ミレンコビッチにミラン行きの可能性! ヴィオラ会長と関係悪化の代理人がすでに交渉開始か

2020.07.29 16:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
フィオレンティーナに所属するセルビア代表DFニコラ・ミレンコビッチ(22)にミラン行きの可能性が浮上しているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

母国のパルチザンで台頭したミレンコビッチは2017年にフィオレンティーナへ加入。3バックと4バックのセンターバックに加え、右サイドバックもこなす汎用性が高い195cmの若手DFは、抜群の空中戦の強さと長いストライドを生かした幅広い守備範囲、一定のボールスキルと、総合力の高いプレーでイタリア国内での評価を高めている。

今シーズンのセリエAでも累積警告での出場停止による1試合の欠場を除き35試合に出場し、4ゴールを挙げている“新たなヴィディッチ”は、ヴィオラの最終ラインをけん引する絶対的な主力だ。

しかし、ミレンコビッチの代理人を務めるファリ・ラマダニ氏は、フィオレンティーナの12位という成績不振に加え、ロッコ コンミッソ会長との関係悪化を理由に、今夏のタイミングで同選手の退団を画策しているという。

そして、ラマダニ氏はステファノ・ピオリ監督の続投によって補強プランに変更が加えられると思われる、ミラン移籍に向けてすでに話し合いの場を持っているようだ。

ミレンコビッチ自身はフィレンツェでのキャリア継続に前向きな姿勢を見せているようだが、元ヴィオラ指揮官のピオリ監督は恩師でもあり、条件次第で新天地に向かう可能性は十分にある模様だ。

ただ、2022年まで契約を残すミレンコビッチに対して、コンミッソ会長は5000万ユーロ(約61億6000万円)という強気な値付けをしており、交渉は難航が予想される。

なお、ミランサイドとしてはピオリ体制で序列が下がるブラジル代表MFルーカス・パケタ(22)の譲渡を交渉に含めることも検討しているようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

英2部降格ノリッジ、ゴッドフリーにも欧州複数クラブの視線

ノリッジ・シティのイングランド人DFベン・ゴッドフリー(22)に対して、国外から視線が注がれているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ゴッドフリーは2016年にヨーク・シティからノリッジ入りした183cmのセンターバック。昨季のチャンピオンシップ(イングランド2部相当)で最終ラインの主軸としてチームを優勝に導き、プレミアリーグ昇格の今季も公式戦33試合に出場した。 しかし、ノリッジはプレミアリーグ最下位に終わり、1年でのチャンピオンシップ降格が決定。U-21イングランド代表DFマックス・アーロンズを巡り、バイエルンの関心が取り沙汰されるなど、有望株に相次いで今夏移籍の憶測が浮上している。 そのなか、ゴッドフリーにも国外複数クラブの関心がああり、ドルトムントやRBライプツィヒに続いて、レバークーゼンとミランも加わっての争奪戦に発展する可能性。ミランは先週末のセリエA最終節前に先んじて選手代理人と会談した模様だ。 一方で、ノリッジはゴッドフリーに関して、評価額を3000万ポンド(約41億6000万円)程度に設定。将来的にイングランド代表のレギュラーを射止めるだけのポテンシャルを秘めた選手だと確信しており、その額の要求を譲らない姿勢だという。 昨夏にマンチェスター・ユナイテッドOBの元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏が古巣に獲得を進言したことでも知られるゴッドフリー。ノリッジとは2023年まで契約を残しているが、果たして…。 2020.08.04 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ミランがオーリエに関心…昨夏も噂に

ミランが、トッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエ(27)に関心を示しているようだ。 イタリア『スカイ』によると、スポーツ・ディレクターを務めるパオロ・マルディーニ氏が1日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦後にオーリエに関する噂に言及。昨夏にも獲得に動いていた事実を明かした。 「我々は昨年、彼の代理人と話をした。可能性はあったよ。今はシーズンを終えることを考えているが、選手たちが休暇に入ったこの3週間で、我々はマーケットに向けて動き出すつもりだ」 ミランでは、イタリア代表DFダビデ・カラブリアと同代表DFアンドレア・コンティの売却が考慮されており、その後釜としてオーリエに注目しているようだ。 今季は指揮官交代の事態を受けながらも主力として公式戦42試合に出場した同選手。契約を2年残すコートジボワール代表DFにはモナコも関心を示しているようだ。 2020.08.03 13:32 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、イブラと遂に契約延長交渉か…マルディーニSD「ズラタンは計画の一部」

ミランのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるパオロ・マルディーニ氏は、来季も元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの力が必要だと感じているようだ。『ESPN』が伝えている。 今年1月にミランへと復帰したイブラヒモビッチ。38歳という年齢にも関わらず全くの衰え知らずで、1日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦でも、2試合連続ゴールを決めていた。なお、これにより、1月の加入ながら今季10ゴール目に到達し、セリエA史上最年長記録となるシーズン二桁得点を達成している。 しかし今シーズン終了までの契約を結んで以降、イブラヒモビッチはミランと契約延長には至っておらず、去就は相変わらず不透明な状況だ。 そういった中、今季のイブラヒモビッチの活躍ぶりに、マルディーニSDは本格的に契約延長交渉に乗り出すことを明言している。 「我々は今シーズン継続性を必要とするモノを作ってきた。ズラタンはこの計画の一部だ」 「簡単な交渉ではないだろうが、我々は彼と一緒に前進したいと思っている」 「攻撃面では彼の存在に満足しているし、アンテ・レビッチやラファエル・レオンのような彼と一緒に成長できる若い選手もいる。それが我々のラインだ」 2020.08.02 21:53 Sun
twitterfacebook
thumb

38歳イブラが年齢超越記録! セリエA最年長で二桁ゴール、しかも冬加入で

ミランの元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(38)がまた新たな偉業をやってのけた。 ミランは1日に行われたセリエA最終節のカリアリ戦を3-0の白星で飾り、リーグ戦2連勝を達成。新型コロナウイルスによる中断明け後のリーグ戦無敗記録を12試合に伸ばして締めくくり、来季のヨーロッパリーグ(EL)圏内となる6位でフィニッシュした。 この一戦にフル出場したイブラヒモビッチはPKのチャンスを逸してしまったが、チームがカウンターに転じた55分に2試合連発となるチーム2得点目を記録。今冬加入ながら今季の自身10ゴール目となり、シーズン二桁得点を達成した。 データ集計サイト『Opta(@OptaPaolo)』によると、38歳302日でのシーズン二桁得点は現役時代にラツィオやユベントスなどで活躍した元イタリア代表FWのシルビオ・ピオラ氏が打ち立てた38歳127日を上回るセリエA史上最年長記録だ。 今季限りの契約を巡り、去就に注目が集まるなか、先日に発した「俺はベンジャミン・バトンのよう」の発言どおりに年齢を超越する活躍を披露するイブラヒモビッチ。ステファノ・ピオリ監督の続投決定でミラン残留の見方も強まっているが、来季はどこでプレーするのだろうか。 2020.08.02 12:10 Sun
twitterfacebook
thumb

A・コンティが左ヒザ半月板の手術を実施、かつて靭帯断裂を2度経験

ミランは7月31日、イタリア代表DFアンドレア・コンティが左ヒザ内側半月板の鍵穴手術を実施したことを発表した。 A・コンティは7月21日に行われたサッスオーロ戦で負傷し、ここ2試合を欠場していた。 2017年9月と2018年3月に左ヒザの前十字靭帯を断裂する大ケガを負ったA・コンティは今季、右サイドバックのレギュラーを掴み、セリエAで23試合に出場し2アシストを記録していた。 2020.08.01 01:30 Sat
twitterfacebook