味を持っているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 2019-20シーズンはプレミアリーグで20試合に出場し2アシスト、公式戦でも33試合に出場し1ゴール2アシストを記録していたメイトランド=ナイルズ。サイドバックやサイドハーフなど様々なポジションを務めていた。 6歳からアーセナルに所属するメイトランド=ナイルズは、1日に行われたFAカップ決勝のチェルシー戦でタイトル獲得を果たすとともに、アーセナルで100試合出場とメモリアルゲームとなっていた。 契約も3年間残っており、ここからチームの主軸になるかと思われたが、本人は現在の状況に満足しておらず、今夏の退団も辞さない考えを持っているとされていた。 ミケル・アルテタ監督も移籍を容認する姿勢のようで、オファー次第では放出する可能性があるとのこと。補強資金を獲得することを望んでいるとされている。 メイトランド=ナイルズには、2つのプレミアリーグクラブと1つのブンデスリーガクラブがオファーの準備をしているとのこと。そのクラブは明かされていない。 右サイドではスペイン代表DFエクトル・ベジェリンがいるものの、バックアッパーがいない状況。アルテタ監督は3バックを採用しているため、ウイングバックを務める選手を求めているとされるが、メイトランド=ナイルズの去就はいかに。 2020.08.10 22:55 Mon
twitterfacebook