ベティス、ペジェグリーニ新監督に中国行き浮上? 後任にJ・クライフの名前

2020.07.31 14:29 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベティスに早くも監督交代の動きがあるようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。

アレクシス・トゥルヒージョ暫定監督の下で今シーズンを15位で終えたベティス。失望のシーズンを送ったものの、来季に向けては百戦錬磨のマヌエル・ペジェグリーニ監督(66)の新指揮官招へいが、アナウンスされており明るい見通しが立っていた。

しかし、スペイン『Radio Nacional』が伝えるところによれば、ペジェグリーニ監督には現在、中国方面から巨額のオファーが届いており、チリ人指揮官はベティスを一度も率いることなく、退団する可能性が出てきているという。

なお、ペジェグリーニ監督は2016年から2018年にかけて中国スーパーリーグの河北華夏を率いた経験がある。

一方、ベティスの新スポーツ・ディレクターに就任したアントニオ・コルドン氏は、ビジャレアル時代にも共闘したペジェグリーニ監督が退団する場合に備えて、すでに後任をリストアップしているという。

その有力な後任候補は、サッカー界のレジェンドである故ヨハン・クライフ氏の息子として知られるジョルディ・クライフ氏(45)
だという。

同氏は今年1月にエクアドル代表監督に就任も、新型コロナウイルスなどの影響で試合中止が重なり、一度も指揮を執ることなく今月半ばに退任を発表していた。

なお、前述のコルドン氏は、クライフ氏と同期間にエクアドル代表のディレクター職を務めていた。
コメント
関連ニュース
thumb

ベティスがバラガンの退団を発表、今季は12試合の出場

ベティスは30日、スペイン人DFアントニオ・バラガン(33)の退団を発表した。 セビージャの下部組織出身である右サイドバックのバラガンは、これまでリバプールやデポルティボ、バジャドリーにバレンシア、ミドルスブラでプレー。2017年夏にミドルスブラからレンタルでベティスに加入し、ベティスでは在籍3年で公式戦69試合に出場して9アシストを記録していた。今季はラ・リーガ12試合の出場に留まっていた。 なお、バラガンの新天地には昇格組のカディスが挙げられている。 2020.07.31 07:00 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英にベティスも興味? 来季はどこでプレー?

スペインでの1年目を終えたマジョルカの日本代表MF久保建英。チームを降格の危機から救うことはできなかったが、スペインでの評価は上がっている。 レアル・マドリーへ復帰する久保だが、2020-21シーズンは再びレンタル移籍で武者修行を積むことが濃厚となっている。そんな中、新たなクラブが獲得に名乗りを挙げたようだ。 <div id="cws_ad">◆バルサ下部組織時代の久保建英の超絶プレー!<br/><div style="margin:0 auto; max-width:100%; min-width:300px; " ><div style="position: relative; padding-bottom:56.25%; height: 0; overflow: hidden; "><iframe src="https://embed.dugout.com/v2/?p=eyJrZXkiOiJ4bmRuU1l5ZiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0=" style="width: 300px; min-width: 100%; position: absolute; top:0; left: 0; height: 100%; overflow: hidden; " width="100%" frameborder="0" allowfullscreen scrolling="no"></iframe></div></div></div> 久保は、レアル・ソシエダへの移籍が濃厚と見られる中、スペイン『ElDesmarque Sevilla』によるとレアル・ベティスが獲得を目指しているようだ。 豊富な資金を要しないベティスは、マドリーに所属する選手をレンタル移籍で獲得したい見込みとのこと。そこで名前が挙がっているのが、スペイン人MFオスカル・ロドリゲス(22)と久保のようだ。 オスカル・ロドリゲスは、2019-20シーズンはレガネスへレンタル移籍。ラ・リーガで30試合に出場し9ゴール2アシストを記録したが、チームは最終節で2部に降格していた。 オスカル・ロドリゲスに関しては、ビジャレアル行きが近づいているとのこと。さらに1500〜2000万ユーロ()の移籍金がかかるため、ベティスは支払うことが不可能に。そのため、久保にターゲットを絞っているようだ。 久保は、マドリーが買い取りオプションをつけないレンタル移籍を望んでおり、ベティスにとっても手を出しやすいとのこと。マジョルカではラ・リーガで35試合4ゴール5アシストと結果を残しており、戦力として考えられるようだ。 ベティスは、MF乾貴士(エイバル)が2018-2019シーズンに1年間在籍した過去があり、女子チームでは元なでしこジャパンのGK山根恵里奈も2017年から2019年まで在籍したことがある。 2020.07.23 11:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベティス、長身MFエドガル・ゴンサレスと2023年まで契約延長

ベティスは21日、スペイン人MFエドガル・ゴンサレス(23)と2023年6月まで契約を延長したことを発表した。 エスパニョールの下部組織で育った193cmと長身のエドガル・ゴンサレスは、2018年夏にベティスに加入。センターバックもこなせるエドガル・ゴンサレスだが、今季は中盤アンカーでプレーし、ラ・リーガ10試合に、コパ・デル・レイ3試合に出場していた。 2020.07.22 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

2度のゴール取り消し&数的不利のアトレティコがジエゴ・コスタ弾で逃げ切り来季のCL出場権を獲得!《ラ・リーガ》

アトレティコ・マドリーは11日、ラ・リーガ第36節でベティスとホームで対戦し、1-0で勝利した。 5位ビジャレアル(勝ち点57)との当該成績が1勝1分けのため今節勝利すれば、トップ4以内が確定する3位アトレティコ(勝ち点63)は、痛恨のドローに終わったセルタ戦から先発を2人変更。ホセ・ヒメネスとS・アリアスに代えてトリッピアーとエルモソが先発に名を連ねた。 ベティスにボールを持たれながらも、得意のカウンターからゴールに迫るアトレティコは22分、トリッピアーの折り返しを中央でコケが合わせるも、これは相手DFがスライディングブロック。こぼれ球に反応したM・ジョレンテのシュートは相手DFに当たるも、さらに詰めたコレアがゴール右隅にシュートを流し込んだ。 このゴールでアトレティコの先制かと思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証の結果、シュートの跳ね返りがM・ジョレンテの手に当たっており、ハンドの判定でゴールは取り消された。 先制のチャンスを逃したアトレティコだったが、34分に再びゴールネットを揺らす。コケのスルーパスでDFの裏に抜け出したモラタがボックス内まで持ち上がると、飛び出したGKを嘲笑うチップキックを流し込んだ。しかし、VARによる判定で裏に抜け出したモラタのヒジがわずかにオフサイドポジションだったとしてノーゴールに。 2度のゴール取り消しを受けたアトレティコは、41分にアクシデント。体調不良を訴えたトリッピアーがピッチに座り込み交代を要求。S・アリアスが緊急投入された。 ゴールレスで迎えた後半、アトレティコは55分にモラタ、M・ジョレンテ、サウールを下げてジエゴ・コスタ、カラスコ、ビトロを投入。すると直後の57分、ドリブルかわされたロレンを後ろからスライディングタックルで倒したエルモソがレッドカードを受け、退場。 最終ラインの選手を欠いたアトレティコは、62分にコレアを下げてフェリペを投入し5枚の交代カードを使い切る。数的不利の影響によりベティスに押し込まれる時間が続いたアトレティコだが、セットプレーから待望の瞬間が生まれる。 74分、アタッキングサード手前で獲得したFKからカラスコがゴール前にロングボールを供給すると、絶妙な抜け出しを見せたジエゴ・コスタがヘディングシュートをゴール右隅に叩き込んだ。 結局、これが決勝点となり1-0で勝利したアトレティコが、8年連続となるのトップ4フィニッシュを確定させた。 2020.07.12 07:02 Sun
twitterfacebook
thumb

ベティスがマヌエル・ペジェグリーニ氏を来季の新指揮官に招へい! マラガ以来、7年ぶりのラ・リーガ復帰に

ベティスは9日、来シーズンからの新指揮官としてマヌエル・ペジェグリーニ氏(66)を招へいすることを発表した。契約期間は来季からの3年となる。 昨シーズンを10位で終えたベティスは今季、昨季エスパニョールにヨーロッパリーグ(EL)出場権をもたらしたルビ監督を招へい。しかし、新体制ではシーズン序盤から苦戦を強いられた。そして、先月20日に行われたアスレティック・ビルバオ戦の敗戦を受け、ルビ監督の更迭に踏み切った。 そして、現在はスポーツ・ディレクターを務めるアレクシス・トゥルヒージョ氏(54)が今シーズン終了まで暫定指揮官を務めており、13位のチームはほぼ残留を決定している。 一方、チリ人指揮官のペジェグリーニ氏は、これまでビジャレアルやレアル・マドリー、マンチェスター・シティを率い、シティ時代の2013-14シーズンにはプレミアリーグのタイトルを獲得した名将だ。直近はウェストハムを指揮していたが、昨年12月末に成績不振を理由に解任されていた。 なお、ペジェグリーニ氏にとってラ・リーガでの指揮は2013年のマラガ時代以来となる。 2020.07.09 21:00 Thu
twitterfacebook