PSGが今季国内2冠を達成! トゥヘル「勝利こそが一番の収穫」

2020.07.25 16:35 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)を率いるトーマス・トゥヘル監督が国内2冠目に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。

24日に行われたクープ・ドゥ・フランス決勝でサンテチェンヌと対戦したPSG。今シーズン、打ち切り優勝のリーグ・アンに続き国内2冠目を目指して戦った。約4カ月半ぶりの公式戦となった一戦は14分にFWネイマールのゴールで先制。その後、チャンスを作りながら追加点を奪えなかったが、無失点に抑えて、1-0で勝利を飾った。

試合後、トゥヘル監督は久しぶりの実戦での決勝という舞台設定にまず勝利を喜ぶべきと語っている。

「決勝戦でのプレーは常に複雑だ。我々は5カ月弱プレーしていなかったし、優勝候補筆頭で、失うものはすべて我々にあった」

「サンテチェンヌの選手たちはリスクを冒し、圧をかけてきた。そのプレッシャーを掻い潜るための解決策を見つけるのに苦労したよ」

「だが、得点を挙げた後に2点目を目指して、いくつかチャンスを演出した。(コンディション上、)選手たちにあまり多くのことを期待していなかったので、チームを過剰に文句を言いたくない。このような状況でプレーするのは簡単じゃない」

「今日は難しかった。この決勝戦に勝ったことが一番の収穫だ。これで分析や改善ができるようになった。次の決勝戦まで1週間あるので、また勝てるように準備しておきたい」

国内2冠目を手にしたPSGは3冠目を目指して8月1日にリヨンとのクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝に臨む。

関連ニュース
thumb

PSGの来季アウェイユニが流出、ピンクと黒がアクセントに

パリ・サンジェルマン(PSG)の2021-22シーズンのアウェイユニフォームのデザインが流出した。ユニフォーム専門サイト『Footy Headlines』が伝えている。 2020年にクラブ創設から50周年を迎えたPSG。今シーズンのアウェイユニフォームは50周年を記念し、白基調のユニフォームに、元クラブ会長のダニエル・エシュテル氏が手掛けた太いストライプを中央に赤であしらったデザインが採用されていた。 来シーズンのデザインはそこにアレンジが加わり、ストライプの左右が非対称に。黒い細めのストライプを中心に、ピンク色のストライプが左上と右下に描かれている。 クラブのエンブレムやナイキ、スポンサーのロゴはすべて黒色だ。また、来シーズンのホームユニフォームには、ナイキの「ジョーダン ブランド」のアイコニックなモチーフ「ジャンプマン」を採用していたが、アウェイユニフォームには通常のナイキのロゴが入る。 そして、袖口は右袖がピンク、左袖が黒色で構成されるほか、今シーズンのアウェイユニフォームと違って襟はなく、丸首になっている。 『Footy Headlines』によると、ショーツもシャツと同様に白基調にピンクと黒色の配色になる。またこのキットは7月中旬に発表される予定とのことだ。 ※記事写真は今シーズンのアウェイユニフォーム <span class="paragraph-title">【写真】流出したPSGの2021-22シーズンアウェイユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://t.co/bfcoN6qXfi">pic.twitter.com/bfcoN6qXfi</a></p>&mdash; Footy Headlines (@Footy_Headlines) <a href="https://twitter.com/Footy_Headlines/status/1405622322023866372?ref_src=twsrc%5Etfw">June 17, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.06.19 12:30 Sat
twitterfacebook
thumb

PSG行き決定的のドンナルンマ、メディカル完了は21日か

イタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマのパリ・サンジェルマン(PSG)行きが迫っている。 すでにミラン退団とPSG移籍が規定路線となっているドンナルンマ。ユベントスやバルセロナからの関心も伝えられた中、イタリア『スカイ』の情報によれば、年俸1200万ユーロ(約15億9000万円)とボーナスが付随した5年契約でフランスの巨塔が獲得レースを制した模様だ。 公式発表が秒読み段階となっているが、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、21日にフィレンツェでメディカルチェックを完了させる見込みとなっているようだ。17日にも実施されたものの、最後まで終わらなかったという。 なお、PSGのGKに関してはコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが4月に契約を延長したばかりで、ドンナルンマにはレンタル移籍の噂も浮上している。 2021.06.18 19:02 Fri
twitterfacebook
thumb

代理人がハキミのインテル退団を明言! PSG&チェルシーが関心

モロッコ代表DFアクラフ・ハキミ(22)のインテル退団は決定事項のようだ。同選手の代理人が『Cómo te va』で明言している。 昨夏、レアル・マドリーから4000万ユーロ(約53億円)でインテル入りしたハキミ。アントニオ・コンテ前監督の下、右ウイングバックで絶対的な主力となり、11年ぶりのスクデットを獲得した今季は37試合に出場し7ゴール10アシストの成績を残した。 しかし、インテルは経営規模縮小に向けて今夏の主力売却を考えており、選手本人も退団を希望していると見られるハキミは換金対象の1人と見なされている。 そういった中、ハキミとアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネス(23)の代理人を務めるアレハンドロ・カマノ氏は、『Cómo te va』で両選手の去就に関して言及。ハキミの今夏の退団の可能性を明言している。 「現時点で私が代理人を務めるプレーヤーでインテルを離れるのは、ハキミだけだ。ラウタロに関しては諸々取り組む必要がある」 なお、ハキミの新天地に関しては以前から関心が伝えられるパリ・サンジェルマン(PSG)と、すでに公式にコンタクトを取ったと言われるチェルシーの2クラブが有力な候補に挙がっている。 2021.06.16 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ネイマールとマルキーニョスは東京五輪に出られず…PSGが派遣拒否の理由は?

東京オリンピックに臨むブラジル代表だが、FWネイマールとDFマルキーニョスの来日は叶わないようだ。ブラジル『ESPN』が伝えた。 U-24ブラジル代表は、来月行われる東京オリンピックに出場。リオ・デ・ジャネイロ・オリンピックに続いて2大会連続での金メダル獲得を目指す。 前回大会もオーバーエイジとして参加したネイマールは、母国開催で金メダル獲得に貢献。東京大会でもブラジルサッカー連盟(CBF)は、招集を希望していた。 現在はコパ・アメリカに参戦するブラジル代表としてプレーしているが、コーチングスタッフはそのまま東京へ派遣するつもりでいたようだ。 CBFは、2人が所属するパリ・サンジェルマン(PSG)に対して招集のレターを送ったとのこと。しかし、PSGはこの要請を拒否したようだ。 『ESPN』によると、PSGはオリンピックの日程が国際サッカー連盟(FIFA)が設定するインターナショナル・マッチデーから外れており「公式な大会」ではないため、選手の招集を受ける義務がないとし、招集を拒否したようだ。 ネイマールの契約には、クラブは代表戦のために常に派遣する義務が含まれているが、オリンピックの位置付けを問題視した。 なお、パウメイラスもGKウェヴェルトンの招集を拒否。そのため、CBFはオーバーエイジとして考えていた3名全員が拒否されているという。 果たして誰がオーバーエイジとして招集されるのか。各国のメンバーに注目が集まる。 2021.06.15 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

ドンナルンマ獲得噂のPSGにK・ナバスが意味深コメント「価値を正しく評価してくれないのなら…」

パリ・サンジェルマン(PSG)のコスタリカ代表GKケイロル・ナバスが、クラブへ意味深長なコメントを残している。 2019年夏にレアル・マドリーからPSGに加入し、正GKとして公式戦80試合に出場しているケイロル・ナバス。昨季のリーグ・アン優勝など5つのトロフィー獲得に貢献してきたが、クラブは今夏、ミランを退団するイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマを獲得しようとしている。 すでに正式発表まで秒読み段階と言われており、5年契約締結が決定的な様子。クラブにとっては、その年代では最高峰の22歳GKをフリーで獲得できれば今後10年は安泰だが、現守護神であるナバスは納得できないようだ。 先日、34歳のコスタリカ代表GKはインスタグラムで「自分の存在を評価してくれない者に、自分の不在を提供する」とのコメントを綴っており、これがクラブに向けられたものなのではないかと推測されている。本人としては、今年4月に契約を延長したばかりであるにもかかわらず、自分に取って代わる新たなGKの補強に不満が募っているのだろう。 振り返ってみれば、ナバスはマドリー時代にも同じような経験がある。2015-16シーズンから3シーズン連続で正GKを務め、チャンピオンズリーグ3連覇にも多大な貢献を残したが、2018年夏に加入したベルギー代表GKティボー・クルトワにその座を奪われ、2019年夏のPSG移籍に繋がった。 その苦い経験が再び繰り返されようとしており、ナバスも気が気ではないのかもしれない。なお、同選手にはユベントスやマンチェスター・ユナイテッドが興味を持っていると伝えられている。 2021.06.15 14:29 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly