オスカルが中国代表に!? 「ルールが変わるならヘルプ可能」

2020.07.28 10:45 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
上海上港の元ブラジル代表MFオスカルが中国代表入りとしてのプレーに前向きな姿勢を示した。オスカルは2017年1月にチェルシーから上海上港入り後、一貫して中国でプレー。公式戦通算124試合39得点66アシストの数字を残しているが、48キャップを誇るブラジル代表としての活動は2015年を最後に遠ざかっている。

実際、2014年のブラジル・ワールドカップ(W杯)を含めて公式戦出場歴があるため、現行のルール的に鞍替えができない状況のオスカルだが、中国国営放送局『CGTN』で可能であれば、中国代表入りの意思があることを語った。

「前にも言ったように、今の僕はこの国にいるが故にブラジル代表に選ばれにくい状況だから、それ(中国代表入り)を考えられる」

「でも、中国であれば、僕がどれだけ良いプレーをしているのか誰もがわかってくれている。最終的に中国代表が良い中盤を探していて、ルールも変わるなら、僕はヘルプできる」

「僕自身は中国が気に入っている。でも、今の選手たちが国籍を変更して中国のためにプレーしたら、もっと強くなれるはずだ」

なお、中国代表は最近、広州恒大に所属するFWエウケソンが帰化して代表入り。2019年9月の代表デビュー後、4試合に出場して3得点をマークしている。
コメント
関連ニュース
thumb

横浜FMとACLで対戦する上海上港、正守護神の中国代表GKヤン・チュンリンが目を負傷で長期離脱

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)で横浜F・マリノスと対戦する中国スーパーリーグの上海上港だが、正守護神を欠くことになるようだ。 中国代表でもあるGKヤン・チュンリンだが、中国スーパーリーグのプレーオフの試合で目を負傷したとのことだ。 ヤン・チュンリンは、18日に行われたプレーオフの上海申花戦に先発出場。試合は0-0の引き分けに終わったが、ヤン・チュンリンは前半で交代していた。 上海上港によると、ヤン・チュンリンは試合から2日後の20日に検査を実施。手術を受ける必要があり、長期間の欠場になると発表されている。 ACLは11月18日から再開。グループHに属しており、11月25日と28日に横浜FMと対戦するが、欠場する可能性が高いと見られている。 ヤン・チュンリンは今シーズンの中国スーパーリーグで13試合に出場し4試合でクリーンシートを記録。通算ではリーグ戦215試合に出場している経験豊富なGK。ACLも36試合に出場経験がある。また、中国代表としてもこれまで29試合に出場していた。 2020.10.22 18:35 Thu
twitterfacebook
thumb

オスカル、元チェルシー勢からの誘いを明らかに 「『アーセナルに来いよ』って…」

上海上港の元ブラジル代表MFオスカルがアーセナルでプレーする元チェルシー勢からの勧誘を明かした。 その元チェルシー勢とはかつてブラジル代表でも同僚だったDFダビド・ルイスとMFウィリアンだ。D・ルイスは昨夏からアーセナルでプレー。ウィリアンはチェルシーと契約切れの今夏、アーセナルに活躍の場を移した。 別大陸でプレーする今も両選手と連絡を取り合う仲だというオスカル。『Fox Sports』ブラジル版のインタビューで、そんな同胞たちから直々にアーセナル入りの誘いを受けた逸話を告白した。 「彼らから誘われたよ。というか、彼らは僕を誘わなければならなかった」 「僕らは良い関係にあるからね。『アーセナルに来い。ここに来いよ』って誘ってくれた。でも、僕にとって、少し難しいことだった。ウィリアンは契約が切れたばかりだったが、僕はまだ上海との契約があるからだ」 「彼らが再び集まることができて、僕も嬉しく思う。そして、ウィリアンがハッピーであることも嬉しいよ。最も重要なのは場所じゃなく、幸せであることだ。だから、彼らがあの場所で幸せであるのを願う」 友人の再会を喜ぶと、自身が欧州の舞台に復帰する可能性にも言及。2024年まで残っているといわれる上海上港との契約を全うした後の欧州復帰に意欲を示した。 「本当にヨーロッパに戻りたい思いがある。でも、今はノーだ。今の僕は中国でうまくやっていて、残っている契約を全うしたいからだ。確かにいくつかのクラブから復帰のアプローチを受けたが、難しい。ここを去るには少し複雑なんだ。だから、契約を全うしてからのヨーロッパ復帰を考えている」 2020.09.15 19:50 Tue
twitterfacebook
thumb

不摂生に次ぐ不摂生…アルナウトビッチ、中国を舐めていたことを明かす

上海上港に所属するオーストリア代表FWマルコ・アルナウトビッチが移籍当初の心境を明かした。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 アルナウトビッチは昨夏にウェストハムから上海上港へ移籍。シーズン後半の途中加入ながらも中国スーパーリーグで11試合に出場し、9ゴール3アシストと上々の成績を残した。 だが、その裏では中国サッカーを過小評価し、時差ボケから来る不規則な生活を続けていたとアルナウトビッチは話す。不摂生な食事もやめられなかったようだ。 「俺は舐めていた。練習もせず、身体のケアもせず、無制限に食べてスプライトやコーラ、ファンタのような炭酸飲料をずっと飲んでいた。体に悪いと知りながらね」 「不規則な食事をしてたよ。中国に着いて3週間ぐらいは時差ボケで寝つけも悪かった。朝の6時や7時に寝て、夕方の3時か4時に起きる。それからトレーニングをして一晩中起き続け、間違った時間に食べていた」 しかし、31歳はその後は改心したという。クラブに求められていることに応えようと、自分を見つめ直した。 「今はクラブが俺に求めていること、タイトルの為にプレーすることを念頭に置いている。そしてもっと上手くやるために、もっと良くなるために俺は変わった。そうでなければここでプレーすることは出来ない」 上海上港との契約は2022年12月まで。生まれ変わったというオーストリア代表は、どんな活躍を見せてくれるだろうか。 2020.09.01 21:17 Tue
twitterfacebook
thumb

ブライトンのオーストラリア代表MFムーイが上海上港に完全移籍

ブライトン&ホーヴ・アルビホンは28日、オーストラリア代表MFアーロン・ムーイ(29)が中国スーパーリーグの上海上港に完全移籍したことを発表した。移籍金や契約期間は発表されていない。 ボルトンの下部組織で育ち、母国のウェスタン・シドニーやメルボルン・シティ、マンチェスター・シティにも在籍していたことのあるムーイ。昨年夏にハダースフィールドからブライトンにレンタルで加入し、1月に完全移籍へ移行していた。 ブライトンではセントラルMFや両サイドハーフなど中盤でポリバレントに活躍し、プレミアリーグで31試合2ゴール2アシストの成績を収めていた。 上海上港には元ブラジル代表FWフッキやMFオスカルらが所属し、10月にはアジア・チャンピオンズリーグで横浜F・マリノスと対戦する。 2020.08.29 02:00 Sat
twitterfacebook
thumb

フッキが中国からの移籍意思を明らかに! 「もう契約を更新しない旨も伝えた」

上海上港に所属する元ブラジル代表FWフッキ(33)が現行契約満了後の移籍意思を明らかにした。 かつてJリーグでも活躍したフッキはポルトやゼニトを経て、2016年から上海上港でプレー。その中国でも馬力溢れるプレーを披露して公式戦125試合69得点53アシストを記録している。 しかし、上海上港との契約は2020年12月31日まで。今季限りで契約切れのフッキだが、新たな国での挑戦を視野に入れているようだ。母国メディア『GloboEsporte』でこう述べた。 「僕の契約は12月までだ。すでに話し合いで契約を更新したくない旨も伝えてある。今はプロポーズの雨が降っている。いくつかの国からね。チャンピオンズリーグを戦う欧州のチームやブラジルのビッグクラブからのものもある」 「中国からもあるが、もうこれ以上はここでプレーしたくない。最高のものを選べるよう神に祈るよ。金銭面を重要視しているわけじゃない。どこなら一番幸せなのかを優先に考えている。まだ何も決めていないが、12月にフリーになるのは間違いない」 また、今月25日の誕生日で34歳となる自身のコンディションにも言及。健在ぶりをアピールした。 「あともう少しで34歳になるが、身体の調子はすごく良い感じだ。今も最高の状態だと思っている。体脂肪率は1年前まで11%だったが、今は8%。昔より自分をケアするようにしている。肉体的にも、精神的にも成熟していて、まだまだ何年もレベルの高いサッカーができる感覚がある」 2020.07.15 12:35 Wed
twitterfacebook