セルビア代表MFグデリが新型コロナウイルスに感染したセビージャ、再検査で残り選手は陰性に

2020.07.30 18:15 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
セビージャは30日、ファーストチームの選手が新型コロナウイルス(COVID-19)の検査で陽性反応を示したことを受け、改めて実施したPCR検査の結果を発表。全員が陰性を示したことを報告した。

セビージャは26日に選手、コーチングスタッフ、その他のスタッフに対してPCR検査を実施。その結果が27日に判明し、選手1名の感染が見つかったことを29日に報告していた。

クラブは選手名を公表しなかったものの、選手本人が自身のインスタグラムで明かし、セルビア代表MFネマニャ・グデリであったことが判明していた。

セビージャは、再検査の結果、グデリ以外の選手は陰性だったとし、発表通り個別トレーニングを実施すると発表した。

なお、スタッフは30日に新たにPCR検査を受け、8月1日、3日と続けて検査を実施。4日にドイツで行われるヨーロッパリーグのラウンド16・ローマ戦に向けて出発する。
コメント
関連ニュース
thumb

引く手数多のレギロン、ナポリと個人間合意か

セビージャのスペイン人DFセルヒオ・レギロン(23)とナポリが個人間合意に至ったようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が報じている。 今季にレアル・マドリーからセビージャにレンタルで加入し、周囲の予想を超える活躍を披露しているレギロン。買い取りを検討しているセビージャを始め、パリ・サンジェルマンやアーセナル、チェルシーなど数々のビッグクラブが関心を寄せていると言われている。 そうした争奪戦が繰り広げられる中、『スカイ・スポーツ』はナポリが個人間で合意にこぎ着けたと伝えている。保有権を持つマドリーとはまだ合意に至っていないものの、移籍金は2000万から2500万ユーロ(約25億3000万から31億7000万円)ほどの金額になると見込んでいる。 また、セビージャはヨーロッパリーグ(EL)準決勝まで勝ち残っており、レギロンもこの大会を最後まで帯同することを望んでいることから、同メディアはもう暫く時間がかかると見ている。 2020.08.13 21:55 Thu
twitterfacebook
thumb

ベスト4進出のセビージャ、ロペテギ監督がユナイテッド戦に意気込み「倒せると信じて臨む」

セビージャのフレン・ロペテギ監督がウォルバーハンプトン撃破を喜び、準決勝に照準を当てた。『UEFA.com』が伝えた。 セビージャは11日に中立地ドイツで行われた準々決勝でウルブスと対戦すると、12分にFWラウール・ヒメネスのPKをGKヤシン・ボノが防いでピンチを切り抜ける。その後は圧倒的にボールを保持しながらも1点が遠かったが、88分にMFエベル・バネガからのクロスをMFルーカス・オカンポスが決め切り、1-0で勝利を収めた。 試合後、ロペテギ監督は選手たちを称え、勝利した理由を分析した。 「我々は非常に優れたチームと対戦したので、自分の選手をとても誇りに思う。彼らは非常に早く縦に仕掛けてくるので、ボールを保持し、ミスをしない必要があった。我々は良いチーム相手に非常にうまくプレーした。我々は集中しなければならなかった」 「次の試合ではマンチェスター・ユナイテッドと対戦する予定だ。彼らは世界でも最大のチームだが、そのための準備をする」 「我々は勝利に値する。キーポイントは削って、削って、少しずつ削っていくことだ。我慢して適切な瞬間まで待つということだ」 準決勝の相手はマンチェスター・ユナイテッドだが、ロペテギ監督は決勝進出に意気込んだ。 「我々は次の試合に焦点を当てている。歴史的な側面でもスポーツ史上最高の1つだ。いつものようにベストを尽くす」 「彼らとの対戦は本当に難しい試合になると思うが、彼らを倒せると信じて、取り組んでいきたい」 2020.08.12 10:30 Wed
twitterfacebook
thumb

オカンポス、決勝点を喜ぶ「チームを助けられてとても嬉しい」

セビージャのアルゼンチン代表MFルーカス・オカンポスが、ヨーロッパリーグ(EL)でのベスト4進出を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えた。 セビージャは11日に中立地ドイツで行われた準々決勝でウォルバーハンプトンと激突。12分にFWラウール・ヒメネスのPKをGKヤシン・ボノが防いでピンチを切り抜けたセビージャは、試合終盤の88分に左CKの流れからMFエベル・バネガのクロスをオカンポスがヘディングシュート。これが決勝点となり、1-0の勝利を収め準決勝進出を果たした。 ベスト4進出に導いたオカンポスは試合後、苦しんだと述べながらも決勝点を喜んだ。 「僕たちは苦しんだが、やるべきことをした。うまくいったよ。非常にタフな試合になるとわかっていたけど、チーム全体が仕事をして、勝利できた」 「チームの勝利を助けられてとても嬉しい。ちょっとだけ貢献できた。この大会でゴールを決めるのを楽しみにしていたんだ」 今シーズンは一発勝負のトーナメントとなり、次のステージは準決勝となる。オカンポスは、ベスト4で対峙するマンチェスター・ユナイテッドとの戦いに意気込みを見せた。 「重要な瞬間だった。今日勝利して、準決勝に進み、歴史的なチームと対戦する。しかし、このチームはとてもハングリーで、物事をうまくやり、一緒に良いプレーをすることに熱心だ。とても難しいが、僕たちは武器を持っている。良い試合をしたいね」 2020.08.12 09:25 Wed
twitterfacebook
thumb

PK失敗ウルブス、終盤のオカンポス弾でセビージャが競り勝つ!準決勝でユナイテッドと対戦《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝、ウォルバーハンプトンvsセビージャが11日にドイツで行われ、0-1でセビージャが競り勝った。 ラウンド16でオリンピアコスを2戦合計スコア2-1と競り勝ったウルブスと、ローマとの一発勝負を2-0と快勝したセビージャのベスト4進出を懸けた一戦。 時間の経過とともにセビージャがポゼッションする展開となった中、ウルブスは11分にカウンターからPKを獲得する。 トラオレがスピードを生かして単騎で持ち上がり、ボックス内に侵入したところでジエゴ・カルロスに倒された。 しかし、PKキッカーを務めたラウール・ヒメネスのシュートはGKボノにセーブされ、先制とはならない。 その後もセビージャが敵陣でポゼッションし、ウルブスがカウンターを狙う展開が続くと、37分にはオカンポスがコントロールシュートでゴールに迫るも、前半はゴールレスで終了した。 迎えた後半もセビージャが押し込む中、62分にはエン=ネシリが単騎突破からシュートに持ち込むも、威力を欠いてGKルイ・パトリシオにセーブされる。 続く66分にはCKの流れからクンデがヘディングシュートを浴びせれば、77分にはバネガが直接FKでゴールに迫るも、GKルイ・パトリシオにセーブされた。 ウルブスの守備網を攻略できず苦しんでいたセビージャだったが、終盤の88分に決勝点が生まれる。右ショートコーナーからバネガのクロスをオカンポスがヘディングシュート。これがゴール左に決まった。 このままセビージャが勝利。準決勝ではマンチェスター・ユナイテッドと決勝進出を懸けて対戦する。 2020.08.12 06:01 Wed
twitterfacebook
thumb

ロペテギ監督、過去に監督就任に迫っていたウルブスを警戒 「複雑で難しいゲームになる」

セビージャを率いるフレン・ロペテギ監督は、ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝で対峙するウォルバーハンプトンを警戒している。イギリス『Express&Star』が伝えている。 今大会で6度目の優勝を目指すセビージャは、1stレグの延期に伴い、中立地ドイツでのシングルマッチ形式で行われたローマとのラウンド16を2-0のスコアで快勝。公式戦無敗記録を18試合に更新している。 そして、ベスト4進出を懸けた準々決勝ではローマを破ったMSVアレーナでウルブスと対峙する。 今シーズンのプレミアリーグを7位で終え、ヨーロッパの舞台での経験も少ないウルブスは、百戦錬磨のセビージャにとって与しやすい相手に思われる。 だが、11日に行われる一戦を前にした公式会見に出席したロペテギ監督は、ウルブスへの警戒を幾度も口にしている。 「彼らは今年に入ってトッテナムに勝っている。それに、ヨーロッパの舞台でも勝ち上がってきた」 「幾つかのミスでヨーロッパリーグ出場権を逃したが、彼らは多くの若手有望株の獲得に多くの資金を投下している」 「ここ数年のフットボール界においてはマンチェスター・シティの次に、より多くの資金を使ってきたチームだ。それは、我々がこれから直面するであろうチームのことを物語っている」 「彼らはフットボールの重要な国々からプレーヤーを連れてきているし、多くのソリッドさを持つ素晴らしい監督がいる。したがって、彼らのレベルは非常に高い。プレミアリーグの上位チームを相手にしても非常に良い結果を残しているしね」 「彼らに勝つためには自分たちが素晴らしい試合をしなければならない。非常に難しい試合になると思うし、不安な部分もある。とにかく、複雑で難しいゲームになるだろう」 ちなみに、ロペテギ監督は2016年に中国の投資会社『フォースン・グループ』がウルブスを買収した際、有力な新監督候補になっていたが、スペイン代表での指揮を希望したことから、同クラブでの指揮は実現しなかった。 2020.08.11 22:59 Tue
twitterfacebook