リールがザルツブルクFWダカ獲得に動く! ナポリ行き決定的なオシムヘン後釜

2020.07.22 16:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールがレッドブル・ザルツブルクのザンビア代表FWパトソン・ダカ(21)の獲得に動いているようだ。オーストリア『Salzburger Nachrichten』が報じている。リールでは現在、ナイジェリア代表FWビクター・オシムヘン(21)のナポリ移籍が最終局面に差し掛かっており、新シーズンに後釜の補強が急務となっている。

そういった中、相思相愛と言われるヘントのカナダ代表FWジョナサン・デイビッド(20)の獲得に動いているが、トップ下や2列目を主戦場とする万能型アタッカーは、センターフォワードのオシムヘンとはややキャラクターが異なっており、クラブはデイビッド以外にストライカーの獲得に動いている。

『Salzburger Nachrichten』が伝えるところによれば、そのオシムヘンの後釜の有力候補としてザルツブルクの若きエースストライカーの名前が挙がっているという。

2017年にザルツブルク入りを果たしたダカは、以前から圧倒的な身体能力と積極的なプレーを武器に評価を高めてきた。さらに、今シーズンは公式戦45試合の出場で27ゴール12アシストと、課題の決定力やフィニッシュの局面での精度に磨きをかけており、系列クラブのRBライプツィヒやボルシアMGなど、ドイツへのステップアップの可能性が取り沙汰されている。

そして、リールはダカの獲得に向けてザルツブルク史上最高額となる3000万ユーロ(約37億円)+ボーナスという、好条件のオファーを掲示したようだ。

しかし、今冬に日本代表FW南野拓実(リバプール)、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランド(ドルトムント)、今夏に韓国代表FWファン・ヒチャン(ライプツィヒ)と前線の主力を相次いで引き抜かれているクラブは、現時点でダカの売却に否定的な反応を見せている。

スポーツ・ディレクターを務めるクリストフ・フロイント氏は、「ダカの売却は我々のプランにない。同様に、彼の売却条件を設定していない」と、同選手が非売品であることを強調している。
コメント
関連ニュース
thumb

リールvsミランはドロー! S・プラハ勝利で三つ巴の様相《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)・グループH第4節、リールvsミランが26日に行われ、1-1のドローに終わった。 グループHで首位のリールと、2位のミランによる首位攻防戦。 前回対戦で0-3の完敗を喫して今季公式戦初黒星となったミランだが、セリエAでは直近のナポリ戦を3-1で快勝し、首位と無敗をキープ。だが、その試合ではイブラヒモビッチ、サレマーカーズと2人の主力が負傷離脱となった。そういった中、リーグ戦から若干のメンバー変更に踏み切ったチームはレビッチを最前線に置き、2列目にカスティジェホ、チャルハノール、ハウゲを並べた。 立ち上がりから中盤での潰し合いが目立つ状況の中、互いに前から圧力をかけてショートカウンターから相手ゴールを目指す。11分にはボックス付近でアンドレがトナーリのキープしたボールを突っついてこぼれを拾ったヤズジュがミドルシュートを狙うが、これは枠の左に外れた。 一方、なかなかリズム良くボールを動かせないミランは遅攻の場面ではなかなかチャンスを作れない。ただ、ハウゲとレビッチが長い距離を持ち上がってのロングカウンターで幾度か決定機を創出した。 前半終盤にかけてもリールが主導権を握るが、アラウージョの決定機はGKドンナルンマが好守で阻み、前半は0-0で終了した。 後半も拮抗した展開が予想されたが、開始早々にミランがスコアを動かす。46分、中盤から出た縦パスに完璧なタイミングで抜け出したレビッチがボックス左まで持ち込み、GKとDFを引き付けて中央に走り込んだカスティジェホにプレゼントパス。これをスペイン人FWが難なく流し込んだ。 敵地で先制に成功したミランはここからうまく試合を落ち着けることに成功。だが、リールも一瞬の隙を突いてゴールをこじ開ける。65分、右サイドからのスローイングを素早くスタートさせてボックス右のアラウージョがすかさず折り返すと、ボックス内でジョナタン・デイビッドが丁寧にマイナスへ落としたボールをバンバがダイレクトで流し込んだ。 1-1のイーブンに戻った試合はここから膠着状態に陥る。互いに交代カードを切って流れに変化を加えようとするが、なかなか決定機まで持ち込めない睨み合いの形が続く。 その後はリールがセットプレーを軸に幾度かチャンスを作りかけたが、結局1-1のままタイムアップを迎えた。 また、同日行われたスパルタ・プラハvsセルティックはホームのスパルタ・プラハが4-1で快勝した。 この結果、グループHは首位にリール(勝ち点8)、以下ミラン(勝ち点7)、スパルタ・プラハ(勝ち点6)、セルティック(勝ち点1)と三つ巴の混戦模様となっている。 リール 1-1 ミラン 【リール】 バンバ(後20) 【ミラン】 カスティジェホ(後1) スパルタ・プラハ 4-1 セルティック 【スパルタ・プラハ】 ハンコ(前27) ユリシュ(前38) ユリシュ(後35) プラブシッチ(後49) 【セルティック】 エドゥアール(前15) 2020.11.27 06:06 Fri
twitterfacebook
thumb

トッテナム関心のチェリクが開口「プレミアは魅力的」

リールのトルコ代表DFゼキ・チェリク(23)がプレミアリーグへの関心を明かした。 チェリクは母国ブルサスポルの下部組織出身でリールには2018年夏に加入した。右サイドバックを主戦場とする選手で、テクニックと鋭い攻撃参加を持ち味に過去2シーズンで公式戦68試合に出場。2ゴール8アシストを記録している。 今季も好調リールの右サイドを支える同選手にはトッテナムからの関心が伝えられているが、フランス『So Foot』に取材で、プレミアリーグは魅力的と語りながらも、リールで満足していることを強調した。 「トッテナムが関心を持ってくれているという噂は聞いたよ。具体的なオファーがあったのかはわからない。何にせよ、プレミアリーグは僕にとって魅力的なリーグだ。でも、このクラブにいられることに満足しているし、始まったばかりのシーズンに集中するべきだ」 今後も関心を示すクラブは増えそうだが、『transfermarkt』によると、現在の市場価値は2000万ユーロ(約24億7800万円)となっている。 2020.11.16 14:17 Mon
twitterfacebook
thumb

ポルトガル代表、レナト・サンチェスが負傷離脱…

ポルトガルサッカー連盟(FPF)は14日、ポルトガル代表に招集中のリールMFレナト・サンチェスの負傷離脱を発表した。 レナト・サンチェスは11日に行われたアンドラ代表との国際親善試合(7-0で勝利)で先発出場し、1ゴールを挙げる活躍をみせた。 しかし、その後のトレーニングの際に筋肉の損傷が確認され、14日に行われたUEFAネーションズリーグのフランス代表戦(0-1で敗戦)を欠場していた。また、ケガの程度は不明も、17日のクロアチア代表戦でのプレーが困難との判断で、一足早く所属元のリールに復帰させることになった。 2020.11.15 18:44 Sun
twitterfacebook
thumb

オランダ代表、リールDFボトマンを追加招集! アケの負傷受けて初招集

オランダサッカー協会(KNVB)は12日、リールDFスヴェン・ボトマンをオランダ代表に追加招集したことを発表した。 オランダ代表では11日に開催されたスペイン代表との国際親善試合(1-1のドロー)で先発出場したマンチェスター・シティDFナタン・アケが試合開始5分にハムストリングを痛めて負傷交代していた。 これを受けて、KNVBは試合翌日にアケの代替選手としてU-21オランダ代表で主力を担う20歳のDFを初招集した。 アヤックスの下部組織で育ったボトマンは、193cmの屈強な体躯を生かした対人守備の強さを特長とする左利きのセンターバック。今シーズンからリールに完全移籍し、ここまで公式戦全13試合に出場していた。 なお、オランダ代表は15日にボスニア・ヘルツェゴビナ代表戦(ホーム)、18日にポーランド代表戦(アウェイ)とUEFAネーションズリーグの2試合を控えている。 2020.11.12 20:57 Thu
twitterfacebook
thumb

リールのトルコ代表MFが欧州史上初の記録を達成!

リールに所属するトルコ代表MFユスフ・ヤズジュ(23)がヨーロッパで史上初となる偉大な記録を達成した。 5日にヨーロッパリーグ(EL)グループH第3節でミランとアウェイで対戦したリール。相手はFWズラタン・イブラヒモビッチ擁するセリエA首位の強豪だが、22分にヤズジュが自ら得たPKを決めて先制に成功すると、55分にボックス手前から放ったシュートを相手GKジャンルイジ・ドンナルンマが後逸し2点目。さらに58分にはカウンターから3点目が決まりハットトリックを達成した。 グループ大本命のミランを下し首位に導いたヤズジュは、第1節のスパルタ・プラハ戦でもハットトリックを決めており、同一シーズンにおいてアウェイ戦2試合連続でハットトリックを記録したのは、UEFA管轄の国際大会では史上初めてのことなのだという。 トップ下を主戦場とするヤズジュは、ゴールに絡むことはあれど、直接関与することはあまりなかった選手。加入1年目の昨季はリーグ・アン18試合の出場で1ゴール4アシストで、先日のスパルタ・プラハ戦のハットトリックがキャリア初めてだった。 なお、ミラン相手にサン・シーロでハットトリックを達成したのは、2000年10月に当時バルセロナに所属していたリバウド氏以来の快挙。ミランはこの試合で3月から続く公式戦23試合無敗に終止符が打たれ、ヤズジュにとってはいろんな意味で記録破りの試合となった。 2020.11.06 17:38 Fri
twitterfacebook




NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly